ホーム > アーカイブ > 2012年10月のアーカイブ

2012年10月のアーカイブ

【あと2日!!】10/26WNC後楽園ホール大会

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2012年10月22日 11:38 PM
  • 日記

この動画を目にして、是非とも会場へ足をお運びください!!

http://www.youtube.com/watch?v=t70qxCK_7qU&feature=plcp

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

10/26WNC後楽園ホール大会全カード

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2012年10月18日 1:22 AM
  • 日記

10・17午後、西調布アリーナにて公開特訓がおこなわれた。
まずTAJIRIが10・26後楽園ホール大会の全カードを発表。

その後、同大会のメインでおこなわれる対カリート戦に向けた特訓を始めようとするTAJIRI。
と、そこに突然現れたのは真琴。

『最近、勝ち星に恵まれていませんし、原点に返ってスピアの特訓をお願いします!!』
と懇願されたTAJIRIはそれを承諾。さっそく特訓が開始されることとなった。

真琴の特訓。それは、かつて真琴がアイスリボンを退団しTAJIRIのもとへ弟子入りしたさい、元WWE Divaであるセリーナを倒すために考案された、強靭なゴムチューブを体に巻き付けスピアの打ち込みをおこなうという壮絶なもの。真琴は己に気合を入れ直すため、その地獄の特訓を再び敢行しようというのだ。

1時間で100本の打ち込みを終えたところで特訓は終了。早速その成果を試すべく児玉にスピアの試し切り。ゴムチューブの引力から開放された真琴は身軽な助走から児玉の腹部めがけてスピア一撃!!大きく吹っ飛ぶ児玉に自身を得たような表情の真琴は、「これで、華名さんを気絶させます!!」と、来週に迫った後楽園における6人タッグでの華名戦と、来月に控えた華名とのトーナメント一回戦へ向け自身をみなぎらせ始めたようである。

続いてはTAJIRIによるvsカリート戦へ向けた特訓。
カリートの得意技であるアップルミストを封じるべく、「ヤツがリンゴをかじる前に蹴り落としてしまえばいいんです」と、児玉にリンゴをくわえさせ、そのリンゴを蹴り落とそうというものだ。
しかし児玉はTAJIRIの蹴りの精度に信頼を置いていないのか、リンゴを口にくわえたまま怯えて動いてしまう始末。

「じっとしてろよ!」というTAJIRIのお願いにもかかわらず、高い蹴りが何度も虚しく宙を切る。
TAJIRIの苛立ちを感じ取ったのか、ここで児玉が逆提案。「口にくわえるのではなく、ボクの頭の上にリンゴを置いて、それを蹴り落とすのはいかがでしょう!?」と、自身の身にとっても(割と)安全策であるこの提案をTAJIRIも了承。
さっそくリンゴを頭の上におきウイリアム・テル状態で身構える児玉だったが…やはり恐怖は抑えきれず、バズソーキックのフォームに突入したあたりで「ちょ…ちょっと待ってください!」と叫ぶと同時にまたも動いてしまったために狙いは誤爆。照準を誤ったバズソーキックは児玉の側頭部にクリーンヒットするのであった。

失神状態の児玉を見下ろし、カリート戦へ向けたコメントを淡々と語りだすTAJIRI。
「ま、リンゴうんぬんはシャレなんで、ええ。バズソーキックが命中すればカリートにも勝てますよ。過去3度は命中させてくれなかった。それほどまでにカリートはズル賢い選手。だけど、イマデハ7ボクもズル賢さなら負けない。どっちがズルいか、騙し合い化かし合いの試合となるのか?あるいはガッチリいくかもしれないし、わからないね。最後に会ったのは5年以上前。いまではカリートも『プエルトリコの殺し屋』いたいな風貌になっていますしね。不気味ですよ」

