ホーム > アーカイブ > 2011年12月のアーカイブ

2011年12月のアーカイブ

聖地凱旋…お前らがSMASHの光景を力づくで変えてみせろ!!


  12月21日(水)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が開かれ、2012年最初の大会となる1・19『We are SMASH』(新宿FACE)で公開プロテストが行なわれることが決定。さらに、SMASHでレフェリーを務めていたジョシュ・オブライエンがプロレスデビューすることも併せて発表された。
約10ヵ月ぶりに旗揚げの地である新宿FACEに凱旋し、”原点回帰”で2012年の闘い初めを迎えることになったSMASH。これは、東京では初開催となるハウスショー『We are SMASH』の大会カラーにも色濃く反映され、”若い者が成長する姿を見せる”という旗揚げからの団体コンセプトが大きな軸となるのだ。
この日の会見では、TAJIRIが「賛否両論いろいろあると思うんですけど、いまの時代ならこういうことがあってもいいのでは」と、新たなる試みとして公開プロテストを大会中に行なうことを発表。このプロテストには、SMASHが運営するプロレスラー育成スクール『SMASHトレーニングキャンプ』でプロレスラーを目指して練習に取り組んできた篠瀬晃、桐澤将城、尾谷友洋の3名が受験する。また、プロテストの受験内容はスパーリング形式で行なわれることも決定。合否の判定は、対戦相手の評価はもちろん、観客の評価も加味される。なお、3名それぞれの対戦相手は後日発表される予定だ。
さらに、SMASHでは初となる外国人の新人レスラーのデビューも決定。デビューが決まったのは、これまでSMASHにてレフェリーを務めてきたジョシュ・オブライエンだ。デビューの経緯について、TAJIRIは「アイルランド出身のジョシュは、旗揚げ前から練習生をやってたんですよ。しかも、最初は練習生として志願してきたのではなく、当時SMASHが公募していた『ワールドトライアウト』に”俺は闘いたい!”と言って応募してきたんですね。だけど、聞いたらプロレス未経験ということで(笑)、レフェリーもやらせながら一年間練習をさせてきました」と説明。尊敬するレスラーとして、ストーン・コールド・スティーブ・オースチン、クリス・ベノワの名前を挙げたジョシュは、「この二人を超えるレスラーになる!」と大きな目標を掲げた。
そして、ジョシュのプロレスデビューに伴い、新人レフェリーとして玉川勝巳のデビューも決定。公開プロテストを受験する3名と同じく『SMASHトレーニングキャンプ』でプロレスラーになることを目指している玉川だが、この3名とは異なり、ジョシュが歩んできた道を進みながら目標に向かっていくこととなった。「山梨県大月市に在住しております。えー、年齢は非公開とさせていただきます!」と、会見で早くも独特のキャラを発揮させた玉川。なぜか最後も、「みんな、頑張るぞ!」と練習生&ジョシュに気合を入れて会見を締めくくるなど、レフェリーにふさわしい妙な貫禄を漂わせていた。
『SMASH.23』(2011.11.24/後楽園ホール)でデビューした土肥孝司、12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)でデビューする”現役高校生レスラー”黒潮二郎、この2選手に続けとばかりにプロデビューを目指す者たちが続々と登場する『We are SMASH』。新年の幕開けにふさわしいフレッシュな闘い模様が見られそうだ。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

松田慶三の予告文がヤバいことになっている…


 

