ホーム > タグ > 大原はじめ

大原はじめ

大原はじめvsマイバッハ谷口はハードコアマッチに!!


大原はじめ(左)とマイバッハ谷口

6・22新宿FACE大会でプロレスリング・ノアの“暴走仮面”マイバッハ谷口と対戦する大原はじめが14日、都内・WNCオフィスにて緊急会見を開き、マイバッハとの一戦を通常ルールから反則OKのハードコアマッチに変更することを発表した。

「色んなところからノアのマイバッハ谷口がどうのこうのって聞いて、アイツはこのあいだもイスで俺のことを殴ったけど、試合中もめちゃくちゃなことをするっていう。俺は観てないけどみんながそう言うんで、まともな試合になんねえなと」と“暴走仮面”マイバッハについて語り始めた大原。

ここでマイバッハへのメッセージという形で、大原は「普通のルールじゃ無理だ。だったらハードコアルール、反則してもOKなんでしょ? 俺は好きじゃないからやらないんだけど、そういうのをルール無用マッチっていうのをやったらいいと思うんだよ」と試合形式をハードコアマッチに変更することをアピール。そして、「俺は喧嘩だと思ってるから、武器でもなんでも使ったらいいと思うし。俺もそれなりにやるから。こっちはイスで殴られてるからさ。あいつに言っておいてよ、ルール無用の喧嘩マッチをやろうぜって」と受けて立つ構えを見せた。

マイバッハが得意とする暴走ファイトに対し、敢えてハードコアマッチという舞台を用意した大原。「ハードコアマッチは好きじゃない」と言いながらも、リミットが外れたら何をし出すかわからない喧嘩ファイトはお手の物であるだけに大原の自信が伺える。より危険度が増したルール無用マッチの行方は、はたして!?

▼6・22Wrestling New Classic新宿大会(新宿FACE)開場18:00 開始19:00
[タッグマッチ]
TAJIRI&山川竜司(大日本プロレス)
vs
伊東竜二(大日本プロレス)&石川晋也(大日本プロレス)

[シングルマッチ]
大原はじめ(FCF)
vs
マイバッハ谷口(プロレスリング・ノア/NO MERCY)

[シングルマッチ]
AKIRA
vs
児玉ユースケ

[タッグマッチ]
華名&朱里vs真琴&紫雷美央

[シングルマッチ]
高橋星人vsレザーフェイス

[タッグマッチ]
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)&リン・バイロン
vs
木藤拓也(クズプロ)&清水基嗣(シークレットベース)

[8人タッグマッチ]
YO-HEY(Fu-Dojo)&土肥孝司&黒潮二郎&ジョシュ・オブライエン
vs
橋本和樹&塚本拓海&大谷将司&神谷英慶(ともに大日本プロレス)

▼6・23Wrestling New Classic大阪大会(大阪ミナミ ムーブ・オンアリーナ)開場18:00 開始19:00
[シングルマッチ]
華名
vs
レザーフェイス

[タッグマッチ]
TAJIRI&山川竜司(大日本プロレス)
vs
ゼウス&The Bodyguard

[シングルマッチ]
朱里
vs
真琴

[シングルマッチ]
AKIRA
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)

[シングルマッチ]
大原はじめ(FCF)
vs
木藤拓也(クズプロ)

[シングルマッチ]
高橋星人
vs
土肥孝司

[6人タッグマッチ]
リン・バイロン&児玉ユースケ&黒潮二郎
vs
紫雷美央&タダスケ&HAYATA

▼6・24Wrestling New Classic山梨大会(山梨石和温泉 ホテル石庭 伯凰の間)開場12:00 開始13:00
[シングルマッチ]
藤波辰爾(ドラディション)
vs
レザーフェイス

[シングルマッチ]
AKIRA
vs
大原はじめ(FCF)

[タッグマッチ]
TAJIRI&山川竜司(大日本プロレス)
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)&児玉ユースケ

[シングルマッチ]
井上雅央(フリー)
vs
木藤拓也(クズプロ)

[タッグマッチ]
リン・バイロン&黒潮二郎
vs
真琴&土肥孝司

[シングルマッチ]
高橋星人
vs
ジョシュ・オブライエン

※試合順は後日発表

【今後の決定スケジュール】
7月15日(日)後楽園ホール 開場11:00 開始12:00
7月16日(月・祝)世界館 開場17:30 開始18:30
8月2日(木)新宿FACE 開場18:00 開始19:00
8月3日(金)世界館 開場18:00 開始19:00
8月4日(土)広島産業会館 第二展示場 開場17:30 開始18:30
8月6日(月)博多スターレーン 開場17:30 開始18:30
8月7日(火)鹿児島オロシティホール 開場17:30 開始18:30
8月30日(木)後楽園ホール 開場17:30 開始18:30

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

レインメーカーの門番、外道が…来る!!


