ホーム > SMASH

SMASHのアーカイブ

矢郷さんもが語るフィンレーの恐ろしさよ…


『週刊 矢郷論説委員長のSMASHコラム』

第十五回

ニュースの焦点

☆2011年10月24日(月)

鬼畜男コバック、リンを“再ビッチ化”予告!「たっぷりかわいがってやるぜ!!」

リン・バイロンさん、SMASH 22の試合ではコバックを奇襲しましたね!

今後はどうなるのでしょうか?

“ビッチと呼ばれた女の行く末ドキュメント”みたいな感じで、人間ドラマの展開が気になります!

☆2011年10月25日(火)

来年1月引退のブル中野が、SMASH女子部門視察のため10・28『SMASH.22』来場決定!

私は会場でブル中野さんとお会いして、その大きさに驚きました。

ブル中野さんも世界を相手に闘った素晴らしいレジェンドです。

ご意見番になっていろいろ指摘されるのは説得力あります。

☆2011年10月25日(火)

AppleTale×朱里、10・28『SMASH.22』で公開CDジャケット撮影!

このニュース気になって仕方がありません。

この後もいろいろ仕掛けてくると思います。

朱里ちゃんはまったく新しいタイプのアイドルになれる可能性があります!

☆2011年10月29日(土)

11・24『SMASH.23』チケット好評発売中!

“恐怖の大王”デーブ・フィンレー降臨! 初代王者スターバックが初防衛戦で迎え撃つ!!

やはり、デーブ・フィンレーが恐怖の大王の正体でした!

この事実に沸き立つ控室と、翌日には他団体の選手から「マジで、デーブ・フィンレーが来るの・これは絶対観たい・」のメールが本当に多数寄せられました。

とにかく、デーブ・フィンレーはプロレスラーから特別視されリスペクトもされている凄いレスラーなのです。

デーブ・フィンレーはなんと、15歳の時からプロレスの起源と言われる、カーニバルレスラーとして活躍しています。

カーニバルレスリングとはサーカスなどの中で余興としてレスリングをしていた頃のプロレス以前のプロレスの呼称で、カーニバルレスラーはプロフェッショナルなレスリングはもちろん、アマチュアレスリング、シュートファイト、ストリートファイト、全ての要素を持ち合わせてなくてはならず、腕っぷしの強い客の挑戦を受けてブチのめす仕事までこなしていました。

カーニバルレスラーは通称“カーニー”と呼ばれ、独特のレスリング・スラングも使い、現在のレスラーでもその会話は解読不能です。そのカーニー出身者で有名なレスラーはハーリー・レイスさん、故・フレッドブラッシーさんなど、他にも伝説的なレスラーさんが多数おられます。

(ちなみに旧全日本プロレスで付けられたシリーズ名“チャンピオン・カーニバル”はジャイアント馬場さんが、カーニバルレスリングをリスペクトして付けられたものらしいです。他にもブラックパワーシリーズとかのネーミングもカーニーへのオマージュとの噂。さすがプロレスを愛したジャイアント馬場さんです。)

そんな伝説のカーニー最後の生き残りであるというだけでも驚異ですが、このデーブ・フィンレーの恐ろしさは、まだまだ深いものがあります。

これは追い追いに紹介したいと思います。

そのデーブ・フィンレーが初代SMASH王座に就いたスターバックとどのような闘いをするか、本当に注目です。

☆SMASH22で、わたくし矢郷良明は盟友、真霜拳號と組んで、藤波辰爾さん、ウルティモ・ドラゴンさんという、日本プロレスの神に近い御二方と対戦させていただき、わたくしが、藤波辰爾さんに伝家の宝刀、逆さ押さえ込みで敗れました。

