ホーム > アーカイブ > 2011年9月のアーカイブ

2011年9月のアーカイブ

明日は八王子でSMASH観て、風呂入って、酒飲もうぜぃ!!


9月18日(日)、東京・八王子のセント・ベル幼稚園にて行なわれる『SMASH PRESENTS はじめてのプロレス in セント・ベル幼稚園』終了後、打ち上げパーティーを開催します!
選手&スタッフ一同、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

※先着順での受付となります。皆様どうぞお早めにお申し込みください。
■日時
9月18日(日)イベント終了後15:00~17:00

■場所
八王子健康ランド『ふろっぴィ』
(東京都八王子市狭間町1466-1)
※イベント終了後、14:30にセント・ベル幼稚園発の送迎バスが出ますので、そちらをご利用ください。

■料金
5,000円(小学生以下無料、中学生高校生は半額)
※コース料理、2h飲み放題、入館料、入浴料込み
※お支払いは当日支払いとなります。

■定員
30名
※ただし先着順とさせていただきます。
■申込方法
【メール送信】
1.下記のアドレスへ必要事項を記入のうえ、メール送信してください。
info-smash@qjj.co.jp

★記入事項(必須)
・参加イベント名(0918幼稚園パーティと記入)
・氏名(フルネーム)
・予約人数(例:大人2名 子供1名)
・連絡先電話番号

2.SMASH事務局からメールが届く
予約確認後、SMASH事務局より予約完了メールが届きます。
そちらのメールを持参いただき、当日会場にてご提示ください。
料金のお支払いは当日受付にてお願い致します。
■ご注意
・携帯メールアドレスの方は、「qjj.co.jp」のドメイン解除をしてください。
・2~3日経過してもこちらから、ご連絡が無い場合は、お手数ですが、再度ご連絡いただきます様お願い申しあげます。
・仮予約メール送信の際に、メールが届かないお客様へは、事務局より電話にてご連絡させていただきます。
■個人情報について
・お申し込みいただきました個人情報につきましては、弊社にて厳重に管理します。
・法令などにより開示を求められた場合を除き、個人情報をご本人の同意を得ることなく業務委託先以外の第三者に開示することはありません。
■お問い合わせ
株式会社スマッシュ/児玉
TEL 03-5339-9195

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

そして…SMASH「はじプロ」は八王子へ!!


9月18日(日)東京・八王子のセント・ベル幼稚園にて、『SMASH PRESENTS はじめてのプロレス in セント・ベル幼稚園』開催決定!
八王子市在住のTAJIRI率いるSMASHがついに八王子に上陸! イベントではここでしか観られないSMASHスペシャルマッチ(2試合)のほか、ちびっ子プロレス教室も行なわれる予定だ。
入場は無料。ぜひご家族、お友達と一緒に『はじめてのプロレス』をご体験ください!
■『SMASH PRESENTS はじめてのプロレス in セント・ベル幼稚園』
【日時】
9月18日(日)試合開始予定12:30 ※雨天決行

【会場】
セント・ベル幼稚園
(東京都八王子市並木町33-2)

【入場料金】
無料

※会場には駐車スペースがございませんので、ご来場の際は電車、バスなど公共の交通機関をご利用いただきますようご協力お願いいたします。
【対戦カード】
[第1試合]
児玉ユースケ&真琴
vs
ブラックセントベル1号&2号

[第2試合]
TAJIRI&朱里
vs
ブラックセントベル キング&クイーン

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ありがとう、伊興小学校!!ありがとう、鍋家黒潮!!(03-3897-0801)


2年連続で「はじプロ」を成功に導いてくれたのは、まぎれもなく竹ノ塚駅徒歩一分「鍋家黒潮」のマスターと、PTA会長「ゴルゴ13に撃たれ顔」の黒川さんである。両名に深く感謝いたす☆

