ホーム > SMASH

SMASHのアーカイブ

矢郷さん、クラシックなWrestlingとは?をかく語りき


『矢郷論説委員長のSMASHコラム』第二十八回
ニュースの焦点

2.19 SMASH 25 TDCホール大会で、メイン後にデーブ・フィンレー選手がTAJIRI選手に言った、「keep wrertling classic!」の名言は、オーディエンスの皆さんのみならず、選手
達に深い感銘を与えました。

先週もサムライTVのプロレスニュース番組のコメンティターに出演されていた、新日本プロレスのライガー選手も、フィンレー選手の“キープ・レスリング・クラッシック”の言葉にいたく感銘され、御自身もそれを貫きたい旨の発言をされておられました。

この“キープ・レスリング・クラッシック”の言葉、私がプロレス業界に入った七年くらい前から、「プロレスはクラッシックなもの、トラディショナルなものに戻さなければならない」と選手間で言われ始めてました。

それではクラッシックなレスリングとはなんでしょうか。

プレイヤーは、プロレスリングの試合の組み立てを考える時、まず、相手にプレッシャーを与えることを考えます。

リング入場時にお客さんの意識を自分に向かせる入場の仕方を考え、無意識にお客さんが自分の味方をしてくれるようにと、考えます。

それだけで相手はプレッシャーを感じてくれます。

ゴングが鳴りコンタクトをするまでも様々なマインドゲームを仕掛けています。

そして、コンタクトするんですが、打撃が得意な人は打撃から入りますが、大概の選手は悪党でも、善玉も、ロックアップからスタートします。
このロックアップは組んだ瞬間に相手のパワーとバランス感覚が伝わって来ます。

そして、ここからレスリングを仕掛けていくのですが、ここで、相手の弱い部分を探し出します。

“腕が弱いかとか、脚が弱いかとか、腰か”などを探りながら、攻めて行きます。
そしてウイークポイントを見つけ、そこを集中して攻撃します。

その時、お客さんの声援も重要になります。
それは攻めている自分だろうが、攻められる相手にだろうが、声援がどちらに集まろうがかまいません。
とにかくお客さんに声を出してもらうことが重要になります。

それは、攻めらる側の心理として、自分が応援されても、攻めてる相手が応援されても、自分がピンチであることの認識が深くなるので、どんどん焦っていくのです。
こうやってお客さんを巻き込んで自分に有利な試合展開に持ち込み、そして、自分のアドバンテージのある技で攻めていきます。

集中して一箇所を攻められれば、その箇所のダメージはどんどん高くなっていきます。

そして、このまま最小限のリスクを犯さない技だけで、自分の得意技にまで持っていき、フィニッシュに繋いで勝利、となるわけです。

上手い人になると、意識が攻められる部分に集中しているので、逆に他の部位の意識が疎かになり、“必殺”と呼ばれるクラスのフィニッシュを持つなら、攻めていた部位以外への技でも、終わらせることができるようになります。

打撃格闘技で、ローキックが効いてたら、ハイキックで倒せる確率があがるのと同じことです。

これが簡単に説明した、オーソドックスな、リスクを減らした、自分が勝つためのセオリー通りの闘い方なんですが、このことが、“クラッシック・レスリング”と呼ばれているものだと思います。

近年はいろんなことを誤解して、試合をする選手が増えたのをレスリングマスター達は嘆かれています。

私はローリスクで、勝利を目指して闘うレスリングというものが当たり前だと思いますし、それを実践し、学び続けたいと思っております。

プロレスは興行でありますから、哲学や思想より、お金になることを重要視しがちで、ポピュリズムに陥りがちになります。

そこでいかに自分の意思や哲学を通すか。

そこからすでに、“レスリング・クラッシック”の闘いは始まっていると思います。

フィンレー選手が、そして、TAJIRI選手が伝えたいことはそういったこともあるのではないか?と思う次第であります。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

SMASH final…リンからの「サヨナラ」


▼3・14『SMASH.FINAL』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント:The FINAL SMASH Match]
TAJIRI&AKIRA
vs
スターバック(FCF)&大原はじめ(FCF)