本当に藤波辰爾さん、ウルティモ・ドラゴンさんは素晴らしかったです。

しかし、単なるリスペクトマッチにしたくなかったので、私は何度もロックアップからの勝負に行きました。

真霜もウルティモ・ドラゴンさんに果敢にレスリングを仕掛けました。

私が藤波辰爾さんと実際にロックアップして驚いたのは、腰の重さと体軸のブレのなさです。

これこそが歴戦の歴史が宿る肉体の為せるものなのでしょう。

グラウンドでも熟練の技を駆使されました。

そしてウルティモ・ドラゴンさんのレスリングの素晴らしさ。

本当に神業でした。

最後は藤波辰爾さんが私の必殺のコブラツイストを切り替えしての“逆さ押さえ込み”でした。

藤波辰爾さんといえばドラゴン殺法ですが、藤波辰爾さんの真の必殺技は“バックスライド、逆さ押さえ込み”だと思います。

これはもう、返せません。

前も書きましたが、藤波辰爾さんは私の昨年逝去した父親と容姿から体型から声までそっくりで、藤波辰爾さんとリングで向かい合った時は、本当に父親を思い出しました。

ロックアップして向かっていった時も、小さい頃、父親とプロレスごっこしていたのを思い出しました。

また、SMASH22の開催日、10.28は父親の月命日にあたり、不思議な縁でございます。

本当に忘れられない一日になりました。

私は親友、真霜拳號と暗黙に思っていたことがあります。

レジェンドレスラーや有名レスラーとリングで最初に対峙した時、絶対に「格負けしない、位負けしてはいけない」ということです。

それは第三者から観れば簡単に判ることですし、対峙している当事者が敏感に感じるものです。

あきらかに「格負け、位負け」するようなら、もうプロレスは辞めようと思っていました。

しかし、まったく引け目を感じることはなく、2人で「これは勝負に行ける」と確信していました。

格やしきたりを壊すには、まず「格負け・位負け」していては、話になりません。

これからプロレスの革新と伝統を守る闘いができるなと、感じることができた一戦でした。

誰でもプロレスラーになれるものじゃない。

それを守り、それをハッキリ言えるのが、これから生き残るプロレスラーの条件ではないでしょうか?

それが証明されていくのがSMASHのリングだと思います。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

「恐怖の大王」の正体はデーブ・フィンレー…近代プロレス史上最強のレスラーだった


昨夜、オレはスターバックとの初代SMASH王座決定戦に敗れた

初代SMASH王者の栄冠はスターバックに

それは、まあいい

オレは、精いっぱい戦って敗れた

だから、悔いは微塵もない

それよりも…

来月、11/24のSMASH23 後楽園ホール大会において、スターバックが挑戦を受けなくてはならなくなった「恐怖の大王」の正体は…

デーブ・フィンレー

オレはここに断言する

フィンレーこそは近代プロレス史上において、最強にして最高の選手であると

それは、世界最高峰のプロレス組織であるWWEに所属していた者ならば誰もが認める事実なのだ

ウイリアム・リーガルも、亡くなったエディ・ゲレロも、クリス・ベノワも、誰もが口を揃えてこのように語っていた

「フィンレーこそは、近代プロレス史上において最強にして最高の選手である」…と

ここに一つ、フィンレーにまつわるとんでもなく恐ろしいエピソードを紹介させていただこう

まだフィンレーがWCWに所属していた頃

日本でも超超超有名な、ある巨漢レスラーが控室で威張り腐っていた

要するにテングになっていた

そんな彼の態度を常日頃から良く思っていなかったフィンレーが、ある日とうとうブチ切れたそうなのだ

で、その巨漢レスラーの前に立ちはだかったかと思うや、まるで魔法のようにその大柄な体を空中に放り投げ、腕を締め上げ悲鳴を上げさせうえに、顔面をブーツの底で思い切り踏み潰そうとしたのだ

生命の危機を察した巨漢レスラーは、恐怖のあまり恥も外聞もなく泣き叫び、土下座の命乞いでその後は態度を改めたという…

その巨漢レスラー

あえて名前は挙げないが、その名を聞いたら日本人プロレスファンならば誰もが「嘘だろ!!??」と疑わずにはいられない

それほど恐ろしい男なのだ

「恐怖の大王」の正体である、デーブ・フィンレーという男は…

そんなフィンレーが、本気になってSMASHのベルトを奪いに来る

正直、オレはビビッている

さらに正直に言ってしまうと、オレをくだしたスターバックですら、フィンレーに勝てるとはどうしても思えない

WWEで常日頃からフィンレーを間近で見続けてきたオレには、そうとしか思えないのだ

なにしろ、かつて新日本プロレスのスーパーJrにフィンレーが参加していた頃、あの長州力選手ですらフィンレーの試合となると控室から出てきて必ず彼の試合に注目し、「どうしてアイツはあんなに上手いんだ!?」と感嘆の声を挙げていたというのである