9月11日(日)、都内・足立区立伊興小学校にて、『SMASH PRESENTS はじめてのプロレス!!』が開催された。
創立135年の歴史を誇る伊興小学校のPTA側から「ぜひ子供たちに生でプロレスを見せてあげたい」という要望を受け、昨年9月に続いて2年連続の開催となった『はじめてのプロレス』。
まずは児玉ユースケが、朱里、真琴と共に子供たちにプロレスのルール、プロレス式トレーニングをレクチャー。子供たちは初めて上がるリングにみな大興奮だ。すると、「お前ら、創立135周年らしいがその歴史も今日で終わりにしてやる!!」と、デーモン足立率いる伊興デビル軍団が乱入。悪の軍団は、児玉、真琴に襲い掛かると、そのまま第1試合の児玉&真琴vs大原はじめ&伊興デビル・クイーンに突入だ。
試合は、伊興デビル軍団の一員となった大原が、児玉をリングから校庭へと連れ出して模擬店内で蹂躙。伊興デビル・クイーンも真琴に凶器で攻撃を加える。これには子供たちも大ブーイングだ。これに対して、子供たちの大声援を受けた児玉&真琴が猛反撃。しかし、軍団を率いるデーモン足立が竹刀を持って介入し、最後は大原がレフェリーの死角を突いた急所攻撃からのスモールパッケージホールドで児玉から3カウントを奪取。伊興デビル軍団がまずは先勝となった。
創立135年目にして大ピンチを迎えた伊興小学校。これを救うべく、第2試合ではTAJIRI、AKIRA、朱里のSMASH最強トリオが登場。伊興デビル1号&2号&3号と激突した。試合は、伊興デビル軍団が試合開始のゴングを待たずに急襲。SMASH軍は出鼻をくじかれる展開に。しかし、朱里が伊興デビル軍団の同士討ちを誘うとSMASH軍が怒涛の反撃。最後は、AKIRAが青空をバックに必殺ムササビプレスで飛来し、見事に勝利。SMASH軍が、悪の手から伊興小学校を守ってみせたのであった。
試合後は、AKIRAがお馴染みの掛け声から「We are SMASH!」で締め。リングを取り囲んで声援を送り続けた子供たちは、選手たちの周りに集まってサインを求めるなど『はじめてのプロレス』は大盛況のうちに幕を閉じた。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

世界三大偉人の一人、矢郷良明先生

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年9月11日 8:15 AM
  • 日記

今週も矢郷先生の筆は冴えわたっておられる。

民衆よ、心して拝読せよ。そうして、涙するがいい。矢郷先生はつねに我々のそばにいてくださるのだ。

「週刊 矢郷論説委員長のSMASHコラム 」第八回

ニュースの焦点

★2011年09月09日(金)

今年もやるぞ! 9・11『SMASH PRESENTS はじめてのプロレス!!』開催決定!!

足立区伊興小学校にて、昨年の九月以来二度目のはじめてプロレス開催ということでございます。

前回も書きましたが、この企画は大変素晴らしいと思います。

プロレスはいろいろな要素が混じり合っており、子供達の審美眼・リテラシー発達に多大な影響を与えると思います。

★2011年09月09日(金)

SMASHが八王子上陸! 9・18『SMASH PRESENTS はじめてのプロレス in セント・ベル幼稚園』開催決定!!

そして、幼稚園でもはじめてプロレス開催でございます。

未就学児の感性は小学生とはまた違った「見えないものが見える」みたいな感性をもっていますから、これまた情操教育・審美眼発達に一役かうと思われます。

私もこの企画に参加してみたいですが、私の風体が教育上よくない、風紀を乱すと思われるので、無理ですね(笑)

★2011年09月09日(金)

朱里、真琴、Ray、中川が、華名への挑戦権を賭けて四つ巴バトル!

