ホーム > SMASH > SMASH24、まずは前半戦をどーぞ☆

SMASH24、まずは前半戦をどーぞ☆


SMASHの2011年ラストを飾る12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)がいよいよ目前に迫ってきた。前回『SMASH.23』(2011.11.24/後楽園ホール)では、”恐怖の大王”デーブ・フィンレーがSMASHのリングに初降臨。初代王者スターバックを相手に世界最高峰のテクニックを見せ付けて完勝したフィンレーの闘いぶりは記憶に新しいところである。
そのフィンレーが再びSMASHのリングに降臨。打倒フィンレーにTAJIRI、大原はじめが立ち向かうなか、さらに”関節技の鬼””テロリスト”の異名を持つ藤原喜明が加わり、闘いのボルテージは日を追うごとに高まっている。

ほかにも、今大会では謎のベールに包まれた北海道のローカル団体『北都プロレス』からやってくる”マスクド北キツネ”ルー・ルルルや、大日本プロレスのデスマッチエースである伊東竜二など、注目度の高い初参戦組が登場。見どころ満載のカードが出揃っている。

そこで、SMASHのプロデューサーを務めるTAJIRIに『SMASH.24』各試合の見どころを語ってもらった。まずは前半3試合の見どころをどうぞ!

■「若き二人のライバルストーリーがここから始まる」

黒潮二郎のお父さんは東京・竹ノ塚で『鍋家 黒潮』というお店をやってまして、ボクはお父さんのことを「マスター」と読んでるんですけど、マスターとは10年以上前からの知り合いなんですよ。なので、ボクは彼が5歳ぐらいのときから知ってるんですよ。で、その頃からタンスの上にあがってそこから宙返りをしてみせたり、バネと運動神経は凄かった少年でしたね。

そして、彼は中学2年あたりからこの世界に関わり出して、紆余曲折を経てようやく19歳で念願のプロレスデビューまでこぎつけたんですね。とにかく注目して観てもらいたいのは、彼のドロップキックですね。これだけでも観ている人は「おっ!」って思うはずですよ。

あと、身体能力だけじゃなく、彼は子どもの頃から周りの大人たちによくかわいがられていたというか、とても愛嬌のある子でして、そういう部分ではスター性も兼ね備えているのかなと思うんですよね。だから、ボク自身も彼のデビュー戦というのはすごく楽しみなんですよ。

一方、黒潮よりもひと足先にデビューした土肥なんですが、1ヵ月とはいえ先にデビューしていてこの世界では先輩になるわけですから、後輩に負けるわけにはいかないですよね。そして、この二人は昔からの知り合いでして、プライベートでもすごく仲が良いんですよ。そういう二人がこれからライバルストーリーを築きあげていければ、SMASHもまた新しいドラマを生み出せるんじゃないか、そういう期待もあります。

あと、この試合では現役アイドルの日向小陽ちゃんが、レフェリーデビューをします。彼女は観客としてSMASHの大会を観に来て、それからすぐに「私もプロレスをやりたいです!」と練習に参加したんですね。身長は145センチと女子プロレス界でも小柄な部類に入るのですが、運動神経はすごく良くて、レスラーとしての素質もあります。なので、レフェリーとしてプロレスを学びながら、レスラーデビューを目指してもらいたいと。そういう思いもあっての今回のレフェリーデビューなんですね。

とにかくこの第1試合は、SMASHにフレッシュな空気を取り込んでくれるような、エネルギー満ち溢れたものになって欲しい、そういう思いが込められています。
【第1試合:黒潮二郎デビュー戦】
土肥孝司
vs
黒潮二郎

■「これまでの女子プロレスにおける概念を崩すような闘いになるはず」

“蹴り”の朱里、”投げ”の雫あき、シンプルに言えば”蹴りvs投げ”という図式になるわけですが、二人ともこのストロングポイントにおいては、それぞれ間違いなく女子プロレス界でもトップの能力だと思うんですよね。観ているほうとしても、すごくわかりやすい対決というか、高いレベルでの意地の張り合いが観れるのではないでしょうか。華名vs雫あきもそうだったんですが、これまでの女子プロレスにおける概念を崩すような闘いになるとボクは思います。お互いが真剣を持って斬り合うというか、そういう一瞬たりとも気が抜けない、そういった緊張感をぜひ感じ取って欲しいですね。

