ホーム > タグ > 真琴

真琴

明日、新木場に『真琴食堂』OPEN


WNC会見で口論する華名と真琴

6月14日(木)、都内・WNCオフィスにて6・17『ぷちカナプロ』(新木場1stRING)の記者会見が行なわれるなか、真琴が会見に突如登場。「『カナプロ』さんって『まこプロ』の真似じゃないですか?」と華名に一方的な言いがかりをつけてきた真琴は、自身のプロデュース興行『まこプロ』プレ旗揚げ戦となる『まこと食堂』を『ぷちカナプロ』の会場外で開催することを発表した。

会見で華名がいよいよ開催が迫った『ぷちカナプロ』に向けての意気込みを語るなか、真琴が突然登場。これまでリング内外で散々やり合ってきている二人だが、さすがに華名も「どんだけ邪魔したら気が済むねん。なんやねん」と呆れた表情を見せる。すると、真琴は「ちょっと気になったんですけど、『カナプロ』さんって『まこプロ』の真似じゃないですか?」とクレーム。すかさず華名が、「ふざけんなや。私は2年前から『カナプロ』やっとんねん! どちらかと言ったらお前の方やろ」とツッコミを入れると、真琴は「だいたい華名さんは誕生日だって自分と同じじゃないですか(※二人の誕生日は9月26日)。どれだけ私のことが好きなんですか? どれだけ私の真似をしたいんですか?」とアピール。しかし、生まれもプロデュース興行の旗揚げも華名のほうが先であり、真琴のアピールは完全な言いがかりである。

この真琴のアピールに対し、「もちろん私は真琴のことが大好きやで。あなたがいろんなファンの方々に愛されて欲しい、そう思ってる。お前やろ、私のことを嫌いなのは」と、大人の対応を見せる華名。しかし、真琴は「はい。単に華名さんのことが嫌いなだけです」と即答。らちが明かない状況に、華名は「何がしたいの? 私の邪魔をしたいの? もう好きにすればいいや」と苦笑いだ。

すると、華名の「好きにやればいいや」という発言に反応した真琴は、「では、好きにさせていただきます。明々後日の『ぷちカナプロ』さんの会場の外、駐車場をお借りします。そこで『まこプロ』プレ旗揚げ戦を行ないます」とアピール。あまりにも唐突なアピールに、呆れた表情を浮かべる華名は「ちっちゃいところでやるなあ。何すんねん?」と尋ねると、真琴は「駐車場で“真琴食堂”を開いて、『カナプロ』さんのお客さんを全員いただきますから。それでは」と、言い残して去って行った。

真琴の真意が飲み込めない華名は、「ホンマに、何を言うたらいいのかわからへん……」と困惑の表情。はたして、『まこプロ』プレ旗揚げ戦となる『まこと食堂』とは一体何なのか!?

▼6・17『ぷちカナプロ』(新木場1stRING)開始18:30
[メインイベント]
華名&山本喧一
vs
朱里&池田大輔

[セミファイナル]
入江茂弘
vs
土肥孝司

[第3試合:シングルマッチ]
AKIRA
vs
石川雄規

[第2試合:6人タッグマッチ]
TAJIRI&中川ともか&黒潮二郎
vs
怨霊&宮本裕向&忍

[第1試合:シングルマッチ]
スルガマナブ
vs
木藤拓也

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

華名と朱里が、りほという女子中学生と戦う日


真琴

なんとなくだが…プレ以来、真琴っちゃんが「女子の中心にいる」感をカンジている。この写真の表情にも「ハッ!」とさせられるものがあるここ最近。

5・24WNC旗揚げ戦(後楽園ホール)に出場予定だった紫雷美央が鼻骨骨折により欠場。これに伴いカードが変更となり、美央に代わる真琴のパートナーはアイスリボンのりほに決定。真琴&りほが華名&朱里と対戦することとなった。

先月29日のOZアカデミー大阪大会の試合中に鼻骨骨折の重傷を負った紫雷美央。このケガによってドクターストップがかかった美央に関して、この日の会見でTAJIRIは、美央の5・24旗揚げ戦欠場を発表した。一方、先月のプレ旗揚げで試合後に華名と口論になった際、自分のことをかばってくれた美央とのタッグ結成が消滅することとなった真琴は、会見で「美央さんが骨折して欠場されるということで、最初は自分が美央さんを守るためにもひとりで闘おうと思っていた」とコメント。そんななか、「昨夜、自分の親友、そして永遠のライバルから電話があって今の状況を話しました」と語った真琴は、「“それなら私が行ってやるよ。お互いにどれだけ成長したのか確認したいし、行ってやるよ”と言ってくれたコがいました」と、真琴のパートナーに名乗り出た選手が現われたことを明かした。

