ホーム > タグ > SMASH.17

SMASH.17

いよいよ明日、SMASH後楽園大会の見どころ


SMASH17 後楽園ホール大会は明日正午にショー開始!!

セリーナとジェシカも皆様のお越しをお待ち申し上げております☆

●第一試合にK-DOJOのタッキーこと滝澤くんがSMASH初参戦してくれるとともに、クワイエット・ストームやFUNAKIさんの弟子であるベナム・アリも出場いたします

●第二試合は児玉ッコリとウルティモ校長のシングルマッチ。なにやら校長、ボクらSMASH勢に「いいこと」を発表してくれるとのこと。なんじゃろか?期待しちゃいますよ♪

●第三試合は矢郷さん対レザー・フェイス。「イロモノ対決」と見てくれるな!!一昨日に、矢郷さんがこの試合に対しあらためて所信表明してくださったことで、単なる化け物対怪人ではなく「勝負」としての観点が俄然加わってまいりました。火を吹くチェーンソーに対し、矢郷さんがどんな秘策を講じるのか?非常に楽しみでありますな

●第四試合は「時空を超え甦った平成のビューティーペア」と呼んでも過言ではない朱里ちゃん&志田光さんが紫雷姉妹と激突いたします。4/30 IMP大会で久々に目にした紫雷姉妹。あまり褒めたくはないのですが、かなりいい選手なんだなと再認識いたしました。ま、朱里ちゃん&志田さんには及ばない程度の話ですけれどもね。試合を制し、公約通り朱里ちゃん&志田さんはダンスを披露することができるのか?

●第五試合は「ある野望を抱いて」SMASH初参戦となる大日本プロレスの石川晋也対「北欧の神」スターバック。現在日本プロレス界を見渡しても、その将来性はトップクラスの石川くんが神を相手に何をしでかしてくれるのか!?で、なんでも4/28大日本プロレス後楽園大会をジェシカが観戦してきたらしいのですが、「イシカワハスバラシイレスラーヨオオオオ!!」と驚嘆していたそうなのです。その情報は当然神の耳にも入っているはずなのですが…「胸を貸す」だとかそういうツモリはさらさらないらしく、「叩き潰すのが業界のマナーだ」みたいなことを語っておられるようなのが少々恐ろしいところでしょうか

●第六試合は「世界の」セリーナ対「自称・世界の」華名ちゃんによるシングル初対決!!4/30 IMPでは、セリーナのスピアを喰らい完全失神という醜態をさらしてしまった華名ちゃんですが、シングルならばはたしてどうなのか?ファーストコンタクトでは「女サムライ同士の果たし合い」みたいな雰囲気がかなりカッコイイ二人ではあったんですけれども。この一戦、アメリカのプロレスマニアも相当注目しているとの情報もあり(セリーナが日本で戦うからなのでしょうが)ボク自身も超注目カードなのです!!

●で、メイン。ボクと真琴っちゃん、大原&ジェシカ、コバック&ビッチが、カギとベルト入りスーツケースをかけ激突いたします。トミー・ドリーマーが託した「トーナメントを開いて王者を決めろ」という言葉を忠実に実行するため、ここはどうしてもボクと真琴っちゃんがベルトを取り戻さねばならない試合でしょう。ただし、一つ問題があるのです。カギは、SMASH代表である酒井さんが持っています。しかし、スーツケースはいまだコバックの手の中にあるのです。返してもらわないことには、メインをおこなうことができません。さて、どうやってスンナリ返していただきましょうか?明日までに考えておきます。それも見どころの一つということで…

●さらに、次回大会6/9 SMASH18において、ある「トンデモないカード」が実現してしまいますので、それも大会中のどこかで発表させていただきます。これは凄いよ!!

というワケで、SMASH17 後楽園ホール大会は明日12時スタート。当日券もございます・10時から発売開始です。皆様のお越しを、心よりお待ちもうしあげておりますううう!!