我がSMASHは、とんでもない男に目をつけられてしまった…

しかし、しかしである

それはある意味誇るべきことなのだ

そんな近代プロレス史上最強にして最高と噂される男が、我がSMASHに目をつけてきた

本来ならば、それは誇るべきことなのである

誇るべきことなのだが…

TAJIRIとスターバックの抗争を主軸に走り続けてきたSMASHの歴史が、新たに新章の幕を開けようとしている

奇遇にも、マヤ歴では新たな世界の幕開けとされる10月28日におこなわれたSMASH22を境目として…

●11/24 SMASH23 後楽園ホール PM6;30 スタート

SMASHチャンピオンシップ…スターバック(王者)vsデーブ・フィンレー(挑戦者)

SMASH DIVAチャンピオンシップ…華名(王者)vs中川ともか(挑戦者)

●11/25 SMASH Live in 大阪 ムーブオンアリーナ PM7:00スタート

デーブ・フィンレーvsTheBodyguard

TAJIRI、ビリーケン・キッドvsAKIRA、YO-HEY

チケット情報は http://www.smashxsmash.jp/ticket.html へ

ご購入は各種プレイガイド、チケット販売所、SMASHオフィス 

■チケット発売
株式会社スマッシュ 事務局
[電話受付]
03-5339-9195 begin_of_the_skype_highlighting              03-5339-9195      end_of_the_skype_highlighting

[メール受付]
氏名(フリガナ)、連絡先、席種、枚数を明記の上、
info-smash@qjj.co.jp
までメールにてお申込みください。

※携帯メールアドレスの方は、「qjj.co.jp」のドメイン解除をしてください。
※2~3日経過してもご連絡が無い場合は、事務局にお問合せください。
【プレイガイド】
イープラス

ローソンチケット 0570-000-777(10:00~20:00)

チケットぴあ 0570-02-9999(24時間受付)
後楽園ホール
03-5800-9999 (東京ドームシティ わくわくダイヤル)
※10:00~19:00、夜間興行のない日は17:00まで
プロレスショップ・チャンピオン
03-3221-6237

書泉グランデ
03-3294-0011 (平日10:30~19:30 日・祭日10:30~19:00)

闘魂SHOP 水道橋店
03-3511-9901
【インターネット】
朱里店長のSMASH OFFICIAL SHOP

あるいは buzzsawkick@yahoo.co.jp  のメアドにご注文くだされば、TAJIRIから直接購入もできます

デーブ・フィンレー

プロレスを好きになってしまった者なら、一度は生で目にしておくべき価値が絶対にある男…というか、この男を見ずにプロレスを語るべからず

恐ろしい男です、デーブ・フィンレー…

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

今夜…初代SMASH王者が誕生し、「恐怖の大王」の正体が明らかとなる


10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)の当日券は、16時より後楽園ホール当日券売り場(青いビル1F)にて発売!
おかげさまでリングサイドは完売。その他の席種につきましては、若干数ではございますが当日券をご用意しております。さらに、当日発売としまして、立見席、18歳以下限定のU-18席も発売いたします。
どの席種も数に限りがありますので、お求めの方はどうぞお早めに!!
■当日チケット発売は16時より発売スタート
[販売席種]
最前列15,500円
特別リングサイド10,500円
指定席A 5,500円
指定席B 4,500円

立見席 3,500円(※場所はホール東側バルコニーor南側後方)
U-18席(18歳以下限定シート) 2,500円

※U-18席のみホール5階チケット引き換えブースにて発売。U-18席をご購入の方は、年齢確認をさせていただきますので身分証明書を忘れずにご持参ください。
■10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント:初代SMASH王座決定戦]
TAJIRI
vs
スターバック(FCF)
[セミファイナル]
華名
vs
雫あき(お寺プロレス)
[第6試合]
藤波辰爾(ドラディション)&ウルティモ・ドラゴン
vs
矢郷良明&真霜拳號(KAIENTAI-DOJO)
[第5試合]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)&児玉ユースケ
vs
マイケル・コバック&ロブ・ロー
[第4試合:SMASHディーバ王座次期挑戦者決定戦 4WAYイリミネーションマッチ]
朱里
vs
真琴
vs
Ray(アイスリボン)
vs
中川ともか(エスオベーション)
[第3試合:妄想実況ハンディキャップマッチ]
木藤拓也
vs
松田慶三&平野勝美
※紫雷美央がこの試合の生実況を行なう
[第2試合]
大原はじめ(FCF)
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)
[第1試合:ワールドトライアウト]
AKIRA
vs
シュガー・ダンカートン

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

欧州初日10/14の出来事を簡単に…「恐怖の大王」の粋なはからい?


