ホーム > アーカイブ > 2011年10月のアーカイブ

2011年10月のアーカイブ

矢郷さんもが語るフィンレーの恐ろしさよ…


『週刊 矢郷論説委員長のSMASHコラム』

第十五回

ニュースの焦点

☆2011年10月24日(月)

鬼畜男コバック、リンを“再ビッチ化”予告!「たっぷりかわいがってやるぜ!!」

リン・バイロンさん、SMASH 22の試合ではコバックを奇襲しましたね!

今後はどうなるのでしょうか?

“ビッチと呼ばれた女の行く末ドキュメント”みたいな感じで、人間ドラマの展開が気になります!

☆2011年10月25日(火)

来年1月引退のブル中野が、SMASH女子部門視察のため10・28『SMASH.22』来場決定!

私は会場でブル中野さんとお会いして、その大きさに驚きました。

ブル中野さんも世界を相手に闘った素晴らしいレジェンドです。

ご意見番になっていろいろ指摘されるのは説得力あります。

☆2011年10月25日(火)

AppleTale×朱里、10・28『SMASH.22』で公開CDジャケット撮影!

このニュース気になって仕方がありません。

この後もいろいろ仕掛けてくると思います。

朱里ちゃんはまったく新しいタイプのアイドルになれる可能性があります!

☆2011年10月29日(土)

11・24『SMASH.23』チケット好評発売中!

“恐怖の大王”デーブ・フィンレー降臨! 初代王者スターバックが初防衛戦で迎え撃つ!!

やはり、デーブ・フィンレーが恐怖の大王の正体でした!

この事実に沸き立つ控室と、翌日には他団体の選手から「マジで、デーブ・フィンレーが来るの・これは絶対観たい・」のメールが本当に多数寄せられました。

とにかく、デーブ・フィンレーはプロレスラーから特別視されリスペクトもされている凄いレスラーなのです。

デーブ・フィンレーはなんと、15歳の時からプロレスの起源と言われる、カーニバルレスラーとして活躍しています。

カーニバルレスリングとはサーカスなどの中で余興としてレスリングをしていた頃のプロレス以前のプロレスの呼称で、カーニバルレスラーはプロフェッショナルなレスリングはもちろん、アマチュアレスリング、シュートファイト、ストリートファイト、全ての要素を持ち合わせてなくてはならず、腕っぷしの強い客の挑戦を受けてブチのめす仕事までこなしていました。

カーニバルレスラーは通称“カーニー”と呼ばれ、独特のレスリング・スラングも使い、現在のレスラーでもその会話は解読不能です。そのカーニー出身者で有名なレスラーはハーリー・レイスさん、故・フレッドブラッシーさんなど、他にも伝説的なレスラーさんが多数おられます。

(ちなみに旧全日本プロレスで付けられたシリーズ名“チャンピオン・カーニバル”はジャイアント馬場さんが、カーニバルレスリングをリスペクトして付けられたものらしいです。他にもブラックパワーシリーズとかのネーミングもカーニーへのオマージュとの噂。さすがプロレスを愛したジャイアント馬場さんです。)

そんな伝説のカーニー最後の生き残りであるというだけでも驚異ですが、このデーブ・フィンレーの恐ろしさは、まだまだ深いものがあります。

これは追い追いに紹介したいと思います。

そのデーブ・フィンレーが初代SMASH王座に就いたスターバックとどのような闘いをするか、本当に注目です。

☆SMASH22で、わたくし矢郷良明は盟友、真霜拳號と組んで、藤波辰爾さん、ウルティモ・ドラゴンさんという、日本プロレスの神に近い御二方と対戦させていただき、わたくしが、藤波辰爾さんに伝家の宝刀、逆さ押さえ込みで敗れました。

