ホーム > アーカイブ > 2013年12月のアーカイブ

2013年12月のアーカイブ

めずらしく、TAJIRIインタビュー

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2013年12月31日 2:03 PM
  • WNC


新年一発目のWNC大会となる横浜ラジアントホール大会。
2014年好スタートをきるためにも重要な意味合いをもつこの大会に向けた意気込みを、TAJIRIに語ってもらった。

◆1・4横浜大会のカード「TAJIRI&篠瀬三十七 vs バラモンシュウ&バラモンケイ」について
TAJIRI「個人的にはここ最近TAKAみちのくやパンテーラとタイトルマッチしたり、正々堂々っていうような試合が続いてたんですけど、新年早々とんでもない変化球が来たなっていうですね。
まあパートナーとしてはあのバラモン兄弟の真逆を行く篠瀬をですね、本人に言わず勝手に決めたんですけど(笑)」

◆その時の篠瀬選手の反応
TAJIRI「Twitterで発表した翌日会社に行ったら篠瀬に睨まれましたね(笑)」

◆バラモン兄弟との対戦は他の選手とは一味違った別の怖さがありますが
TAJIRI「そうですね。新年早々嫌な予感がします。前フリーダムスで対戦した時、場外マットでグルグル巻きにされまして。何かあれが彼らにとってフィットする攻撃だったんでしょうね。
それで僕が動けなくなったら篠瀬はどんなひどい目にあってしまうのか(笑)心配で夜も眠れません(笑)
まあ篠瀬は選手としてだけでなく裏方としてもすごく重要な人物でして、でもちょっとカタブツすぎるかなってところもあるので、この試合を機にちょっとはっちゃけてみてもいいんじゃないかな。とか言ってバラモン兄弟に感化されて篠瀬じゃない者に突然変化したりして(笑)」

◆バラモン兄弟はレスリングだけでなく虫や墨汁などのアイテムも使ってきますが
TAJIRI「虫は僕すごく苦手なんでね。勘弁していただきたい。あと会場のラジアントホールといえば、過去にレザーフェイスが試合後興奮して道路まで飛び出しちゃって、道路でチェーンソーの火花だしたりして本当に警察が来ちゃったんですよね。
そういう過去がもありますので、バラモン兄弟には『くれぐれも伝説を残さないように』と伝えたいですね(笑)」

◆2013年を振り返って
TAJIRI「2013年も1・4のWNC FUTUREから始まって。その時はライオンも香萌ちゃんも小陽もいなかった。
若手もデビューして、K-DOJOの選手といい試合ができるくらいまで成長した。朱里は三冠王にまでなった。この1年いろいろありましたよね。なんでもっと注目されないんだろう?それは僕の責任かもしれませんが(笑)
メンツはあまり変わってないのに興行数もぐっと増えましたしね。みんなと自分を褒めてあげたい1年でした」

◆2014年はどういう年にしていきたい?
TAJIRI「まずはREINAさんと合同でおこなっている朱里を中心としてフィリピンプロジェクト。
すごくやりたかったことなんですよ。やっぱり世界を相手にプロレスをやっていきたい。
自分みたいに日本では有名じゃなかったけど世界で有名になって、それから日本でもバッと知られていくような、普通の団体とは成長過程が違うようなWNCはそういう成長のしかたなのかもしれません。
あと2013年では『若手を育てる』『会社としての基盤固め』を目標にやってきて、それはある程度達成できたと思っています。
2014年は『若手を世界へ』、こういうテーマかな。 
今自分のところに久々にわくわくするオファーが来ているんですよ。ニューヨークからなんですけど。
そういったチャンスを次々に拡大させてですね、若手を世界に送り出していきたいと思っています」

レスラーとしてだけではなくWNCプロデューサーとして、TAJIRIは2014年WNCをどのように発展させていくのか。
来年も目が離せない!!