朱里&Mentallo
vs
華名&ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)

[ハンディキャップマッチ]
マイケル・コバック
vs

キム・ナンプン&リン・バイロン

児玉ユースケ
vs
KUSHIDA(新日本プロレス)

矢郷良明&中川ともか&ジョシュ・オブライエン
vs
田島久丸(ドラディション)&真琴&黒潮二郎

土肥孝司&雫あき(お寺プロレス)
vs
木藤拓也&紫雷美央

※メインカード以外の試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

SMASH final…朱里からの「サヨナラ」



▼3・14『SMASH.FINAL』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント:The FINAL SMASH Match]
TAJIRI&AKIRA
vs
スターバック(FCF)&大原はじめ(FCF)

朱里&Mentallo
vs
華名&ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)

[ハンディキャップマッチ]
マイケル・コバック
vs

キム・ナンプン&リン・バイロン

児玉ユースケ
vs
KUSHIDA(新日本プロレス)

矢郷良明&中川ともか&ジョシュ・オブライエン
vs
田島久丸(ドラディション)&真琴&黒潮二郎

土肥孝司&雫あき(お寺プロレス)
vs
木藤拓也&紫雷美央

※メインカード以外の試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

SMASH最期の瞬間まで、あと10日


皆さん、ご無沙汰いたしております

実は当Blogになぜか写真がアップできなくなりまして(どこか変なとこを押してしまった可能性あり)更新が疎かになってしまっておりました

で…3/14 SMASH final 後楽園ホール大会まで、あと10日とせまりました

正真正銘最期のSMASH

この大会に向け、すでに朱里ちゃんやリンちゃんのプロモ動画が配信されております

大会直前まで他の選手のプロモもどんどんアップしていく予定ですので、どうかチェックしていただければ幸いにございます

http://www.youtube.com/SMASH#p/u/7/-wucoI5Y_xA  「サヨナラ」朱里動画

http://www.youtube.com/SMASH#p/u/1/HvbL4JLEQsw  「サヨナラ」リン動画

さてさて、皆様のご支援のおかげで2年間に渡り順調に成長を続けてきたSMASHですけれども、ボクと酒井代表の

「思想の違い」

により、自ら解散の道を選択することとなりました

3/14 SMASH final 後楽園ホール大会が、本当に本当の最期です

ショーが終了する瞬間、いったいどのような感情をいだくことになるのか

出演者も、お客さんも

いったいどのような感情をいだくことになるのか

その瞬間を、どうか共有しにきてください

これからもプロレスを観続けていくあなたにとって、一生語れる財産になるだろうとおもうのです

▼3・14『SMASH.FINAL』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント:The FINAL SMASH Match]
TAJIRI&AKIRA
vs
スターバック(FCF)&大原はじめ(FCF)
朱里&Mentallo
vs
華名&ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
[ハンディキャップマッチ]
マイケル・コバック
vsキム・ナンプン&リン・バイロン
児玉ユースケ
vs
KUSHIDA(新日本プロレス)
矢郷良明&中川ともか&ジョシュ・オブライエン
vs
田島久丸(ドラディション)&真琴&黒潮二郎
土肥孝司&雫あき(お寺プロレス)
vs
木藤拓也&紫雷美央
※メインカード以外の試合順は後日発表

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

「人と人をつなぎ、伝統を譲り受けつぐ」(矢郷良明)


『矢郷論説委員長のSMASHコラム』第二十八回
ニュースの焦点

2.19 SMASH 25 TDCホール大会はSMASHの解散の大会となりましたが、奇をてらった演出もなく、サプライズな仕込みもなく、まるで、3コードのブルース・ロックのようなストレートなプロレスリングだけで勝負し、お客さんとリング上を見事に一体化させた、素晴らしい大会になりました。

デーブ・フィンレー選手が試合後のリング上で、TAJIRIさんに、キープ・レスリング・クラッシック!と言われましたが、まさにこの大会は、クラッシックレスリングイベントでした。