本当に藤波辰爾さん、ウルティモ・ドラゴンさんは素晴らしかったです。

しかし、単なるリスペクトマッチにしたくなかったので、私は何度もロックアップからの勝負に行きました。

真霜もウルティモ・ドラゴンさんに果敢にレスリングを仕掛けました。

私が藤波辰爾さんと実際にロックアップして驚いたのは、腰の重さと体軸のブレのなさです。

これこそが歴戦の歴史が宿る肉体の為せるものなのでしょう。

グラウンドでも熟練の技を駆使されました。

そしてウルティモ・ドラゴンさんのレスリングの素晴らしさ。

本当に神業でした。

最後は藤波辰爾さんが私の必殺のコブラツイストを切り替えしての“逆さ押さえ込み”でした。

藤波辰爾さんといえばドラゴン殺法ですが、藤波辰爾さんの真の必殺技は“バックスライド、逆さ押さえ込み”だと思います。

これはもう、返せません。

前も書きましたが、藤波辰爾さんは私の昨年逝去した父親と容姿から体型から声までそっくりで、藤波辰爾さんとリングで向かい合った時は、本当に父親を思い出しました。

ロックアップして向かっていった時も、小さい頃、父親とプロレスごっこしていたのを思い出しました。

また、SMASH22の開催日、10.28は父親の月命日にあたり、不思議な縁でございます。

本当に忘れられない一日になりました。

私は親友、真霜拳號と暗黙に思っていたことがあります。

レジェンドレスラーや有名レスラーとリングで最初に対峙した時、絶対に「格負けしない、位負けしてはいけない」ということです。

それは第三者から観れば簡単に判ることですし、対峙している当事者が敏感に感じるものです。

あきらかに「格負け、位負け」するようなら、もうプロレスは辞めようと思っていました。

しかし、まったく引け目を感じることはなく、2人で「これは勝負に行ける」と確信していました。

格やしきたりを壊すには、まず「格負け・位負け」していては、話になりません。

これからプロレスの革新と伝統を守る闘いができるなと、感じることができた一戦でした。

誰でもプロレスラーになれるものじゃない。

それを守り、それをハッキリ言えるのが、これから生き残るプロレスラーの条件ではないでしょうか?

それが証明されていくのがSMASHのリングだと思います。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

「恐怖の大王」の正体はデーブ・フィンレー…近代プロレス史上最強のレスラーだった


昨夜、オレはスターバックとの初代SMASH王座決定戦に敗れた

初代SMASH王者の栄冠はスターバックに

それは、まあいい

オレは、精いっぱい戦って敗れた

だから、悔いは微塵もない

それよりも…

来月、11/24のSMASH23 後楽園ホール大会において、スターバックが挑戦を受けなくてはならなくなった「恐怖の大王」の正体は…

デーブ・フィンレー

オレはここに断言する

フィンレーこそは近代プロレス史上において、最強にして最高の選手であると

それは、世界最高峰のプロレス組織であるWWEに所属していた者ならば誰もが認める事実なのだ

ウイリアム・リーガルも、亡くなったエディ・ゲレロも、クリス・ベノワも、誰もが口を揃えてこのように語っていた

「フィンレーこそは、近代プロレス史上において最強にして最高の選手である」…と

ここに一つ、フィンレーにまつわるとんでもなく恐ろしいエピソードを紹介させていただこう

まだフィンレーがWCWに所属していた頃

日本でも超超超有名な、ある巨漢レスラーが控室で威張り腐っていた

要するにテングになっていた

そんな彼の態度を常日頃から良く思っていなかったフィンレーが、ある日とうとうブチ切れたそうなのだ

で、その巨漢レスラーの前に立ちはだかったかと思うや、まるで魔法のようにその大柄な体を空中に放り投げ、腕を締め上げ悲鳴を上げさせうえに、顔面をブーツの底で思い切り踏み潰そうとしたのだ

生命の危機を察した巨漢レスラーは、恐怖のあまり恥も外聞もなく泣き叫び、土下座の命乞いでその後は態度を改めたという…

その巨漢レスラー

あえて名前は挙げないが、その名を聞いたら日本人プロレスファンならば誰もが「嘘だろ!!??」と疑わずにはいられない

それほど恐ろしい男なのだ

「恐怖の大王」の正体である、デーブ・フィンレーという男は…

そんなフィンレーが、本気になってSMASHのベルトを奪いに来る

正直、オレはビビッている

さらに正直に言ってしまうと、オレをくだしたスターバックですら、フィンレーに勝てるとはどうしても思えない

WWEで常日頃からフィンレーを間近で見続けてきたオレには、そうとしか思えないのだ

なにしろ、かつて新日本プロレスのスーパーJrにフィンレーが参加していた頃、あの長州力選手ですらフィンレーの試合となると控室から出てきて必ず彼の試合に注目し、「どうしてアイツはあんなに上手いんだ!?」と感嘆の声を挙げていたというのである

