ホーム > アーカイブ > 2011年7月のアーカイブ

2011年7月のアーカイブ

今週も矢郷先生のお言葉をありがたく頂戴する

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年7月31日 10:33 PM
  • 日記

『週刊 矢郷論説委員長のSMASHコラム』第二回

ニュースの焦点

★2011 7.26(火)

真琴、打倒セリーナ&初代女王を目指して“蜃気楼に弾き返されるスピアー特訓”を敢行!

蜃気楼に弾き返されるスピアー特訓とは?と思っていたら、真琴ちゃんの腰にゴムチューブを着けて、それをTAJIRIさんと児玉ユースケ君が引っ張っていて、真琴ちゃんがその力に抵抗してスピアーを打つという、懐かしのブラジル極真会館・フランシスコ・フィリョさんのトレーニングを彷彿させる特訓だった。

これは、90年代後半から00年代の空手ファンには熱いモノがありますね!

私も少しゴムチューブトレーニングをやってました。

実際にはゴムチューブを着けて突き蹴りの練習をすると、突き蹴りは引く力で打つので、チューブの戻りが引く力に加算され、靭帯などのインナーマッスルを損傷する可能性が高くなります。

スピアーの場合は推進力が要ですから、ゴムチューブトレーニングはよいと思います。

この勢いでいつかは真琴選手にプロレス界初、「プロレス百人組手」も敢行してもらいたいです。

とにかくセリーナ選手は難攻不落の手練れ選手ですから、必殺技一つでどうこうできるような相手ではありませんが、千里の道も一歩からでございまして、いろいろ努力をし続ければなんとかなるかもしれません。押忍!

★2011 7.26(火)

「美央との本番で全部出す!」キトタク、“48の合体技”の一部を公開!

木藤選手の表情はなんで、あんなに無機質な体育の先生みたいなんだろう?

大変頭のおかしなことをやったり、言ってるのに、インパクトがないのだ(笑)

自分で自分の存在感を消せるという、稀有な選手である。

ここはやっぱり形から入って、木藤選手はコスチュームを変えなくてはなりません。

「あのビニール袋みたいな腰巻きはやめて」って言ったのにまた着用してるし、今度は社長命令で、断固としてコスチュームを変えていただきたい。

レイ・スチーブンスを騙った時の白いパンツが良かったと思います。

できればシューズも白にしていただきたいです。

白いシューズって脚が短く見えるという素晴らしい特色があります。

白いシューズで思い出しましたが、そういえば噂でWWEのデルリオは輪島大士さんをモチーフにしたというのを聞きました。

木藤選手の特訓ニュースで、個人的には“夫婦舟”という文字と“カサドーラ”というルチャ用語が文章に並んでいたというのがツボでした(笑)

★2011 7.28(木)

「ニセモノは潰す!」“特攻ヤンキー”宮本が美央の制裁に全開バリバリ!

ついに宮本祐向選手がSMASH登場です。

私も数年前に宮本選手とタッグで対戦したことがありますが、カミソリみたいなキレのある素晴らしい選手です。

SMASHでどんな存在感を出すか、注目であります。

もう一つ注目なのは酒井社長の「足立区ヤンキー出身」とのカミングアウトであります。

足立区ってのも風情がありますし、「ズベ公」なる単語も、東映70年代のエロ青春不良映画作品の、ズベ公番長シリーズのDVDパッケージ以来聞きました。

でも、酒井社長ってビーバップハイスクールや湘南爆走族世代では?

あのクルマの趣味と腕時計の趣味はヤンキー、バブル、ベルファーレの荒波を乗り切った者にしか判らないナイスなセンスです。

酒井社長があのサングラスで、館ひろしの「泣かないで」とか歌うところ拝見したいです。

あぶない刑事。

★2011 7.28(木)

朱里が信念を明かすも華名が全否定!そして失意の朱里が取った行動は……?