2014年01月04日(土)
WNC横浜大会
開場17:00
開始17:30
チケット
最前列    5,000円
リングサイド 4,000円
指定席      3,000円
※当日券は500円増

全対戦カード
◆第二回デーブ・フィンレー杯トーナメント優勝者決定戦
土肥孝司 vs ヒロ・トウナイ(KAIENTAI DOJO)

◆タッグマッチ
朱里&志田光 vs 真琴&日向小陽

◆タッグマッチ
TAJIRI&篠瀬三十七 vs バラモンシュウ&バラモンケイ

◆シングルマッチ
小林香萌 vs 紫雷美央

◆タッグマッチ
黒潮“イケメン”二郎&高橋匡哉 vs AKIRA&児玉裕輔

◆シングルマッチ
藤原ライオン vs ホライゾン

◆3WAYマッチ
木藤拓也 vs リン・バイロン vs YO-HEY
※試合順は後日発表

会場
ラジアントホール
神奈川県横浜市中区長者町5丁目85番地

お問い合わせ
株式会社WNC 03-6441-2940

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

若手の台頭、朱里の大活躍・・・そんな中で、真琴は横浜で何を「みせる」のか?

  • 投稿者: TAJIRI
  • 1:59 PM
  • WNC

data-00823

新年一発目のWNC大会となる横浜ラジアントホール大会。
2014年好スタートをきるためにも重要な意味合いをもつこの大会に向けた意気込みを、真琴に語ってもらった。

◆朱里&志田光 vs 真琴&日向小陽について
真琴「また志田さんかあ……(笑)。でも正直相手はきらびやかな二人ですよね……。でもこっちにも元アイドルで女子プロ界でもトップ3に入るんじゃないかと思うくらいの可愛らしさを持つ小陽さんがいるんですよ。強さとかでいえば、向こうの方が戦闘力高いんじゃないかなあとは思うのですが、柔よく剛を制す!こちらは女性ホルモンの多さで勝負します(笑)
といいますか、小陽さんはデビューから負けなしと聞きました。勝利の女神ですよね」

◆来年1月26日には、真琴選手率いる私立・プロレス学園の大会「学園祭」が開催されます。
真琴「今の私立・プロレス学園は、自分が学園長で生徒会長が小林香萌ちゃん。広報委員長が加藤悠さん、PTA会長に松本都、そして保健室の先生にバンビさんという、団体の垣根を超えたユニットです。私たちで学園祭を企画して、本当に自分たちで創り上げていっている最中なのですが、やはり甘いものではないと思い知らされています。なにせ、自分自身が人の上に立つことが苦手で、リーダーの素質が皆無なので。そのうちみんな転校しちゃうんじゃないかなって、実は日々怯えています(笑)
でもあえて挑戦していきたい。最終的に『やっぱり真琴はダメだな』って呆れられてしまっても、最後までプロレス学園をやり抜いていきたいです。あ、こういう考えがだめなのかも知れませんね…」

◆2013年を振り返って
真琴「今年は蛇年で年女だったので、年の最初の方にベルト(WNC女子王座)を巻いて、『これいけるじゃん!』って思いました。今では『最強の地下アイドル』と呼ばれる『アリス十番』さんともお友達にもなれて、入場曲も公認で使わせて頂けたり。でも振り返ると特に目立ったことは出来なかったです……。このままじゃダメだと思って、本当は苦手なんですけど自分が主導者になってプロレス学園設立という行動をぶっこんでみたりしました。ある意味奇行ですね。周りの方には本当に迷惑かけてます」

◆2014年に向けて
真琴「一番の目標は精神を鍛えること。大人になること。精神年齢を年相応にしたいのです。自分はこの世界に16歳のときに飛び込んだのですが、あれよあれよという間に時が過ぎて、子どものまま大人になってしまった気がします。それから、気が小さいところを治していきたい。やられたらやり返すタイプですけど、人を蹴落としてまでのし上ってやろうという気持ちが小さいのです…。優しいのかな(笑)でも気の小さい人にプロレスはできないと最近思うようになりました。遠慮せずもっと貪欲に。あつかましく(笑)たくさんの人に自分を見て欲しいし知ってほしいです」

2014年01月04日(土)
WNC横浜大会
開場17:00
開始17:30
チケット
最前列    5,000円
リングサイド 4,000円
指定席      3,000円
※当日券は500円増