我がSMASHは、とんでもない男に目をつけられてしまった…

しかし、しかしである

それはある意味誇るべきことなのだ

そんな近代プロレス史上最強にして最高と噂される男が、我がSMASHに目をつけてきた

本来ならば、それは誇るべきことなのである

誇るべきことなのだが…

TAJIRIとスターバックの抗争を主軸に走り続けてきたSMASHの歴史が、新たに新章の幕を開けようとしている

奇遇にも、マヤ歴では新たな世界の幕開けとされる10月28日におこなわれたSMASH22を境目として…

●11/24 SMASH23 後楽園ホール PM6;30 スタート

SMASHチャンピオンシップ…スターバック(王者)vsデーブ・フィンレー(挑戦者)

SMASH DIVAチャンピオンシップ…華名(王者)vs中川ともか(挑戦者)

●11/25 SMASH Live in 大阪 ムーブオンアリーナ PM7:00スタート

デーブ・フィンレーvsTheBodyguard

TAJIRI、ビリーケン・キッドvsAKIRA、YO-HEY

チケット情報は http://www.smashxsmash.jp/ticket.html へ

ご購入は各種プレイガイド、チケット販売所、SMASHオフィス 

■チケット発売
株式会社スマッシュ 事務局
[電話受付]
03-5339-9195 begin_of_the_skype_highlighting              03-5339-9195      end_of_the_skype_highlighting

[メール受付]
氏名(フリガナ)、連絡先、席種、枚数を明記の上、
info-smash@qjj.co.jp
までメールにてお申込みください。

※携帯メールアドレスの方は、「qjj.co.jp」のドメイン解除をしてください。
※2~3日経過してもご連絡が無い場合は、事務局にお問合せください。
【プレイガイド】
イープラス

ローソンチケット 0570-000-777(10:00~20:00)

チケットぴあ 0570-02-9999(24時間受付)
後楽園ホール
03-5800-9999 (東京ドームシティ わくわくダイヤル)
※10:00~19:00、夜間興行のない日は17:00まで
プロレスショップ・チャンピオン
03-3221-6237

書泉グランデ
03-3294-0011 (平日10:30~19:30 日・祭日10:30~19:00)

闘魂SHOP 水道橋店
03-3511-9901
【インターネット】
朱里店長のSMASH OFFICIAL SHOP

あるいは buzzsawkick@yahoo.co.jp  のメアドにご注文くだされば、TAJIRIから直接購入もできます

デーブ・フィンレー

プロレスを好きになってしまった者なら、一度は生で目にしておくべき価値が絶対にある男…というか、この男を見ずにプロレスを語るべからず

恐ろしい男です、デーブ・フィンレー…

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

今夜…初代SMASH王者が誕生し、「恐怖の大王」の正体が明らかとなる


10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)の当日券は、16時より後楽園ホール当日券売り場(青いビル1F)にて発売!
おかげさまでリングサイドは完売。その他の席種につきましては、若干数ではございますが当日券をご用意しております。さらに、当日発売としまして、立見席、18歳以下限定のU-18席も発売いたします。
どの席種も数に限りがありますので、お求めの方はどうぞお早めに!!
■当日チケット発売は16時より発売スタート
[販売席種]
最前列15,500円
特別リングサイド10,500円
指定席A 5,500円
指定席B 4,500円

立見席 3,500円(※場所はホール東側バルコニーor南側後方)
U-18席(18歳以下限定シート) 2,500円

※U-18席のみホール5階チケット引き換えブースにて発売。U-18席をご購入の方は、年齢確認をさせていただきますので身分証明書を忘れずにご持参ください。
■10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント:初代SMASH王座決定戦]
TAJIRI
vs
スターバック(FCF)
[セミファイナル]
華名
vs
雫あき(お寺プロレス)
[第6試合]
藤波辰爾(ドラディション)&ウルティモ・ドラゴン
vs
矢郷良明&真霜拳號(KAIENTAI-DOJO)
[第5試合]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)&児玉ユースケ
vs
マイケル・コバック&ロブ・ロー
[第4試合:SMASHディーバ王座次期挑戦者決定戦 4WAYイリミネーションマッチ]
朱里
vs
真琴
vs
Ray(アイスリボン)
vs
中川ともか(エスオベーション)
[第3試合:妄想実況ハンディキャップマッチ]
木藤拓也
vs
松田慶三&平野勝美
※紫雷美央がこの試合の生実況を行なう
[第2試合]
大原はじめ(FCF)
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)
[第1試合:ワールドトライアウト]
AKIRA
vs
シュガー・ダンカートン

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

10/28(金)SMASH22にブル中野さん登場決定!!


