ホーム > タグ > 矢郷良明

矢郷良明

人生は飄々と生きて行くのが風流です。SMASHは風流でした。


『週刊 矢郷論説委員長のSMASHコラム』
最終回
ニュースの焦点

いよいよ、SMASHも3.14後楽園ホールで最終回を迎えます。

いままでプロレス界で無くなかった団体は多々ありますが、このような解散の仕方をするのは初の団体だと思います。

オルタナティブな団体として誕生したSMASHでしたが、最後までオルタナティブな終わり方で、倒産や分裂でなどと違い、誰かの都合ではなく、自らの意思を持って、終わりとするところが粋で、次の新しい可能性を感じられずにはいられません。

プロレスとは大衆芸能だと誰かが言ってましたが、それは違うと思います。

プロレスとは総合芸術です。

それをTAJIRIさんは、敏感にメキシコ、アメリカで感じてこられたのでしょう。

芸術というのはビジネスの比率が少なく、思考重視の表現活動です。
TAJIRIさん達はそっちの振り幅に大きく舵を切ったということでしょう。

総合芸術という言葉は、映画のことを表すときにも使われる言葉です。

私が思うに、映画に例えたらSMASHは、デビッド・クローネンバーグやブライアン・デ・パルマの作品みたいな感じでした。

ハッスルから派生したので、ジェームス・キャメロン的思考かと勘違いされてましたが、私が参加してみたら、全然カルト思考で、私もカルト思考ですから、TAJIRIさんと波長が合い、死霊のはらわたなどの監督、サム・ライミやエル・トポなどの監督、アレハンドロ・ポドロフスキー、ラス・メイヤー好きの私に、本当に好きにやらせてくださいました。

また、映像班の太田さんは若いスタンリー・キューブリックみたいな人で、SMASHに多大な影響を与えていました。
私もまた太田さんと気が合い、影響を受けました。

SMASHに集まった人々は一癖も二癖もある選手やスタッフばかりて、毎回、“儲からなくてもいいから狂った映画をつくろう”みたいな世界でした。

人生は現実として、喰っていかなければならないので、お金の問題に必ず当たりますが、見栄を張らず、贅沢さえしなければ、自分の意思を通すことはできるもんなんです。

ガツガツして「サクセスしようぜ!」みたいな人種はSMASHの選手、スタッフには居ませんでした。
だいたい、有名に成りたい、金持ちになりたいみたいなセンスではプロレスなんかできないと思います。

この世の中がギクシャクしているのは、人々の見栄と贅沢の欲望に歯止めが効かないからなんです。

人生は飄々と生きて行くのが風流です。

SMASHは風流でした。

今回でSMASHは最終回ですが、今後もこの風流人達の活躍は続きます。

また、どこかで皆さんとお逢いしましょう。
とりあえず、3.14にて暫しのお別れをしたいので、皆様どうぞ、後楽園ホールにお集まりいただき、一緒に、“大お別れパーティ大会”をしましょう。

最後に日本で最も風流だった、前田慶次さんの「無苦庵記」の引用をしてお別れです。

抑 この無苦庵は、孝を勤むべき親もなければ、憐れむべき子もなし。

こころは墨に染めねども、髪結ぶがむずかしさに、つむりを剃り、手のつかい不奉公もせず。
足の駕籠かき小揚げやとはず。

七年の病なければ三年の艾も用ひず。

雲無心にしてくきを出ずるもまたおかし。

詩歌に心なければ、月花も苦にならず。

寝たき時は昼も寝、

起きたき時は夜も起きる。

九品蓮台に至らんと思ふ欲心なければ、

八萬地獄に落つべき罪もなし。

生きるまでいきたらば、

死ぬるでもあらうかとおもふ。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

矢郷さん、クラシックなWrestlingとは?をかく語りき


『矢郷論説委員長のSMASHコラム』第二十八回
ニュースの焦点

2.19 SMASH 25 TDCホール大会で、メイン後にデーブ・フィンレー選手がTAJIRI選手に言った、「keep wrertling classic!」の名言は、オーディエンスの皆さんのみならず、選手
達に深い感銘を与えました。

先週もサムライTVのプロレスニュース番組のコメンティターに出演されていた、新日本プロレスのライガー選手も、フィンレー選手の“キープ・レスリング・クラッシック”の言葉にいたく感銘され、御自身もそれを貫きたい旨の発言をされておられました。

