ホーム > WNC > 朱里の人生、その本当の使命がいま始まる・・・フィリピンに根付け、プロレスよ!!

朱里の人生、その本当の使命がいま始まる・・・フィリピンに根付け、プロレスよ!!

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2013年11月18日 11:22 PM
  • WNC

20131118_141857

11月18日、WNCオフィスにて会見がおこなわれた。

出席したのはTAJIRI、朱里、そして女子プロ団体REINAの社長玉城氏。

まず玉城社長が以下のようにコメント。

「REINA女子プロレスを運営しております株式会社レイナコーポレーション玉城でございます」
弊社は、本年度で創業30周年を迎え、その創業当時よりフィリピンから芸能人を日本へ招聘する事業を行っておりましたので、弊社はフィリピンとは30年以上の関係を持っております。

フィリピンではボクシングが人気のスポーツで多くの世界チャンピオンを輩出しており、最近ではボクシング以外の格闘技の大会も開催され、チケットも完売するほどの人気になってきました。

そこで弊社は現地にプロレスのトレーニングセンターを設立し、選手養成を行い、現地にてプロレスの大会を定期的に行うプロジェクトを開始致しました。

現在、フィリピンではプロレスが行われていないので、フィリピンのプロスポーツ省/試合興行局に、プロレスというカテゴリーがなく、弊社ではプロレスを登録する作業から始めております。

このようにすべてのゼロからのスタートですが、プロレスをフィリピンに根付かせようと目標を掲げ、各方面のご協力を得ながら頑張っております。

弊社では来年度1月にフィリピン興行も予定しておりますが、日本プロレス界を見廻して、その絶対的な主役は朱里選手しか考えられませんでした。
先日カミングアウトされた朱里選手はフィリピン人と日本人の二世であり、日本国内において活躍している速水もこみち、舛ノ山、ラブ里、高橋メアリージュンなどと同様に朱里選手はこれからますます活躍できる逸材と確信しております。
そこで朱里選手のダブル契約を打診しましたところ、本日のこの会見に至りました」

そしてTAJIRIが「実はREINAさんからそういうお話をいただきまして、数ヶ月前のことで、内々で話を進行してまいりました。そして朱里がこのプロジェクトを進めるにあたってWNCの所属だけだと、あまりにも大きなプロジェクトなんで11月1日付で、WNCとREINAの二重契約選手となっております」と明かした。

これからWNCとREINAが業務提携をおこない、フィリピンへの進出に取り組んでいくとのこと。

朱里は「私にとって、このプロジェクトを進めていくことは運命だと思っています。今月30日にフィリピンに行くことが決定しているのですが、29日にWNCの女子王座戦があるので、必ず自分が勝利してフィリピンに向かい、また台風の被害に遭われた方がこのプロジェクトで少しでも元気になっていただけたらと思っております」とコメント。

そしてこのフィリピンプロジェクトのスタートとして11月30日、11・29WNC新宿FACE大会の翌日に、朱里、TAJIRI、玉城REINA社長の3人でフィリピン視察に行く予定。

さらに、なんと来年1月25日にフィリピンで興行を行うことも決定しているという。

この興行に向け現地でのオーディションも行っており、サンタローサにトレーニングセンターを設立する予定とのこと。
玉城氏は「募集をかけたところ100名ほど集まってきまして、その中から数十名選出して、これからトレーニングしていく感じですね」とコメント。
朱里が「フィリピンの力道山」となる日も近いようだ。

さらに玉城氏は「本当にゼロからのスタート。女子プロだけでなく、WNCとの業務提携ということで男子も送りこんでいけるようになると面白いと思います」とさらなるプロジェクト発展に意欲を燃やす。

フィリピンプロジェクトという壮大な目標に、WNCとREINAが挑戦していく!!

朱里は先日フィリピンの新聞社からの取材を受け、紹介記事が掲載されているとのこと。
玉城氏が「なので朱里選手はもう現地のたくさんの方に知られていますよ」というと、朱里は「えっ!?」と驚きながらも嬉しそうな顔を見せる。

WNCとREINAの業務提携はこれだけではなく、今後も様々なコラボ興行を予定。

そしてREINAとWNCは今回のフィリピンの壊滅的な台風被害に向けて「朱里募金」をスタートさせることを発表。
今週行われるWNC新木場大会から会場に募金箱を設置し、現地の被害に遭った人々に募金するとのこと。

WNCとREINA、そして朱里の今後の活動から目が離せない!!

ホーム > WNC > 朱里の人生、その本当の使命がいま始まる・・・フィリピンに根付け、プロレスよ!!

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る