10月25日(火)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が開かれ、来年1月に引退興行を行なうブル中野が、SMASH女子部門視察のため、10・28

WWEでは今でも「伝説の女子プロレスラー」として、バックステージでその名が挙がることもしばしば。まさに「世界の女帝」である。

『SMASH.22』(後楽園ホール)に来場することが発表された。
来年1月8日に引退興行『女帝』(TDCホール)を行なうブル中野は、現在、各女子プロレス団体を視察し、引退興行に出場する選手の選考にあたっている。これに伴い、ブルは朱里、華名、真琴らが活躍しているSMASH女子部門視察のため、『SMASH.22』に来場することとなった。
この日の会見には、TAJIRI、ブル中野のマネージャーを務める杉山蔵人氏が出席。この席でTAJIRIは、「せっかくなのでリング上で挨拶していただくことはできませんか? ボクも、ブルさんはWWEでは大先輩ということでリスペクトもありますので」と杉山氏に打診。これを受け、杉山氏はブル本人に携帯で確認を取るため、一旦席を外す。
数分後、会見場に杉山氏が戻ってきたと思いきや、なんと現われたのは“地獄のアル・カポネ”マイケル・コバックと、手下である“地獄のプログラマー”ロブ・ローだ。日本酒の一升瓶を片手にアルコール臭をプンプン漂わせるコバックは、「なんだこの汚ねえオフィスは!」と悪態を付くと、「ブル中野が引退するらしいが、TAJIRI、お前も明日で引退だな(笑)。まあ、いずれにしても我々ヨーロピアンレスリングの神である“恐怖の大王”が来たら、お前、そしてSMASHは終わりだけどな!」とニヤリ。さらに、「これから俺様たちは大阪へ向かう。そして、大阪の女どもに俺様のオオキイオオキイをぶち込んでやるぜ!」と下品ポーズで高笑いしながらコバックたちは去って行った。
まさかの珍客訪問となったが、コバックらが去った直後に戻ってきた杉山氏。確認した結果、ブルからOKの返事をもらうことができたため、『SMASH.22』のリング上でブルが挨拶することも併せて決定となった。初代ディーバ王者・華名を筆頭に、朱里、真琴ら女子6選手が出場する『SMASH.22』。そんななか、TAJIRIは華名と対戦する“無名の逸材”雫あきを杉山氏に猛プッシュだ。はたして、女子プロレス界の“女帝”の目にSMASH女子部門はどう映るのか、注目だ!
大会チケット情報はこちら>>
■10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント:初代SMASH王座決定戦]
TAJIRI
vs
スターバック(FCF)
[セミファイナル]
華名
vs
雫あき(お寺プロレス)
[第6試合]
藤波辰爾(ドラディション)&ウルティモ・ドラゴン
vs
矢郷良明&真霜拳號(KAIENTAI-DOJO)
[第5試合]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)&児玉ユースケ
vs
マイケル・コバック&ロブ・ロー
[第4試合:SMASHディーバ王座次期挑戦者決定戦 4WAYイリミネーションマッチ]
朱里
vs
真琴
vs
Ray(アイスリボン)
vs
中川ともか(エスオベーション)
[第3試合:妄想実況ハンディキャップマッチ]
木藤拓也
vs
松田慶三&平野勝美
※紫雷美央がこの試合の生実況を行なう
[第2試合]
大原はじめ(FCF)
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)
[第1試合:ワールドトライアウト]
AKIRA
vs
シュガー・ダンカートン

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

鬼畜…とうとう来やがったな、この野郎!!


