ホーム > アーカイブ > 2011年12月のアーカイブ

2011年12月のアーカイブ

見せたいものは…


とりあえず、このVを見てくれ。

http://www.youtube.com/SMASH#p/u/2/xXqGhTem0mo

SMASHが

「何をみせて」

「世の中に対し」

「何をしようとしているのか」

感じれる人には感じられることと思います。

よろしくどーぞ。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

藤原組長、感謝いたします。


12月16日(金)、都内・株式会社藤原ファミリーにて、12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)のメインイベントでデーブ・フィンレー&ムラット・ボスポラス&ビッグボーイと対戦するTAJIRI&大原はじめ&藤原喜明が公開合同特訓を行なった。
藤原との合同特訓ということで、始まる前からすでに戦々恐々のTAJIRI&大原。そして、藤原が待つ事務所に恐る恐る入ると、”関節技の鬼”、”テロリスト”の異名を持つ藤原が「おっ、気が弱いプロレスラーがやってきたな」と不敵な笑みを浮かべてお出迎えだ。
特訓を前に、まずは今回の対戦経緯を藤原に説明するTAJIRI。藤原はフィンレーが初来日した1983年7月に新日本プロレスにてタッグマッチで対戦しており、約28年ぶりに相まみえることとなる。当時を振り返り、藤原は「あの頃はスマートだったけど、(身体は)大きくなったの? ヨーロッパスタイルで、動きが早くて、ちょっとかわいい顔をしてたな。それが今はチャンピオンか。楽しみだな」とニヤリ。するとここで、藤原は「じゃあ、取り組みを変えようか? 俺が向こうに行くから。だって、あっちのほうが強そうじゃん」と、冗談まじりにカード変更を要求。まさかの展開に困惑するTAJIRIは、「だから組長にお願いをしたわけでして……」と、苦笑いを浮かべるばかりだ。
ということで早速、特訓スタート。「やっぱり、ビビると勝つものも勝てない」と藤原は精神を鍛える特訓を提案すると、スパーリング地獄になると予想していたTAJIRIは「あっ、肉体ではなく、精神の特訓なんですね」と、ホッとした表情を浮かべる。そして、藤原はTAJIRI&大原を事務所奥にある工房へ案内。そこには、陶芸で名人級の腕前を持つ藤原が作った作品の数々がずらりと並べられていたのだ。
まずは、TAJIRI&大原に作品の説明をする藤原。皿、徳利など王道と言える作品からシャレの利いたアダルトな作品まで、その見事な出来栄えにTAJIRI&大原は感心するばかり。続いて、藤原は陶土を取り出すと、ろくろを回して実際に小皿、徳利を二人の前で作ってみせることに。報道陣のカメラが多数向けられ、普通であれば気が散ってしまう状況のなか、精神を集中させて作業に取り組む藤原。一度は完成したものの出来栄えに納得がいかなかったのか、藤原はせっかくの完成品を手で潰してもう一度作り直すなど、ここでは精神力、集中力の大事さ、そして根気強さとは何かを二人に説いたのであった。
さらに精神を鍛えるもうひとつの特訓として、仏教の教えに最近凝っているという藤原は二人に経典を手渡す。次に、数珠も手渡そうとした藤原だが、ここでハプニング発生。なんと数珠の糸が切れて珠が床に散らばってしまったのだ。何か不吉なことを暗示させるハプニングではあるが、これに対して藤原は「要するに、これは(大会当日に)ケガ人が出るということに対して、数珠が切れたことで身代わりになってくれたのでは。だから、無事に済むはず」とニヤリ。そして、三人揃って読経を行ない、精神鍛錬は終了。打倒フィンレーに向け、TAJIRI&大原にとっては大きな収穫を得る特訓となった。
『SMASH.23』(2011.11.24/後楽園ホール)では53歳にして、初代王者スターバックを相手に衰えを知らない世界最高峰のレスリングテクニックをまざまざと見せ付けたフィンレー。一方、藤原はフィンレーよりも9歳上の62歳。しかしながら、幾多の修羅場をくぐり抜けて鍛え抜かれた強靭な精神力、そして飽くなき探究心と共に、鋭く光る日本刀のように磨きあげられたサブミッションは一歩も引けを取っておらず、前回のSMASH参戦時においても藤原は天龍源一郎を相手に激しい攻防を見せてくれた。「思いっきりいきますよ」、不敵な笑みを浮かべる”テロリスト”藤原は、はたして、”恐怖の大王”フィンレーを相手にどんなファイトを見せてくれるのか!?