この“キープ・レスリング・クラッシック”の言葉、私がプロレス業界に入った七年くらい前から、「プロレスはクラッシックなもの、トラディショナルなものに戻さなければならない」と選手間で言われ始めてました。

それではクラッシックなレスリングとはなんでしょうか。

プレイヤーは、プロレスリングの試合の組み立てを考える時、まず、相手にプレッシャーを与えることを考えます。

リング入場時にお客さんの意識を自分に向かせる入場の仕方を考え、無意識にお客さんが自分の味方をしてくれるようにと、考えます。

それだけで相手はプレッシャーを感じてくれます。

ゴングが鳴りコンタクトをするまでも様々なマインドゲームを仕掛けています。

そして、コンタクトするんですが、打撃が得意な人は打撃から入りますが、大概の選手は悪党でも、善玉も、ロックアップからスタートします。
このロックアップは組んだ瞬間に相手のパワーとバランス感覚が伝わって来ます。

そして、ここからレスリングを仕掛けていくのですが、ここで、相手の弱い部分を探し出します。

“腕が弱いかとか、脚が弱いかとか、腰か”などを探りながら、攻めて行きます。
そしてウイークポイントを見つけ、そこを集中して攻撃します。

その時、お客さんの声援も重要になります。
それは攻めている自分だろうが、攻められる相手にだろうが、声援がどちらに集まろうがかまいません。
とにかくお客さんに声を出してもらうことが重要になります。

それは、攻めらる側の心理として、自分が応援されても、攻めてる相手が応援されても、自分がピンチであることの認識が深くなるので、どんどん焦っていくのです。
こうやってお客さんを巻き込んで自分に有利な試合展開に持ち込み、そして、自分のアドバンテージのある技で攻めていきます。

集中して一箇所を攻められれば、その箇所のダメージはどんどん高くなっていきます。

そして、このまま最小限のリスクを犯さない技だけで、自分の得意技にまで持っていき、フィニッシュに繋いで勝利、となるわけです。

上手い人になると、意識が攻められる部分に集中しているので、逆に他の部位の意識が疎かになり、“必殺”と呼ばれるクラスのフィニッシュを持つなら、攻めていた部位以外への技でも、終わらせることができるようになります。

打撃格闘技で、ローキックが効いてたら、ハイキックで倒せる確率があがるのと同じことです。

これが簡単に説明した、オーソドックスな、リスクを減らした、自分が勝つためのセオリー通りの闘い方なんですが、このことが、“クラッシック・レスリング”と呼ばれているものだと思います。

近年はいろんなことを誤解して、試合をする選手が増えたのをレスリングマスター達は嘆かれています。

私はローリスクで、勝利を目指して闘うレスリングというものが当たり前だと思いますし、それを実践し、学び続けたいと思っております。

プロレスは興行でありますから、哲学や思想より、お金になることを重要視しがちで、ポピュリズムに陥りがちになります。

そこでいかに自分の意思や哲学を通すか。

そこからすでに、“レスリング・クラッシック”の闘いは始まっていると思います。

フィンレー選手が、そして、TAJIRI選手が伝えたいことはそういったこともあるのではないか?と思う次第であります。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

「人と人をつなぎ、伝統を譲り受けつぐ」(矢郷良明)


『矢郷論説委員長のSMASHコラム』第二十八回
ニュースの焦点

2.19 SMASH 25 TDCホール大会はSMASHの解散の大会となりましたが、奇をてらった演出もなく、サプライズな仕込みもなく、まるで、3コードのブルース・ロックのようなストレートなプロレスリングだけで勝負し、お客さんとリング上を見事に一体化させた、素晴らしい大会になりました。

