ホーム > 日記 > TAJIRIから、西村修へのメッセージ

TAJIRIから、西村修へのメッセージ

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2013年2月23日 3:53 PM
  • 日記

昨日、プロレスラーにして文京区議員でもある西村修選手が、都内でマスコミを集め緊急記者会見を開きました。そのさいのコメント内容はおおむね以下の通り。
「近年、プロレス業界全体が『原点回帰』を見直す潮流にあるなか、旗上げ当社から気になっていたのがWNCである。そんなWNCに私の原点回帰理論をぶつけるべく、参戦の意思があることを表明いたします。ファンの方に聞いても評判のいい団体ですし、あちらからオファーがある前に、こちらから参戦の意思を表明させていただきます。クラシックを謳っているなら、私以外にいない。ここは私の出番でしょう。早々に大会にお邪魔して、WNCのお客様の前で猛烈に参戦アピールをさせていただきます」と、WNCへの参戦意思を表明いたしました。

これだけなら、特に問題もない。かつてよりクラシックを掲げる西村選手の意志として「ま、それも当然の流れだな」くらいに思えるのですが、このあとに気になる発言が一つ…「正々堂々といくだけじゃなくて、団体を乗っ取るくらいのつもりでいきますよ」と…。

昨日夕刻、西村選手を取材したマスコミの方ら電話があり、西村選手の参戦アピールを聞かされました。
正直、西村選手ほどのレスラーから意識されるということは大変名誉なことであるのですが、最後の「団体を乗っ取るくらいのつもりでいく」という一言が、やはりどうしても引っ掛かる…そのようにコメントを出しておいたのですが。

西村選手が姿をあらわすのは、来週木曜日の新宿フェイスか、あるいは来週土曜日の横浜ラジアントホールか。どちらにしても「団体を乗っ取るつもりでいく」なんて言葉を口にしてこられた以上、「そういうツモリなんだな」という覚悟で、こちらも対応させていただきます。決して、土足ではリングに上がらせない。賛同者か?外敵か?どちらにしろ…西村修よ、来るなら覚悟して来い。そっちもそれなりの覚悟をもって来場してくるんだろうな、と。いま、TAJIRIから言えるのはそれだけだ。さて、来週何が起きるのか…?

ホーム > 日記 > TAJIRIから、西村修へのメッセージ

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る