ホーム > アーカイブ > 2014年3月のアーカイブ

2014年3月のアーカイブ

朱里vs木村響子・調印式発言再録(※強烈すぎるので閲覧注意)

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2014年3月6日 12:43 AM
  • WNC

20140305_134013

3月5日WNCオフィスにて、3・9REINA新宿FACE大会でおこなわれるREINA世界王座戦「朱里vs木村響子」の公開調印式がおこなわれた。

調印式には王者朱里、挑戦者の木村響子、そして仕事の都合でどうしても出席できない玉城代表の代わりとしてプロデューサーTAJIRIが立会人として出席した。

朱里と木村響子。
2人とも3・9への期待と興奮を抑えきれないといった表情。

そしてそれぞれが意気込みを語る。

木村響子「私は朱里という選手をすごく買っていて、『本物』だと思ってます。
『偽物』の選手じゃない。
『本物』と『本物』の戦いになる。
楽しみにしています」

朱里「自分は木村さんと初めて試合をした時に『ビビッ‼︎』ときたと言うかゾクゾクして、この前のWNC新宿大会でさらにこの人とシングルで闘いたいと、改めて思いました。
3月9日、すごくすごく楽しみです」

そして記者から「『偽物』の選手と朱里はどう違うのか」という質問がでると木村は、

「誰かとは言わないですけどこの前の日曜日に戦った選手ですとか。
朱里は何が違うって、肌を合わせた時の闘う気のオーラだったりとか、目が違うんですよね。
朱里の場合『狂気』というか、闘う気のオーラが凄い。
それが出ている選手と出ていない選手の差は大きい。
『偽物』は目に『¥』って書いてある」とコメント。

さらに、普段他団体に乗り込む時の木村とは少し違う姿勢については

「全然違う。とても清々しい気持ち。なんか自分の身体、『木村響子』という名前一つで乗り込んでいく感じが、凄く新鮮です。
REINAのベルトを獲ったら仕掛けどころ、他団体のベルトをどんどん獲っていきたい」と答えた。

そして最後に両者はそれぞれ、

朱里「木村さんとしか出来ない試合が3月9日必ずあるので、皆さんに是非この試合を見て欲しいです」

木村響子「多分思い描いているものっていうのは朱里と似てるんじゃないかな。
大体いつもの調印書とかだと水ぶっけたりとか髪ひっつかんだりとか、そういう事態になっちゃうんですけど、いつも対戦相手へのリスペクトはあるんですけど今回は凄く大きいんですよね。
抑えててもこみ上げてくるようなリスペクトが凄いあって新鮮な気持ちです。
私はフリーとして色んな団体をバックパッカーのように渡り歩いていますけど、他の団体が『国』だったら、このREINAは『星』だと思います」
と語り、お互いがお互いをリスペクトし、3月9日は極上の闘いを見せるという強い気持ちが見て取れた。

立会人であるTAJIRIは「2人の試合は本当に格調高くなると思う。
格調高いプロレスの極みって、僕はカート・アングルだと思っていて、あの人オリンピックで金メダルまで獲って、レスリングをプロレスにうまく取り入れていて、ああいうのが格調高いということだと思うんですよ。
そういうのを2人が女子プロでやったら、今までないものが生まれるんじゃないかなって。
そういうのが見たいっていえ僕の願望でもあるんですけどね」と、2人の闘いに大きな期待を寄せた。

3月9日まであと4日。
朱里と木村響子の闘いは、女子プロの新たな世界を創造するのか。

2014年03月09日(日)
REINA新宿FACE大会
開場17:00
開始18:00
会場
新宿FACE
東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F

チケット
最前列席 ¥6,000
カウンター席 ¥6,000
特別リングサイド席 ¥5,000
指定席A ¥4,000
指定席B ¥3,000

◆REINA世界王座戦
朱里 vs 木村響子

◆シングルマッチ
雫有希 vs ラ・コマンダンテ

◆タッグマッチ
Ray&真琴 vs 仙台幸子(センダイガールズ)&ダッシュ・チサコ(センダイガールズ)

◆ハンディキャップマッチ
ダンプ松本 vs 日向小陽&加藤悠with玉城代表

◆シングルマッチ
亜利弥' vs アレックス・リー

◆タッグマッチ
小林香萌&Sareee(ディアナ) vs 中島安里紗(JWP)&ラビット美兎(JWP)

※試合順は後日発表

プレイガイド
チケットぴあ
ローソン
イープラス

チケットをお求めの方、お問い合わせは 03-6441-2940 (株)WNCまで。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

