ホーム > アーカイブ > 2012年7月のアーカイブ

2012年7月のアーカイブ

8/2 WNC新宿フェイス大会解説

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2012年7月28日 10:33 PM
  • 日記

いよいよ開催目前に迫った8・2新宿FACE大会の見どころをTAJIRIがレクチャー! 読めば観たくなる完全ガイド、それではいってみよ~!!

—–
スターバック、AKIRA、朱里の三人が揃ってみなさんの前に初めて姿を現わす大会となります。ところが、現時点で三人はまだ何も主張をしてきていません。ボクはメインイベントで三人と闘うわけですが、こっちのTAJIRI、大原はじめ、華名は向こうの三人にそれぞれ仕掛けられたほう、そして向こうの三人は仕掛けたほうという組み合わせなんですね。彼らが何をしたいのか、わかるような気もするんですが、細かくはわからない。だけど、この大会ですべてが判明することになると思います。

そんな矢先、イタズラなのか、あるいは第三勢力からの予告なのかわからないんですが、例の団体ロゴ落書き事件が起きました。ボクはそっちも非常に気になってます。メインに集中しようと思ってたんですけど、なんだかそうもいかない不気味な事件が起きてしまったわけで、とても気分が悪いです。

そういう意味で、この8・2新宿FACE大会では何が起きるかわからないし、今までで一番の分岐点になるような予感がしております。それでは各試合の見どころを語っていきましょう。

■第1試合:シングルマッチ
篠瀬三十七
vs
高橋星人

【見どころ解説】
「高橋の宇宙人パワーに篠瀬のパワーが対抗できるのか!?」

篠瀬も前回の後楽園大会で無事にデビュー戦を終えたわけですが、デビュー戦はご祝儀みたいなところもあるので観てくれている方々も応援してくれたと思うんですよ。だけど、これからはひとりのレスラーとして厳しい目で観られるはず。それは篠瀬のためでもあり、お客さんもそのことをわかっていると思うんですよ。

そんな篠瀬ですが、後楽園、大阪の2試合を観た感じでは、日々成長してる感じはあるんですよ。なのでこの試合では、高橋のパワーに対抗できる同じパワーファイターの篠瀬がどう立ち向かうのか、ここが勝負のポイントではないでしょうか。

■第2試合:タッグマッチ
エル・イホ・デル・パンテーラ&土肥孝司
vs
児玉ユースケ&黒潮二郎

【見どころ解説】
「パンテーラの飛び技にビックリするはず」

この試合は、やっぱり初来日のパンテーラにぜひ注目してもらいたいですね。実は、ボクは去年メキシコで彼の試合を観ているんですよ。そのときから彼とは接触していて、彼から連絡が来るたびに「日本で修行がしたい」と、そして彼の父親であるエル・パンテーラも同意しているということで、ようやく彼は留学生として日本での武者修行が決定しました。

ボクがメキシコで彼の試合を観た印象では、児玉や黒潮も飛び技には自信があると思っているんでしょうけど、まず敵わないでしょうね。ファンも「こんなすごい飛び技を使えるメキシカンがまだいたんだ!」ってビックリするんじゃないかな。

■第3試合:シングルマッチ
木藤拓也
vs
レザーフェイス

【見どころ解説】
「人気爆発中のレザーにキトタクはパンストでホントに対抗できるのか!?」

レザーフェイス対策ということでキトタクは母親から授かったパンストを用意してきましたけど、あんなの役に立つんですかね?(笑)。

それにしても、レザーは6月ツアー以来の参戦なのですが、前回の評判がすごく良かったのもあって、「レザーフェイスを生で観たい!」ってリクエストしてくるファンの方が日本中に増えているんですよ。すごくいいことだと思うんですよね。あれこそがザ・プロレスだから。

で、キトタクがもし勝ったら、レザーがクズプロにも参戦するかもしれないということで、そうなるとクズプロも盛り上がってしまいますよね。WNCにとってはさらに脅威な団体になりますよ。とにかくこの試合は、プロレスを思う存分に楽しめることでしょう。

■セミファイナル:シングルマッチ
リン・バイロン
vs
ウルティモ・ドラゴン

【見どころ解説】
「ウルティモさんが女子レスラーとシングルで闘うのは初めてでは?」

ウルティモさんの呼びかけで実現した試合なのですが、本来であれば先月の後楽園大会で組む予定だったんですね。ところが都合によって1ヵ月ずれる形となったんですけど、この試合は二人がリング上で対峙するだけでゾクゾクしちゃう光景が観られそうですね。どちらも華やかなオーラを放っているので。