■12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30

[メインイベント]
TAJIRI&大原はじめ&藤原喜明
vs
デーブ・フィンレー&ムラット・ボスポラス&ビッグボーイ
[ハードコア&ドレスアップマッチ]
中川ともか&華名
vs
真琴&リン・バイロン
朱里
vs
雫あき
[勝ち抜きイリミネーションマッチ]
木藤拓也&大矢剛功&ルー・ルルル
vs
松田慶三&平野勝美&岡野隆史
※大将、中堅、先鋒の順は後日発表
AKIRA&児玉ユースケ&YO-HEY
vs
伊東竜二&佐々木義人&石川晋也
[第1試合:黒潮二郎デビュー戦]
土肥孝司
vs
黒潮二郎

※日向小陽レフェリーデビュー
※他、数試合が追加予定
※メイン、第1試合以外の試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

美女だらけのハードコア・ドレスアップマッチ!!


12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)にて行なわれるハードコアマッチで対戦する中川ともか&華名組、真琴&リン・バイロンが、都内・株式会社スマッシュ

リン・バイロン=青龍刀

で開かれた記者会見に出席。4選手の思惑がそれぞれぶつかり合うなか、ハードコアマッチ初体験となる華名は、この試合でタッグを結成するSMASHディーバ王者・中川との再戦を要求した。
この日の会見では、4選手がハードコアマッチに持ち込む凶器アイテムを手に登場。まずトップバッターはリン・バイロン。『SMASH.23』(2011.11.28/後楽園ホール)の朱里戦において、この試合形式で高い適正能力を見せたリンは、朱里戦のときと同じく青竜刀を振りかざして現われた。続いて、リンのパートナーである”現役メイド女子レスラー”の真琴はメイド服に身を包み、かわいらしくポーズを決めた手にはなんとケチャップが。ところが、ここで会見に同席したTAJIRIから、「お客さんやリングマットにかかったら汚れちゃうからダメだよ」とあえなく却下され、真琴は違う凶器アイテムを用意することとなった。
一方、対戦相手チームの中川ともか&華名の新旧女王コンビは、中川が凶器アイテムの王道とも言えるパイプ椅子を手に登場。そして、ハードコア初体験となる華名は、レスラー業のほかにデザイン会社を経営する社長レスラーらしく、「お社長の私にはピッタリ!」と持ってきたのはパソコンのキーボードだ。
4選手それぞれが個性ある凶器アイテムを持ち込んだなか、華名は「せっかくハードコアの門をくぐるなら、それに合った正装をして挑むってのはどうや?」とドレスアップルールをさらに加えることを提案。これにはTAJIRIも「い

