ホーム > 日記 > 8/2 WNC新宿フェイス大会解説

8/2 WNC新宿フェイス大会解説

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2012年7月28日 10:33 PM
  • 日記

いよいよ開催目前に迫った8・2新宿FACE大会の見どころをTAJIRIがレクチャー! 読めば観たくなる完全ガイド、それではいってみよ~!!

—–
スターバック、AKIRA、朱里の三人が揃ってみなさんの前に初めて姿を現わす大会となります。ところが、現時点で三人はまだ何も主張をしてきていません。ボクはメインイベントで三人と闘うわけですが、こっちのTAJIRI、大原はじめ、華名は向こうの三人にそれぞれ仕掛けられたほう、そして向こうの三人は仕掛けたほうという組み合わせなんですね。彼らが何をしたいのか、わかるような気もするんですが、細かくはわからない。だけど、この大会ですべてが判明することになると思います。

そんな矢先、イタズラなのか、あるいは第三勢力からの予告なのかわからないんですが、例の団体ロゴ落書き事件が起きました。ボクはそっちも非常に気になってます。メインに集中しようと思ってたんですけど、なんだかそうもいかない不気味な事件が起きてしまったわけで、とても気分が悪いです。

そういう意味で、この8・2新宿FACE大会では何が起きるかわからないし、今までで一番の分岐点になるような予感がしております。それでは各試合の見どころを語っていきましょう。

■第1試合:シングルマッチ
篠瀬三十七
vs
高橋星人

【見どころ解説】
「高橋の宇宙人パワーに篠瀬のパワーが対抗できるのか!?」

篠瀬も前回の後楽園大会で無事にデビュー戦を終えたわけですが、デビュー戦はご祝儀みたいなところもあるので観てくれている方々も応援してくれたと思うんですよ。だけど、これからはひとりのレスラーとして厳しい目で観られるはず。それは篠瀬のためでもあり、お客さんもそのことをわかっていると思うんですよ。

そんな篠瀬ですが、後楽園、大阪の2試合を観た感じでは、日々成長してる感じはあるんですよ。なのでこの試合では、高橋のパワーに対抗できる同じパワーファイターの篠瀬がどう立ち向かうのか、ここが勝負のポイントではないでしょうか。

■第2試合:タッグマッチ
エル・イホ・デル・パンテーラ&土肥孝司
vs
児玉ユースケ&黒潮二郎

【見どころ解説】
「パンテーラの飛び技にビックリするはず」

この試合は、やっぱり初来日のパンテーラにぜひ注目してもらいたいですね。実は、ボクは去年メキシコで彼の試合を観ているんですよ。そのときから彼とは接触していて、彼から連絡が来るたびに「日本で修行がしたい」と、そして彼の父親であるエル・パンテーラも同意しているということで、ようやく彼は留学生として日本での武者修行が決定しました。

ボクがメキシコで彼の試合を観た印象では、児玉や黒潮も飛び技には自信があると思っているんでしょうけど、まず敵わないでしょうね。ファンも「こんなすごい飛び技を使えるメキシカンがまだいたんだ!」ってビックリするんじゃないかな。

■第3試合:シングルマッチ
木藤拓也
vs
レザーフェイス

【見どころ解説】
「人気爆発中のレザーにキトタクはパンストでホントに対抗できるのか!?」

レザーフェイス対策ということでキトタクは母親から授かったパンストを用意してきましたけど、あんなの役に立つんですかね?(笑)。

それにしても、レザーは6月ツアー以来の参戦なのですが、前回の評判がすごく良かったのもあって、「レザーフェイスを生で観たい!」ってリクエストしてくるファンの方が日本中に増えているんですよ。すごくいいことだと思うんですよね。あれこそがザ・プロレスだから。

で、キトタクがもし勝ったら、レザーがクズプロにも参戦するかもしれないということで、そうなるとクズプロも盛り上がってしまいますよね。WNCにとってはさらに脅威な団体になりますよ。とにかくこの試合は、プロレスを思う存分に楽しめることでしょう。

■セミファイナル:シングルマッチ
リン・バイロン
vs
ウルティモ・ドラゴン

【見どころ解説】
「ウルティモさんが女子レスラーとシングルで闘うのは初めてでは?」

ウルティモさんの呼びかけで実現した試合なのですが、本来であれば先月の後楽園大会で組む予定だったんですね。ところが都合によって1ヵ月ずれる形となったんですけど、この試合は二人がリング上で対峙するだけでゾクゾクしちゃう光景が観られそうですね。どちらも華やかなオーラを放っているので。

そういえば、ウルティモは女子とシングルマッチで闘うのは初めてなんじゃないかな? そうなると、リンはウルティモ・ドラゴンと世界で初めて闘った女子レスラーになりますよね。それだけでも、リンにとってはすごい名誉になるし、とてもいい経験になるはずですよ。それを重々わかった上でリンにはウルティモさんと闘って欲しいですね。

■メインイベント:6人タッグマッチ
TAJIRI&大原はじめ&華名
vs
スターバック&AKIRA&朱里

【見どころ解説】
「三人はWNCで一体何をしようとしているんだろう?」

この6人でずっと前から一緒にやってるわけなんですが、なんだかここ最近のWNCって人数が増えたような気がするんですよね。それはみんなが変わっちゃったからなんですよ。特に相手の三人に関しては、ボクのなかで初対面のような感覚なんですよ。

先日、『トータル・リコール』っていう映画をたまたま観たんですけど、スターバック、AKIRA、朱里の三人はこの映画に出てくる仮想世界のようなところにいるんじゃないかなって気がしたんですよね。しかも、このまえ三人が一緒に写っている画像が送られてきたじゃないですか。円形の舞台の上にいる三人の。あの感じもすごく似てるんですよ。この三人はWNCで一体何をしようとしているんだろう? ……まったくわからない。

そういう不安を抱えながら8月2日を迎えるわけですが、あの三人がWNCでこれから何をしようとしているのか。それを実際に目の当たりにするのは、ボクもそうですし、新宿FACEに観に来るみなさんもそうです。なので、目の前で行なわれる現実をしっかりと己の目で確認しようではないですか。あの三人がリングの上で何をするのかを。

▼8・2 Wrestling New Classic東京・新宿FACE大会 開場18:00 開始19:00
[メインイベント:6人タッグマッチ 60分1本勝負]
TAJIRI&大原はじめ&華名
vs
スターバック&AKIRA&朱里

[セミファイナル:シングルマッチ 45分1本勝負]
リン・バイロン
vs
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)

[第3試合:シングルマッチ 30分1本勝負]
木藤拓也(クズプロ)
vs
レザーフェイス

[第2試合:タッグマッチ 30分1本勝負]
エル・イホ・デル・パンテーラ&土肥孝司
vs
児玉ユースケ&黒潮二郎

[第1試合:シングルマッチ 20分1本勝負]
高橋星人
vs
篠瀬三十七

ホーム > 日記 > 8/2 WNC新宿フェイス大会解説

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る