ホーム > SMASH > 2/19 TDCホールでSMASH最終回。3/14はSMASH final

2/19 TDCホールでSMASH最終回。3/14はSMASH final


2月10日(金)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が行なわれ、酒井正和代表より3・14『SMASH FINAL』(後楽園ホール)をもってSMASH第一章の活動休止を発表。また、所属選手であるTAJIRI、大原はじめ、朱里、真琴、児玉ユースケは3月末をもってフリーに。さらに会見に同席したTAJIRIは、残り2大会となる2・19『SMASH.25』(東京ドームシティホール)、3・14後楽園大会まで全力を尽くすと語った。
会見には酒井代表、TAJIRIが出席。まず酒井代表が活動休止に至った経緯を説明。
「突然ではございますが、3月14日の後楽園ホール大会を持ちましてSMASHの第一章の活動を休止させていただきたいと思います。一部メディアで出ていましたが、内容につきましては、(昨年)3月11日の震災以降、私の中でいまやってるSMASHに関して、私の中のことで言うと、震災前のSMASHと、震災後のSMASHという意味で、私の考えが変わってきたというところと、それに併せてTAJIRI選手の方向性と、私の方向性にズレが生じてまいりました。この約一年間近く、たくさんのファンに支えられているSMASHなので、なんとかずっと第一章を終えずに進んでいければと思ったんですけど、TAJIRI選手といろいろ協議をさせていただいて、ここでお互いを一回精算したほうがファンのためにも、私たちSMASHも含めて一番いいんじゃないかということで。どちらかと言うと、円満的に解消させていただくような運びでございます。そうなると所属してましたTAJIRI選手、大原はじめ選手、朱里選手、真琴選手、児玉ユースケ選手はフリーとなるわけですけど。あと練習生ですね。今後、みなさまのご支援のもと活動していくと思います。その際はぜひご協力いただきたいと心から思いますし、わたくしもコンテンツが違うということで活動休止ということになりましたので、何かサポートができることがあればどんどんしていきたいと思っていますので、みなさまよろしくお願いいたします。また、SMASHが旗揚げから2年経ちまして、毎回超満員のお客様におこしいただいて、そのお客様を……(ここで言葉に詰まり、涙を流す)。すみません。3月末を持ってファンクラブも閉じさせていただきますので、会員になられている方には会費を全額返還させていただきます。さきほどから重ね重ねなんですが、SMASH第一章を終えて、プロレス部門としてはひとつの区切りをつけさせていただくことになりますので、3月14日はSMASHのファイナルという形になるかと思います。残っている所属選手が精一杯イベントに臨みたいと思いますので応援よろしくお願いいたします」
続いて、TAJIRIが「ボクはこれまでですね、世界中、言葉、人種が違うところでテロが起きようが、何が起きようが、自分の信念にのっとったプロレスというものを培ってきました。その信念はこれから何が起きようと、これから未来永劫変わることはありません。俺は付いてきてくれる仲間と一緒にその信念を貫く、それだけです。よろしくお願いします」とファンに向けてメッセージを送った。
そして会見は報道陣との質疑応答へ。昨年から何度かの協議を経て今年に入ってから活動休止という結論に至ったことを明かした酒井代表は、「これは人それぞれいろいろな考えがあると思いますが、私の中でのSMASHというのは人生交差点の部分があって、その中でいろんなドラマがあると思うんですけど、リングに上がって表現する人生観が、震災前と後では考え方の変化があったということです。TAJIRIさんからの言葉にもありましたが、何が起ころうともTAJIRIさんの信念は変わらない。それはいいと思います。ただ、私はどちらかと言うと、SMASHの他にも事業をやっておりまして、いろんな意味で多くの方が私の周りでもいろいろありました。そういう中で私の人生をリングに置き換えたときに、ちょっと考え方が変わってしまったと思っていただければ。所属選手たちはほぼ月一回、後楽園ホールで身体を張って人生に挑んでますので、そこで私が戸惑いがあったり、何かあるというのは彼らにとっても失礼にあたると思うし、けじめをつけたいと思ってました」とコメント。