その名乗りをあげた選手とは、真琴がかつて在籍していたアイスリボンで現在活躍中の“ニコニコじるし”りほ。2006年にデビューしている同期の二人は、プライベートでは親友であり、リング上ではライバルとしてしのぎを削ってきた仲だ。WNCに急遽参戦が決まったりほは、華名、朱里とは今回が初対戦だけに注目が集まる。

なお、欠場が決まった美央は大会当日、真琴&りほのセコンドにつくことが決定。“お姉さま”美央が見守るなか、真琴は因縁の華名から勝利を奪えるのか!? こちらからも目が離せない!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

美女だらけのハードコア・ドレスアップマッチ!!


12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)にて行なわれるハードコアマッチで対戦する中川ともか&華名組、真琴&リン・バイロンが、都内・株式会社スマッシュ

リン・バイロン=青龍刀

で開かれた記者会見に出席。4選手の思惑がそれぞれぶつかり合うなか、ハードコアマッチ初体験となる華名は、この試合でタッグを結成するSMASHディーバ王者・中川との再戦を要求した。
この日の会見では、4選手がハードコアマッチに持ち込む凶器アイテムを手に登場。まずトップバッターはリン・バイロン。『SMASH.23』(2011.11.28/後楽園ホール)の朱里戦において、この試合形式で高い適正能力を見せたリンは、朱里戦のときと同じく青竜刀を振りかざして現われた。続いて、リンのパートナーである”現役メイド女子レスラー”の真琴はメイド服に身を包み、かわいらしくポーズを決めた手にはなんとケチャップが。ところが、ここで会見に同席したTAJIRIから、「お客さんやリングマットにかかったら汚れちゃうからダメだよ」とあえなく却下され、真琴は違う凶器アイテムを用意することとなった。
一方、対戦相手チームの中川ともか&華名の新旧女王コンビは、中川が凶器アイテムの王道とも言えるパイプ椅子を手に登場。そして、ハードコア初体験となる華名は、レスラー業のほかにデザイン会社を経営する社長レスラーらしく、「お社長の私にはピッタリ!」と持ってきたのはパソコンのキーボードだ。
4選手それぞれが個性ある凶器アイテムを持ち込んだなか、華名は「せっかくハードコアの門をくぐるなら、それに合った正装をして挑むってのはどうや?」とドレスアップルールをさらに加えることを提案。これにはTAJIRIも「い

真琴=ケチャップ→却下→当日までに考え直し

いアイデアだねえ」と賛同し、改めて試合形式が”ハードコア&ドレスアップマッチ”となることが決定した。どの選手がどんな格好で試合に臨むかは大会当日の入場まで明かされないだけに、各選手の入場にも要注目だ。
前述の通り、4選手のなかでハードコアマッチが未経験なのは華名、真琴。初のハードコアマッチに挑む華名は、「私のスタイルはこのルールにすごく合っている。それは試合で見せることができるはず」と、問題がないことを強調。そして、相手の目をくらませるためにケチャップを凶器アイテムに選んだものの、TAJIRIから持ち込み禁止を告げられた真琴は、さらにメイド服以外の服装でドレスアップすることもTAJIRIに要求され、ますます困惑の表情を浮かべるばかりだ。
一方、この試合形式に自信を見せるリンは、「私がハードコアクイーンになってみせる!」とアピールすると、当日はラダー、テーブルなど多数の凶器アイテムを持ち込むことを示唆。そして、過去にTAKAみちのくとのタッグでWEWハードコアタッグ王座を獲得したことがある中川は、朱里戦で好ファイトを演じたリンを警戒しながらも、「4人のなかでハードコアの経験は一番ありますし、まったく問題はないです」と、王者の風格を漂わせた。
そんな貫禄十分の中川に噛み付いたのが、なんとパートナーを務める華名だ。もともと今回のタッグ結成は、『SMASH.23』で初防衛に失敗して中川にタイトルを奪われてしまった華名の「中川が”華名攻略マニュアル”っていうの