真琴=ケチャップ→却下→当日までに考え直し

いアイデアだねえ」と賛同し、改めて試合形式が”ハードコア&ドレスアップマッチ”となることが決定した。どの選手がどんな格好で試合に臨むかは大会当日の入場まで明かされないだけに、各選手の入場にも要注目だ。
前述の通り、4選手のなかでハードコアマッチが未経験なのは華名、真琴。初のハードコアマッチに挑む華名は、「私のスタイルはこのルールにすごく合っている。それは試合で見せることができるはず」と、問題がないことを強調。そして、相手の目をくらませるためにケチャップを凶器アイテムに選んだものの、TAJIRIから持ち込み禁止を告げられた真琴は、さらにメイド服以外の服装でドレスアップすることもTAJIRIに要求され、ますます困惑の表情を浮かべるばかりだ。
一方、この試合形式に自信を見せるリンは、「私がハードコアクイーンになってみせる!」とアピールすると、当日はラダー、テーブルなど多数の凶器アイテムを持ち込むことを示唆。そして、過去にTAKAみちのくとのタッグでWEWハードコアタッグ王座を獲得したことがある中川は、朱里戦で好ファイトを演じたリンを警戒しながらも、「4人のなかでハードコアの経験は一番ありますし、まったく問題はないです」と、王者の風格を漂わせた。
そんな貫禄十分の中川に噛み付いたのが、なんとパートナーを務める華名だ。もともと今回のタッグ結成は、『SMASH.23』で初防衛に失敗して中川にタイトルを奪われてしまった華名の「中川が”華名攻略マニュアル”っていうの

中川ともか=パイプイス

を使ったみたいなんですけど、次は私が”中川攻略マニュアル”を作りあげようと思います。そうするには彼女を視察していかなければいけないので、次回のSMASHで組んでみようと思います」というアピールによって生まれたものである。王座奪還に向け、一番近いところで中川を視察できるチャンスを得た華名は、「お前との試合は何百回も繰り返して見させてもらったわ。ありがたいことに、”中川ともか攻略マニュアル”ができました。キミと組んで、マニュアルの最終チェックをさせてもらうわ」とニヤリ。さらに、「おっさん、頼みがあるんやけど、前チャンピオンの特権として、中川ともかとの再戦を要求させてもらう。場所はどこでもええねん」と、会見に同席したTAJIRIにアピールだ。
華名のアピールを受け、TAJIRIは「前向きに考えさせていただきます」と返答。一方、思わぬ形でパートナーから挑戦状を叩きつけられた中川は、「”中川ともか攻略マニュアル”、楽しみですね」と、ここでも余裕の表情。さらに、「前回の華名戦を終え、自分の華名に対する自信はさらに上回ってます。華名の挑戦? 華名に勝てる自信は100パーセント、いいえ1000パーセント持ってます」と、絶対の自信を見せた。
4者の思惑がそれぞれ交差するこの闘い。そのなかで早くも女王の貫禄を漂わせる中川の牙城を崩す者は、はた

華名=キーボード

して現われるのか!?

■12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30

[メインイベント]
TAJIRI&大原はじめ&藤原喜明
vs
デーブ・フィンレー&ムラット・ボスポラス&ビッグボーイ
[ハードコア&ドレスアップマッチ]
中川ともか&華名
vs
真琴&リン・バイロン
朱里
vs
雫あき
[勝ち抜きイリミネーションマッチ]
木藤拓也&大矢剛功&ルー・ルルル
vs
松田慶三&平野勝美&岡野隆史
※大将、中堅、先鋒の順は後日発表
AKIRA&児玉ユースケ&YO-HEY
vs
伊東竜二&佐々木義人&石川晋也
[第1試合:黒潮二郎デビュー戦]
土肥孝司
vs
黒潮二郎

※日向小陽レフェリーデビュー
※他、数試合が追加予定
※メイン、第1試合以外の試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

世にも珍奇なるトルコプロレスのパンフをプレゼント☆


2012/2/19(日) SMASH TDCホール大会の最前列が早くも完売いたしました

それに気をよくしたオイラが、あるものを大放出してしまいます

先々月、トルコを訪れたさい

危険を冒しながら現地でカッぱらってきた、世にも珍奇なるトルコプロレスのパンフレット

TDCホール大会特別リングサイド席をTAJIRIより直接ご購入のお客様、先着10名様に限りプレゼントいたします☆

先着10名様オンリー!!

さあ、いますぐ buzzsawkick@yahoo.co.jp へメールを

よろしくどーぞー☆

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

矢郷先生から勇気を貰え!!