朱里ちゃん、華名選手に信念を聞かれて、“有名になって、お金を稼いで、母に恩返しがしたい”と泣かせる発言をしましたが、華名選手がいうように、それは信念ではなくて、希望とか願望でございます。

そして朱里ちゃんは、またしても反論できず、泣きながら会見場を飛び出し、なんと、非常階段の踊り場で泣き叫びながら踊っているという、カオス的展開になってしまいました。

これは、映像を観ていただくのをお勧めします。

「信念がなんだ?」と聞かれても、朱里ちゃんはそれ以前に「プロレスってなんだ?」って壁にぶつかってるんで、「どう答えてよいやら」ってところに嵌っているんではないでしょうか?

朱里ちゃんは、自分のプロレスに迷っているんだと思います。

本人はプロレスをやりたいのだと思いますが、なまじ、あんな強力な打撃技ができるばっかりに、自分のやりたいことと、周りから求められることにギャップが生まれてしまい、迷ってしまうんではないでしょうか?

立ち技・打撃ってのはなかなか身につかないので、プロレス界ではそれが出来る人には「どんどんそれを出して」というリクエストをします。

人よりも秀でるモノを全面に出すのがプロレスですから、当然でしょう。

しかし、本人はプロレスをやりに来てるのに、打撃スタイルで行けって言われることに凄く抵抗があります。

私もそうでした。

しかし、プロレススキルを上げるには、試合をして経験値を積むしかありません。

葛藤しながら、ブサイクな試合でもし続けねばなりません。

私の場合は、富山県に住んでいますので、余程の商品価値を持たないことには試合は組んでもらえません。

で、商品価値を上げる為にと、打撃格闘技出身者というイメージを消す為に、「それよりも濃いイメージを作ろう」と、いろいろやってきたら、こんなことになってしまいました。

そんな訳で、朱里ちゃんは好き勝手にガンガン暴れたらよいと思います。

相手に気を使わないで、いまは打撃スタイルでバチバチいったらよいと思います。

「私はもう、なにも知らんぞ!」と言うくらい、暴れてくださいませ。

それにしても、華名選手の信念も様々な葛藤から生まれたモノなんでしょうね。

「カッコ悪いってことは、なんてカッコいいんだろう」って言葉をカラダで知ってるんでしょうね。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

栗原あゆみ、ついにSMASH初登場!!

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2:26 AM
  • 日記

 