中川ともか=パイプイス

を使ったみたいなんですけど、次は私が”中川攻略マニュアル”を作りあげようと思います。そうするには彼女を視察していかなければいけないので、次回のSMASHで組んでみようと思います」というアピールによって生まれたものである。王座奪還に向け、一番近いところで中川を視察できるチャンスを得た華名は、「お前との試合は何百回も繰り返して見させてもらったわ。ありがたいことに、”中川ともか攻略マニュアル”ができました。キミと組んで、マニュアルの最終チェックをさせてもらうわ」とニヤリ。さらに、「おっさん、頼みがあるんやけど、前チャンピオンの特権として、中川ともかとの再戦を要求させてもらう。場所はどこでもええねん」と、会見に同席したTAJIRIにアピールだ。
華名のアピールを受け、TAJIRIは「前向きに考えさせていただきます」と返答。一方、思わぬ形でパートナーから挑戦状を叩きつけられた中川は、「”中川ともか攻略マニュアル”、楽しみですね」と、ここでも余裕の表情。さらに、「前回の華名戦を終え、自分の華名に対する自信はさらに上回ってます。華名の挑戦? 華名に勝てる自信は100パーセント、いいえ1000パーセント持ってます」と、絶対の自信を見せた。
4者の思惑がそれぞれ交差するこの闘い。そのなかで早くも女王の貫禄を漂わせる中川の牙城を崩す者は、はた

華名=キーボード

して現われるのか!?

■12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30

[メインイベント]
TAJIRI&大原はじめ&藤原喜明
vs
デーブ・フィンレー&ムラット・ボスポラス&ビッグボーイ
[ハードコア&ドレスアップマッチ]
中川ともか&華名
vs
真琴&リン・バイロン
朱里
vs
雫あき
[勝ち抜きイリミネーションマッチ]
木藤拓也&大矢剛功&ルー・ルルル
vs
松田慶三&平野勝美&岡野隆史
※大将、中堅、先鋒の順は後日発表
AKIRA&児玉ユースケ&YO-HEY
vs
伊東竜二&佐々木義人&石川晋也
[第1試合:黒潮二郎デビュー戦]
土肥孝司
vs
黒潮二郎

※日向小陽レフェリーデビュー
※他、数試合が追加予定
※メイン、第1試合以外の試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

真琴×雫の体格差にビビった…


真琴っちゃんが移籍してきた当初、こんな相手と対峙することになるだなんて誰が想像しただろうか?

11月11日(金)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が行なわれ、11・24『SMASH.23』(後楽園ホール)で対戦する真琴、雫あきが試合に向けて意気込みを語った。
アマチュアレスリングでの輝かしい実績を引っさげ、『SMASH.22』(2011.10.24/後楽園ホール)でSMASH初参戦を果たした“無名の逸材”雫あき。初戦でいきなり初代女王・華名とのシングルマッチというプレッシャーがかかる試合で、雫は得意とするレスリングを駆使したダイナミックな闘い方で本領を発揮すると、ぶっこ抜きジャーマンスープレックスで華名を追い詰めるなど善戦。敗れはしたものの、試合後には観客から健闘を称える賞賛の拍手を受けたのであった。
この華名との激闘を経た現在の心境について、雫は「SMASHは本当に自分が好きで観に行ってた団体なんですけど、そこに自分が参戦するということに不思議な気持ちがありました。そして責任感というのが大きくなったと思います。このようにマスコミさんの前で話をしたり、大勢のお客様の前で試合をするということで、『お寺プロレス』という名前、このような機会をくださったSMASHさんの名前を背負っていかなければいけない。さらに、リングを下りた後の人生というのも責任を持ってすごしていかないといけない。気が引き締まる想いが強くなりました」とコメント。さらに、「自分のなかでこのスタイルでもいいのかなという不安もありましたが、後楽園ホールであれだけの拍手をいただいて、自分のスタイルを貫いていこうという自信になりました」と意欲を燃やした。
そのなかで今後もSMASHへの継続参戦を表明した雫は、「SMASHに上がらせていただいて、このリングで頂点に立ちたい」と目標を語ると、「そのために、まずはSMASHの女子とひとりずつ試合をしたい」と今後について述べた。それも踏まえてマッチメイクされた今回の一戦だが、真琴は雫のコメントを受けて、「自分もまだSMASHの頂点に全然辿りつけていないので、先は越させません」と対抗。また、対戦相手の雫について、「大地に育まれたようなナチュラルストロンガーさんだと思います。おっとりされているのですが、芯の強さがある」と表現した真琴は、「自分はけっしてそうではありませんでした。でも、16歳でこの業界に飛び込んで培ってきた5年間は絶対に無駄なものではなかったと思うので、自分はそれを賭けて雫さんを倒します。そして確実に迫り来る大きなチャンスを掴みたい」と気合十分だ。
また両者の共通点としてスピアーを得意技としているが、この点について「意識はしている」と答えた雫は、「だからこそ負けたくないという気持ちがあります」とコメント。一方、真琴は「自分のほうが体格が小さいというのはあるんですが、自分のスピアーはエッジさんからの直々伝なので負けません」と、こちらも自信を見せた。さらに真琴は、雫のもうひとつの得意技であるデスバレーボムについて、「自分の大好きな先輩、三田英津子さんが元祖です。三田さん以外の方が使うことには正直よく思っていません。自分は三田さんから受け継ぎたいと思っていたので、だから雫さんのは絶対に、絶対に受けません」と闘志を燃やした。この真琴の発言に対し、雫は「(デスバレーは)レスリングの飛行機投げに形が似ているんですけど、飛行機投げもずっと苦しい思いをしてきて習得してきた技なので、投げとぶつかることについて、私はどの人間にも負ける気はしない」と負けずに対抗。このあたりも試合を観る上での大きなポイントとなりそうだ。
SMASHでの頂点を虎視眈々と狙う両者の激突。静かながらもお互いに意識しあい、闘志を燃やすなかで行なわれるサバイバルマッチを制するのは一体どっちだ!?
大会チケット情報はこちら>>
■11・24『SMASH.23』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[SMASHチャンピオンシップ]
スターバック(王者)
vs
デーブ・フィンレー(挑戦者)
※初防衛戦
[SMASHディーバ・チャンピオンシップ]
華名(王者)
vs
中川ともか(挑戦者)
※初防衛戦
TAJIRI&ウルティモ・ドラゴン
vs
大原はじめ(FCF)&ジェシカ・ラブ(FCF)
児玉ユースケ
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)
木藤拓也&紫雷美央&小仲=ペールワン(暗黒プロレス組織666、プロレス実験団GUYZ)
vs
松田慶三&平野勝美&市来貴代子
朱里
vs
リン・バイロン
真琴
vs
雫あき(お寺プロレス)
[土肥孝司デビュー戦]
AKIRA
vs
土肥孝司

