ホーム > 日記 > 藤原組長に喧嘩を売る元暴走族総長

藤原組長に喧嘩を売る元暴走族総長

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2012年7月11日 2:17 AM
  • 日記

7月10日(火)、都内・西調布格闘技アリーナにて、7・15後楽園ホール大会で対戦する土肥孝司(パートナーは藤浪辰爾)、黒潮二郎(パートナーは藤原喜明)、デビュー戦を行なう篠瀬三十七が公開練習を敢行! さらに、7月ツアー(7・15後楽園、7・16大阪世界館)の試合順が発表された。

公開練習に先立ち、TAJIRIが、7月ツアー(7・15後楽園、7・16大阪世界館)の試合順を発表。7・15後楽園大会では、初のタッグ結成となるTAJIRI&丸藤正道の一戦(対戦相手はスターバック&大原はじめ)がなんと第1試合となる。大会当日は、プロレスリング・ノア岐阜大会が開催されることから丸藤の移動を考えての第1試合となるわけだが、TAJIRIは「どうせ早いほうでやるなら、TAJIRI&丸藤が第2、第3試合でやるのはありえない。だから、敢えて第1試合なんです」と理由を説明。そして、同大会のメインイベントは、決戦前から早くも不穏な空気が漂っている注目カード、朱里vs浜田文子に決定した。また、7・16大阪世界館大会のメインイベントでは、このところ大一番で結果を残すことができていない大原はじめに対し、「FCFにふさわしい男なのか、私が闘って見極める」と自ら“査定役”となったスターバックvs大原はじめの“FCF師弟対決”が大会のトリを飾ることとなった。

そして、この日行なわれた公開練習には、土肥孝司、黒潮二郎、篠瀬三十七が登場。そんなか、7・15後楽園大会のセミファイナルで行なわれる“Japanese Classic継承マッチ”で藤波辰爾とタッグを組む土肥孝司が、対戦相手の“テロリスト”藤原喜明に対して恐れ知らずの宣戦布告をぶちかました。

「Japanese Classic継承マッチ……だかなんだか知らねえけど、あのジイちゃんはホントに強えのか? キャリアがたくさんある? トシ取ってるだけだろ。名前だとかよ、肩書きだけの奴を俺は今までたくさん見てきてるからさ。俺に喧嘩を教えてくれよ」。マット界で数々の伝説を残し、“関節技の鬼”“テロリスト”と恐れられている藤原に対し、喧嘩マッチの果たし状を突きつけた土肥。かつては元暴走族の総長でもあっただけに喧嘩上等といったところか、「俺も場数は踏んできてるし、何百と路上でやってきたんで自信はある。拳だけじゃなくて、刃物とか出されたこともあるし、そういうやり取りをしてるからさ。まあ、俺がジジイをぶっ飛ばす。それだけ」と気合を見せた。そんな土肥は、公開練習でもスパーリングで相手をボッコボコにするなどやりたい放題。元ヤンの土肥と藤原組長とのタイマン勝負の行方は、はたして!?

一方、藤原とタッグを組んで藤波&土肥と対戦する黒潮は、「自分は小さい頃から藤波さんのことを尊敬していて、藤波さんのように自分も世界一のスーパーテクニシャンになりたいです。なので、試合では自分の得意技であるドロップキックを決めて、藤波さんに自分が“藤波2世”であると認めてもらいたいです!」とアピール。公開練習でも打点の高さ、勢いに定評があるドロップキックを披露し、藤波との対決に意欲を燃やした。

また、7・15後楽園大会でデビューが決まった“37歳の新人レスラー”篠瀬三十七も初めての公開練習に臨み、TAJIRIとのスパーリング、ウェイトトレーニングを披露。スパーでは、ロックアップでTAJIRIをコーナーまで押し込むパワーを見せると、気合の雄叫びと共に放った威力満点のショルダータックルでTAJIRIをふっ飛ばし、これにはTAJIRIも「いや~、すごい力強くなったな。パワー勝負なら俺も勝てないよ」と太鼓判。続いて行なわれたウェイトトレーニングでは、某メジャー団体のトップレスラーと同レベルの重量である180キロのバーベルを軽々と持ち上げる怪力ぶりを披露し、集まった報道陣を驚かせた。

プロレスラーを目指し、ウェイトトレーニングを始めたころは今の半分くらいの重さしか持ち上げることができなかったと語る篠瀬。しかし、トップアスリートのコンディショニング指導、スポーツサプリメント開発で著名な江崎グリコの桑原弘樹氏からトレーニング指導を受けて驚異的なパワーアップ&肉体改造に成功。いまではWNCでも一番となる怪力の持ち主だ。

デビュー戦が目前に迫っているなか、篠瀬は「プロレスに魅せられたお父さんの人生の晴れ姿を応援してください!」とアピール。また、聖地・後楽園ホールでのデビュー戦については、「後楽園ホールでプロレスを観て応援していた自分が、まさかそこでデビュー戦をするとは思ってもいなかった。正直、7月15日で死んでもいいのかなっていうぐらいの覚悟はできてます」と闘志を燃やした。37歳で人生を変えた男の晴れ舞台は必見である!

▼7・15Wrestling New Classic後楽園ホール大会 開場11:00 開始12:00
[メインイベント:シングルマッチ 60分1本勝負]
朱里
vs
浜田文子(プロレスリングWAVE)

[セミファイナル:Japanese Classic継承マッチ 45分1本勝負]
藤波辰爾(ドラディション)&土肥孝司
vs
藤原喜明(プロフェッショナル藤原組)&黒潮二郎

[第4試合:3WAYハードコアマッチ 30分1本勝負]
リン・バイロン
vs
木藤拓也(クズプロ)
vs
高橋星人

[第3試合:篠瀬三十七デビュー戦 20分1本勝負]
児玉ユースケ
vs
篠瀬三十七

[第2試合:シングルマッチ 30分1本勝負]
華名
vs
紫雷美央

[第1試合:タッグマッチ 60分1本勝負]
TAJIRI&丸藤正道(プロレスリング・ノア)
vs
スターバック&大原はじめ(ともにFCF)

▼7・16Wrestling New Classic大阪・世界館大会 開場17:30 開始18:30
[メインイベント:シングルマッチ 60分1本勝負]
大原はじめ(FCF)
vs
スターバック(FCF)

[セミファイナル:『キトウカップ2012』争奪トーナメント決勝戦 60分1本勝負]
第2試合の勝利チーム
vs
第3試合の勝利チーム

[第4試合:シングルマッチ 45分1本勝負]
朱里
vs
下野佐和子(OSAKA女子プロレス)

[第3試合:『キトウカップ2012』争奪トーナメント1回戦 30分1本勝負]
原田大輔(大阪プロレス)&児玉ユースケ&高橋星人
vs
ツバサ(大阪プロレス)&黒潮二郎&リン・バイロン

[第2試合:『キトウカップ2012』争奪トーナメント1回戦 30分1本勝負]
TAJIRI&ゼウス(ザ・ビッグガンズ)&華名
vs
The Bodyguard(ザ・ビッグガンズ)&木藤拓也(クズプロ)&紫雷美央

[第1試合:シングルマッチ 20分1本勝負]
土肥孝司
vs
篠瀬三十七

ホーム > 日記 > 藤原組長に喧嘩を売る元暴走族総長

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る