ホーム > 日記 > 3/1 新木場『フライデー・ナイト・クズ』(動画あり)

3/1 新木場『フライデー・ナイト・クズ』(動画あり)

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2013年2月3日 2:19 AM
  • 日記

都内某所にあるクズプロのオフィス。

なぜか机の上には洗剤や、朱里、真琴のDVD
、そして多くの段ボールや布団にまみれたそのオフィスで、ニセタクにつけられた手錠が未だ外れていない木藤拓也、そしてドラゴンソルジャーLAW
によるクズプロ会議がおこなわれた。

まず木藤が、「まあ今度のクズプロは金曜日だから、『フライデーナイトフィーバー』…みたいな感じでいこうと思うんだけど」と、よく分からないテーマを提案すると、ドラソルは「フライデーナイトクズですか」と反応。

木藤は「…フライデーナイトクズか。じゃあそれでいこうか」とドラソルの案を採用。

3・1のクズプロは「フライデーナイトクズ」という謎のサブテーマが付けられた。

次に木藤は、「今年の始めでね、まあ自分的な考えとしては、クズプロを世界に発信していきたいんだよ。世界にはいっぱいクズなレスラーがいると思うんだよ」と、いきなりクズプロを世界に広めていくという仰天発言。

しかしこれにドラソルが噛み付いた。

「‥‥‥ちょっと待ってくださいよ。今はまだクズプロ、若手を育成する時期なんじゃないですか?」と反論。

木藤は「育成するって、若手なんかいねえじゃねえか」とこちらも譲らない。

さらに「しかも若手とったりしたら道場の維持費もかかるしよー」と反論すると、ドラソルは「道場なんかないじゃないですか!!」と不毛な口論に発展していく。

やや不穏な空気が流れるクズプロオフィス。

木藤は「何言ってんだお前。とにかくクズプロを世界に発信していくんだよ」と再度提案すると、「世界に発信するんだったら、その前に、ナンバーワンを決めましょうよクズプロの中で」と、ドラソルがクズプロ
No.1決定戦を提案する。

木藤は「ふーん…別にいいけど」とあまり関心の無い様子だが、妙にやる気を前面に押し出すドラソル。

「木藤さんと…あれですよ。やりますよ俺。そんな手錠つけた手で、試合なんてできるんすか??」と木藤を挑発する。

木藤は「お前なんか手錠つけてても充分だよ。足につけても大丈夫だよ」と反論すると、「ふざけんなよ!」と、またもやクズプロオフィスは不穏な空気に。

怒り心頭のドラソルは「じゃあそのスタイリュでやってや‥‥‥やるぇよ」と思いっきり噛みながらも木藤と睨み合い、そして机に置いてある朱里と真琴のDVD
を懐に忍ばせ去っていった。

2013年一発目となる3・1クズプロ「フライデーナイトクズ」。

果たしてクズプロNo.1決定戦が今後どのように発展していくのか、そもそも決定戦をおこなう必要があるのか、今後のクズプロの動きに注目だ。

ホーム > 日記 > 3/1 新木場『フライデー・ナイト・クズ』(動画あり)

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る