また、SMASHと業務提携を結んでいる天龍プロジェクトに関して、酒井代表は「天龍さんは今後手術をすると思うんですけど、天龍さんが戻ってくるときにその居場所があるように私のほうでサポートしていく、そのつもりでいます」と、これまでと同様に大会運営も含めてサポートしていく模様。そしてTAJIRIからは、予定されている残り2大会に関して、2・19『SMASH.25』(TDCホール)がナンバーシリーズ終了およびこれまでのストーリーの最終回となること、最終興行となる3・14後楽園大会は『SMASH FINAL』という大会名でボーナストラックのカラーを打ち出した大会となることが明かされた。
今回の会見では、”SMASH第一章”活動休止というアナウンスだが、今後について酒井代表は「もう一回、私の中でじっくりと考えをまとめて、また新たなプロレスを提供できるように。いちおうそういう考えは持っています。(別の選手で第二章を?)そうですね。それはなんとも言えないと思うんですよね。いまこの場ではちょっとなかなか表現しにくいです」と、充電期間を経ての再出発を示唆。一方、3月大会を持って所属契約が終了し、フリーとなるTAJIRIは、「そこに練習生がいてざわざわしますが、練習生は俺とAKIRAさん、大原が責任を持って面倒を見ます。(練習生に向かって)心配するなよ、お前ら。ボクはファンのみなさんと、お前ら練習生と、選手のみんなに一緒にメッセージを送りたいと思います。ブレない、揺るぎない、信じてついてこい」とコメント。気になる今後については、「3月14日の『SMASH FINAL』まではSMASHで一生懸命がんばります。それから考えます。それが礼節というかマナーだと思います」と、まずは残り2大会に全力を尽くすことを誓った。
2010年3月の旗揚げからちょうど2年で一旦幕を閉じることとなったSMASH。TDCホールで行なわれるビッグマッチ2・19『SMASH.25』が目前に控えているなかでの衝撃発表となったが、ファイナルストーリーに全力で向かっていく選手たちの一挙手一投足を最後まで刮目せよ!!
■2・19『SMASH.25』(TDCホール)開場15:30 開始17:00
[SMASHチャンピオンシップ]
デーブ・フィンレー(王者)
vs
TAJIRI(挑戦者)
※第2代王者・フィンレーは初防衛戦
[SMASHディーバチャンピオンシップ]
華名(王者)
vs
朱里(挑戦者)
※第3代王者・華名は初防衛戦
VENENO
KENSO(全日本プロレス)
vs
サブゥー
葛西純(FREEDOMS)
スターバック(FCF)
大原はじめ(FCF)
ジェシカ・ラブ(FCF)
vs
大谷晋二郎(ZERO1)
田中将斗(ZERO1)
日高郁人(ZERO1)
[AKIRAプロデュース『あのときの新日本プロレス』]
AKIRA
大矢剛功
vs
藤波辰爾(ドラディション)
エル・サムライ(スポルティーバ)
※特別リングアナ:田中秀和 特別レフェリー:保永昇男
真琴
リン・バイロン
雫あき(お寺プロレス)
vs
高橋奈苗(スターダム)
中川ともか(エスオベーション)
花月(センダイガールズ)
[北都プロレス軍vs元IWA JAPAN軍 全面対抗最終決戦]
木藤拓也
小仲=ペールワン(暗黒プロレス組織666)
ルー・ルルル(北都プロレス)
リッキー・フジ(KAIENTAI-DOJO)
vs
松田慶三
平野勝美
岡野隆史
山田圭介
※特別レフェリー:クレイン中條(北都プロレス)
※特別リングアナウンサー:北の五郎(北都プロレス)
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
児玉ユースケ
土肥孝司
vs
田島久丸(ドラディション)
YO-HEY(Fu-Dojo)
黒潮二郎
[公開プロテスト:スパーリング形式]
受験者:篠瀬晃、桐澤将城
※試合順は後日発表
※公開プロテストは本戦開始(17:00)前に行なわれる
【FIGHTING TV サムライにてニアライブ中継!】
■放送日時
2012年2月19日(日)23:00~26:00
※リピート放送あり

ホーム > SMASH > 2/19 TDCホールでSMASH最終回。3/14はSMASH final

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る