12月21日(水)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が開かれ、12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)で行なわれる”勝ち抜きイリミネーションマッチ”木藤拓也&大矢剛功&ルー・ルルルvs松田慶三&平野勝美&岡野隆史の出場順が発表された。
かつて所属していたIWA JAPAN時代からの盟友・松田が突然現われ、標的とされてしまった木藤。一方、松田は同じ仲間である元IWA JAPANのメンバーを次から次へとSMASHのリングに投入し、木藤にちょっかいを出していく。これに対し、木藤は松田率いる元IWA JAPAN軍団に対抗すべく、常連メンバーとして参戦していた北海道限定ローカル団体『北都プロレス』の仲間を味方につけて北都プロレス軍団を結成。気がつけば、”北都プロレスvs元IWA JAPAN”という全面対抗戦の図式がなぜかSMASHのリングで成立していたのだ。
そして、この日の会見では、木藤が、はるばる北海道からやってきた”マスクド北きつね”ルルルを引き連れて登場。異常に警戒心の高いルルルは、大好物である油揚げを両手に何やらアピールを繰り返す。そんななか、会見に同席したTAJIRIが、松田から勝ち抜きイリミネーションマッチの出場順に関する予告状が届いていることを木藤に明かすと、以下の文を読み上げた。
——-
【松田慶三からの予告状】
自分は元IWAジャパンの松田慶三だ。
『SMASH.24』が、いよいよあと9日後に迫ってきた。
木藤をはじめとする北都プロレス軍団に対する自分たちの怒りは、日に日にグングン膨張し、頭の先まで充血している。

そこで今日は、対抗戦に出る順番を発表したい。
まず、先走るのは岡野さんだ。自分たちの中でも最長のキャリアを誇る岡野さんなら、自分たちが出るまでもなく3人ヌイてしまうこと確実だろうけど、それでも一応順番を発表しておく。

中に出すのは重チンの平野さん。
最後のケツ……根幹を固めるのは自分、松田以外にありえない。
自分たちがこの闘いに勝利することは疑う余地もないが、見事勝利した暁には自分たちがSMASHに上がってきた理由をいよいよ聞かせてやることをここに宣言させていただく。

そのためにも、自分たちは必ず勝利する……Maybe.

——–
早くも必勝をアピールする松田に対し、木藤は”最愛の人”紫雷美央と相談して決めたという出場順を発表。「自分が最初に出れば3人抜きは確実にいける」と先鋒に自ら名乗り出た木藤は、中堅にルルル、そして大将には今年でデビュー25周年を迎えた”魂のバックドロップ”大矢をチョイス。「自分が3人抜きで勝っちゃうんですけど、いちおう(後の順番も)決めました」と、松田と同様に絶対の自信を見せる。

 そんな自信満々の木藤だが、それには大きな理由がある。それは、この試合のレフェリーを”最愛の人”である美央が務めることになったからだ。これに関して、「自分がフォールに行ったときは、”すごく早くカウントを入れてあげる”と美央が言うんですよ。やっぱり自分のことが好きだからそういうことを言ってると思うんですけど」と、のろけ始めた木藤。しかし、不正は許されるものではない。「自分は言ったんですよ。”美央、これは男と男の闘いだ。お前はそういうことを気にしなくていい。お前のことは俺が必ず守ってやるから心配するな”って。そうしたら、美央はすごく喜んじゃって、”拓也、大好き!”と抱きついてきて離れなかったですね」と、美央に言い聞かせたという木藤だが、ここで会見場に「いつそんなことが起こったのかな? バカなんじゃないか、アンタ!」と怒声が響き渡る。そう、美央本人が現われたのだ。
「おい、いつ抱きついたのか言ってみろよ。日曜日? はい、残念でした。日曜日はわたくし、広島におりました! はい、妄想ケッテー!!」と、木藤を罵る美央。さらに、「ひいきするわけないじゃん。お前もキモイし、奴らもキモイし、私の周りに気持ち悪い奴らがこれ以上いたらヤダから、私はお前らが滅亡するのをニヤニヤしながら観るだけ。以上!」と、公平なレフェリングをすることを明言する。
これに対し、「俺に肩入れするだろ、普通」と不満げな木藤。しかし、美央は「お前らには消えて欲しいんだよ! 30日は壮絶な潰し合いをして、共倒れをしていなくなっちまえ!!」と非情通告。そして最後に、「私が思っていることはすべて現実になる。わかった? 以上、とりあえず妄想はもう言わないで」と木藤に念を押し、去って行ったのであった。
怒り爆発の美央に、「なんでいつも人前に出たら、ああなんですかね。まあ、後で抱いておきますから」と、冷静に語る木藤。そんななか、マスコミからクリスマスの予定を聞かれた木藤は、「(美央と)デートして、港で夜景を観て、ホテルに一泊の予定です」とアピール。すでにサプライズも含めたデートプランは完成しているようで、こちらの準備は万端のようだ。
一方、この日の会見に連れてきたルルルについて、木藤は「動きがすごい。自分も前に試合をしたことがあるんですけど、(ルルルが)大好物である油揚げを食べたら急に強くなったんですよ。そういう力も秘めている」と太鼓判。これには本土初上陸をはたしたルルルも「コンコンッ!」と鳴き声を発しながら油揚げを持ってアピールし、30日の決戦に向けて必勝を誓った。前評判が高いルルルだが、どんなファイトを見せてくれるのか注目が集まる。
ますますヒートアップする”北都プロレス軍vs元IWA JAPAN軍”の軍団抗争。その一方で、「お前らには消えて欲しい」と共倒れを期待する美央だが、はたして勝負の行方は……!?
■12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30

