ホーム > 主観的試合レポート

主観的試合レポートのアーカイブ

『主観的試合レポート』Vol2


●2009年11月23日 新日本プロレス 後楽園ホール大会

棚橋弘至・後藤洋央紀VS田中将斗・TAJIRI

棚橋(17分44秒・片エビ固め)TAJIRI

観衆の「本気」が、リングに押し寄せる瞬間というものがあるのよ。

それは、華麗な技に対する「オォォォー!!」という感嘆の声が押し寄せるとか、そういうのとはまた別次元で。

なんというか…声にもならない本気の‘‘気‘‘とでもいうか。

非常に感覚的な部分だからして、言葉にするのは難しいんだけど。

で、この試合。

そんな瞬間があったわけ。

どのシーンかというと、俺と田中選手にタライ回しにされた棚橋クンが隙をつき反撃し、コーナーの後藤選手へタッチにいくも、ダメージの深い後藤選手はまだ場外でコーナーには戻っておらず。絶望に打ちひしがれる棚橋クンの背後から、俺と田中選手がニヤつきながらジワジワ迫ってくるシーンだったんだね。

ベタベタなスリルというか切迫感。

絶体絶命なヒーローの背後に迫る悪魔の手。

そのカラクリこそが、プロレスを見せるうえで最も肝心な基本だと俺は思うの。

ま、一種のヒーローショーだよね。

プロレスとはヒーローショー。

アメリカやメキシコでプロレスを学んだ俺の感覚としては、そっちのほうが正直本音だ。

だから、思う。

重要なのは「技」を見せることではなく、「キャラクター」を見せることなんだって。

誰がどんなキャラクターなのかハッキリさせておかないと、リングで織りなす「物語」を楽しんでもらうことなんて出来るハズがないんだから。

登場人物にそれぞれ個性がなかったら、どんなに優れたストーリーだろうと面白くもなんともないでしょ?

この試合、滅多にないほど奇跡的に、それぞれのキャラ設定が理想通りピタリとハマッた。

だから誰もがたいした技を繰り出さずとも(もっとも俺は常にキックとエルボー程度しか使わないが)観衆がエキサイトしっぱなしだったんだと俺は分析しているのよ。

アメプロも、ストロングスタイルも関係ない。

突き詰めれば、プロレスの基本は一緒なんだと確信を得ることができた試合。

最後は棚橋クンに敗れてしまったけれども。

俺にとっては歴史的発見のあった、最高の試合だったというわけよ。

『主観的試合レポート』vol.1


●2009年11月8日 新日本プロレス・両国国技館大会

VS岡田かずちか(TAJIRI[9分03秒]岡田)

岡田クンはいいよね。

何がいいって、まず顔がいい。

悔しそうな顔、怒った顔、痛そうな顔。

何を考えているのか分かりやすい。

己の置かれたシチュエーションを表情で解説できる。

だから、見ているお客さんも感情移入しやすい。

何を考えてるのか分からない人なんて、相手にしたくないもんね。

岡田クンは、お客さんが応援しやすい選手なんだよな。

で、この試合。

ボクは岡田クンの左腕を徹底的に狙った。

なんで左腕かっていうと、彼は右腕で打撃を放つから。

その右腕を殺しちゃったら、彼が反撃できなくなっちゃう。

そうすると面白くないでしょ?

ボクの余裕がなせる親心なわけ。

じゃ、なんで足を狙わなかったのかって?

答えは簡単。

足を殺しちゃったら、彼が動けなくなっちゃう。

そうすると、やっぱり面白くないよね?

ボクの余裕がなせる親心なのよ。

ちなみに、ルチャドールと戦うときに足を殺すのもタブーだよね。

なんでかって?

飛べなくなっちゃうから。

ルチャドールが飛ばないんじゃ、面白くもなんともないでしょ?

ま、もっとも

「叩き潰す」

のが信条の選手ならそういうのもアリだろうけど。

そういう試合、ボクはあんまり好みじゃない。

話がそれたけど…

ボクはトドメにバズソーキックをブチ込むから。

たいてい序盤から首を狙っていくの。

中盤はスリーパーやチンロックでグイグイ締め上げてね。

ボクの試合、多いでしょ。

スリーパーで捕獲するシーンが。

バズソーキックへの流れを考えると、必然的にそうなっちゃうのよ。

で、前回8月に両国で岡田クンと戦った時は首を狙ってバズソーキックで仕留めた。

だから、今回は変えてみた。

そういう理由で左腕を狙ったのよ。

あと、もう一つの理由は単純に、左腕を攻めるのがボクは得意だからなんだけどね。

終盤は色々な攻防があったけれども、最終的に彼の左腕へ照準を戻していった。

左腕を捕獲し、ねじ倒し、そのまま態勢を作り上げ、左腕を離さないまま丸めこみへ。

結局彼は最初から最後まで、左腕へのダメージを蓄積されたことにより負けてしまったわけ。

いうなれば

「左腕を主人公にした一話のストーリー」

そういうプロレス、ボクは好きなんだよなあ。

で、こういうのが「ひとつの」サイコロジーと呼ばれるものなわけ。

‘‘理詰めである‘‘

ということね。

そういうプロレスが大嫌いな人もいると思うよ。

大技につぐ大技で、とにかく派手に動くのが大好きという。

ま、そういうのも面白いもんね、確かに。

だけど最近

「サイコロジーって何なんですか?」

って、よく聞かれるから。

ボクなりの解釈を語れる場が欲しいなあって思ったのよ。

だから、まだまだ続くよ。

どうぞお楽しみにね.

ホーム > 主観的試合レポート

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る