全対戦カード
◆第二回デーブ・フィンレー杯トーナメント優勝者決定戦
土肥孝司 vs ヒロ・トウナイ(KAIENTAI DOJO)

◆タッグマッチ
朱里&志田光 vs 真琴&日向小陽

◆タッグマッチ
TAJIRI&篠瀬三十七 vs バラモンシュウ&バラモンケイ

◆シングルマッチ
小林香萌 vs 紫雷美央

◆タッグマッチ
黒潮“イケメン”二郎&高橋匡哉 vs AKIRA&児玉裕輔

◆シングルマッチ
藤原ライオン vs ホライゾン

◆3WAYマッチ
木藤拓也 vs リン・バイロン vs YO-HEY
※試合順は後日発表

会場
ラジアントホール
神奈川県横浜市中区長者町5丁目85番地

お問い合わせ
株式会社WNC 03-6441-2940

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

本年度から、WNCとREINAは一つになります

  • 投稿者: TAJIRI
  • 1:35 PM
  • WNC

data-00819

REINA玉城社長「先日、弊社はWNC女子部との提携をお伝えさせていただきましたが、来年度に向けさらにパワーアップしたプロレスをご提供させていただくために弊社は株式会社にWNCに資本提携をおこなうことを決定し、株式会社WNCからは人的支援として内山取締役に弊社の取締役を兼任して頂くこととなりました。
来年度からREINAとWNCはいわゆるシンジケートを組み、WNC及びREINAの両大会は、株式会社レイナ・コーポレーション及び株式会社WNCの主催となります。
その際は《WNC‐REINA主催》と明記させていただきます。
この新体制によりREINA女子プロレスは、興行名ではなく女子プロレス団体として再び活動を行うこととなります。
TAJIRI氏はWNC大会及びREINA大会の総合プロデュースを行うこととなり、来年度からREINA女子プロレスの大会でTAJIRIワールドを体験していただけるようになりました。
また、来年から始まる海外プロジェクトは、フィリピン大会を定期的に開催する大会とし、さらにメキシコ大会を皮切りに海外ツアーも開催する予定でございます。4月にはプロレスを題材にした舞台も予定されており、来年度中にその舞台をリメイクした映画製作も控えております。これらプロジェクトも株式会社WNCの協力により万全の体制であることを併せてお伝えいたします。
WNC及びREINAの大会が皆様のご期待に沿えるように両者尽力させて頂きますので、今後ともよろしくお願い致します」

これによりREINAは再び団体の体をとり、所属選手などは今後発表させて頂きます。
WNCの代表・別府淳子氏は留任、TAJIRIプロデュースのもと活動していきます。

TAJIRIは「REINAさんは海外に強くていろいろな外国人選手を呼んでいますし、いろいろできると思います。そういうものが身近になることによって、いまWNCにいる選手たちも新しい何かを考えるきっかけになると思いますし、海外をより身近に感じることで起きる各選手の変化も楽しみ。
この前REINAさんの新木場大会を見させていただいて、すでにけっこう面白い原型はあるので、僕がプロデュースすると言っても、WNCでやっている自分のテイストを持ち込むことよりも、イベントとしての裏方の部分、音響、照明に弱点が見えたのでそういうところをやっていきたい。
REINAの世界観はいま団体のチャンピオンである朱里が歩く道の後ろにできてくると思います」。

朱里も「お互いにとっていいことだと思います。私も来年に向けてより頑張っていきたいと思います」と、両団体のさらなる発展に期待を寄せた。

お互いの協力タッグでさらに面白く発展していくWNCとREINAの2014年にこうご期待!!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

小林香萌インタビュー『女子の中で唯一そういうことができる選手に…』

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2013年12月26日 9:20 AM
  • WNC

data-00813

新年一発目のWNC大会となる横浜ラジアントホール大会。
2014年好スタートをきるためにも重要な意味合いをもつこの大会に向けた意気込みを、小林香萌に語ってもらった。