■5・3『SAMSH.17』(後楽園ホール)開場11:00 開始12:00
[メインイベント 3WAYラダー&ダッシュtoベルトマッチ]
TAJIRI&真琴
vs
大原はじめ&ジェシカ・ラブ
vs
マイケル・コバック&リン“ビッチ”バイロン
[セミファイナル]
華名
vs
セリーナ
[第5試合]
石川晋也
vs
スターバック
[第4試合]
矢郷良明
vs
レザーフェイス
[第3試合]
朱里&志田光
vs
紫雷美央&紫雷イオ
[第2試合]
児玉ユースケ
vs
ウルティモ・ドラゴン
[第1試合]
AKIRA&木藤裕次&滝澤大志
vs
ブラディ・ロバーツ&Quiet storm&べナム・アリ

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

真琴っちゃんに秘策を授けたよ


前髪を切りそろえたんですな☆

というワケで、5/3 後楽園ホール大会のメイン

3Wayラダー&ダッシュtoベルトマッチに向け、パートナーである真琴っちゃんに

「ある秘策」

を授けてしまいました

もしも秘策を炸裂させるチャンスがあるとするならば…

ベルト奪回はうちらのもの!!

そうして、あなたのハートは真琴っちゃんに釘付けとなること間違いなしでありましょう

うぅぅぅぅぅ、楽しみ楽しみ!!

真琴っちゃんて、関わる人がいつもワクワクできるタレントさんなのでありますなあ☆

さらに、「世界の」セリーナから「小っちゃな」華名ちゃんへ、衝撃発言映像の第二弾が到着しました

こちらも是非ともCheck Check Check!!

目前に迫った4/30 大阪IMPホール大会

自称「世界の」華名ちゃんは生恥晒すことになりそうですぞ

セリーナのメッセージ動画はYouTube『SMASHチャンネル』にて配信中!
SMASH GW3連戦のチケット情報はこちら>>
■4・30『SMASH.16』(大阪・IMPホール)開場16:00 開始17:00
[メインイベント]
TAJIRI
vs
大原はじめ
スターバック
vs
レザーフェイス
ウルティモ・ドラゴン
vs
ジェシカ・ラブ
AKIRA
vs
マイケル・コバック with リン“ビッチ”バイロン
大森隆男&児玉ユースケ
vs
ゼウス&The Bodyguard
セリーナ&朱里&真琴
vs
華名&紫雷美央&紫雷イオ
[ワールドトライアウト]
木藤裕次
vs
ブラディ・ロバーツ
■5・1『SMASH Live in Nagoya』(テレピアホール)開場12:00 開始13:00
[メインイベント]
TAJIRI&ウルティモ・ドラゴン
vs
スターバック&大原はじめ
朱里
vs
セリーナ
AKIRA
vs
レザーフェイス
大森隆男&真琴
vs
マイケル・コバック&リン“ビッチ”バイロン
木藤裕次
vs
ジェシカ・ラブ
TAJIRI
vs
彰人
AKIRA&大森隆男
vs
ヒデ久保田&ヤス久保田
[ワールドトライアウト]
児玉ユースケ
vs
ブラディ・ロバーツ
■5・3『SAMSH.17』(後楽園ホール)開場11:00 開始12:00
[メインイベント 3WAYラダー&ダッシュtoベルトマッチ]
TAJIRI&真琴
vs
大原はじめ&ジェシカ・ラブ
vs
マイケル・コバック&リン“ビッチ”バイロン
朱里&志田光
vs
紫雷美央&紫雷イオ
華名
vs
セリーナ
石川晋也
vs
スターバック
矢郷良明
vs
レザーフェイス
児玉ユースケ
vs
ウルティモ・ドラゴン
AKIRA&木藤裕次&滝澤大志
vs
ブラディ・ロバーツ&Quiet storm&べナム・アリ
※上記3大会の試合順は後日発表予定!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