デーブ・フィンレー選手が試合後のリング上で、TAJIRIさんに、キープ・レスリング・クラッシック!と言われましたが、まさにこの大会は、クラッシックレスリングイベントでした。

このような興行を日本でできるのは、TAJIRIさんだけでしょう。

そして、この日のメインイベント、デーブ・フィンレーvsTAJIRIはウイスキーの原液のような、混じり気なしのプロレスリングであり、世界でも屈指のクオリティの試合でした。
ハッキリ言って、日本にこれだけの試合をやって魅せれるのは、TAJIRI選手だけです。

そしてセミファイナルの華名vs朱里も素晴らしかった。
これもまた、女子選手での日本で屈指の闘いでした。

他の試合も素晴らしく、他団体の選手も輝いており、プロデュースは絶妙のさじ加減でした。

この大会を観ていただければ、前途は洋々であることは一目瞭然です。

人と人とをつなぎ

プロレスリングの伝統を護り受け継ぎ

世の中をエンターテインする

これがプロレスリングです。

ファンの皆様、次の3.14 SMASH ファイナルで、新しい船出を分かち合いましょう。

☆2012年02月20日(月)
KUSHIDAが約1年ぶりに凱旋! 3・14『SMASH.FINAL』第1弾カード&参戦選手決定!!

久しぶりにKUSHIDA君をSMASHで観ることができます。
新日本プロレスで揉まれて、さぞや成長していることでしょう。
しかし、児玉君も負けてはいません。
彼もかなり成長しています。
体つきもよくなって来たし、全体から発する“特別な人”的な雰囲気は、かなり高くなってます。
児玉選手の活躍に期待しましょう!

☆2012年02月24日(金)
3・14『SMASH.FINAL』後楽園大会の全対戦カード決定!!

ようやくSMASHファイナルに矢郷良明、登場です。
ジョシュと中川ともかとチームを組みますが、この中川ともかと私はKAIENTAI-DOJOからの旧知の仲で、彼女が現在まで、どれだけ努力してきたか、私なりに理解しております。
彼女も昔の私を知っているから、いろいろ思うところがあるでしょう。
そんな中川とスマッシュのファイナルでチームを組むのも不思議な縁を感じ、感慨深く、ドラマチックだなぁと思っております。
最後までSMASHには不思議な磁場があります。

☆2012年02月24日(金)
鬼畜コバックへの復讐に燃えるリンに秘策あり!?「いいアイデアがある」

私はリン・バイロンはよいキャラクターだと初めて観た時から思ってました。
性別を越えれる可能性を感じさせます。
キム・ナンプンさんも久しぶりに再会できます。
マイケル・コバックは鬼畜ですが、ニュートラル視点で観ると、よいレスラーです。
余談ですが、コバックはクェンティ・タランティーノ、ロバート・ロドリゲスの大ファンで、私と初めて会った時、「おまえはフロム・ダスク・ティル・ドーンのジョージ・クルーニーだろう?、おまえのエントランステーマで喋ってるのもフロム・ダスク・ティル・ドーンでのジョージ・クルーニーのセリフだ」と一発で見破りました。
そう、私もタランティーノ、ロバート・ロドリゲスの大ファンです。
コバック、マニア同志、いつか闘おうぜ。

☆2012年02月24日(金)
「変な妄想はやめて二人でがんばろう!」木藤&美央、まさかのタッグ結成に”妄想ぬき”での必勝を誓う!!