[メインイベント]
TAJIRI&大原はじめ&藤原喜明
vs
デーブ・フィンレー&ムラット・ボスポラス&ビッグボーイ
[ハードコア&ドレスアップマッチ]
中川ともか&華名
vs
真琴&リン・バイロン
朱里
vs
雫あき
[勝ち抜きイリミネーションマッチ]
木藤拓也&大矢剛功&ルー・ルルル
vs
松田慶三&平野勝美&岡野隆史

※勝ち抜き戦出場順
【先鋒】木藤、【中堅】ルルル、【大将】大矢
【先鋒】岡野、【中堅】平野、【大将】松田
AKIRA&児玉ユースケ&YO-HEY
vs
伊東竜二&佐々木義人&石川晋也
[第1試合:黒潮二郎デビュー戦]
土肥孝司
vs
黒潮二郎

※日向小陽レフェリーデビュー
※メイン、第1試合以外の試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

SUNAHOさん、いままでありがとう☆


  12月21日(水)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が行なわれ、美人リングアナウンサーとしてSMASH旗揚げ時から活躍していたSUNAHOリングアナが、一身上の都合により12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)をもって休養に入ることが発表された。
会見には、SUNAHOリングアナ、TAJIRIが出席。休養理由は『SMASH.24』の大会内で正式発表するとした上で、SUNAHOリングアナは「旗揚げからSMASHのリングアナウンサーをさせていただいていたのですが、一身上の都合により次回12月30日のSMASHをもちましてお休みさせていただきたいと思っております。いままでありがとうございました」と挨拶した。
いまのところ復帰時期は未定だが、「(休養理由は)前向きなことなので、完全に終わりというわけではないと思ってます。なので待っててください」とファンにメッセージを送ったSUNAHOリングアナ。そして、「(12・30では)元気良く締めたいと思います」と、明るい笑顔で意気込みを語った。なお、休養に入るSUNAHOリングアナの後任については改めて発表される予定だ。

■12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30

[メインイベント]
TAJIRI&大原はじめ&藤原喜明
vs
デーブ・フィンレー&ムラット・ボスポラス&ビッグボーイ
[ハードコア&ドレスアップマッチ]
中川ともか&華名
vs
真琴&リン・バイロン
朱里
vs
雫あき
[勝ち抜きイリミネーションマッチ]
木藤拓也&大矢剛功&ルー・ルルル
vs
松田慶三&平野勝美&岡野隆史

※勝ち抜き戦出場順
【先鋒】木藤、【中堅】ルルル、【大将】大矢
【先鋒】岡野、【中堅】平野、【大将】松田
AKIRA&児玉ユースケ&YO-HEY
vs
伊東竜二&佐々木義人&石川晋也
[第1試合:黒潮二郎デビュー戦]
土肥孝司
vs
黒潮二郎

※日向小陽レフェリーデビュー
※メイン、第1試合以外の試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

予想以上の大反響!!CoCo壱番屋のTAJIRIカレー


本日より、CoCo壱番屋江戸川橋駅前店にて、TAJIRI監修

注文された方にはもれなく、TAJIRI直筆サイン入りSMASHフライヤーをプレゼント!!