プロレス記者・鈴木健さんによる大原はじめ論


【プロレスラーが”世界”を見るということ…大原はじめの場合】

本日はサムライTV「S-ARENA」でSMASHの大原はじめと共演した。26歳でありながら今年の5月でキャリア丸7年となる彼を初めて見たのは、2006年5月にアレナ・メヒコで開催された「DORAGOMANIA」で、22歳にして伝統あるNWA世界ウェルター級のベルトを奪取した試合だった。だが、明らかにそれは家賃が高く、喜びよりも戸惑いの方が大きかった初々しさを今でも憶えている。

思えば大原のプロレスラー人生は常に期待との闘いだった。2年後には師匠のウルティモ・ドラゴンにも勝つという、ウルティモ・ドラゴンジム13期の中で誰もなし得ていないことを実現させ、スペル・デルフィン、ザ・グレート・サスケにも勝利。その後はハッスルに定着し、現在のSMASHへといたった。ドラゴンの弟子であり、TAJIRIが目にかけて育てた男、さらにこれらの実績があれば若くして高いハードルを求められるのは当然だった。

そんな大原にとってSMASH旗揚げ後は苦悩の日々が続く。初めて経験する「自分たちで団体をやっていく大変さ」が、SMASHへの愛情を深めていったのはよかったが、思い入れが強くなればなるほどその中で実績をあげられぬ現実に突き当たった。気がつけば旗揚げ戦で一騎打ちをおこない自分に勝ったKUSHIDAの方がSMASH期待の若手という目で見られるようになっていた。

そんな現状を変えたいがために、大原はスターバックの国・フィンランドへと飛ぶ。これまで体験したことがない異文化を目のあたりにし、価値観や考え方に変化が生じた。プロレスラーは、バーベルをあげるだけでは劇的な変化は得られない。それよりも環境を変え、未知なる部分を見聞した上でプロレスに投影した方がいい。

「世界を知る」とはそういうことを指す。昭和のプロレスラーが外国人の相手を呼んで日本だけで防衛戦を重ねても、そのベルトに真の意味で”世界”の価値はつかなかった。力道山もジャイアント馬場もアントニオ猪木もアメリカをはじめとする世界へ渡り、その国の文化とプロレスを体感したからこそ世界を名乗れたのだと思う。

WWEに所属した日本人大リーガーたちの発想が違うのは、そういうところから来ている。世界中をまわったTAJIRIでさえ、北欧のプロレスは知らなかった。番組内で大原は、フィンランドで体験したことをイキイキと語った。人間と自然と文明がバランスよく共存する国は、プロレスラー・大原にも大いに刺激を与えた。このあたりの話は、現在発売されている電子書籍『SMASH×SMASH No.2』でより詳しく語られているので、ご一読いただきたい。

SMASH愛があるから、大原は変わりたかった。私はこれまで何度となく「SMASHはTAJIRIが自分の創作料理を盛りつけるために欲した器」と書いてきたが、そろそろ大原も自分なりのSMASHという器がほしくなってきたはず。それは、SMASHの未来とイコールで結ぶことができる。他者から背負わされた期待のためではなく、ようやく自分が愛するもののためにプロレスがやれるのだ。

※鈴木健.txt OFFICIAL WEBSITE Ken@suzuki.txtのブログ  より、ご本人の承諾を得て転載

●4/30 SMASH16 大阪IMPホールメインイベント

 TAJIRI vs 大原はじめ

●5/1 SMASH live in NAGOYA 名古屋テレピアホール

 TAJIRI、ウルティモ・ドラゴンvsスターバック、大原はじめ

●5/3 SMASH17 後楽園ホールメインイベント

3WAYラダー&ダッシュtoベルトマッチ

TAJIRI、真琴vs大原はじめ、ジェシカ・ラブvsマイケル・コバック、リン‘ビッチ‘バイロン

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

朱里よ、紫雷姉妹と喧嘩をしろ!!