朱里・華名のこんな時期に参戦表明…必ず、何らかの思惑があるはずなのです。ないはずがないのです…この笑顔の下に?そう思えなくなってくるほど無垢な笑顔です。

7月30日(土)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が開かれ、“アイドルレスラー”栗原あゆみがSMASH参戦への意思を表明。栗原は、8・11『SMASH.20』(後楽園ホール)にて、SMASH参戦を前提とした“あること”をファンの前で改めて発表すると明かした。
この日の会見には、栗原、TAJIRI、酒井正和代表が出席。栗原は「先月、後楽園ホールでSMASHさんを観戦させていただきました。お客さん、レスラー、リング、会場が一体化する雰囲気が凄いなと思いました。そして、そのリングに私も上がりたいなと思ったのが率直な感想です」と、SMASH参戦への意思を表明。さらに、「最近、朱里さんと華名さんがそれぞれの信念をめぐって抗争してるみたいですが、私がその輪の中に入ったら、SMASHさんも、女子プロレス界も、そして私自身も面白くなるんじゃないか」と、参戦に向けての意欲を見せた。
栗原は、7・11『SMASH.19』(後楽園ホール)に来場して試合を観戦。そのときのことについて、「自分が外から観て、SMASHイコール朱里ちゃんというイメージがあるので、やはり一番注目して観てました。あとはトーナメントにライバルである中川ともかも出ていたので注目してました」と語った栗原は、「朱里選手の試合はミックスドマッチだったので、今度はシングルをじっくり観てみたい」とコメント。そして、初めて会場で観たSMASHについて栗原は、「選手が入場してくる際のかっこ良さ、ひとりひとりオーラがよくわかるところが凄いなと思いました。これから自分が進化していく上でどんな世界でも観たいという気持ちがある。いまは興味津々です」と語り、独特の世界観を持つSMASHのリングへの興味が高いことを伺わせた。
参戦を視野に入れた上で8・11『SMASH.20』(後楽園ホール)のリング上で“あること”を発表すると明かした栗原。その大会では、初代SMASHディーバ王座決定トーナメント準決勝として朱里vs華名が行なわれるが、栗原は「やはり自分もその闘いの中に入って行きたいなという気持ちは前から持っていました。そして、朱里選手については、かっこいいコだなと。自分には無いものなので。密かに意識はしてました」とコメント。栗原の来場によって、3度目の対決となる朱里vs華名はさらに注目を集める一戦となりそうだ。
また、会見に同席したTAJIRIは、栗原に対する印象について「なんというか白く光る電灯みたいな。朱里ちゃんとも華名とも違うようなワット数がある。宇宙にはいろんな星が光っていて、実は一番温度が高いのは青白い星なんですよね? そんな印象があります。明るいですよね」と、独特の言い回しでコメント。さらに、SMASHではプロデューサーも務めるTAJIRIは、「いま朱里と華名がああいうことになっていて、それを承知で名乗りをあげてくれたということは、彼女にはいろんな思惑があると思う。ボクのなかで彼女に対するイメージはあるが、まだまだ変わってくるんじゃないかな」と期待を寄せた。
女子プロレス界の未来を担うキーパーソンのひとりとして、業界内だけにとどまらず注目を集めている栗原。はたして、SMASH参戦に意欲を見せるNO.1アイドルレスラーが考えている“あること”とは一体何か!? その答えは、8・11『SMASH.20』(後楽園ホール)で明らかとなる!!
8・11『SMASH.20』チケット情報はこちら>>
■8・11『SMASH.20』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)
vs
スターバック(FCF)
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
大原はじめ(FCF)
vs
VENENO
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
TAJIRI
vs
石川晋也(大日本プロレス)
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
AKIRA
vs
ゼウス
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント準決勝]
朱里
vs
華名
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント準決勝]
セリーナ
vs
真琴(アイスリボン)
藤波辰爾
vs
Mentallo
木藤拓也&紫雷美央&児玉ユースケ
vs
宮本裕向(666)&Ray(アイスリボン)&YO-HEY(Fu-Dojo)
※試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

栗原あゆみ選手緊急記者会見

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年7月30日 1:22 AM
  • 日記

本日正午より、SMASHオフィスにて栗原あゆみ選手の緊急記者会見をおこないます。

朱里と華名、抗争まっただ中のこのタイミングに名乗りを挙げてくるとは…いったい?