「バズソーグリーンカレー」(750円)

が販売されているのですが…

予想以上の大反響!!

本日開店時より、期間限定の企画モノ(2012年2月29日まで)としては有り得ない数が出ているそうです!!

さあ、こうなったらキミも食うしかないぞ☆

※CoCo壱番屋江戸川橋駅前店 東京都文京区関口一丁目47番12号江戸川橋ビル1F

TEL 03-5227-3015

営業時間 11時~0時まで

定休日 なし

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

今週の矢郷先生のユーモアセンスは神級


『矢郷論説委員長のSMASHコラム』第二十一回

ニュースの焦点

☆2011年12月12日(月)

東京03 豊本明長が北都プロレスの魅力について語る!

キトタクの改名騒動から妄想カップル、そして元IWAジャパン選手の謎の宣戦布告、そして北都プロレスの参入による、元Iジャ軍対北都プロレス軍との全面戦争への発展と、誰もが予想だにしなかったマイノリティの不毛な争いは、SMASHファンの頭の斜め上を北上しながら、被害者の出ないアルマゲドンへとつながるのか?

新しく闘いに加わる北都プロレスについて焼け石に水のような解説を東京03の豊本明長が解説しております。

☆2011年12月15日(木)

中川&華名vs真琴&リンは”ハードコア&ドレスアップマッチ”に! さらに、華名が中川との再戦を要求!!

ハードコア&ドレスアップマッチとか、なにかWINGを思い出させますね。

このような試合形式だと真琴ちゃんが意外性があって面白そうです。

それにしても、IWAジャパンの登場や、WINGを彷彿させる試合を生み出すSMASHは、まるで“成仏しないプロレス団体の悪霊(貧乏神とも言いますが)”の鎮魂の慰霊祭をしているようです。

☆2011年12月15日(木)

1・9『Krush.15』朱里の対戦相手はママさんキックボクサー!

朱里ちゃんとは先日、Krushに向けての練習や減量のお話をしましたが、朱里ちゃんは骨格がしっかりしているし、身長もあるので体重を落とすのがかなりキツイのです。

減量すると打撃技術にも影響がでます。

それは良い影響、悪い影響、両方なのですが。

継続して試合をしていくなら、朱里ちゃんに合うサイズの選手が国内に少ないので、朱里ちゃんが選手層の厚い階級に合わせて行くしかないでしょうね。

頑張れ朱里ちゃん。

☆2011年12月16日(金)

2・19『SMASH.25』TDCホール大会、最前列完売御礼のお知らせ

凄い、最前列が売り切れです。

SMASH25 TDCホール大会はSMASHの集大成ですから、皆様もお早めにチケットをお求めくださいませ。

☆2011年12月16日(金)

「ビビると勝つものも勝てない」藤原による教えのもと、TAJIRI&大原が精神修養を敢行!

実はわたくしが地元でデビューした時の大会のメインが、藤原組長さんの試合でして、大会終了後、藤原組長と食事やらクラブやら御一緒させていただきました。

藤原組長は行く先々で、運転の荒いタクシー運転手や酔っ払いに、教育的指導されておりました(笑)

その後も御一緒に食事に行く機会がありましたが、藤原組長はあんまり人のことを覚えない方で、会う度に自己紹介させられました(笑)

藤原組長さんはプロレスのみならず、芸術を嗜まれる、風流人でございます。

☆2011年12月17日(土)

本土初上陸をはたすルー・ルルルについて北都プロレス スタッフ三人衆が証言!

ルー・ルルルって北の国からで蛍がキタキツネを呼ぶ時に言ってた呼び声でしたっけ?(笑)

本当、しょうがないです(笑)

それにしても、北都プロレスのスタッフ三人の画、ピカソやダリの作品に匹敵するエヅラです。

北都プロレスは文化財や世界遺産のように国に保護されるべき存在なのかもしれません。

まるで、レッドデータアニマル・絶滅危惧種のようです。

この佇まい、お祭りの夜店の見世物小屋でも観れませんよ。

素晴らしい。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4 5

ホーム > アーカイブ > 2011年12月のアーカイブ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る