そういえば、ウルティモは女子とシングルマッチで闘うのは初めてなんじゃないかな? そうなると、リンはウルティモ・ドラゴンと世界で初めて闘った女子レスラーになりますよね。それだけでも、リンにとってはすごい名誉になるし、とてもいい経験になるはずですよ。それを重々わかった上でリンにはウルティモさんと闘って欲しいですね。

■メインイベント:6人タッグマッチ
TAJIRI&大原はじめ&華名
vs
スターバック&AKIRA&朱里

【見どころ解説】
「三人はWNCで一体何をしようとしているんだろう?」

この6人でずっと前から一緒にやってるわけなんですが、なんだかここ最近のWNCって人数が増えたような気がするんですよね。それはみんなが変わっちゃったからなんですよ。特に相手の三人に関しては、ボクのなかで初対面のような感覚なんですよ。

先日、『トータル・リコール』っていう映画をたまたま観たんですけど、スターバック、AKIRA、朱里の三人はこの映画に出てくる仮想世界のようなところにいるんじゃないかなって気がしたんですよね。しかも、このまえ三人が一緒に写っている画像が送られてきたじゃないですか。円形の舞台の上にいる三人の。あの感じもすごく似てるんですよ。この三人はWNCで一体何をしようとしているんだろう? ……まったくわからない。

そういう不安を抱えながら8月2日を迎えるわけですが、あの三人がWNCでこれから何をしようとしているのか。それを実際に目の当たりにするのは、ボクもそうですし、新宿FACEに観に来るみなさんもそうです。なので、目の前で行なわれる現実をしっかりと己の目で確認しようではないですか。あの三人がリングの上で何をするのかを。

▼8・2 Wrestling New Classic東京・新宿FACE大会 開場18:00 開始19:00
[メインイベント:6人タッグマッチ 60分1本勝負]
TAJIRI&大原はじめ&華名
vs
スターバック&AKIRA&朱里

[セミファイナル:シングルマッチ 45分1本勝負]
リン・バイロン
vs
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)

[第3試合:シングルマッチ 30分1本勝負]
木藤拓也(クズプロ)
vs
レザーフェイス

[第2試合:タッグマッチ 30分1本勝負]
エル・イホ・デル・パンテーラ&土肥孝司
vs
児玉ユースケ&黒潮二郎

[第1試合:シングルマッチ 20分1本勝負]
高橋星人
vs
篠瀬三十七

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

プロレス女子練習生暗闇殴打事件

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2:17 AM
  • 日記

7月27日(金)、都内・WNCオフィスにて記者会見が行なわれ、先日の会見で報告された団体ロゴの落書き犯が26日夜に再びオフィスに現われたことが発覚。さらに、男女二人組と思われる犯人グループは、その場に居合わせた女子練習生に暴行を働き、そのまま逃走したことが判明した。これを受け、その直前まで女子練習生と一緒にいた真琴が、“名探偵・真琴”として犯人探しに乗り出すことを表明した。

この日の会見には、TAJIRI、真琴、そして犯人から暴行を受けた練習生の小林香萌(こばやし・かほ)が出席。まず、真琴が昨夜起こった事件の経緯を説明する。

「昨日の夜のことなんですけど、香萌ちゃんが事務所に忘れ物をしたというので一緒に取りに付いて行ってあげたんですけど、この建物の前に着いたときに自分はちょうど電話が鳴ってしまったので、鍵だけ渡して一人で取りに行ってもらったんですね。いまになって思うと、そのときに付いて行ってあげていればと良かったと思うんですけど。ちなみに、選手と社員は事務所の合鍵を持っています。自分は話(電話)に夢中になってしまってたんですが、香萌ちゃんが降りてこないことに気付いて、不思議に思って上にあがってみたら、真っ暗な部屋で香萌ちゃんが目を押さえて倒れていました」

WNCオフィスはビルの4階にあり、真琴はビルの玄関前で携帯に着信が入ったため、鍵を練習生・小林に渡し、事務所に忘れ物をした小林がひとりで事務所へと入ったという。続いて、犯人から暴行を受けて目に眼帯をしている練習生・小林がそのときの様子を説明する。

「まず、鍵を開けて中に入ったら、なんかお酒の臭いがしたんです。それでよく見たら、男の人と女の人がいて、私は目が悪いので誰だったのかはよくわからなかったんですけど、それで女の人が“今度は壁に落書きしてやろうぜ”と言ってたので、この人がこの間のボードに落書きをした犯人だと思ったんです。でも、気付いた頃には向こうも私が事務所に入ってきたことに気付いて、そこ(事務所内)にある竹刀だと思うんですけど、(犯人が)私の目を思いっきり叩いてきたんです」