コバックの鬼畜っぷりは相変わらずだが、後ろに控える無表情のロブがなんとも不気味な存在である。

10・26『SMASH Live in OSAKA』(ムーブ・オン・アリーナ)、10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)に出場するマイケル・コバック、ロブ・ロー、シュガー・ダンカートンが来日。10月24日(月)、都内ホテルにて記者会見が行なわれ、各選手が試合に向けての意気込みを語った。

『SMASH.18』(2011.6.9/後楽園ホール)で行なわれた初代SMASH王座決定トーナメント1回戦で天龍源一郎に敗れてから、約5ヵ月ぶりの参戦となる“地獄のアル・カポネ”マイケル・コバックは、ベルギーから連れてきた手下であるロブ・ローを従えて登場。「ひさびさに日本にやって来たぜ! 今回の俺様の目的は、天龍への復讐だ!!」と威勢良くコバックが吠えると、“地獄のプログラマー”の異名を持つローもその言葉にうなづく。
するとここで、「ヘイ、コバック!」とバスケットボールを持ったアフロヘアーの黒人男が突然現われると、コバックにボールをパス。突然の出来事に、コバックは「一体、お前は誰だ?」と怪訝な表情を見せながらボールを投げ返すと、その男は「俺の名前は、シュガー・ダンカートン。略して、シュガーD。ワールドトライアウトに参加するためにアメリカから日本にやって来たんだ。このボール、そしてデカイ頭を覚えておいてくれよな!」と陽気に挨拶。そして、シュガーDはドリブルをしながら颯爽と去って行ったのだ。
突然の邪魔者に困惑するコバックだが、気を取り直して「俺様は準備万端だ! 天龍だろうが、TAJIRIだろうが、SMASHの連中を全員ぶっ潰してやる!!」と抹殺宣言。そして、“恐怖の大王”について記者から質問を受けたコバックは、「俺様もエンペラーではあるが、その俺様でも敵わない、ヨーロッパのレスラーたちにとって“恐怖の大王”は神様のような存在だ。その方は近々日本に降臨される。そのときに、その方の凄さをお前らは思い知るがいい」と不敵な笑みを浮かべた。
さらに、今回の来日と同じタイミングでリン・バイロンも日本に戻ってきているという情報を聞きつけたコバックは、「俺様が天龍に不覚を取ってしまったキッカケを作ったビッチが日本に戻ってきただと!? はは~ん、さては俺様のオオキイオオキイが欲しくなって、あの女、戻ってきやがったな。だったら、たっぷりかわいがってやるぜ!」と、腰をグラインドさせながらニヤリ。一度は“地獄の使徒”から追放したリンの“再ビッチ化”をコバックは予告し、会見は終了となった。
相変わらずの鬼畜ぶりをアピールしたコバック。しかし、天龍戦で敗れるまではSMASHにおいてシングル無敗の実力を誇っていただけに、復讐を目論む鬼畜男の暴走には要注意だ!
【関連リンク】
ベルギーへと旅立つTAJIRIが成田空港で失踪中のリン・バイロンを目撃!?

TAJIRI、ベルギーでコバックと遭遇!“恐怖の大王”に関する最後の謎を解くために今度はトルコへ!!
大会チケット情報はこちら>>
■10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント:初代SMASH王座決定戦]
TAJIRI
vs
スターバック(FCF)
[セミファイナル]
華名
vs
雫あき(お寺プロレス)
[第6試合]
藤波辰爾(ドラディション)&ウルティモ・ドラゴン
vs
矢郷良明&真霜拳號(KAIENTAI-DOJO)
[第5試合]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)&児玉ユースケ
vs
マイケル・コバック&ロブ・ロー
[第4試合:SMASHディーバ王座次期挑戦者決定戦 4WAYイリミネーションマッチ]
朱里
vs
真琴
vs
Ray(アイスリボン)
vs
中川ともか(エスオベーション)
[第3試合:妄想実況ハンディキャップマッチ]
木藤拓也
vs
松田慶三&平野勝美
※紫雷美央がこの試合の生実況を行なう
[第2試合]
大原はじめ(FCF)
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)
[第1試合:ワールドトライアウト]
AKIRA
vs
シュガー・ダンカートン
■10・26『SMASH Live in OSAKA』(ムーブ・オン・アリーナ)開場18:00 開始19:00
[メインイベント]
TAJIRI&AKIRA
vs
マイケル・コバック&ロブ・ロー
[セミファイナル]
YO-HEY(Fu-Dojo)&児玉ユースケ
vs
小峠篤司(大阪プロレス)&原田大輔(大阪プロレス)
[第4試合]
木藤拓也
vs
スターバック(FCF)
[第3試合]
朱里&真琴
vs
華名&紫雷美央
[第2試合]
ゼウス
vs
シュガー・ダンカートン
[第1試合]
大原はじめ(FCF)
vs
松山勘十郎(大阪プロレス)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4 5

ホーム > アーカイブ > 2011年10月のアーカイブ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る