◆1・4横浜大会のカード「小林香萌 vs 紫雷美央」について
香萌「(WNCに)唐突に現れてプロレス学園にケチをつけてきた、不良生徒の美央さんに負けるわけにはいきません。
学園長の真琴さんの顔を潰さないためにも、私が美央さんをケチョンケチョンにしたいと思います!!」

◆先日の美央選手の試合(11・29新宿「真琴&松本都with加藤悠 vs 紫雷美央&大畠美咲)を見て
香萌「(美央&大畠は)なんかもうすごい悪い人たちで……。プロレス学園の人はどこもやさぐれず育ってきた人たちばっかりなので……(笑)でも、正義は勝ちます!!」

◆紫雷美央といえば業界でもキャリア、実績ともにものすごい選手だが?
香萌「……正直、蹴りとかも鋭くてプロレス技術も及びません。でもいつもの直球勝負でぶつかっていこうと思っています」

◆どのへんに勝機を見いだせそうか?
香萌「正直、そういうことが全くイメージできないほど差があると思います。自分は普段男性と一緒に練習していて、じっくりとしたレスリングとかを重視してやっているので、そういうところで勝負していけたらなとは思います」

◆2013年を振り返って
香萌「デビューしてちょうど半年で2013年を終えるんですけど、2014年はまた軌道を変えて、まだ自力勝利できていない状況から抜け出したいなと思っています!!
デビューしてから他団体さんにもたくさん呼んでもらったり、セリーナとも試合したり、新人ではなかなかないような経験をたくさん積んでこれたのに、勝利という結果につなげられていないっていう悔しい気持ちがあるので。
あ!あと週刊プロレスさんのファン投票で女子新人で9位になることができました!!皆さんに応援していただいてすごく嬉しいんですけど、私より後にデビューした選手にランキングで負けてたんですよ!!
なのでライバルは小陽さんだけじゃないんだなって再認識しました。来年はもっともっと成長できるように頑張ります!!」

◆他団体にはどのくらい出場しましたか?
香萌「団体数でいうと……6団体ですかね。いろんな選手と試合させていただいて、団体によっての『カラー』だったり『スタイル』だったり、毎日毎日いろいろなものを経験できて、この半年で学べたことは多かったです。
初めて他団体にでたのがJWPさんで、選手バスとかすごく緊張して…。新人がどういう動きをすればいいかとか、ラビット美兎さんに教えていただいたり。そういうところでもWNCに生かせていると思います」

◆2014年はどういった年にしていきたいですか?
香萌「2014年は自分がWNC女子を率先して引っ張っていけるようになりたいです!!」

◆将来のレスラー像は?
香萌「私は男子のプロレスが好きで、女子のプロレスはこの世界に入るまで見たことが無かったのですが、別にどの選手に憧れてプロレスを始めたとかじゃないので、目標にしている選手とかはいなかったんです。
私がデビューする時にTAJIRIさんが『小林は中立体的な動きが似あうと思う』って仰ってて、最初は何言ってるか分からなかったんですけど、こないだの後楽園のTAJIRIさんとTAKAさんの試合を見て、グラウンドの攻防から徐々に動きや弾みが出てきて、大技を敷いているわけじゃないのに惹きつけられるというか面白くて。女子でそういう試合をすることってないような気がするので、『女子の中で唯一そういうことが出来る選手!!』って言われるようになれたらと思います!!」

デビューから未だ勝ち星がない小林だが、それだけに来年どれだけ成長するのか楽しみなところ。
小林香萌の2014年に注目だ!!