今週の週刊プロレスP50~51

ここ最近、うちらSMASH勢の下半身強化メニューがハンパじゃないのだ。朱里ちゃんの脚もブッ太さを増している。ミドルキックで相手の身体ごと「もっていく」ような光景がオレには見えているんだぜい(ちなみに写真は昨日アイスリボンさん道場をお借りし、某動画の撮影をしたさいに写したもので、所属団体的な意味合いは一切関係ございません。あしからず)。

トリプルテイルズ(華名&紫雷姉妹)座談会が掲載されているのですが…

紫雷姉妹のオキャンピーのほう、妹のイオがこんなことホザいてるんですわ

「(朱里を)TAJIRIのジジイが、過保護に持ち上げ過ぎなんですよ」

過保護って…いつ過保護にしたんですかねえ?

これまで朱里ちゃんが歩んできた歴史なんて調べることもなく、また知ろうともせず、テメーの勝手な印象だけでそういうアホ発言かましているとは思うんですけど、やっぱり頭にきちゃいますよねえ、こういう言い方されちまうと

ま、いいのです

朱里ちゃんと相まみえる4/30大阪と5/3後楽園

このお喋り姉妹は、朱里ちゃんの凄まじいキックの威力&男にもまれ身に付けた本格的グラウンドテクニックに、間違いなく度肝を抜かれることと相成るのですから

紫雷姉妹よ

朱里ちゃんと戦い終えたとき、もう一度

「過保護だ」

なんてヌカせるかなあ?

朱里よ、紫雷姉妹と喧嘩をしろ!!圧殺してこい!!頼んだぞ!!

●4/30 SMASH16 大阪IMPホール

朱里、セリーナ、真琴vs華名、紫雷イオ、美央

●5/3 SMASH17後楽園ホール

朱里、志田光vs紫雷イオ、美央

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

SMASH三連戦、注目の3人…いや、4人!!


