ホーム > アーカイブ > 2011年4月のアーカイブ

2011年4月のアーカイブ

朱里よ、紫雷姉妹と喧嘩をしろ!!


今週の週刊プロレスP50~51

ここ最近、うちらSMASH勢の下半身強化メニューがハンパじゃないのだ。朱里ちゃんの脚もブッ太さを増している。ミドルキックで相手の身体ごと「もっていく」ような光景がオレには見えているんだぜい(ちなみに写真は昨日アイスリボンさん道場をお借りし、某動画の撮影をしたさいに写したもので、所属団体的な意味合いは一切関係ございません。あしからず)。

トリプルテイルズ(華名&紫雷姉妹)座談会が掲載されているのですが…

紫雷姉妹のオキャンピーのほう、妹のイオがこんなことホザいてるんですわ

「(朱里を)TAJIRIのジジイが、過保護に持ち上げ過ぎなんですよ」

過保護って…いつ過保護にしたんですかねえ?

これまで朱里ちゃんが歩んできた歴史なんて調べることもなく、また知ろうともせず、テメーの勝手な印象だけでそういうアホ発言かましているとは思うんですけど、やっぱり頭にきちゃいますよねえ、こういう言い方されちまうと

ま、いいのです

朱里ちゃんと相まみえる4/30大阪と5/3後楽園

このお喋り姉妹は、朱里ちゃんの凄まじいキックの威力&男にもまれ身に付けた本格的グラウンドテクニックに、間違いなく度肝を抜かれることと相成るのですから

紫雷姉妹よ

朱里ちゃんと戦い終えたとき、もう一度

「過保護だ」

なんてヌカせるかなあ?

朱里よ、紫雷姉妹と喧嘩をしろ!!圧殺してこい!!頼んだぞ!!

●4/30 SMASH16 大阪IMPホール

朱里、セリーナ、真琴vs華名、紫雷イオ、美央

●5/3 SMASH17後楽園ホール

朱里、志田光vs紫雷イオ、美央

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

大阪のアドレナリン…IMPホール


4/30 SMASH16 大阪IMPホール大会が一週間後に迫ってまいりました

こんな大きなスクリーンをぜひ我が家にも欲しいところや

で、昨日一人でIMPホールへ演出打ち合わせにいってきたんです

照明や音響、設営配置などをプランニングするため

IMPホールでは、3年ほど前に一度だけ試合したことがあります

大阪プロレスさんのタッグトーナメントにKUSHIDAと二人でエントリーし、ゼウス・原田くん組と戦ったのです

そのときは二人で原田くんを徹底的に攻め込んだのですが、タッチを受けたゼウスが猛反撃に転じたときの会場の沸きっぷりときたら、それはそれは凄まじかったことをよく覚えておりまする

というワケで、久々にIMPホールへ足を運んでみたのですが…

「こんなに広い会場だったっけ???」

写真を見ても分かる通り、席数がハンパない

ま、当日はフロア部分にリングを設置することになるとしても、かなりな数の座席数であります

そうして、スクリーンの大きいこと!!

この巨大スクリーンで、SMASH最大の特徴でもある

『ドキュメンタリー映画のような』

映像が展開されるときたら…

特にオープニング映像+リングアナSUNAHOさんによる生声の幕開けは、この会場でならとんでもなくカッコイイものになると、オレは断言いたします

しかもこの会場、どこから見てもヒジョーに見やすいのです

場内の隅から隅まで、くまなく歩いて回りました

どこからでも、とにかく見やすい

会場中の人が「ストレスなく」試合を目にできる

一体感を生むうえで、それはとっても重要なことです

そうして、IMPホールに一歩入った瞬間から感じていたことなのですが…

どこかの会場にソックリなのです

この構造、雰囲気・・・どこだったかなあ?

しばらく考えて分かりました

ECWのテレビ収録やPPVで使われていた、ニューヨーク州ポキプシーの中規模会場にそっくりなのです

JCBホール大会開催前と同質のワクワク感がこみ上げてきたでえ!!