と、あらためて気合を入れなおすとともに、カリートのズル賢さにはじゅうぶんな警戒心を抱くことも忘れなかった。

元WWEタイトル保持者同士によるメインイベント。10・26WN後楽園ホール大会は、嘘偽りなく『世界のプロレス』となる。

▼10・26Wrestling New Classic東京・後楽園ホール大会 開場17:30 開始18:30

決定済みカード

TAJIRI vs カリート
大原はじめ vs スターバック
AKIRA vs アダム・エンジェル
朱里 vs リン・バイロン
木藤拓也&高橋匡哉 vs 野崎渚 & 黒潮二郎
華名&イホ・デル・エル・パンテーラ&YO-HEY vs 児玉ユースケ&真琴&篠瀬三十七
洞口義浩 vs 土肥孝司
▼会場

後楽園ホール
東京都文京区後楽1-3-61
03-5800-9999
[アクセス]
JR総武線・都営地下鉄三田線「水道橋駅」、地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩4分

▼チケット料金

最前列 10000円
特別リングサイド 7000円
指定席A 5000円
指定席B 3000円
※当日券は500円増し

▼チケット発売所
チケットぴあ(Pコ-ド:821-961)
ロ-ソンチケット(Lコ-ド:37048)
イープラス
後楽園ホ-ル(03-5800-9999)
チャンピオン(03-3221-6237)
書泉グランデ(03-3295-0011)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

『第一回デーブ・フィンレー杯』

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2012年10月17日 12:03 PM
  • 日記

10月16日、都内WNCオフィスにて会見がおこなわれた。

神妙な面持ちで席についたTAJIRIは「実はまだベルトが届いてなくてですね…、ちょっと焦ってきたのでまたフィンレーに電話したんですよ。そしたらやっぱり『大丈夫だ、心配いらない』って言うんですよね…」と不安の声を漏らす。なんと、あと10日と迫った後楽園大会で開催が決定している初代WNC王座、初代WNC女子王座トーナメントのベルトがまだ届かないというのだ。

しかしTAJIRIはこう続ける。「でも良い報告もありましてですね、先日の会見で篠瀬が『若手でも強さの象徴が欲しい』って言ってたんで、若手のトーナメントを、デーブ。フィンレー杯としてやりたいとフィンレーにお願いしました。そしたらフィンレーも快諾してくれました」と、第一回デーブ・フィンレー杯トーナメントを開催することを発表。デビュー2年未満の選手がトーナメントを争うこととなった。

メンバーは前回の会見にいた若手選手の土肥孝司、高橋匡哉、篠瀬三十七、洞口義浩、エル・イホ・デル・パンテーラに、黒潮二郎を加えた6名。本日欠席している高島代表に代わり、TAJIRIがトーナメントの組み合わせを決める抽選をおこなおうとしたその時、突如、木藤拓也が姿を現した。

いきなり木藤は、「ぼくもそのトーナメントに出場します」と発言。

TAJIRIは「でも木藤くんのキャリア、僕とあんまり変わらないでしょ」と言うが、木藤は「『木藤拓也』に改名してからは2年経っていない」と屁理屈を並べ、全く譲らない。さらに抽選に使うカードを自ら持参する用意周到ぶりである。

結果、仕方なく木藤拓也もトーナメントの抽選に加わることとなった。

トーナメントの枠は6名分となっており、1人はトーナメントから漏れてしまう。

TAJIRIが選手の名前が書かれたカードをシャッフルし、トーナメントに配置。

第一回デーブ・フィンレー杯トーナメントの組み合わせは以下の通りとなった。

10月26日後楽園大会で、洞口義浩vs土肥孝司。この勝者が11月28日後楽園で黒潮二郎と対戦。さらに11月24日大阪大会もしくは26日博多大会にて篠瀬三十七vs高橋匡哉をおこない、勝者が11月28日後楽園大会で木藤拓也と対戦。決勝戦は12月26日後楽園大会でおこなわれることとなった。

さらに木藤が「最近、野崎とかいう女が竹刀振り回して調子に乗ってますよね。あと黒潮二郎。あいつも笛ピーピー鳴らしたりしてウザいんで、ちょっと懲らしめてやろうかなと思うんですよ。パートナーは高橋で。でもそうなると向こうだけ女がいてパワーバランスがおかしくなるんで、9月の大阪大会と同じく『木藤静香』で出ますよ」と、大阪に続いて東京でも木藤静香で参戦すると発言。

