ホーム > 日記 > AKIRAvs石川雄規!! 6/17ぷちカナプロ全カード

AKIRAvs石川雄規!! 6/17ぷちカナプロ全カード


華名 &木藤6月6日(水)、都内・WNCオフィスにて記者会見が行なわれ、華名自主興行6・17『ぷちカナプロ』(新木場1stRING)の全対戦カードが発表された。

この日は既報の3カードに加えて新たに2カードを発表。これにより6・17『ぷちカナプロ』は全5試合で行なわれることが決定した。会見では、華名が大会の見どころのひとつとして、セミファイナルに抜擢した入江茂弘vs土肥孝司をピックアップ。「WNCの土肥孝司はこの一年でデビューした選手のなかでもダントツに可能性を感じる選手ですので、その土肥と入江が闘うのを私も観たいと思ってましたし、お客さんにもお見せしたいと思いました。この試合を観て、なぜセミファイナルにしたかがわかると思います」と、抜擢理由を語ると共に大きな期待を寄せた。

また自身が出場するメインイベントについては、「私が広島でフィンレーさんと闘ったときにものすごくいろんなものを感じて、得るものがあったんですけど、朱里もヤマケンさんと闘って何かを感じるんじゃないか。そういう意味も込めてここに朱里を持ってきました」とコメント。さらに追加発表された2カードに関して、「AKIRAvs石川雄規、これは私じゃないと組めないカードですねえ」と得意げな表情を見せた華名は、「石川さんには、何も技術もないところから、基礎から教えていただきました。そしてWNCに入ってAKIRAさんから稽古をつけさせていただいてました。この二人が闘う、素晴らしい攻防をお見せしたいと思います」とアピールした。

そして追加カードのもう1試合には、スルガマナブの参戦が決定。超攻撃型のバチバチファイトを売りにしているスルガの対戦相手に関して、華名は「実はシングルで考えていたんですけど、スケジュールの関係で相手がキャンセルとなってしまい、まだ未定なんです」と明かすと、「華名さん、ちょっといいですか?」と、そこに現われたのは別の会見でオフィスに来ていた木藤拓也だ。

木藤は、「そこ、一個空いてるんですか? もし良かったら自分が出てあげましょうか?」とアピールしてくると、すかさず華名は「いや、いいし。そっちはクズプロやん。こっちはカナプロやから」と木藤の逆オファーを拒否。すると木藤は、「そうなんですけど、(クズプロの)名前も出していかなきゃいけないし、あとはやっぱり外貨も稼いでいかなきゃいけないので」と引く様子をまったく見せない。

そんな木藤に対し、華名は「スルガマナブさんを知らないでしょ? どんな闘いをするか知らないでしょ? キック、パンチでアンタ、ケガするよ」と忠告。ところが、「いや、全然大丈夫ですよ。クズの辞書に不可能の文字はないですから」と根拠もないのに強気な発言の木藤は、「なんだったらオープンフィンガーグローブをつけて総合ルールでやりましょうか? なんでもやりますよ、俺は」と仰天発言をぶちかます。そこまで言うならと、華名も「じゃあ、やって」と参戦を承諾。これによりスルガマナブvs木藤拓也の一戦が電撃決定となった。はたして、木藤のこの決断は吉と出るか、凶と出るか……?

▼6・17『ぷちカナプロ』(新木場1stRING)開始18:30
[メインイベント]
華名&山本喧一
vs
朱里&池田大輔

[セミファイナル]
入江茂弘
vs
土肥孝司

[第3試合:シングルマッチ]
AKIRA
vs
石川雄規

[第2試合:6人タッグマッチ]
TAJIRI&中川ともか&黒潮二郎
vs
怨霊&宮本裕向&忍

[第1試合:シングルマッチ]
スルガマナブ
vs
木藤拓也

ホーム > 日記 > AKIRAvs石川雄規!! 6/17ぷちカナプロ全カード

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る