3/21 WNC大阪アゼリア大正大会全カード

  • 投稿者: TAJIRI
  • 12:31 AM
  • WNC

data-01031

2014年03月21日(金・祝)
WNC大阪・アゼリア大正大会
開場14:30
開始15:00

会場:アゼリア大正
大阪府大阪市大正区小林東3丁目3-25

チケット 
最前列@5,000円
特別リングサイド@4,000円
指定席@3,000円
※当日は500円UP

全対戦カード
◆メインイベント タッグマッチ
TAJIRI&AKIRA vs The Bodyguard&ゼウス

◆土肥孝司試練の七番勝負 四戦目
土肥孝司 vs ブラックバファロー

◆シングルマッチ
朱里 vs アレックス・リー

◆6人タッグマッチ
木藤拓也&真琴&日向小陽 vs 松山勘十郎&リン・バイロン&小林香萌

◆タッグマッチ
児玉裕輔&X vs ビリーケン・キッド&黒潮“イケメン”二郎

◆シングルマッチ
藤原ライオン vs 高橋匡哉

※試合中は後日発表

プレイガイド
イープラス    販売期間2月19日(水)~3月16日(日)
チケットぴあ   販売期間2月26日(水)~3月16日(日)
ローソン     販売期間2月19日(水)~3月16日(日)

お問い合わせ先:㈱WNC 03-6441-2940

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

【‘鬼才‘矢郷良明が語る、3-9REINA朱里vs木村響子】

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2014年3月4日 9:09 PM
  • WNC

data-01113

本日、WNCオフィスに一通の怪文書が届いた。

「怪文書」

そう。もちろんこの怪文書の送り主は、鬼才、矢郷良明から。
矢郷良明が、3・9REINA新宿FACE大会「朱里vs木村響子」の闘いについて、鬼才ならではの切り口でこう語った。

「ご機嫌いかがでしょうか。
文化的庶民の皆様、快適な暮らしを送られていますでしょうか?
公衆道徳と規則をわきまえ、健全な暮らしが生活の基盤でございます。

というわけでご無沙汰、奇才・矢郷良明でございます。
今回はWNCで朱里vs木村響子のシングルマッチが行われるということで、小1時間ばかしお話ししたいと思います。

朱里選手と木村響子選手はわたくしがゼネラルマネジャーを務める、『VKF wrestle naniwa』の2013.8.28東京大会が初遭遇でございまして(カードは朱里・エイサー8 vs 木村響子・望月成晃さん)、まぁそれが遠縁とも起点ともなり、今回のシングルマッチに繋がったのだと思いますが、まず、VKF wrestle naniwaの2013.8.28東京大会でなぜこのようなマッチメークになったかといいますと、まず朱里選手をどうしてもVKFにブッキングしたかったのですが、私的には朱里選手はミックスマッチで光るタイプの選手だと判断し、VKF代表の川村さんに相談したところ、ドラゲーさんから望月成晃さんが参戦していただけることになり、朱里選手のタッグパートナーにはエイサー8選手が名乗りを上げてくれ、ここで閃いた川村代表が「これはクレイジーでかつ、超強力な女子選手を当てないと」ということで木村響子選手が浮かび上がり、ブッキングされたのであります。

私もこの木村響子さんのブッキングこそベストだと思いマッチメークが成立しましたが、木村響子さんの良い意味でのクレイジーぶりはよく存じてましたので、朱里選手とは試合が凄いことになるか、不成立か、のオールorナッシングだなと思いましたが、予想以上に素晴らしいハードでスイングした試合になりました。

木村響子選手は総合格闘技もやり、プロレス業界でも私生活でも流転の人生を歩まれ、アウトロー的なスタンスを持っておられる、『女・ジプシージョー』のような選手です。

朱里選手もキック選手としても活躍し、プロレス業界の中では異端的なスタンスを持ってる筈です。

この2人でないと出来ない試合というものが、必ずあります。

プロレスというのはライバル2人が大きな意味で『闘って』こそ成立するもので、昨今のプロレス業界の、『レスラーのピン芸人の押し売り』みたいなやり方に、一矢を報いるのではないか?と期待しております。

WNCでの2人のシングルマッチは女・ジプシー・ジョーと異端のバックボーンを持つ輩同士の、人間対人間の闘いになるでしょう。

期待しています!」

鬼才、矢郷良明も注目する朱里vs木村響子。
3・9REINA新宿FACEまで、あと5日。

2014年03月09日(日)
REINA新宿FACE大会
開場17:00
開始18:00
会場
新宿FACE
東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F

チケット
最前列席 ¥6,000
カウンター席 ¥6,000
特別リングサイド席 ¥5,000
指定席A ¥4,000
指定席B ¥3,000

◆REINA世界王座戦
朱里 vs 木村響子

◆シングルマッチ
雫有希 vs ラ・コマンダンテ

◆タッグマッチ
Ray&真琴 vs 仙台幸子(センダイガールズ)&ダッシュ・チサコ(センダイガールズ)