本日の会見にご注目ください

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

朱里よ、お前には大きな使命がある。

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年7月29日 3:36 AM
  • 日記

泣け、わめけ、叫べ、そうして勝て。そうしないと有名になれないし、金を稼げるはずもない。いけいけ朱里。それでいいんだ。

7月28日(木)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が開かれ、8・11『SMASH.20』(後楽園ホール)初代SMASHディーバ王座決定トーナメント準決勝で対戦する朱里、華名が出席。今月22日の会見にて、「お前の信念はなんやねん?」という華名の問いに対し、何も答えることができずに悔し涙を流した朱里だが、この日の会見では自らの信念を告白。しかし、朱里の信念をあざ笑うかのように華名が一蹴したことで事態は思わぬ方向へと発展してしまった。
先に華名が席につくと、少し間をあけて朱里が着席。「先週、華名に“お前の信念はなんや?”と言われ、その言葉を探し、答えを見つけたのでここに来ました」と切り出した朱里が、見つけ出した信念を語り始める。
「みなさんはご存知だと思いますが、私の母はフィリピン人です。日本でいろいろ苦労して、女手ひとつで私を今日まで育ててくれました。辛い思いをしている母の姿を見るのが、子供の頃から一番辛かった。その母が私にダンスを習わせてくれたのです。ダンスで有名になれば母は辛い思いをしなくて済む。母は私に有名になって欲しかったのです。なので、私は有名になって、お金を稼いで、母に恩返しがしたい。SMASHディーバのベルトを獲り、もっともっと有名になって、お金を稼いで、母に恩返しがしたい! それが私の信念です」
中学時代に両親が離婚。兄は父のもとへ、そして母を一人にすることはできないと朱里は母と一緒に暮らしてきた。もともとはプロダンサーだった母のすすめで始めたダンス。高校卒業後、一度は芸能の道へと進んだものの挫折。そんなとき、持ち前の運動神経、幼少期から取り組んでいた空手の経験を活かせるのではと、当時マット界で多くの話題を提供していた『ハッスル』のオーディションを受け、一念発起でプロレスの世界へと飛び込んできたのだ。“有名になって、お金を稼いで、母に恩返しがしたい”、昔も今も変わらず、それが朱里の信念だった。
これに対し、朱里の信念を黙って聞いていた華名が「朱里、だからお前はあまちゃんって言われるんちゃうん?」と投げかけると、「有名になって、金持ちになって、親孝行がしたい? どこが信念やねん。それ、希望とか、願望の話ちゃうん?」とバッサリ斬り捨てる。そして、華名は「朱里、信念というのは、どれだけ周りから馬鹿にされても、踏みにじられても、それでも貫く、その強い意志とちゃうの? その繰り返しで、刀だって何度も火であぶって鍛え上げられてくるやん。それと同じで、願望が信念に鍛え上げられてくるねん」と己の考えを朱里にぶつけ、さらに華名は、朱里、そして集まった報道陣に向かって、今まで自分のなかに溜め込んできた思いをぶちまけた。
「いままで私が言うこと成すこと、すべてにおいて女子プロレス界からひどい迫害を受けてきましたよ。もちろん、僅かな理解者もいましたよ。でも、ホンマにズル汚い、グロテスクな人間が多いんです。私の知らないところで打ち合わせをし、はめてきて。私を笑いものにしようとした奴らとか、ウソの悪評を業界に吹き込んだり、“価値の無いレスラー”“ベルトにふさわしくないレスラー”とも言われたり、数え切れないくらい言われてきましたよ。でも、誰も私の歩みを止めることはできへんかった。それは貫き通してきたからやんけ。貫き通したら、たくさんの協力者も増えて、教え、助けられんねん」
ここで華名は朱里に向かって、「お前にできへんやんけ。信念が無いからできへんのやんけ! 結局、お前はあまちゃんやねん。私はな、信念を貫くためにSMASHのディーバのベルト、これが必要やねん。信念を持ってる者と持ってない者、どっちが勝つと思う? もう決まったようなもんや」と、吐き捨てると退席。残された朱里はまたしても華名に言い返すことができず、うつむくままだ。
己の信念を華名に全否定されてしまった朱里は、うつむいたままボロボロと涙を流し始める。そして、「あんな奴に……何がわかるっていうんだ。私だって辛い思いをして生きてきた! あんな奴に何がわかるっていうんだよ!!」と嗚咽を漏らしながら叫んだ朱里は、突然立ち上がると、落ち着かせようとした酒井代表を突き飛ばし、会見場を出て華名を追いかける。すぐさま朱里の後を追って廊下へと出た酒井代表だが、朱里の姿は見えず。しばらくして朱里が戻ってくると、会見場を通り過ぎて非常階段へと向かう朱里。ここで再び酒井代表が朱里の後を追うと、階段の踊り場で泣き叫びながらダンスをする朱里の姿が……。これには酒井代表も掛ける言葉が見つからず。朱里を踊り場に残したまま報道陣をシャットアウトすると、会見は終了となった。
朱里が明かした信念に対し、己の信念を照らし合わせながら一切の妥協も許さない華名。そして遂に心の行き場を無くした朱里は、泣き叫びながら一心不乱に大好きなダンスを踊り狂う……。決戦を前にして朱里の心を完全に支配してしまった華名に対し、何もかもが崩壊してしまった朱里は一体この先どうなってしまうのか!?
【関連リンク】
「お前の信念はなんやねん?」華名の問いかけに、朱里が悔し涙を流す!
8・11『SMASH.20』チケット情報はこちら>>
■8・11『SMASH.20』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)
vs
スターバック(FCF)
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
大原はじめ(FCF)
vs
VENENO
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
TAJIRI
vs
石川晋也(大日本プロレス)
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
AKIRA
vs
ゼウス
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント準決勝]
朱里
vs
華名
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント準決勝]
セリーナ
vs
真琴(アイスリボン)
藤波辰爾
vs
Mentallo
木藤拓也&紫雷美央&児玉ユースケ
vs
宮本裕向(666)&Ray(アイスリボン)&YO-HEY(Fu-Dojo)
※試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