2014年01月04日(土)
WNC横浜大会
開場17:00
開始17:30
チケット
最前列    5,000円
リングサイド 4,000円
指定席      3,000円
※当日券は500円増

対戦決定カード
◆シングルマッチ
小林香萌 vs 紫雷美央

◆タッグマッチ
TAJIRI&篠瀬三十七 vs バラモンシュウ&バラモンケイ

◆第二回デーブ・フィンレー杯トーナメント決勝戦
土肥孝司 vs ヒロ・トウナイ(KAIENTAI DOJO)

◆タッグマッチ
朱里&志田光 vs 真琴&日向小陽

会場
ラジアントホール
神奈川県横浜市中区長者町5丁目85番地

チケット発売所
チケットぴあ
ローソン
イープラス
(プレイガイド販売期間 11月1日~12月29日)

お問い合わせ
株式会社WNC 03-6441-2940

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

日向小陽インタビュー『(志田光を)最初は怖いという気持ちが強くて…』

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2013年12月25日 11:20 PM
  • WNC

data-00811

新年一発目のWNC大会となる横浜ラジアントホール大会。
2014年好スタートをきるためにも重要な意味合いをもつこの大会に向けた意気込みを、日向小陽に語ってもらった。

◆1・4横浜大会のカード「真琴&日向小陽 vs 朱里&志田光(アイスリボン)」について
小陽「(カードを)聞いた時は本当にビックリしまして…。ただただ驚きました」

◆朱里&志田光という女子プロ界でもゴールデンタッグの二人に挑む気持ち
小陽「朱里選手は自分がずっと憧れていた選手ですし、志田選手は自分がレフェリーをやらせていただいていた時に試合を観させていただいて、ものすごく惹きつけられる人だなと思います。女子プロレス界を引っ張っていく二人と試合ができるチャンスをいただけて、すごく嬉しいです!!
最初は怖いという気持ちが強くて…、本当に強い二人ですし、何されるんだろうっていうか…(笑)
でも、今は『負けてたまるか!!』っていう気持ちです。立ち向かいます!!」

◆朱里&志田光に「ここだけは負けない」というところはありますか?
小陽「負けないところ………。
………浮かぶわけがありません!!でも、やるしかないんです!!」

◆2013年を振り返って
小陽「2013年は、夢だったレスラーとしてリングに立つことができ、さらに自分のダメなところにも気づけた一年でした。レスラーとしても人間としてもダメなところに。それは試合をしてだったり、WNCの人たちやファンの皆さんとの触れ合いの中で気づくことが多くて。いろいろな課題が見つかった一年でした」

◆2014年はどういった年にしていきたいですか?
小陽「今自分が持っている課題を、一つ一つクリアしている自分を描いています。少しでも多くの課題を克服して、自分を大きく成長していきたいですね。
あと週プロさんのファン投票で、新人の部で10位をいただいたんですよ!!
香萌ちゃんも9位で、すごく嬉しいんですけど、どうせなら香萌ちゃんを抜きたい!!
来年は女子プロ新人賞を狙います!!(笑)
そしてやっぱり、『来年は自分がWNC女子をひっぱっていく!!』っていう気持ちがあります!!」

◆将来のレスラー像は?
小陽「今、自分が感じている課題として、体力が無い、飛んだり跳ねたり、ジャンプが苦手なんですね。あとスピード感だったり。
自分の中で『こうしたい』っていうイメージはあるんです。レイ・ミステリオみたいな、小ささを武器に戦うようなレスラー。そのイメージに全然追いついていないので、鞭打って克服していきたいと思います!!」

レスラーデビューから気づけば未だ負けなしの日向小陽。
2014年のさらなる飛躍に期待だ!!

2014年01月04日(土)
WNC横浜大会
開場17:00
開始17:30
チケット
最前列    5,000円
リングサイド 4,000円
指定席      3,000円
※当日券は500円増

対戦決定カード
◆シングルマッチ
小林香萌 vs 紫雷美央

◆タッグマッチ
TAJIRI&篠瀬三十七 vs バラモンシュウ&バラモンケイ

◆第二回デーブ・フィンレー杯トーナメント決勝戦
土肥孝司 vs ヒロ・トウナイ(KAIENTAI DOJO)

◆タッグマッチ
朱里&志田光 vs 真琴&日向小陽

会場
ラジアントホール
神奈川県横浜市中区長者町5丁目85番地

チケット発売所
チケットぴあ
ローソン
イープラス
(プレイガイド販売期間 11月1日~12月29日)

お問い合わせ
株式会社WNC 03-6441-2940

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4 5

ホーム > アーカイブ > 2013年12月のアーカイブ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る