このような興行を日本でできるのは、TAJIRIさんだけでしょう。

そして、この日のメインイベント、デーブ・フィンレーvsTAJIRIはウイスキーの原液のような、混じり気なしのプロレスリングであり、世界でも屈指のクオリティの試合でした。
ハッキリ言って、日本にこれだけの試合をやって魅せれるのは、TAJIRI選手だけです。

そしてセミファイナルの華名vs朱里も素晴らしかった。
これもまた、女子選手での日本で屈指の闘いでした。

他の試合も素晴らしく、他団体の選手も輝いており、プロデュースは絶妙のさじ加減でした。

この大会を観ていただければ、前途は洋々であることは一目瞭然です。

人と人とをつなぎ

プロレスリングの伝統を護り受け継ぎ

世の中をエンターテインする

これがプロレスリングです。

ファンの皆様、次の3.14 SMASH ファイナルで、新しい船出を分かち合いましょう。

☆2012年02月20日(月)
KUSHIDAが約1年ぶりに凱旋! 3・14『SMASH.FINAL』第1弾カード&参戦選手決定!!

久しぶりにKUSHIDA君をSMASHで観ることができます。
新日本プロレスで揉まれて、さぞや成長していることでしょう。
しかし、児玉君も負けてはいません。
彼もかなり成長しています。
体つきもよくなって来たし、全体から発する“特別な人”的な雰囲気は、かなり高くなってます。
児玉選手の活躍に期待しましょう!

☆2012年02月24日(金)
3・14『SMASH.FINAL』後楽園大会の全対戦カード決定!!

ようやくSMASHファイナルに矢郷良明、登場です。
ジョシュと中川ともかとチームを組みますが、この中川ともかと私はKAIENTAI-DOJOからの旧知の仲で、彼女が現在まで、どれだけ努力してきたか、私なりに理解しております。
彼女も昔の私を知っているから、いろいろ思うところがあるでしょう。
そんな中川とスマッシュのファイナルでチームを組むのも不思議な縁を感じ、感慨深く、ドラマチックだなぁと思っております。
最後までSMASHには不思議な磁場があります。

☆2012年02月24日(金)
鬼畜コバックへの復讐に燃えるリンに秘策あり!?「いいアイデアがある」

私はリン・バイロンはよいキャラクターだと初めて観た時から思ってました。
性別を越えれる可能性を感じさせます。
キム・ナンプンさんも久しぶりに再会できます。
マイケル・コバックは鬼畜ですが、ニュートラル視点で観ると、よいレスラーです。
余談ですが、コバックはクェンティ・タランティーノ、ロバート・ロドリゲスの大ファンで、私と初めて会った時、「おまえはフロム・ダスク・ティル・ドーンのジョージ・クルーニーだろう?、おまえのエントランステーマで喋ってるのもフロム・ダスク・ティル・ドーンでのジョージ・クルーニーのセリフだ」と一発で見破りました。
そう、私もタランティーノ、ロバート・ロドリゲスの大ファンです。
コバック、マニア同志、いつか闘おうぜ。

☆2012年02月24日(金)
「変な妄想はやめて二人でがんばろう!」木藤&美央、まさかのタッグ結成に”妄想ぬき”での必勝を誓う!!

キトタクって本当はなんて名前だったのか忘れてしまいました。
それくらい、キトタクのインパクトは強かった。

キトタクの大ブレイクはユリ・ゲラーにも予想できなかったことでしょう。

紫雷のお姉ちゃんのブレイクもこんなに凄いことになるとは思いませんでした。

選手には各自、オリジナルなキャラクターというものがあります。
ちょっとしたキッカケで、それが爆発するのですが、そのチャンスを逃さなかった、本人達のポテンシャルに喝采したいです。

3.14 後楽園ホール大会でひとまずSMASHは終わりますが、まだまだお楽しみはこれから続きます!
乞うご期待!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 2 3 4 5 6 7 21

ホーム > SMASH

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る