◆ハンディキャップマッチ
ダンプ松本 vs 日向小陽&加藤悠with玉城代表

◆シングルマッチ
亜利弥' vs アレックス・リー

◆タッグマッチ
小林香萌&Sareee(ディアナ) vs 中島安里紗(JWP)&ラビット美兎(JWP)

※試合順は後日発表

プレイガイド販売

ぴあ、ローソンチケット、eプラス

お問い合わせは 03-6441-2940 (株)WNCまで。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

【ドラゴンゲート望月成晃選手が語る…3/9 REINA朱里vs木村響子】

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2014年3月3日 10:59 PM
  • WNC

data-01108

3・9REINA新宿FACE大会で激突する「朱里vs木村響子」。

この禁断の遭遇について我々は、2人の選手を知るあるレスラーに電話取材を敢行した。

そのレスラーとは、ドラゴンゲートの望月成晃選手。

望月選手は昨年おこなわれたVKF新宿FACE大会で木村響子とタッグを組み、タッグマッチで朱里とリング上で対峙。

その時の2人の印象、さらに3・9REINA新宿FACE大会での一騎打ちについての予想をこう語った。

望月成晃「あの時の印象として頭に残っているのは、とにかく試合よりも朱里選手の蹴りのインパクト。
そのことばかり覚えています。

自分も蹴りを主体として戦うスタイルなのですが、一つ断言したい。
朱里選手のあの蹴りは、あのサイズの女性が放てる蹴りの威力じゃない。
特にミドルキックですね。

あの蹴りをリング上で見て、『女性相手と言えど、本気で挑まないとヤバイ』と思いました。

今まで戦ったどの女子レスラーの蹴りよりも凄い。
とにかく次元が違う。

そしてタッグを組んだ木村響子選手。
非常にアグレッシブでパワフルにガンガン暴れる戦いぶり、正直頼もしかった(笑)

そんな2人が3・9にシングルであいまみえるということで。
……一体どうなるんでしょうか。

プロレスの上手さで言えば木村選手。

でも個人的な予想としては、この2人の激突はプロレスを逸脱する、そんな戦いになる予感がしますね。

3月9日、どえらいことになりますよ」

業界でも蹴りのエキスパートとして名高い望月選手をも唸らせる朱里蹴り、そして木村の暴れっぷり。

3・9REINA新宿FACE大会。
この2人の遭遇は、一体我々にどんな光景を見せてくれるのだろうか。

(取材協力・ドラゴンゲート 望月成晃選手)

2014年03月09日(日)
REINA新宿FACE大会
開場17:00
開始18:00
会場
新宿FACE
東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F

チケット
最前列席 ¥6,000
カウンター席 ¥6,000
特別リングサイド席 ¥5,000
指定席A ¥4,000
指定席B ¥3,000

◆REINA世界王座戦
朱里 vs 木村響子

◆シングルマッチ
雫有希 vs ラ・コマンダンテ

◆タッグマッチ
Ray&真琴 vs 仙台幸子(センダイガールズ)&ダッシュ・チサコ(センダイガールズ)

◆ハンディキャップマッチ
ダンプ松本 vs 日向小陽&加藤悠with玉城代表

◆シングルマッチ
亜利弥' vs アレックス・リー

◆タッグマッチ
小林香萌&Sareee(ディアナ) vs 中島安里紗(JWP)&ラビット美兎(JWP)

※試合順は後日発表

プレイガイド
ローソン
イープラス
チケットぴあ

お問い合わせ
03-6441-2940 (株)WNC

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

【木村響子は朱里にとって過去最強の外敵か!?…その②】

  • 投稿者: TAJIRI
  • 10:23 PM
  • WNC

1898244_697857053597995_937328959_n

『本能』

これまで誰も到達することのなかった朱里の本能階層に、木村響子は初めて手を触れてみせたのだ。

朱里という生き物の本能を剥き出しにし、意識階層まで引きづり出し、観衆の前で丸裸に晒け出してみせたのだ。

それほどまでに、木村響子の強さはケタ違いだった。

なにしろキックボクシング9選9勝の朱里の打撃が、ほとんど通用しなかったのだから。

逆に木村響子の打撃で、朱里の精神と肉体は大きくブレ動いた。

それこそ、顔面のどこかが陥没したのではないか!?と思わせるほど、強烈な「肘撃ち」をモロに喰らった。

エルボーではなく「肘撃ち」。

エルボーはプロレスの技。

しかし「肘撃ち」はケンカの手段だ。

木村響子の朱里に対する攻撃はプロレスの範疇を大きく逸れ、ケンカの域に突入していた。

しかしその瞬間、これまでに見たこともない、もう一人の朱里が姿わあらわしたのだ。

その、もう一人の朱里とは…

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4 5 6

ホーム > アーカイブ > 2014年3月のアーカイブ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る