『週刊 矢郷論説委員長のSMASHコラム』第二十回

ニュースの焦点

☆2011年12月05日(月)

天龍、古傷の治療のために12・30『SMASH.24』欠場へ! されど完全復活&生涯現役を宣言!!

天龍さんは昨年から怪我をしておられ、それを庇いながら試合しておられましたが、怪我を庇うのであちこちに負担がかかり、古傷を悪化させたのでしょう。

また風雲昇り龍、天龍源一郎さんのフルコンディションでの暴れっぷりが観たいですね。

その時は私も反対側のコーナーに立ちたいと思います。

楽しみに待っています。

☆2011年12月05日(月)

“恐怖の大王”フィンレーと”テロリスト”藤原が禁断の激突!

天龍さんのピンチヒッターとして、藤原組長がフィンレーとの6人タッグのメンバーに名を連ねました。

これは興味深い対戦です。

技の応酬のみならず、心理戦の応酬も注目すべきポイントでしょう。

ただ、フィンレー選手は先の来日時の時にかなりコンディションが良かったので、藤原組長も試合までのコンディショニングが良いものになるかの部分が勝敗に影響してくると思います。

デーブ・フィンレーが53歳にして、あれだけコンディションが良く、それを維持しているのは、それだけプロレスリングに対するモチベーションが高い、そして哲学が深いからに他ならないと思います。

これこそが近年の日本人レスラーに失われた部分であるのではないか?と思います。

しかし、藤原組長も日本プロレス界きっての思想家であると思いますので、ここは藤原組長に日本人プロレスラーのイデオロギーを発揮していただきたく、期待しております。

私達も勉強したいです。

☆2011年12月06日(火)

JML12・17新宿大会でSMASH提供マッチ!

JML12・17新宿大会にSMASHが参戦!

☆2011年12月08日(木)

TAJIRI&AKIRA、12・18トリプルテイルズ.S広島興行参戦!

☆2011年12月08日(木)

真琴、12・29『鬼神道Returns8』新木場大会参戦!

SMASH所属選手達も他団体・他プロモーションに進出する機会が増えてきました。

こういった場でも、SMASHのスタイルが提示できると「一体、SMASHはどんなプロレス哲学を持っているのか?」が現れてくるので、面白いと思います。

2012年は無節操や隙間産業的なプロレスラーは淘汰され、“フィジカルと思想や哲学があるプロレスラー”が主流になっていく流れになると思います。

☆2011年12月09日(金)

現役アイドル・日向小陽が12・30『SMASH.24』でレフェリーデビュー!

日向小陽さんはアイドルとして活躍しながら、SMASHでも特別扱いされず、練習生と共に汗にまみれ、雑用もこなし、本当に頑張っています。

小柄なカラダに素晴らしいガッツを秘めておりますので、皆さん応援してあげてください。

☆2011年12月09日(金)

蹴りの朱里、投げの雫 12・30『SMASH.24』で激突する二人が意気込みを語る!

朱里ちゃん、雫選手、共にフィジカルも技術もズバ抜けており、そこらへんの同体格の男子選手なら、コロっといかれると思います。

ただ、2人共、攻めて試合のリズムを取るタイプなので、受けにまわると脆い部分が観られますから、最初に試合のイニシアチブを取った方が勝つと思います。

ですので、試合開始からまったく目が離せない展開になると思います。

☆2011年12月09日(金)

2.19 『SMASH.25』東京ドームシティホール大会のチケット一般発売が開始!

SMASHにとってのレッスルマニアにあたる、二度目の東京ドームシティホール大会が2012 2.19に迫りました。

この大会に向けて様々なドラマが展開されておりますし、また新たな展開が起こると思われます。

皆様必見のSMASH25、 TDCホール大会、チケットはお早めにお求めください!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4 5

ホーム > アーカイブ > 2011年12月のアーカイブ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る