※試合順は後日発表
■11・25『SMASH Live in OSAKA』(ムーブ・オン・アリーナ)開場18:00 開始19:00
[メインイベント]
The Bodyguard
vs
デーブ・フィンレー
TAJIRI&ビリーケン・キッド(大阪プロレス)
vs
AKIRA&YO-HEY(Fu-Dojo)
朱里&真琴
vs
華名&雫あき(お寺プロレス)
中川ともか
vs
リン・バイロン
木藤拓也&紫雷美央
vs
大原はじめ(FCF)&ジェシカ・ラブ(FCF)
児玉ユースケ
vs
土肥孝司
※試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

朱里 真琴vs栗原あゆみ Rayは、存在感をかけた壮絶な争い


9/8 SMASH21 後楽園ホール大会

最近、真琴っちゃんの醸し出す雰囲気が日に日にグローアップしてきているような気がする。

女子プロレス界のエースと呼んでも過言ではない、栗原あゆみ選手がSMASH初参戦いたします

対戦カードは

朱里 真琴vs栗原あゆみ Ray

朱里ちゃんと栗原選手は正真正銘初対決

真琴っちゃんと栗原選手は、過去に一度しか対戦経験がないとか

誰か一人だけが勝ち、誰か一人だけが負けるさだめ

それは当然のこととして…

プロレスには

「誰がいちばん存在感を残すのか?」

という重要な側面もあります

SMASH立ち上げから唯一の女子選手として頑張ってきた朱里ちゃん

新たにSMASH所属となり、今大会より人生の第一歩を踏み出す真琴っちゃん

知名度や実績では群を抜いている栗原選手

もはやSMASHの常連といってもいいRay選手

それぞれの理由から、誰もが絶対に負けるわけにいかないこの一戦

いうなれば、組んでいる相手とも戦わねばならないのです

こういう戦いって、レスラーにとってかなりキツいシチュエーション

抜きんでるのは誰なのでしょうか?

ドキドキしますね、ボクは

9・8『SMASH.21』チケット情報はこちら>>
■9・8『SMASH.21』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント 初代SMASH王座決定トーナメント準決勝]
TAJIRI
vs
AKIRA
[第1試合]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)
vs
百田光雄
[初代SMASHディーバ王座決定戦]
華名
vs
セリーナ
[初代SMASH王座決定トーナメント準決勝]
スターバック(FCF)
vs
VENENO
ウルティモ・ドラゴン&Mentallo&児玉ユースケ
vs
大原はじめ(FCF)&ブラック・バファロー(大阪プロレス)&YO-HEY(Fu-Dojo)
栗原あゆみ&Ray(アイスリボン)
vs
朱里&真琴
[凶器使用OKノールールマッチ]
木藤拓也
vs
紫雷美央
※試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3

ホーム > タグ > 真琴

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る