これにより、10月26日後楽園大会で木藤静香、高橋匡哉vs野崎渚、黒潮二郎のカードが追加となった。

初代WNC王座決定トーナメント、初代WNC女子王座決定トーナメントに加えデーブ・フィンレー杯も開催決定となり、10月26日後楽園大会に向けますます目が離せない展開となったWNC。

しかし肝心のベルトはまだ到着していない。

「今週中には届いてくれないと…」と漏らすTAJIRIだが果たして…。

▼10・26Wrestling New Classic東京・後楽園ホール大会開場17:30 開始18:30

決定済みカード

TAJIRI vs カリート

大原はじめ vs スターバック

AKIRA vs アダム・エンジェル

朱里 vs リン・バイロン

木藤静香、高橋匡哉 vs 野崎渚、黒潮二郎

出場予定選手

華名

児玉ユースケ

真琴

▼会場
後楽園ホール
東京都文京区後楽1-3-61
03-5800-9999
[アクセス]
JR総武線・都営地下鉄三田線「水道橋駅」、地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩4分

▼チケット料金

最前列

10000円

特別リングサイド

7000円

指定席A

5000円

指定席B

3000円

※当日券は500円増し

▼チケット発売所
チケットぴあ(Pコ-ド:821-961)
ロ-ソンチケット(Lコ-ド:37048)
イープラス
後楽園ホ-ル(03-5800-9999)
チャンピオン(03-3221-6237)
書泉グランデ(03-3295-0011)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

WNCのベルトは2本あった…10/26に朱里vsリン・バイロン!!

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2012年10月13日 1:38 PM
  • 日記

10月12日、都内WNCオフィスで会見がおこなわれた。

会見場に姿を現した高島代表とTAJIRI。

早速TAJIRIはこう切り出した。「まだオフィスにベルトが届いていないんで昨日の昼にフィンレーに電話したんですよ。そしたら『心配いらない。ベルトはちゃんと届く。そんなことよりお前、本当に英語ができないんだな。』って言われまして…」

さらにTAJIRIはこう続ける。「どういうことかなと思ってたら、『日本の報道を見て分かったんだが、お前は重要なことを聞き逃している。俺は女子のベルトも送ると言ったんだぞ』って言うんです」

なんと新たに新設されるベルトは、男子だけでなく、女子選手にもあることが判明。

これにより、初代WNC女子王座を決めるトーナメントも開催されることとなった。

「フィンレーはWWEでDIVAのコーチもしているんですけど、『WNCの女子選手は世界に通用する』って何度も言っていて本当に評価が高いんですよ。それで、『だから女子の王座はWNC内で決めろ』と言っていました」とTAJIRIは言う。

よって出場選手は華名、朱里、リン・バイロン、真琴、野崎渚の5名に加え、昨年「正式に」女性となったジェシカ・ラブの6名となった。

高島代表が6選手の名前が書かれたカードをシャッフルする。決定したトーナメント表は以下のようになった。

10月26日後楽園で朱里vsリン・バイロン。この試合の勝者が決勝進出を賭け、11月28日後楽園でジェシカ・ラブと対戦。さらに11月24日大阪もしくは11月26日博多で華名vs真琴。この試合の勝者が決勝進出を賭け11月28日後楽園で野崎渚と対戦。決勝戦は12月27日の後楽園大会でおこなわれる。

次回10月26日後楽園でおこなわれる朱里vsリン・バイロンのカードに関してTAJIRIは「この朱里vsリンというカードはいつ以来だろう…。過去の試合では朱里の歯が唇を貫通して血をダラダラ流したり、とにかくすごい激しい試合になるんですよ」と、トーナメント一回戦から熾烈な争いになることを予想。