SMASHを暗黒と混乱の世界に陥れるという「恐怖の大王」の噂を追ってベルギーまでやってきました。

「フランダースの犬」の舞台でもあるベルギー。風光明美です。「恐怖の大王」の匂いなんて微塵もしないのですが…

UAE経由で日本から24時間。

ヘロヘロになって到着。

とりあえずタクシーか電車で市街地へ向かうつもりでしたが、空港出口を出るとお迎えが待っていたのです。

「TAJIRI-san!!」

オレが何時に到着するかなんて誰にも知らせていないはずなので、おそらくずっと待っていたのでしょう。

Yシャツにスラックス。まだ若い男です。車に乗るよう促されました。オレをホテルまで送っていくよう、上の者から指示されているというのです。

いったい誰の指示なのでしょうか?何が何だか、サッパリわけがわかりません。

どちらにしろ「これは乗るべきだ」と判断しました。その男の態度が、実に紳士的だったからです。

車に乗ること約1時間。何事もなく、普通にホテルへ到着しました。

明日はメインでシェルトン・ベンジャミンとジェネリコとの3WAYマッチが組まれていること。それから夜8時に食事へ連れていくので部屋で待っているよう告げると、紳士はペコリと挨拶し帰っていきました。

明日、オレの試合が組んである?またもや何が何だか、サッパリわけがわかりません。

で…2時間ほど部屋でパソコンをいじっていました。

そのときのつぶやきを見ていた方ならお気付きになったかもしれませんが、オレは紳士が8時に来るという約束をすっかり忘れていたのです。

みな、首の太さが目に付きました。マットが異様に硬いので、グラウンドが多めの練習をするようになると否が応でもそうなるのでしょう。

「いまから軽く走って、ビールとワイン飲んで明日に備えて寝よう」なんて暢気なことをつぶやいていました。

しかし、それを書きこんだほんの十数分後。ノックの音がしたのです。

さっきとは違う男が立っていました。大柄で、刺青があって…間違いなくレスラーです。

無愛想に「ついてこい」というゼスチャーをしました

お食事?という雰囲気では絶対にありません。どこへ連れていかれるのか不安もありましたが、この時点で36時間は寝ていなかったので、かなりハイになっており、もうこのさいなんでもいいやと、どうでもいい気持ちになってもいました。

車が走り出すと同時に

「英語は話せますか?と英語で話しかけたところ、男は首を横に振るのみで喋ろうとしないので、そのまま無言で20分ほど走りました。

ベルギーはあまり英語を話さずフランス語とダッチ語を喋る国なので、男は生粋のベルギー人なのだと思います。

そうして連れていかれた先は・・・プロレスのジムだったのです。

大柄な男は「見ろ」というゼスチャーをしました。

写真でもわかるとおり、小さな子供まで混じってトレーニングに励んでいます。

そうしてこのあと彼らは、いわゆる欧州ランカシャー式チェーンレスリングを延々と続けたのです。

その動きの速いこと、緻密なこと。驚きました。

1時間ほど見学したのち、大柄な男が口に手を運び「メシいくぞ」というゼスチャーをしました。

危害を加える意図は先ほどからまったく感じないので、もう警戒心はありません。言われるがままについていきました。

車で10分ほど走った先は、大柄な男の知り合いの店のようでした。

イカツイ男たちが何人もいて、ビールとワインを飲んでいます。店内には眼に染みるほど、揚げ油の匂いが強烈に立ち込めています。

毎日こんなものを食っている連中は当然強くなる…

大柄な男はカウンターの中のショーケースを指さし、見ろと言っているようです。

脂と血の臭いを感じさせる、肉を加工したものばかりでした。これらを油で揚げて食うようなのです。ベルギーの…否、欧州のレスラーたちは、ガキの頃からこういう血臭のする肉をかっ喰らい育ってきているとんだな、と思いました。

