ホーム > 日記 > TAJIRIが語る、5・24旗揚げ戦完全ガイド(前編)

TAJIRIが語る、5・24旗揚げ戦完全ガイド(前編)

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2012年5月19日 4:28 PM
  • 日記

いよいよ開催目前に迫った5・24WNC旗揚げ戦(後楽園ホール)の各試合の見どころをTAJIRIがレクチャー! 読めば観たくなる5・24旗揚げ戦完全ガイド、それではいってみよ~!!

▼第1試合
土肥孝司vs黒潮二郎

【見どころ解説】
「WNCの未来のメインイベントになる一戦」

WNCの未来がかかっている若い二人の一騎打ちをあえて旗揚げ戦の第1試合に持ってきました。その重要性を本人たちも自覚しているようですごく張り切っています。パワーファイターの土肥、ハイフライヤーの黒潮、好対照なファイトスタイルの二人ですが、今回彼らの試合を観たみなさんが数年後に「あの試合を観ていて良かったな」と言えるような、WNCの未来のメインイベントになる一戦となることでしょう。

そして、二人の試合からいわゆるTAJIRI一派、WNCがやろうとしているプロレスが観客のみなさまにも伝わるはずです。彼らにはそういう指導しかしていないので、はい。

▼第2試合:高橋星人デビュー戦
木藤拓也vs高橋星人

【見どころ解説】
「高橋は秘密兵器、隠し玉として世に出そうとボクはずっと思っていた」

木藤くんはああ見えて意外と冷静なところがあるというか、会見なんかで周りがガチャガチャしていてもあまり動じないところがあるじゃないですか。だから、彼も風格が出てきたと言ったら言い過ぎかもしれないけど(笑)、木藤拓也の味を出せるようになってきましたよね。

そんな木藤くんは、WNC旗揚げ戦のあと、6月2日には代表兼エースを務めるクズプロの旗揚げ戦を控えているので気合の入り方が違うと思いますね。大勢の観客の前で彼がアピールできたらクズプロもさらに注目を集めるはずなので。

一方、この試合でデビューする高橋星人は先日、UFOにさらわれてアンドロメダ星で脳にインプラントを埋め込まれて地球に帰ってきたということで、地球人ではなく宇宙人なんですよね(笑)。

ただ、彼は宇宙人になる前から練習でも筋がいいところは見せていたんですよ。4月のプレ旗揚げ戦でアイツが木藤くんに突っかかっていったときも、あの一戦を観たファン、そしてマスコミの方々から大会後に、「高橋がすごく良かった」という声を数多くいただいているんですね。ボクもアイツに関しては秘密兵器、隠し玉として世に出そうとずっと思っていたくらいなので、これは単なる新人のデビュー戦にはならないぞ、という狙いもあったりします。

そんな高橋が、アンドロメダ星で宇宙人のパワーを得たことでますますとんでもない存在になってしまった。これは実力でも互角の闘いになると思いますね。ところで、アンドロメダ星人がどうしていち新人レスラーの高橋の脳にインプラントを施したのか、その理由というのがボクはすごく気になります。そこら辺の謎解きも始まっていくのでしょうか、興味が尽きません。

▼第3試合
矢郷良明&中川ともか&ジョシュ・オブライエン
vs
ウルティモ・ドラゴン&リン・バイロン&児玉ユースケ

【見どころ解説】
「注目はリン・バイロン。強者たちのなかでインパクトを残せるのか!?」

この6人タッグでは、ボクはリンに注目してます。プレ旗揚げ戦の試合を観て改めて思ったのですが、彼女は女子プロレスで頂点を目指すというような星に生まれたコではないだろうし、本人もそういうつもりはまったくないと思うんですね。むしろ男相手でも勝負に勝ちたい、そういう気の強さが彼女本来の持ち味なんじゃないかなと。

ボクは以前から、「性別の違いや体格差というのはその人間の一個性にすぎない」と言ってますけど、リンが実力で男を倒して勝ち上がってきたら必然と高いポジションにおさまる、それこそメインクラスの扱いを受けてもいいと思うんですよ。これはリンに限らずなのですが。そのことを本人にも話してみたところ、彼女は俄然やる気を見せていたので期待したいですね。

ただ、リンは同じチームにレジェンドのウルティモさん、成長著しい児玉がいて、対戦相手には規格外のパワーを持つジョシュ、スーパーテクニシャンの中川さん、そして抜群の存在感を発揮する矢郷さんがいるという。そういった強者たちが揃ったなかでリンはインパクトを残すことができるのか。一筋縄ではいかないと思いますが、ここをクリアできれば彼女もホンモノになれるのではないでしょうか。

▼第4試合
華名&朱里vs真琴&りほ

【見どころ解説】
「真琴は有言実行なるか? そして気になる朱里の言動……」

(紫雷)美央ちゃんの鼻骨骨折があって急遽カードが変更となりましたが、当初のカードに負けず劣らずいろんな意味で面白くなったと思います。りほちゃんが出てきたことでまこっちゃん(真琴)の歴史も絡んできたり、りほちゃんが華名&朱里とは初対決という副産物も生まれましたので。