新たに開催されることとなった初代WNC女子王座決定トーナメント。

ベルトと意地を賭けた女子選手達の、波乱必至の戦いに目が離せない。

▼10・26Wrestling New Classic東京・後楽園ホール大会 開場17:30 開始18:30

決定済みカード
◦TAJIRI vs カリート
◦大原はじめ vs スターバック
◦AKIRA vs アダム・エンジェル
◦朱里 vs リン・バイロン

▼チケット料金

最前列

10000円

特別リングサイド

7000円

指定席A

5000円

指定席B

3000円

※当日券は500円増し

▼チケット発売所
チケットぴあ(Pコ-ド:821-961)
ロ-ソンチケット(Lコ-ド:37048)
イープラス
後楽園ホ-ル(03-5800-9999)
チャンピオン(03-3221-6237)
書泉グランデ(03-3295-0011)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

初代王座を狙う8人が、決まった!!

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2012年10月6日 11:02 PM
  • 日記

WNC初代王座決定トーナメントの2枠、1st FUTURE、2nd FUTUREを決める抽選がおこなわれた。

まず1枠は、TAJIRI、高島代表が協議の上、「色々な要素から考慮して文句ないでしょう」と児玉ユースケに決定。

TAJIRIに呼び込まれた児玉は、トミー・ドリーマーと対戦する1st FUTURE、AKIRAと対戦する2nd FUTUREを決めるため、TAJIRIがシャッフルしたカードを選ぶ。

引いたカードは1st FUTURE!!これによりトミー・ドリーマーvs児玉ユースケという、児玉にとって大チャンスとなるカードが決定した。

さらにもう一つの2nd FUTURE枠をめぐり、土肥孝司、高橋匡哉、篠瀬三十七、エル・イホ・デル・パンテーラといった若手選手達が集まる。

4人でカードによる抽選をおこなおうとしたところ、ふらりと現れたアダム・エンジェルも加え、抽選がスタート。

どのタイミングでカードを引けばいいのか迷っている若手達だったが、一番最初に名乗り出たのは篠瀬三十七。

しかし、引いたカードに「2nd FUTURE」の文字は無く、それを見てさらに躊躇する若手達。そこへ二番手に名乗り出たのはアダム・エンジェルだ。

引いたカードは…見事2nd FUTUREをゲット!!落胆する若手達。

しかしすかさず、無念の篠瀬がこう言ったのだ。
「抽選に漏れた僕達にも、なにか象徴が欲しい。誰が一番強いのか決めたいです!」これを受けTAJIRIは「フィンレーと代表に相談してみる」と若手達にも何らかのチャンスを与えることに乗り気だ。

こうして、トーナメントの組合せが決定した。10・26ではTAJIRI vsカリート、大原はじめ vsスターバック、11月の大阪大会、博多大会のいずれかでトミー・ドリーマー vs児玉ユースケ、AKIRA vsアダム・エンジェルという運びとなったが、ここでアダムが先月9・22大阪大会のタッグマッチで敗れたAKIRAへの早急なリベンジマッチを要求。その熱意にTAJIRIも要求を承諾した。

こうして10・26後楽園大会ではTAJIRI vs カリート、大原はじめ vs スターバック、AKIRA vs アダム・エンジェルの三試合が決定!!

10・26後楽園大会より、WNCが大きく動き出そうとしている。

▼10・26Wrestling New Classic東京・後楽園ホール大会 開場17:30 開始18:30

▼対戦決定カード
TAJIRI vs カリート
大原はじめ vs スターバック
AKIRA vs アダム・エンジェル

▼会場
後楽園ホール
東京都文京区後楽1-3-61
03-5800-9999
[アクセス]
JR総武線・都営地下鉄三田線「水道橋駅」、地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩4分

▼チケット料金
最前列 10000円
特別リングサイド 7000円
指定席A 5000円
指定席B 3000円
※当日券は500円増し

▼チケット発売所
チケットぴあ(Pコ-ド:821-961)
ロ-ソンチケット(Lコ-ド:37048)
イープラス
後楽園ホ-ル(03-5800-9999)
チャンピオン(03-3221-6237)
書泉グランデ(03-3295-0011)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3

ホーム > アーカイブ > 2012年10月のアーカイブ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る