ホーム > WNC > 『格闘機械女戦士』セリーナの戦いを目撃せよ

『格闘機械女戦士』セリーナの戦いを目撃せよ

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2013年7月25日 12:55 AM
  • WNC

本日木曜日は、WNC新宿フェイス大会である。メインイベント、WNCウーマンズチャンピオンシップ、リン・バイロン(王者)vsセリーナ(挑戦者)。セリーナ、約2年ぶりの来日となるのだろうか。以前SMASHに来日していた頃は、その電光石火のスピアで並みいる日本人強豪女子選手を次から次へとなぎ倒したことで記憶に鮮明な方も多いことだろう。

このセリーナ。もとはといえばFUNAKIさんの強い推薦により来日を果たしたという経緯がある。彼女がWWEに登場したのはオレが退団したあとのこと。CMパンクのお付きとして、丸坊主となったり強烈な印象こそあれど、試合をするという印象は一切なかったため、FUNAKIさんの「とにかく凄いから!オレが言うんだから信じろよ!もしダメだったら責任取るから!」という強烈なプッシュにより初来日と相成った。そうして、初対面の印象は…「本当に大丈夫かなあ?」。特にガッチリしているふうでもなく、表情も「母親」のようにやさしくてちっとも戦闘的ではない。握手をしてもその手からは「グッ!」といった圧力を感じず、普通の女性と握手している感触しかなかった。「これはもう、当日にかけるしかないな」。そんな感じであった。

そうして迎えた試合当日。セリーナは、以前抱いたときと同じような印象のまま会場にやってきた。「うーん…」。日本上陸、初戦の相手は朱里。もうその頃の朱里は実力もかなりのものに育ってきており、もしもセリーナがふがいないようであれば完膚なきまでに蹴り壊してしまいそうな、若来に満ち溢れ始めていた頃。先に朱里が入場する。かなりの風格も備わってきている。さて、セリーナはどのように入場してくるのか。入場シーンだけで、元WWEの風格を感じさせることは出来るのか…。セリーナの曲が鳴った。

「おおおお!!」お客さんがそれに気が付くよりも全然早く、オレは一人唸っていた。さっきまでとは顔付きが全然違う。本当に、他の人だと信じてしまいそうなくらい、まったく別の顔をしていたのだ。それにありきたりな言い方をしてしまうが、なんてもの凄いオーラなのだ!!自信満々といういい方もさらにありきたりだが、その表情はすでに「勝ったあと」のようにすら見えてしまう。そうして、その入場を撮影していたカメラマンがのちの語って聞かせてくれた言葉「選手によってはもうどうしようもないくらい、入場時からカメラ映りの悪い選手がいるんですよ。映っている自分をまったく意識できていない、そういう選手は試合もたいがい面白くないですね、自分のアピールばっかりで。だけどセリーナは全然違いました。もうね、撮りやすいんですよ!常にいい絵を意識して作ってくれている。そうして全方位のお客さんに表情も魅せつけている。一瞬で『なんてレベルの高いレスラーなんだ!』と感じましたね」。

試合は、はたして入場と同様だった。その頃の朱里ではまったくもってハナシにならないレベルの差。序盤の攻防で、朱里の腕を取り背後へ回った瞬間の表情で、すでに結果は明らかだった。完全に相手をコントロールしている。それにしても…以前に感じた脆弱さとは百億光年もかけ離れているような、その「凛々しい強靭さ」はなんなのだろう。歴史上で、このような印象の女性がいたな…そうだ、ジャンヌ・ダルクだ!!

たった一発のスピアで、朱里は大の字に倒れマットに沈んだ。そんな朱里を、セリーナは当然といった表情で、微笑をたたえながら見おろしていた。あれから2年半…。

試合中の事故で脳震盪を起こし、医師の勧告でプロレスから離れていたセリーナ。数ヶ月前にリング復帰し、コンディションと試合勘を完全に取り戻したのだろう。自信満々に、オレへメールをよこしてきた。「WNC女子王座に挑戦したい」。こうして、問答無用の最強挑戦者が日本に再上陸してくる。明日、セリーナはWNC女子王者リン・バイロンに挑戦する。オレとしても最大の敬意を払い、メインイベントに組ませてもらった。本当にリンには申し訳ないが、王者であるリンのためではなく、挑戦者であるセリーナのために。

正直に言う。リンが、セリーナに勝てる可能性は壮絶に低い。そうして、ベルトがセリーナの手に渡ってしまったら、それを日本へ取り戻すことは極めて至難の業であろう。「WWEのDIVAなんて、しょせん外見だけなんだろ」。いまだそんなレベルで考えている人も多いことだろう。そんなヤツはそれでもいい。明日、新宿フェイスで元WWE DIVAというものを生で目撃してみればいいのだ。その瞬間、すべてがわかることになる。WWEで、デーブ・フィンレーに鍛えこまれた女の凄さというものが。

2013年07月25日(木)
WNC新宿FACE大会

※チケットは本日昼まで直接メールくだされば前売り価格で購入できます。TAJIRIアドレス

buzzsawkick@yahoo.co.jp

までお気軽にメールください。

開場18:00
開始19:00
チケット
最前列      7,000円
カウンター席   7,000円
特別リングサイド 5,000円
指定席A      4,000円
指定席B      3,000円
※当日券は500円増
別途ドリンク代として500円かかります

【全対戦カード】
◆メインイベント WNC WOMAN’Sチャンピオンシップ 60分一本勝負
(王者)リン・バイロン vs セリーナ(挑戦者)

◆セミファイナル シングルマッチ 60分一本勝負  
児玉ユースケ vs 土肥孝司

◆第五試合 6人タッグマッチ 60分一本勝負
TAJIRI&真琴&E・H・D・パンテーラ vs AKIRA&朱里&グラン浜田

◆第四試合 シングルマッチ 60分一本勝負
西村修 vs 矢郷良明

◆第三試合 シングルマッチ 30分一本勝負
村瀬広樹 vs 高橋匡哉

◆第二試合 シングルマッチ 20分一本勝負
小林香萌 vs Sareee(ディアナ)

◆第一試合 6人タッグマッチ 30分一本勝負
木藤拓也&黒潮二郎&ダイスケ(ガッツワールド) vs YO-HEY&篠瀬三十七&ヤンキー・ライオン

会場
新宿FACE
東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン7F
03-3200-1300

お問い合わせ
株式会社WNC 03-6441-2940

ホーム > WNC > 『格闘機械女戦士』セリーナの戦いを目撃せよ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る