一方、華名は対戦相手にりほちゃんが出てきたことでキラーモードになりつつありますね。まさか旗揚げ戦の試合で中学生相手に闘うとは思ってもいなかったでしょうし。そのフラストレーションが爆発したら……これはちょっと危険ですねえ。ただ、りほちゃんも、ボクは去年8月にアイスリボンで彼女とシングルマッチで闘っているのですが、容赦なくっちゃくちゃにしてやったのに試合後に彼女が泣きながらボクのほうを睨みつけている目に強さを感じたんですよ。透き通った美しさのなかにある一本芯が通った強さというか。だから、彼女なら華名&朱里に蹴られまくっても、その蹴り足を掴んで噛み付いて、足の指を食いちぎってでもなんかやってやろうっていう気の強さがあると思うんですよ。舐めてかかると手強いぞと、これはボクが実際に彼女と対戦して一番に感じたことですね。

そして、この試合で一番にアピールしなければいけないのは、まこっちゃんですね。プレ旗揚げ戦で華名に対してあれだけの大見得を切ったわけで、リング上で何か目に見えたモノを残せないとただの文句たれで終わってしまいますからね。実は彼女の今後が左右される大事な一戦なんですよ。

さらにもう一人、いま気になるのは朱里ちゃんですね。プレ旗揚げ戦でも、華名、美央、真琴がマイクで言い合ってるところで一人距離を置いていましたし、今回のカード変更のときも会見で華名が憤ってるのに対して、朱里ちゃんは「別にどうでもいい」みたいな発言をしてたじゃないですか。そういった部分も含めて、プレ旗揚げ戦でこれまでの相関図が総崩れになったような気がするので、これからですよね。今度は旗揚げ戦のリングで何かが動き始めると思いますね。

▼5・24Wrestling New Classic旗揚げ戦(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント:シングルマッチ]
AKIRA
vs
デーブ・フィンレー

[セミファイナル:ハードコアマッチ]
TAJIRI&マイキー・ウィップリック
vs
邪道(新日本プロレス/CHAOS)&外道(新日本プロレス/CHAOS)

[第5試合:シングルマッチ]
大原はじめ(FCF)
vs
矢野通(新日本プロレス/CHAOS)

[第4試合:タッグマッチ]
華名&朱里
vs
真琴&りほ(アイスリボン)

[第3試合:6人タッグマッチ]
矢郷良明&中川ともか&ジョシュ・オブライエン
vs
ウルティモ・ドラゴン&リン・バイロン&児玉ユースケ

[第2試合:高橋星人デビュー戦]
木藤拓也(クズプロ)
vs
高橋星人

[第1試合:シングルマッチ]
土肥孝司
vs
黒潮二郎

▼5・26Wrestling New Classic 大阪興行(大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ)開場18:00 開始19:00
[メインイベント:シングルマッチ]
デーブ・フィンレー
vs
ゼウス(ザ・ビッグガンズ)

[タッグマッチ]
TAJIRI&マイキー・ウィップリック
vs
児玉ユースケ&YO-HEY(Fu-Dojo)

[シングルマッチ]
華名
vs
真琴

[6人タッグマッチ]
AKIRA&朱里&土肥孝司
vs
The Bodyguard(ザ・ビッグガンズ)&中川ともか&ジョシュ・オブライエン

[タッグマッチ]
木藤拓也(クズプロ)&リン・バイロン
vs
HAYATA&紫雷美央

[シングルマッチ]
大原はじめ
vs
アミーゴ鈴木

[シングルマッチ]
高橋星人
vs
黒潮二郎
※第1試合の前に河村知哉の公開プロテスト実施

▼5・27Wrestling New Classic 広島興行(広島産業会館 西館第1展示場)開場12:00 開始13:00
[メインイベント:シングルマッチ]
TAJIRI&マイキー・ウィップリック&華名
vs
デーブ・フィンレー&AKIRA&朱里

[シングルマッチ]
大原はじめ
vs
児玉ユースケ

[ハードコアマッチ]
木藤拓也(クズプロ)
vs
504(ダブプロレス)

[チームWNCvs広島連合軍 4vs4シングル勝ち抜き全面対抗戦]
魁(ダブプロレス)
アミーゴ鈴木
KENICHI
HAYATA
vs
土肥孝司
黒潮二郎
ジョシュ・オブライエン
YO-HEY
※出場順は後日発表

[タッグマッチ]
リン・バイロン&ビクトリー上海(レッスルゲート)
vs
真琴&SEIKI(レッスルゲート)

[シングルマッチ]
高橋星人
vs
道本光(ダブプロレス)

※メイン以外の試合順は後日発表

▼WNC6月シリーズ大会スケジュール
6月22日(金)新宿FACE
6月23日(土)大阪ミナミ・ムーブオンアリーナ
6月24日(日)山梨石和温泉 ホテル石庭 伯凰の間

ホーム > 日記 > TAJIRIが語る、5・24旗揚げ戦完全ガイド(前編)

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る