その会場、どういうワケだかアドレナリンが出まくるのです

一度その会場で、当時ECWヘビー級チャンピオンだったジャスティン・クレリブルの同タイトルに挑戦したのですが

異様にテンション上がってしまい、彼の右耳が少々千切れてしまうまで側頭部へ竹刀を打ちこみまくったという

「コイツがどうなろうと構やしねーや!!」

ニタニタ笑いながら狂ったように竹刀を打ちこむ自分を、どうにも制御できなかった会場

そんな会場と、IMPホールはそっくりなのです

そんな会場で、TAJIRIと大原はじめがシングル初対決を迎えます

元WWE Divaのセリーナが「アマチュアレベル」とこき下ろした、大阪出身の華名との初コンタクトも実現いたします

大阪には十数年ぶりの登場となる「殺人チェーンソー」レザーフェイスは、フィンランドの「北欧の神」スターバックと激突いたします

さらに、大阪プロレスからゼウスとTheBodyguardが特別参戦し、巨漢の大森さん&大阪プロレス留学決定の児玉と対戦いたします

しかも今回は前回の大阪初上陸時と違い、東京以外で初となるテレビ収録のナンバーシリーズ

なんだか…場内アドレナリン大爆発なショーになる予感がしています

この大会を盛り上げるべく関わってくださった、たくさんの大阪在住の皆さんのパワーと情熱を思うと、そうならないはずがないと思えるのです

来週の今頃は、昂ぶったまま収まりのつかない大量のアドレナリンを全身にブルブルガクガクと充満させきっていることと思います

オレたち選手も

そして、大阪の皆さんも!!

SMASH GW3連戦のチケット情報はこちら>>

あるいは『TAJIRIくん☆チケットサービス』で、ボクちゃんから直接購入もできます

tajiri@japanesebuzzsaw.com

まで、お名前、希望席種、枚数を明記の上お気軽にご連絡くださいな

「同じ大阪モンとして、オレらを応援しにこなシバくで!!」と申しておりましたで、皆さん

よろしくどーぞ☆
■4・30『SMASH.16』(大阪・IMPホール)開場16:00 開始17:00
[メインイベント]
TAJIRI
vs
大原はじめ
スターバック
vs
レザーフェイス
ウルティモ・ドラゴン
vs
ジェシカ・ラブ
AKIRA
vs
マイケル・コバック with リン“ビッチ”バイロン
大森隆男&児玉ユースケ
vs
ゼウス&The Bodyguard
セリーナ&朱里&真琴
vs
華名&紫雷美央&紫雷イオ
[ワールドトライアウト]
木藤裕次
vs
ブラディ・ロバーツ

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

SMASH三連戦、注目の3人…いや、4人!!