キトタクって本当はなんて名前だったのか忘れてしまいました。
それくらい、キトタクのインパクトは強かった。

キトタクの大ブレイクはユリ・ゲラーにも予想できなかったことでしょう。

紫雷のお姉ちゃんのブレイクもこんなに凄いことになるとは思いませんでした。

選手には各自、オリジナルなキャラクターというものがあります。
ちょっとしたキッカケで、それが爆発するのですが、そのチャンスを逃さなかった、本人達のポテンシャルに喝采したいです。

3.14 後楽園ホール大会でひとまずSMASHは終わりますが、まだまだお楽しみはこれから続きます!
乞うご期待!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

矢郷さんが『SMASH解散』について語る


『矢郷論説委員長のSMASHコラム』第二十七回

ニュースの焦点

☆2012年02月10日(金)

【※重要】 「SMASH」第1章活動休止のお知らせ

というわけで、SMASHは活動休止となりました。

クォンタムジャンプジャパンが経営不信な訳でもなく、SMASHが経営不信な訳でもなく、クォンタムジャンプジャパンが運営をする、プロレス部門のSMASHと契約していた選手達が、「SMASHとの思想の違い」

を理由に三月の契約改正に応ぜず、契約しないということです。

そうすると会社としては解散するというカタチにならざるをえず、一応、SMASHの名前では、2.19 TDCホール大会と3.14 後楽園ホール大会が最後になります。

契約改正しなかった全選手は、今後はSMASHでは出来なかったこと、目指していたコアな部分のより深い探求をしていくことになると思います。

ここまで書けば、普通の学力のある方なら、何らネガティブなことではないとお気づきでしょう。

野球やサッカーでも、運営会社がチームを売買することがありますが、これと似たような話しです。

とりあえず、契約改正しなかった選手達のグループは、自前で運営して利益も出せることの目星がついており、尚且つ、今後、このグループをスポンサードしたい、チームごと買いたいという方々がおられたら、前向きに対処するという、ビジネスでは当たり前のことをやってるだけです。

アメリカでは(アメリカだけではないですが、)会社を作って、それを売って、またそれを買うみたいなことは当たり前でして、クォンタムジャンプジャパンも本体事業はそれをやっていたのですから、誰もネガティブでエモーショナルになる必要がないはずです。

そして、契約しなかった選手達のチームは、「よりお金のある所に売る」という、ビジネスライクな発想ではなく、「思想の違い」という、アーティスティックな理由で行動しております。

このアーティスティックな考え方こそ、SMASHが支持されてきた根幹部分であり、運営基盤の哲学であります。

それは今後も一切ブレることはないのですから、ファンの皆様はなにも心配せず、あたらしい器に移行する彼等を、今後も応援してあげてください。

2.19 TDC大会は決別とリセットの大会になります。

本当に歴史的に貴重な、プロレス史上初めての大会となりますので、是非ともご観戦ください。

そして、3.14 後楽園ホール大会は感謝とリスタートの大会となりますので、これまた是非ともご観戦くださいませ。

TAJIRIさん、AKIRAさん、大原君、朱里ちゃん、児玉君、キトタク、そしてデビューした選手たちと、常連となり支えてくれた、選手達は、これからも全力で、より素晴らしい、面白い、プロレスの枠を超えたプロレスを目指すと思うので、楽しみにしてください。

私もこれからも、皆と協力して、出来なかった狂ったようなアイディアを、具現化して行きたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

Vive La Revolution!

そういうことです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

矢郷さん&夏海の美声に酔いしれろ!!


2月7日(火)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が行なわれ、プロデューサーを務めるTAJIRIより2・19『SMASH.25』(東京ドームシティホール)で”富山の怪人”矢郷良明がリングアナウンサー&ニアライブ中継の特別解説を務めることが発表された。
この日の会見でTAJIRIは、年間最大のビッグマッチ2・19TDCホール大会に向け、SMASHでファイターとしてだけではなく論説委員長、リングアナウンサーなどマルチな才能を発揮している矢郷にリングアナとしての参戦を打診したところ、以下の怪文書が矢郷から送られてきたことを明かした。
—–
【矢郷良明からの怪文書】
SMASHの皆様、おはようございます。
富山は大変な雪でした。除雪に追われ、カラダ中が痛いです。
というわけで、試合コンディションではないので、今度の2・19『SMASH.25』TDCホール
大会は、TAJIRIさんから御依頼を戴いた通り、新しいリングアナの緑川夏海ちゃんの
サポートとして、リングアナを務めさせていただきたいと思います。
そして、当日のサムライTVニアライブでの特別解説も引き受けたいと思っております。しかし、サポートとはいえ、リングアナもしながら、試合の解説もするというのは、いくらなんでも、トイレに行く暇もないくらい大変なので、ここは、ビチッ!と限定一試合の特別解説でもよろしいでしょうか?
その試合は、
KENSO(全日本プロレス)&VENENO
vs
サブゥー&葛西純(FREEDOMS)
にさせていただきたいと思いますがいかがなもんでしょうか?