大柄な男が何か注文し、座ってろ、と指で合図するのでそのとりにしていると、お盆にオレの食いものを乗せ運んできました。

「食え」とゼスチャーします。ふくらんだ油揚げのようなものをナイフで裂くと、中から大量の熱い野菜が出てきました。サイドには酢漬けにした大豆。日本人であるオレ用に、軽めのものを頼んでくれたんだな、と思いました。

そのあと男は自分の食いものを運んできたのですが、枕ほどの大きさのパンに肉団子を挟んだサンドイッチと、洗面器一杯ほどの揚げたジャガイモ。いずれも日本では考えられない量なのです。それらをあっという間にたいらげ、「いくぞ」とそそくさと立ち上がりました。

ホテルに着くと大柄な男は腕時計を指さし、明日は3時に迎えにいくと言っているようでした。

ひとりで部屋に戻り、あらためてよく考えてみると…果たして、彼らはいったい何者なのか?

とりあえず危害を加える気配はなかったので行動を共にしてみたのですが…考えられるのは、どちらも欧州プロレス関係者だろうということのみ。

もしかすると

「恐怖の大王が、欧州プロレス界の現実を、包み隠さず見せつけようとしている」・・・

どちらにしろすべては本日、これから会場でコバックと対面すれば明らかになること…か?

そうして、オレに出来ることはただひとつ。

これから欧州でオレの身にふりかかるすべてのことを、SMASHファンのみなさんへ、事細かに伝えていく。ただそれだけである。

一見少々大きめなだけのサンドイッチですが、この男身長190センチ以上あるのだ。

幸いもうじき、旧知の知り合いであるドイツ在住の日本人記者がオレを訪ねてきてくれるので、この先一緒に行動し、オレをひとつの被写体として徹底的に客観視した写真をどんどん撮ってくれればと思う。

そうしてすべてのことを、10/28 SMASH22 後楽園ホール大会へ繋げていくよう努めるのだ。

たとえ命にかえてでも、SMASHに起きる全てのことを、SMASHファンの皆さんが興奮し、感動できるものへと転化し、誘導していく。

それがSMASHをプロデューサーするエース、TAJIRIの使命というものである。

あと13日後に迫った後楽園ホール大会。

世界をグローバルに巻き込んだ、壮大な物語が展開される、とんでもない大会にしてみせる。

だから、何が起きようと、オレは必ず五体満足で日本へ帰ってみせる。

…新たな使いが来るのは、あと2時間後だ。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

天龍源一郎の歴史がSMASHの色を塗り替えるのか!?


というワケで、SMASHx天龍プロジェクトの業務提携成立により

6/9 SMASH18@後楽園ホールに天龍さん参戦決定!!

トーナメント一回戦にて、いきなり「最強外国人」マイケル・コバックとの一騎打ちが実現いたします(当初予定のキムさんは「憧れの天龍さんのセコンドとして一生懸命闘う!!」ことを宣言)

自らもレジェンドである天龍さんのお力添えにより、今後の「ワールド・レジェンド・リバイバル」がとんでもないことになってきそうな予感…

ま、提携とはいっても、レスラー同士が握手をするということは

闘開始

を意味するワケでして

これは天龍さんの35年に及ぶ歴史と、TAJIRIの頭脳がしのぎを削ることをも意味するワケなんですなあ

それにしても…

今度の後楽園、カードよすぎじゃないかしらん!?

チケットは tajiri@japanesebuzzsaw.com

からお申し込みくだされば、直筆サイン入りステッカーがもれなく付いてまいります

皆さん、後楽園ホールでサンダーストームに鳥肌立てろおおおおおおお!!

■6・9『SMASH.18』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
【決定対戦カード】
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)
vs
マイケル・コバック
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
AKIRA
vs
飯塚高史(新日本プロレス・CHAOS)
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
TAJIRI
vs
FUNAKI
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
ウルティモ・ドラゴン
vs
大原はじめ(FCF)
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
朱里
vs
志田光(アイスリボン)
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
華名
vs
リン“ビッチ”バイロン
[タッグマッチ]
矢郷良明&木藤裕次
vs
ザ・ビッグガンズ(ゼウス&The Bodyguard)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0
1 14 15 16 17 18 19 20 21

ホーム > SMASH

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る