『超合金』とも呼びたくなります

4/30 大阪IMPホール

5/1 名古屋テレピアホール

5/3 後楽園ホール

もうすぐ始まるSMASH三連戦

各大会に、将来の日本プロレス界をになって立つ若者たちが登場いたします

まず、4/30 大阪IMPホール大会に登場するゼウス

ボクとはかれこれ数年来の付き合いですが、見かけと違って心のキラキラとした、実に純粋な若者です

パワーだけなら、すでに日本一だと思います

なにしろ、ボブ・サップをリフトアップで持ち上げたほどですから

先日、大阪プロレスさんに参戦したさいには初タッグを結成しましたが、動きがますますパワフルに改造されて、もはや人間ではなく

『重機動戦闘神』

といった印象を受けました

大阪大会では、これまたパワフルな巨体を誇る大森さんと対戦いたします

●大森隆男、児玉ユースケvsゼウス、The Bodyguard

5/1 名古屋テレピアホール大会には、Sportivaを主戦場に戦う彰人選手が参戦

もともとアマレスの強豪だったとのことで、試合映像を見ても基本的な動きが緻密で、実に合理的な試合をしています

先日、後楽園ホールで見たDDTさんの試合にも出ていたのですが

「あの選手、カッコイイなあ」

スッとぼけているようで武骨だという…不思議な雰囲気をもっています

と、その雰囲気&広い背中をみてそう思っておりました

昨日、新宿で落ち合い初めて面と向かって会話をしたのですが、「これから秋葉原へいきますんで」と言い残し去っていったことを抜きにしても、なんというか

『スッとぼけた剣豪』

といった印象を受けました

おちゃらけながらも、いざとなると相手をスパッ!!と真剣で容赦なく切り裂いてしまいそうな

どうやら足狙いが得意なようなので用心用心…

さらに名古屋大会では業界関係者やファンから高評価な

久保田ブラザーズ

も参戦いたします

●TAJIRIvs彰人  AKIRA、大森隆男vsヤス久保田、ヒデ久保田

そうして、5/3 後楽園ホール大会には、大日本プロレスの石川晋也選手が参戦

彼、とにかくカッコイイです

あの雰囲気はハンパじゃないです

実は今週からSMASH合同トレーニングにも参加してきているのですが、潜在能力がまだまだまだまだ埋蔵されています

両手を広げてジャンプすると、まるで

『空飛ぶ高性能空母』

のようなのです

しかも6月から欧州遠征にいくとのことなのですが、後楽園でスターバックに勝つようなことになれば、その名が一気に向こうでも広まってしまうであろうという

●石川晋也vsスターバック

そして最後に…SMASHの児玉ユースケも忘れてはなりません

『プロレス界の松田優作』!!

KUSHIDAが去ったいま、児玉にかける期待は大きいです、正直

試合を見たことある人ならうすうす感じてはいると思うのですが、ヤツのセンスはちょいと天才的です

練習生時代からそう感じてはいましたが、口にすると調子に乗るので、あえて言わずに今日まできました

そんな児玉には、これからどんどん強豪選手とぶつかってもらいます

一発目からいきなり、世界のプロレスマスターと対戦します

●児玉ユースケvsウルティモ・ドラゴン

後楽園大会にはその他にも、K-DOJOの滝澤選手(なんだか男版・中川ともかな香りもして好きなんだなあ、この選手)や、同じくK-DOJO留学生のクワイエット・ストーム、さらにはFUNAKIさんのFu道場から来たベナム・アリ選手も参戦いたします

さあ、若い力がスパークする

SMASH 怒涛の三連戦はもうすぐスタートだああああ!!!!!

SMASH GW3連戦のチケット情報はこちら>>
■4・30『SMASH.16』(大阪・IMPホール)開場16:00 開始17:00
[メインイベント]
TAJIRIvs大原はじめ
スターバックvsレザーフェイス
ウルティモ・ドラゴンvsジェシカ・ラブ
AKIRAvsマイケル・コバック with リン“ビッチ”バイロン
大森隆男&児玉ユースケvsゼウス&The Bodyguard
セリーナ&朱里&真琴vs華名&紫雷美央&紫雷イオ

いつもあまりに近くにいるため粗末な扱いとなっている児玉の写真がどこにもない!!仕方がないのでヤツの代わりに、FCFベルトとごん太くん写真を載せておきます。児玉、頑張れよ!!

[ワールドトライアウト]
木藤裕次vsブラディ・ロバーツ
※全対戦カード順は後日発表
■5・1『SMASH Live in Nagoya』(テレピアホール)開場12:00 開始13:00
[メインイベント]
TAJIRI&ウルティモ・ドラゴンvsスターバック&大原はじめ
朱里vsセリーナ
AKIRAvsレザーフェイス
大森隆男&真琴vsマイケル・コバック&リン“ビッチ”バイロン
木藤裕次vsジェシカ・ラブ
TAJIRIvs彰人
AKIRA&大森隆男vsヒデ久保田&ヤス久保田
[ワールドトライアウト]
児玉ユースケvsブラディ・ロバーツ

※全対戦カード順は後日発表
■5・3『SAMSH.17』(後楽園ホール)開場11:00 開始12:00
【追加対戦カード】
児玉ユースケvsウルティモ・ドラゴン
AKIRA&木藤裕次&滝澤大志vsブラディ・ロバーツ&Quiet storm&べナム・アリ
【既報対戦カード】
[メインイベント 3WAYラダー&ダッシュtoベルトマッチ]
TAJIRI&真琴vs大原はじめ&ジェシカ・ラブvsマイケル・コバック&リン“ビッチ”バイロン
朱里&志田光vs紫雷美央&紫雷イオ
華名vsセリーナ
石川晋也vsスターバック
矢郷良明vsレザーフェイス