KENSO選手とはわたくし、今年に入ってからいろいろありまして、遺恨が渦巻いております。
しかし、そのような私情は抜きにして、KENSO選手が大事な『SMASH.25』TDCホール大会で粗相を起こしては大変なので、KENSO選手の後見人でもある、わたくし、矢郷良明が、解説席から監視及び教育的指導をさせていただきたいと思います。
ということで、
“特別企画・サムライTVニアライブ中継 矢郷論説委員のスペシャル解説 ビチッと限定一試合だよ、全員集合!”
の決定をよろしくお願いします。
矢郷備後守(びんごのかみ)より

—–

怪文書の中で、大雪による除雪作業の疲れでコンディションが万全ではないという矢郷は、TAJIRIから受けたリングアナのオファーを快諾。さらに矢郷は、大会当日にサムライTVで放送されるニアライブ中継の特別解説を逆オファーしてきたのだ。この矢郷からの逆オファーにTAJIRIもこれを快諾。これにより、矢郷はリングアナ&ニアライブ中継の特別解説で2・19TDCホール大会に参戦することが正式決定となった。
また、本戦開始前に行なわれる公開プロテストに関して、TAJIRIは、前回1・19『We are SMASH』(新宿FACE)で公開プロテストを受験して不合格となった篠瀬晃、桐澤将城の再試験を行なうことを発表。前回同様、プロテストはスパーリング形式となるが、その相手を誰が務めるかは後日発表される予定だ。
■2・19『SMASH.25』(TDCホール)開場15:30 開始17:00
[SMASHチャンピオンシップ]
デーブ・フィンレー(王者)
vs
TAJIRI(挑戦者)
※第2代王者・フィンレーは初防衛戦
[SMASHディーバチャンピオンシップ]
華名(王者)
vs
朱里(挑戦者)
※第3代王者・華名は初防衛戦
VENENO
KENSO(全日本プロレス)
vs
サブゥー
葛西純(FREEDOMS)
スターバック(FCF)
大原はじめ(FCF)
ジェシカ・ラブ(FCF)
vs
大谷晋二郎(ZERO1)
田中将斗(ZERO1)
日高郁人(ZERO1)
[AKIRAプロデュース『あのときの新日本プロレス』]
AKIRA
大矢剛功
vs
藤波辰爾(ドラディション)
エル・サムライ(スポルティーバ)
※特別リングアナ:田中秀和 特別レフェリー:保永昇男
真琴
リン・バイロン
雫あき(お寺プロレス)
vs
高橋奈苗(スターダム)
中川ともか(エスオベーション)
花月(センダイガールズ)
[北都プロレス軍vs元IWA JAPAN軍 全面対抗最終決戦]
木藤拓也
小仲=ペールワン(暗黒プロレス組織666)
ルー・ルルル(北都プロレス)
リッキー・フジ(KAIENTAI-DOJO)
vs
松田慶三
平野勝美
岡野隆史
山田圭介
※特別レフェリー:クレイン中條(北都プロレス)
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
児玉ユースケ
土肥孝司
vs
田島久丸(ドラディション)
YO-HEY(Fu-Dojo)
黒潮二郎
[公開プロテスト:スパーリング形式]
受験者:篠瀬晃、桐澤将城
※試合順は後日発表
※公開プロテストは本戦開始(17:00)前に行なわれる
【FIGHTING TV サムライにてニアライブ中継!】
■放送日時
2012年2月19日(日)23:00~26:00
※リピート放送あり

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4 5 6 11

ホーム > タグ > 矢郷良明

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る