(C)新日本プロレス

予告通り、昨日 大原はじめが新日本プロレス・新木場大会へ乗りこみました

(以下のやりとりは新日本プロレスofficial web siteより)

大原「オマエが『許可取れ』って言うから、許可取りに来たんだよ!」

外道「ハッ! 律儀なこったな」

大原「オカダ出せよ」

外道「『オカダ出せよ』!? 笑わしに来たぞ、コイツ。オマエの立ち位置とレインメーカーの立ち位置わかってるのか、コノヤロー!(※上を見上げて)レインメーカーは日本プロレス界の頂点だぞ、オマエ! オマエよ、レインメーカーとやるなんてもってのほかだよ、コノヤロー! 名前出すのも許さねぇ! 2度と口に済んじゃねぇ、コノヤロー! 俺が行ってよ、テメーの立ち位置わからせてやるよ、コノヤロー! 俺がやってやるって言ってるんだよ、コノヤロー、オイ!!」

大原「じゃあ、テメー来いよ!」

外道「おお、いつでもやってやるよ、コノヤロー!TAJIRIに言っとけ、コノヤロー!テメーみてぇな三流の立ち位置、俺がわからせてやるよ、コノヤロー!」

大原「おお、わかったよ。オマエ、自分の言ったこと忘れるなよ。わかったな?」

外道「あたりめぇだよ、コノヤロー」

大原「待っててやるよ、だったら。来いよ!」

…外道選手の言葉をストレートに受け止め、新たなる決定カードをここに発表させていただきます

4/26 Wrestling New Classic プレ旗揚げ戦 新宿フェイス大会 決定済追加カード

大原はじめvs外道

これにて、プレ旗揚げは以下のカードが決定済みとなりました

●TAJIRIvsAKIRA

●大原はじめvs外道

●華名、紫雷美央vs朱里、真琴

●木藤拓也vs X

来週早々には、他の試合も含め全カードを発表させていただきます

Wrestling の新たなる Classic 始動まで、あと12日

【4/26(木) Wrestling New Classic プレ旗揚げ戦 新宿フェイス大会 PM7:00start】

指定B席…3000円(完売)

指定A席…5000円(発売中!!!!!)

カウンター席…7000円(完売)

最前列…7000円(完売)

ご注文はe+チケットぴあ、あるいはTAJIRIから直接購入!! buzzsawkick@yahoo.co.jp まで

お名前、希望席種、枚数をご明記の上お気軽にメールくださいませ。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

大原はじめ、4/13新日本プロレス殴り込み予告


「闘龍門で同期だった、‘レインメーカー‘オカダ・カズチカと戦いたい。プレ旗揚げ戦に必ず引っ張り出す」(4/5 WNC設立会見にて…大原はじめ)

「レインメーカーの名前を口にする時はよぉ、まずオレの許可を取れ。それからだ、口にしていいのは。オレの許可を取れ!分かったか、この野郎!」(4/8 新日本プロレス後楽園大会にて…外道)

「外道がなんか言ってるらしいが、オカダとの付き合いは俺のほうが断然長い。外道なんかがグチャグチャ言うな!!これは俺とオカダの問題だ!!だけどよ、なら外道の許可とやら…取りにいってやるよ!!」」(4/10 WNC会見にて…大原はじめ)

※本日、大原が4/13 新日本プロレス新木場大会への殴り込みを予告いたしました

最後にボソリとつぶやいていた一言も、念のため付記しておきます

「俺は気が短いんでね。外道が何か仕掛けてきたらクラわせてやりまスから」


【4/26(木) Wrestling New Classic プレ旗揚げ戦 新宿フェイス大会 PM7:00start】

指定B席…3000円(残り数席)

指定A席…5000円

カウンター席…7000円(完売)

最前列…7000円(完売)

ご注文はe+、チケットぴあ、あるいはTAJIRIから直接購入!! buzzsawkick@yahoo.co.jp まで

お名前、希望席種、枚数をご明記の上お気軽にメールくださいませ。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

大原よ、レインメーカーを引っ張り出せ!!


WNC設立会見で、大原はじめが口にした言葉

「闘龍門で同期生だった、レインメーカーと戦いたい。4/26のプレ旗揚げ戦に必ず引っ張り出す!」

という発言を受け、レインメーカーの代弁者(?)のような外道選手からコメントがあったそうです

「あとどっかの小僧がレインメーカーを引っ張り出すって言ってるらしいな。どこのどいつだ? TAJIRIのところの若造か(嘲笑)? レインメーカーの名前を口にする時は、まずオレの許可を取れ。それからだ、口にしていいのはよぉ。オレの許可を取れ! 分かったか、この野郎!」

さあ、大原よ

これからいったいどうするつもりだ!?