SMASH初代ディーバ王者となった華名選手への挑戦権をかけての4wayマッチが決まりました。

私的には真琴選手はもう少し改造手術中みたいな感じかしますので、安定している、中川ともか選手の華名選手へのタイトル挑戦を観てみたいですね。

中川ともか選手とは私もKAIENTAI DOJO時代からの知り合いで、この選手は逞しいし、性格もよく、私はずっと応援しております。

あと、朱里選手がライバルも増え、テンションが高くなってきてるようで、楽しみであります。

KICK ASSって映画に可愛い女の子が殺人マシーンになって悪を退治する、HIT GIRLってキャラクターがいるんですが、そんな風になって欲しいです。

★2011年09月09日(金)

地元・大阪プロ勢も参戦! 10・26『SMASH Live in OSAKA』一部対戦カード決定!!

大阪はいいですね。

大阪はすごい人情味溢れるよい街で、数年前に始めてムーブオンアリーナ(当時は名前が違ってました)に向かった時、場所がわからなくて迷っていると、豚まんやさんの店長さんが「矢郷さんこんにちは!いつも観てますよ!会場でっか?お教えしまんがな!」と地図を渡して詳しくお教えくださいました。

そして、その会場までの道程で、虎の顔がアップのシャツを着たおばちゃんが、「あれ、あんたプロレスの人やろ・これ持って行き!」と飴ちゃんをくれました。

そしてもう少し歩いたらまた別のホワイトタイガーのTシャツを着たおばちゃんが、「観てるで~あんた、プロレスやろ。観てるで~」と言いながら近づいてきて、写メを撮られ、また飴ちゃんをもらいました。

大阪はいい街です。

ちなみあの、大阪のおばちゃんがみんな着ているアニマルプリントのTシャツは、おばちゃん達が一定の年齢が来ると、大阪府から飴ちゃんと一緒に支給されてるのではないでしょうか?

試合後、食事して帰ろうとしたら、路上にいたキャバ嬢に「にーさん、あのステーキ屋さん美味しいで、寄ってき」と案内され、行ったステーキ屋さんではプロレスラーの写真やサインが沢山飾られており、私が注文したステーキとは別にもう一枚「これお店からのサービスです」と焼いてくださりました。

ほんと、大阪はよいところでごさいます。

そんな大阪でSMASHも地盤を築いていくのはよいと思います。

★2011年09月09日(金)

初代王者・華名が10・28『SMASH.22』で“無名の逸材”雫あきと一騎打ち!

お寺プロレスって響きが凄いです(笑)

この雫あきさんって、アマレスが強くて、体も大きい女子選手ってだけで逸材なのに、慶應大学で学生プロレスもやっていたとは、超逸材でございます。

学生プロレスにもこんな人がいるとは、人材はまだ埋れているのかもしれません。

この雫あきさんの出現もありますから、ここでプロレスラーのフィジカル(肉体)の重要性を皆さんに理解していただきたいです。

プロレスラーは肉体に説得力を持たなければなりません。

相手を完全否定できる格闘技術も必要ですが、まず、肉体に説得力が無いのにプロレスとか絶対にありえません。

プロレスの基本は“フィジカルの説得力”です。

プロレスのセオリーの“一点集中攻撃・ワンフィニッシュ”もフィジカルの説得力があってこそ成立する理論です。

世間に届くかどうか?も、フィジカルの説得力が無ければ話にならないと思います。

「体力のない技術は、技術の無い強い体力には勝てない」

が格闘技の常識です。

これを逸脱したものは、全てニセモノです。

プロレスはこれを踏まえて、プラス、人間ドラマを溶けこまし、構築していくものだと思います。

フィジカルを無視して、段取り上手が幅を利かすようなプロレス界の風潮は排除されていくべきです。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