するとここでTAJIRIが、「何か(犯人の)特徴はないのかな?」と練習生・小林に尋ねると、小林は「本当に一瞬だけだったんですけど、二人が出ていくときにちょうど廊下のライトに顔が照らされて、少し見えました。なんかものすごくキレイな女の人でした」と証言。続けて、TAJIRIが「男はわかんないの?」と尋ねると、小林は「あのう……姿は全然見えなかったんですけど、笑いながら出て行くときの声が……すみません、言えません」と突然泣き出してしまう。

男のほうは顔見知りだったのか!? ここで真琴が「こうなってしまったのも自分に原因があるので、自分は決めました!」と語り始めると、「必ず犯人を探し出してみせます。自分は名探偵・真琴です! 必ず、新宿FACE大会の日までに犯人を探し出して、絶対に会場に参上なんかさせません。自分はWNCのために名探偵・真琴になります!」と犯人探しに名乗り出たのだ。

これを受け、TAJIRIは「もし、これがプロレスと関係がないとしたら、これは警察に届けるべき事件だよ」と憤るも、あえて真琴に犯人探しを任せることを決断。はたして、“名探偵・真琴”は新宿FACE大会が行なわれる8月2日まで犯人を探し出すことができるのか!?

▼8・2 Wrestling New Classic東京・新宿FACE大会 開場18:00 開始19:00
[6人タッグマッチ]
TAJIRI&大原はじめ&華名
vs
スターバック&AKIRA&朱里

[シングルマッチ]
リン・バイロン
vs
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)

[シングルマッチ]
木藤拓也(クズプロ)
vs
レザーフェイス

[タッグマッチ]
エル・イホ・デル・パンテーラ&土肥孝司
vs
児玉ユースケ&黒潮二郎

[シングルマッチ]
高橋星人
vs
篠瀬三十七

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

新宿フェイスへ、パンストお誘いメール

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2:14 AM
  • 日記

7月27日(金)、都内・WNCオフィスにて記者会見が行なわれ、8・2新宿FACE大会で“殺人チェーンソー”レザーフェイスと対戦する木藤拓也が、間違えてWNC宛てにとても恥ずかしい誤爆メールを送ってきていたことが判明した。

このところ不吉な未来を暗示するかのような事件が連続して起こっているWNC。そんななか、TAJIRIは「実は昨日、ちっちゃい事件があったんですよ。なるべくならこんなことは言いたくないんですけど、暗い事件で嫌な気分になっているので、あえてこの事件もみなさんにお伝えしたいと思います」と話を切り出す。

「誤爆メールっていうんですか? 誰かに送ろうとしたメールを間違えてオフィスに送ってきてるんですよ。しかも、タイトルに“かおりちゃんへ”って書いてあって、文面に“FACE絶対観に来てよ。来てくれたら、目の前で被ってあげるからさ”って。そして、キトタクから送られてきた画像がこれです。3枚も送ってきてるんですよ」

ここでTAJIRIは3枚の画像を集まった報道陣に披露。その画像は、いずれも頭にパンストを被った木藤拓也が、上半身裸で異なる3パターンのファイティングポーズをそれぞれ取っているという滑稽なものだ。

「本当は組織として隠してあげなければいけないことなんですけど、敢えて公開しました」とWNCを取り巻く嫌な空気を変えるために、敢えて公開に踏み切ったというTAJIRI。それにしても、木藤は一体何を考えているのだろうか。

もともとは、木藤からレザーフェイスと対戦するという話を聞いた木藤の母親が、息子の身の安全を思って洋服ダンスからパンティーストッキングを引っ張り出し、レザーのチェーンソーから飛び散る火花対策のためにパンストを木藤に授けたというのが先日の会見でのお話。

ところが、息子を思いやる母のやさしさはどこへやら、当の木藤は母親から授かったパンストで女性を誘惑しているのだから困ったものである。このままでは単なる変質者と変わらない木藤だが、いろんな意味で今後に不安を残したのは言うまでもない。

▼8・2 Wrestling New Classic東京・新宿FACE大会 開場18:00 開始19:00
[6人タッグマッチ]
TAJIRI&大原はじめ&華名
vs
スターバック&AKIRA&朱里

[シングルマッチ]
リン・バイロン
vs
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)

[シングルマッチ]
木藤拓也(クズプロ)
vs
レザーフェイス

[タッグマッチ]
エル・イホ・デル・パンテーラ&土肥孝司
vs
児玉ユースケ&黒潮二郎

[シングルマッチ]
高橋星人
vs
篠瀬三十七

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

鹿児島、8月ツアー最後の最後に

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2012年7月27日 1:20 AM
  • 日記

セミファイナルは、鹿児島出身・下野佐和子vs華名に決定!!

鹿児島

TAJIRIの姉は、鹿児島市内の天文館で歯医者を開業しております

で、TAJIRIが鹿児島でプロレスの試合をするのは、今回が初めてのことなのです

さらに、鹿児島で女子プロレスが見られるのって、何年ぶりのことなのでしょうか?