宮本裕向はカッコいいから大好き☆

  • 投稿者: TAJIRI
  • 3:31 AM
  • 日記

SMASH版ヤンキー二丁拳銃?

7月28日(木)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が開かれ、8・11『SMASH.20』(後楽園ホール)に出場する宮本裕向が意気込みを語った。
学生時代に地元・広島で札付きのワルだった“特攻ヤンキー”宮本は、暗黒プロレス組織666に所属し、他にも大日本プロレス、フリーダムズなどで活躍中。今回がSMASH初参戦となる宮本は、前回『SMASH.19』(2011.7.15/後楽園ホール)でワールドトライアウトに合格したYO-HEY、『SMASH.19』で華麗な空中技を披露したアイスリボンのRayとタッグを結成し、木藤拓也&紫雷美央&児玉ユースケと対戦する。
この日の会見に出席した宮本は、「SMASHは自分本来の姿、素が出せる団体だと思ってます」とコメント。すると会見に同席した酒井正和代表は、先日の会見にて木藤拓也と紫雷美央の間でひと悶着あったことを宮本に説明し、「この試合に出る紫雷美央選手なんですけど、これがとんでもないズベ公でして……」と苦笑いを浮かべる。ここで酒井代表は、「ここはちょっと本物のヤンキーである宮本選手に教育していただけないかなと思いまして」と、宮本に提案。これに対し、宮本は「そんなろくでもない奴は、鉄拳制裁してやりますよ」と気合十分だ。
すると宮本は、「ちょっと思ったんですけど、酒井さんはもしかして……。なんか同じニオイがするんですよ。元ヤンですか?」と、酒井代表にいきなり質問。これに対し、先日の会見で、学生時代に足立区のヤンキーだったことを告白している酒井代表が宮本にその話をすると、元ヤン同士の二人はすっかり意気投合だ。ヤンキーの必須アイテムであるサングラスをかけた二人は、フォトセッションでは揃ってヤンキー座りも披露。さらに、会見に乱入しようとしたソフト今井レフェリーにガンを飛ばして何も言わさずに追い返すなどホンモノの凄みを見せ付けた。
「プロレス界にヤンキーは二人いらない!」と、早くも気合入りまくりの宮本。初参戦となるSMASHのリングでどんな暴れっぷりを披露するのか注目だ!
【関連ニュース】
「俺をキトタクと呼んでくれ」木藤がまたまた改名! 新リングネームは木藤拓也!!
8・11『SMASH.20』チケット情報はこちら>>
■8・11『SMASH.20』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)
vs
スターバック(FCF)
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
大原はじめ(FCF)
vs
VENENO
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
TAJIRI
vs
石川晋也(大日本プロレス)
[初代SMASH王座決定トーナメント2回戦]
AKIRA
vs
ゼウス
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント準決勝]
朱里
vs
華名
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント準決勝]
セリーナ
vs
真琴(アイスリボン)
藤波辰爾
vs
Mentallo
木藤拓也&紫雷美央&児玉ユースケ
vs
宮本裕向(666)&Ray(アイスリボン)&YO-HEY(Fu-Dojo)
※試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4 5 6 7

ホーム > アーカイブ > 2011年7月のアーカイブ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る