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

白いブラックサンダー

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年4月17日 10:26 PM
  • 日記

たまにはプロレス以外の話題をおひとつ…

昨夜のSMASH八王子会にて

常連の越前さんという、酔うと和製アンダーテイカーに変身する素敵なおじちゃまからいただきました

『白いブラックサンダー』20本入りBOX

希少品だそうです

なかなか手に入らないそうです

そんな珍品を気前よくくれた越前さんはNiceな方です

これ、本当にウマイよ

いつかどこかで見かけたら絶対に購入すべし!!

越前さん、また一箱ちょうだいな☆

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

(朱里+志田)×紫雷姉妹=?


「生き別れの姉妹みたいに顔の感じが似ていて、背格好も同じくらいで、年も一緒で、どちらも赤いコスチュームを着ていて、偶然となり街に住んでいて…だけど二人に共通する最大の魅力は『男に媚びていない』雰囲気なんだよなあ」(某関係者談)

誰かが特に言い出したわけでもないのに

『出会うべくして出会った宿命の二人』

早くも巷でそうささやかれている朱里ちゃんと志田光選手

さらに、誰が呼んだか

『平成のビューティーペア』

時間はかかると思います

だけど、この二人

「なにかとんでもなく大きな宿命を背負い巡り逢っているような」

二人が並んでいるところを目にした関係者の誰もが

決まってそのようなことを口にするのです

いったいどんな宿命を背負いし二人だというのか?

5/3 SMASH後楽園ホール大会

二人は初めてチームを組み

『平成のブラックペア』と呼んでも差し支えのない、紫雷姉妹と対戦いたします

朱里ちゃんと志田さんの巡り逢いが宿命だとするならば、その一発目の対戦相手が紫雷姉妹というのも宿命のような気がします

善と悪、あるいは、光と影

非常に対照的なチームではありますが

4人の誰もが「カッコイイ」という、共通キーワードで結ばれていると思うのです

このカードに託された宿命は

「女の子が憧れる女子プロレスの復活」…?

そのきっかけとなるような気が、少なくともボクはしています

SMASH GW3連戦のチケット情報はこちら>>
■4・30『SMASH.16』(大阪・IMPホール)開場16:00 開始17:00

[メインイベント]
TAJIRIvs大原はじめ

スターバックvsレザーフェイス
ウルティモ・ドラゴンvsジェシカ・ラブ
セリーナ&朱里&真琴vs華名&紫雷美央&紫雷イオ

AKIRAvsマイケル・コバック with リン“ビッチ”バイロン
大森隆男&児玉ユースケvsゼウス&The Bodyguard
[ワールドトライアウト]
木藤裕次vsブラディ・ロバーツ
■5・1『SMASH Live in Nagoya』(テレピアホール)開場12:00 開始13:00

大森隆男&真琴vsマイケル・コバック&リン“ビッチ”バイロン

[メインイベント]
TAJIRI&ウルティモ・ドラゴン
vs
スターバック&大原はじめ
朱里vsセリーナ
AKIRAvsレザーフェイス
TAJIRIvs彰人
AKIRA&大森隆男vsヒデ久保田&ヤス久保田

 木藤裕次vsジェシカ・ラブ
[ワールドトライアウト]
児玉ユースケvsブラディ・ロバーツ
■5・3『SAMSH.17』(後楽園ホール)開場11:00 開始12:00
[メインイベント 3WAYラダー&ダッシュtoベルトマッチ]
TAJIRI&真琴vs大原はじめ&ジェシカ・ラブvsマイケル・コバック&リン“ビッチ”バイロン
朱里&志田光vs紫雷美央&紫雷イオ
華名vsセリーナ
石川晋也vsスターバック
矢郷良明vsレザーフェイス

※他、数試合を追加予定

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4

ホーム > アーカイブ > 2011年4月のアーカイブ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る