【4/26(木) Wrestling New Classic プレ旗揚げ戦 新宿フェイス大会 PM7:00start】

指定B席…3000円

指定A席…5000円

カウンター席…7000円(残りわずか)

最前列…7000円(完売)

ご注文はe+、チケットぴあ、あるいはTAJIRIから直接購入!! buzzsawkick@yahoo.co.jp まで

お名前、希望席種、枚数をご明記の上お気軽にメールくださいませ。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

プロレス記者・鈴木健さんによる大原はじめ論


【プロレスラーが”世界”を見るということ…大原はじめの場合】

本日はサムライTV「S-ARENA」でSMASHの大原はじめと共演した。26歳でありながら今年の5月でキャリア丸7年となる彼を初めて見たのは、2006年5月にアレナ・メヒコで開催された「DORAGOMANIA」で、22歳にして伝統あるNWA世界ウェルター級のベルトを奪取した試合だった。だが、明らかにそれは家賃が高く、喜びよりも戸惑いの方が大きかった初々しさを今でも憶えている。

思えば大原のプロレスラー人生は常に期待との闘いだった。2年後には師匠のウルティモ・ドラゴンにも勝つという、ウルティモ・ドラゴンジム13期の中で誰もなし得ていないことを実現させ、スペル・デルフィン、ザ・グレート・サスケにも勝利。その後はハッスルに定着し、現在のSMASHへといたった。ドラゴンの弟子であり、TAJIRIが目にかけて育てた男、さらにこれらの実績があれば若くして高いハードルを求められるのは当然だった。

そんな大原にとってSMASH旗揚げ後は苦悩の日々が続く。初めて経験する「自分たちで団体をやっていく大変さ」が、SMASHへの愛情を深めていったのはよかったが、思い入れが強くなればなるほどその中で実績をあげられぬ現実に突き当たった。気がつけば旗揚げ戦で一騎打ちをおこない自分に勝ったKUSHIDAの方がSMASH期待の若手という目で見られるようになっていた。

そんな現状を変えたいがために、大原はスターバックの国・フィンランドへと飛ぶ。これまで体験したことがない異文化を目のあたりにし、価値観や考え方に変化が生じた。プロレスラーは、バーベルをあげるだけでは劇的な変化は得られない。それよりも環境を変え、未知なる部分を見聞した上でプロレスに投影した方がいい。

「世界を知る」とはそういうことを指す。昭和のプロレスラーが外国人の相手を呼んで日本だけで防衛戦を重ねても、そのベルトに真の意味で”世界”の価値はつかなかった。力道山もジャイアント馬場もアントニオ猪木もアメリカをはじめとする世界へ渡り、その国の文化とプロレスを体感したからこそ世界を名乗れたのだと思う。

WWEに所属した日本人大リーガーたちの発想が違うのは、そういうところから来ている。世界中をまわったTAJIRIでさえ、北欧のプロレスは知らなかった。番組内で大原は、フィンランドで体験したことをイキイキと語った。人間と自然と文明がバランスよく共存する国は、プロレスラー・大原にも大いに刺激を与えた。このあたりの話は、現在発売されている電子書籍『SMASH×SMASH No.2』でより詳しく語られているので、ご一読いただきたい。

SMASH愛があるから、大原は変わりたかった。私はこれまで何度となく「SMASHはTAJIRIが自分の創作料理を盛りつけるために欲した器」と書いてきたが、そろそろ大原も自分なりのSMASHという器がほしくなってきたはず。それは、SMASHの未来とイコールで結ぶことができる。他者から背負わされた期待のためではなく、ようやく自分が愛するもののためにプロレスがやれるのだ。

※鈴木健.txt OFFICIAL WEBSITE Ken@suzuki.txtのブログ  より、ご本人の承諾を得て転載

●4/30 SMASH16 大阪IMPホールメインイベント

 TAJIRI vs 大原はじめ

●5/1 SMASH live in NAGOYA 名古屋テレピアホール

 TAJIRI、ウルティモ・ドラゴンvsスターバック、大原はじめ

●5/3 SMASH17 後楽園ホールメインイベント

3WAYラダー&ダッシュtoベルトマッチ

TAJIRI、真琴vs大原はじめ、ジェシカ・ラブvsマイケル・コバック、リン‘ビッチ‘バイロン

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4 5 6 7

ホーム > タグ > 大原はじめ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る