いまではほとんど訪れていないはずだと思うのですが

ちなみに、特別参戦してくれる大阪女子プロレスの下野佐和子選手は、鹿児島出身で地元凱旋

セミファイナルで華名を相手にシングルを闘います

こりゃ是非とも勝っていただきた…やめとこ

WNC8月ツアー最終戦

8/7 鹿児島オロシティホール大会

5連戦の最後の最後

もう、体内貯蔵エネルギーの最後の最後まで使い果たしてもかまわない

選手全員、夏を燃え尽きさせるファイトをお約束いたします

鹿児島…最高に熱く

▼8・7Wrestling New Classic鹿児島・オロシティーホール大会 開場17:30 開始18:30
[6人タッグマッチ]
TAJIRI&児玉ユースケ&リン・バイロン
vs
スターバック&AKIRA&朱里

[シングルマッチ]
木藤拓也(クズプロ)
vs
レザーフェイス

[シングルマッチ]
華名
vs
下野佐和子(OSAKA女子プロレス)

[シングルマッチ]
大原はじめ
vs
エル・イホ・デル・パンテーラ

[タッグマッチ]
アズール・ドラゴン(プロレスリングタフス)&土肥孝司
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)&黒潮二郎

[シングルマッチ]
高橋星人
vs
篠瀬三十七

▼会場
鹿児島・オロシティーホール
鹿児島市卸本町6-12
Tel 099-260-2111

▼チケット料金

最前列

7000円

特別リングサイド

5000円

指定席A

3000円

※当日券は500円増し

▼チケット発売所
チケットぴあ(Pコ-ド:821-649)
ロ-ソンチケット(Lコ-ド:88596)
イープラス

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

不法侵入者からの不気味な予告状(?)

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2012年7月25日 11:25 PM
  • 日記

7月25日(水)、都内・WNCオフィスにて行なわれた記者会見にTAJIRIが出席。会見冒頭、「ある不吉なことが起きまして……」と語りだしたTAJIRIは、WNCの団体ロゴボードを報道陣に披露。するとそこには、何者かによってひどい落書きがされ、さらに“フェイス参上!!”という謎のメッセージが残されていたのだ。

犯人は一体誰なのか!? TAJIRIの報告によると、この日の午前に出勤したスタッフが落書きされた団体ロゴボードを発見。すぐさまスタッフからTAJIRIのもとに連絡が入り、オフィスに駆けつけたTAJIRIがその惨状を確認したとのこと。ちなみに、第一目撃者であるスタッフはその前日に施錠してからオフィスを出ており、この日の朝に出社したときもオフィスにはきちんと鍵がかかっていたという。

その問題の落書きだが、まずひとつは、するどい鎌を持った男女が書き足されており、天からさかさまに降りてきた鎌を持った男女が、ロゴにもともとある男女の首を鎌でかっ斬っているということ。次に、ボードにはスターバック、AKIRA、朱里と思われる3人のイラストが書き足されており、その3人に大きなバツ印がされていること。そして最後、ボード下の団体名が塗りつぶされ、その上に大きく“フェイス参上!!”というメッセージが残されていることだ。

このボードを見たTAJIRIは、「なんとなく思うんですけど、まずは若い者が書いてますよね。この感じは。ボクらみたいなオッサン世代ではこういう雰囲気の絵は描いたりしないと思うんですよ。で、これは若い女が書いたんじゃないかなって気がするんだよな」と分析。しかし、何のためにこのような落書きをしたのか、その犯人の意図がまったくわからないことから、TAJIRIは「また違う勢力が出てくるのか、それとも単なるイタズラなのか。それにしても、このロゴは華名ちゃんが神話の世界をイメージしてデザインしたものなので、この落書きは神を冒涜している。不気味だな……」と頭を悩ませるばかりだ。

“フェイス参上!!”というメッセージは、8・2新宿FACE大会への来場予告とも受け取れるが、はたして新宿FACE大会にこの犯人は現われるのか!? 8・2新宿FACE大会まで、あと8日!

▼8・2 Wrestling New Classic東京・新宿FACE大会 開場18:00 開始19:00
[6人タッグマッチ]
TAJIRI&大原はじめ&華名
vs
スターバック&AKIRA&朱里

[シングルマッチ]
リン・バイロン
vs
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)

[シングルマッチ]
木藤拓也(クズプロ)
vs
レザーフェイス

[タッグマッチ]
エル・イホ・デル・パンテーラ&土肥孝司
vs
児玉ユースケ&黒潮二郎

[シングルマッチ]
高橋星人
vs
篠瀬三十七

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4 5 6 7

ホーム > アーカイブ > 2012年7月のアーカイブ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る