『超合金』とも呼びたくなります

4/30 大阪IMPホール

5/1 名古屋テレピアホール

5/3 後楽園ホール

もうすぐ始まるSMASH三連戦

各大会に、将来の日本プロレス界をになって立つ若者たちが登場いたします

まず、4/30 大阪IMPホール大会に登場するゼウス

ボクとはかれこれ数年来の付き合いですが、見かけと違って心のキラキラとした、実に純粋な若者です

パワーだけなら、すでに日本一だと思います

なにしろ、ボブ・サップをリフトアップで持ち上げたほどですから

先日、大阪プロレスさんに参戦したさいには初タッグを結成しましたが、動きがますますパワフルに改造されて、もはや人間ではなく

『重機動戦闘神』

といった印象を受けました

大阪大会では、これまたパワフルな巨体を誇る大森さんと対戦いたします

●大森隆男、児玉ユースケvsゼウス、The Bodyguard

5/1 名古屋テレピアホール大会には、Sportivaを主戦場に戦う彰人選手が参戦

もともとアマレスの強豪だったとのことで、試合映像を見ても基本的な動きが緻密で、実に合理的な試合をしています

先日、後楽園ホールで見たDDTさんの試合にも出ていたのですが

「あの選手、カッコイイなあ」

スッとぼけているようで武骨だという…不思議な雰囲気をもっています

と、その雰囲気&広い背中をみてそう思っておりました

昨日、新宿で落ち合い初めて面と向かって会話をしたのですが、「これから秋葉原へいきますんで」と言い残し去っていったことを抜きにしても、なんというか

『スッとぼけた剣豪』

といった印象を受けました

おちゃらけながらも、いざとなると相手をスパッ!!と真剣で容赦なく切り裂いてしまいそうな

どうやら足狙いが得意なようなので用心用心…

さらに名古屋大会では業界関係者やファンから高評価な

久保田ブラザーズ

も参戦いたします

●TAJIRIvs彰人  AKIRA、大森隆男vsヤス久保田、ヒデ久保田

そうして、5/3 後楽園ホール大会には、大日本プロレスの石川晋也選手が参戦

彼、とにかくカッコイイです

あの雰囲気はハンパじゃないです

実は今週からSMASH合同トレーニングにも参加してきているのですが、潜在能力がまだまだまだまだ埋蔵されています

両手を広げてジャンプすると、まるで

『空飛ぶ高性能空母』

のようなのです

しかも6月から欧州遠征にいくとのことなのですが、後楽園でスターバックに勝つようなことになれば、その名が一気に向こうでも広まってしまうであろうという

●石川晋也vsスターバック

そして最後に…SMASHの児玉ユースケも忘れてはなりません

『プロレス界の松田優作』!!

KUSHIDAが去ったいま、児玉にかける期待は大きいです、正直

試合を見たことある人ならうすうす感じてはいると思うのですが、ヤツのセンスはちょいと天才的です

練習生時代からそう感じてはいましたが、口にすると調子に乗るので、あえて言わずに今日まできました

そんな児玉には、これからどんどん強豪選手とぶつかってもらいます

一発目からいきなり、世界のプロレスマスターと対戦します

●児玉ユースケvsウルティモ・ドラゴン

後楽園大会にはその他にも、K-DOJOの滝澤選手(なんだか男版・中川ともかな香りもして好きなんだなあ、この選手)や、同じくK-DOJO留学生のクワイエット・ストーム、さらにはFUNAKIさんのFu道場から来たベナム・アリ選手も参戦いたします

さあ、若い力がスパークする

SMASH 怒涛の三連戦はもうすぐスタートだああああ!!!!!

SMASH GW3連戦のチケット情報はこちら>>
■4・30『SMASH.16』(大阪・IMPホール)開場16:00 開始17:00
[メインイベント]
TAJIRIvs大原はじめ
スターバックvsレザーフェイス
ウルティモ・ドラゴンvsジェシカ・ラブ
AKIRAvsマイケル・コバック with リン“ビッチ”バイロン
大森隆男&児玉ユースケvsゼウス&The Bodyguard
セリーナ&朱里&真琴vs華名&紫雷美央&紫雷イオ

いつもあまりに近くにいるため粗末な扱いとなっている児玉の写真がどこにもない!!仕方がないのでヤツの代わりに、FCFベルトとごん太くん写真を載せておきます。児玉、頑張れよ!!

[ワールドトライアウト]
木藤裕次vsブラディ・ロバーツ
※全対戦カード順は後日発表
■5・1『SMASH Live in Nagoya』(テレピアホール)開場12:00 開始13:00
[メインイベント]
TAJIRI&ウルティモ・ドラゴンvsスターバック&大原はじめ
朱里vsセリーナ
AKIRAvsレザーフェイス
大森隆男&真琴vsマイケル・コバック&リン“ビッチ”バイロン
木藤裕次vsジェシカ・ラブ
TAJIRIvs彰人
AKIRA&大森隆男vsヒデ久保田&ヤス久保田
[ワールドトライアウト]
児玉ユースケvsブラディ・ロバーツ

※全対戦カード順は後日発表
■5・3『SAMSH.17』(後楽園ホール)開場11:00 開始12:00
【追加対戦カード】
児玉ユースケvsウルティモ・ドラゴン
AKIRA&木藤裕次&滝澤大志vsブラディ・ロバーツ&Quiet storm&べナム・アリ
【既報対戦カード】
[メインイベント 3WAYラダー&ダッシュtoベルトマッチ]
TAJIRI&真琴vs大原はじめ&ジェシカ・ラブvsマイケル・コバック&リン“ビッチ”バイロン
朱里&志田光vs紫雷美央&紫雷イオ
華名vsセリーナ
石川晋也vsスターバック
矢郷良明vsレザーフェイス

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2

ホーム > タグ > SMASH.17

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る