女子プロレス版「山のフドウ」…雫あきが華名と戦う

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年9月10日 3:02 AM
  • 日記

とにかく、このデカさに注目していただきたいのだ

9月9日(金)、都内・株式会社スマッシュにて、前夜に開催された『SMASH.21』(後楽園ホール)の一夜明け会見が開かれた。会見には、セリーナを下して初代SMASHディーバ王座を獲得した華名が出席。初代王者としての心境、今後の抱負を語った。また、会見では10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)の追加対戦カードが発表され、華名はチャンピオンとして迎えるSMASH初戦で、TAJIRIから大抜擢を受けた“無名の逸材”雫あきと対戦することが決まった。
セリーナとの激闘を制し、初代SMASHディーバ王座に輝いた華名はベルトを肩にかけて登場。初代王者の華名は、「新しく作られたベルトということで、昨日まで誰もベルトを巻いてない、言わば純白なベルト。初代で巻けることをうれしく思っています。初代のチャンスというのは一度しかないので非常に貴重ですし、何よりも男子団体が管理するベルトということで、私にとっても重要なベルトとなりました」と喜びを語った。
そして、初代王者として迎える10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)で華名が対戦する相手について、会見に同席したTAJIRIは、「女子プロレス界では無名ですが、アマチュアレスリングでは全日本準優勝という実績を持った物凄いアスリートがいるんです」という紹介の後、華名の対戦相手となる雫あきが会見場に呼び込まれた。
アマチュアレスリングで輝かしい実績を残している雫は、170cm、67kgと恵まれた体格を持つ大型ファイター。また、慶応大学在籍時代には学生プロレスで活躍し、僅かなキャリアではあるがプロ戦歴もある。そして、実家がお寺である雫は、現在『お寺プロレス』を設立し、学生プロレスの現役レスラー、OBレスラーと共にプロレスを通しての社会貢献、地域活性化を目指した慈善事業に従事するなど異色の経歴を持っている。
雫のアスリートとしての能力、キャラクターに惚れ込んだTAJIRIは、雫にSMASH参戦をオファー。さらに、雫が華名との対戦を要望していたことを受けてTAJIRIは華名に雫との対戦をオファーし、華名も承諾。ここに誰もが予想できなかった一戦が実現することとなった。
念願の対戦、さらに大抜擢を受けて参戦する雫は、「このような機会を与えていただいて、みなさんの期待を裏切らないよう、お寺プロレスの名に恥じないようプロレスをしたい」とコメント。一方、以前に師事を受けているバトラーツの石川雄規から雫の実力について話を聞いていたという華名は、「“凄い選手がいる”と石川さんから聞いていましたので、石川さんが言うなら間違いないと思ってます。この試合を観た人はきっと衝撃を受けるんじゃないかと思います。藤原組長が練習のときによく言ってる言葉があるんですけど、“本物の技術というナイフをいつでも出せるように研いでおけ”と。きっと私と朱里のように、そういうことができる選手じゃないかと思ってます」とアピールした。
「自分は華名選手には絶対になれない。自分は自分なので華名選手に無いものと言ったら、私の場合はバックボーンであるレスリングと大きな身体だと思います。華名さんに無いところで攻略していきたい」と華名戦への意気込みを語った雫は、さらに今後について朱里との対戦も熱望。対する華名は、「アマレスをしているということで、どこから何を取られるのか気をつけなければいけない」と、雫のグラップリング能力に警戒を見せた。
また、雫は、11月5日に行なわれるバトラーツ最終興行・新宿大会でバトラーツルールでの一騎打ちも華名に要求。これを華名も受け入れ、二人は一週間で二連戦することとなった。名実共に“世界の華名”となった初代王者と、プロ戦績は僅かながら抜群のアスリート能力を持つ“無名の逸材”の遭遇。注目の一戦の行方は、はたして……!?
10・28『SMASH.22』チケット情報はこちら>>
■10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[初代SMASH王座決定戦]
TAJIRI
vs
スターバック(FCF)
華名
vs
雫あき(お寺プロレス)
[4WAYイリミネーションマッチ]
朱里
vs
真琴
vs
Ray(アイスリボン)
vs
中川ともか(エスオベーション)
【参戦決定選手】※SMASH所属選手以外
藤波辰爾(ドラディション)
天龍源一郎(天龍プロジェクト)

[ワールドトライアウト出場]
シュガー・ダンカートン

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4 5

ホーム > アーカイブ > 2011年9月のアーカイブ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る