それと、あえて二人に共通する部分をあげたいんですけど、どちらも凄く力強いんですよ。雫ちゃんは、真琴戦でも見せてましたが、相手がスモールパッケージにきたところをこらえて、そのまま持ち上げてぶん投げちゃいましたよね。そういうナチュラルなパワーというのは、やはりアマレスで鍛えた部分もあってズバ抜けてますよ。

一方、朱里ちゃんも身体は華奢に見えるかもしれないんですが、凄くパワーがありますね。練習で男性を肩車した状態で山を登ったりとか、足腰のパワーは並外れてますよ。ただ、同じ力強さでも、雫ちゃんはダイナミックなもの、朱里ちゃんは鋭利なもの、この違いはありますね。一瞬の爆発力というか、朱里ちゃんの場合は力強さにプラスして、スピードがあるんですよね。細かい部分なんですが、こういったところも試合のカギを握るポイントのような気がします。
【第2試合】
朱里
vs
雫あき
■「AKIRAさんが蛍光灯を持ったら……」

先日、大日本プロレスさんの道場で会見をやらせていただいて、AKIRAさんとはじめ試合に向けての意気込みを語っているうちにみんなのテンションが上がりまして、非公開という形でスパーリングが始まってしまったんですけど、やはりAKIRAさんと伊東くんの絡みというのは、ボクが観ていても刺激的なものがありましたね。

あと、会見には出席してなかったんですけど、大日本の佐々木義人選手、彼にはボクもすごく注目しているんですよ。同じ仲間である伊東くんや石川くんも、「アイツはマジでヤバイですよ」って言ってるんですけど、ボクもいろいろな噂を聞いていて、児玉なんかはぶっ壊されるんじゃないかって思ったりもしてですね……。それと、AKIRAさんが佐々木くんと絡んだときにどういったリアクションをするか、AKIRAさんって試合中でも自分が思ったことが言葉でポロッと出るときがあるじゃないですか。おそらく、AKIRAさんもすごく驚いた顔をして、「こりゃ、やべえぞ」って試合中だけど言葉で出ちゃうんじゃないかって気がするんですよね(笑)。

とにかく伊東&佐々木&石川という、この3人はそれぞれが才能あふれる選手ですので、AKIRAさんをはじめ、児玉、YO-HEYは心してかからないと確実に持っていかれると思いますよ。児玉なんかは、会見で伊東くんと初めて会ったときに、伊東くんの身体の大きさが自分が想像していたよりもあったんでしょうね。「どうしたらいいんだろ……」って悩んでましたよ。

その伊東くんについてなんですが、彼はAKIRAさんの「なんでもぶつかってきやがれ!」という言葉に即座に反応して、蛍光灯の持ち込みをほのめかしてましたよね。AKIRAさんは「やべえ、言わなきゃ良かった」って表情をしてましたけど(笑)。だけど、客観的に見て、ボクはAKIRAさんが蛍光灯に対してどう挑むのかっていう、そういう絵をイメージしただけでワクワクしちゃうんですよね。

ちょうど去年のクリスマスイブにやった『ハプニングEve’』(2010.12.24/新宿FACE)で、AKIRAさんがKAORUさんを相手に初めてのハードコアマッチに挑戦したんですけど、そのときも初めてとは思えないくらいハードコアに適応していたんですよね。そうなると、やっぱりAKIRAさんが蛍光灯を持って血を流してる姿っていうのも、観てみたくなるというか、すごくかっこいいと思うんだよなあ。まあ、ボクはこの対決に絡まないので好き勝手言えるんですけどね(ニヤリ)。
【第3試合】
AKIRA&児玉ユースケ&YO-HEY
vs
伊東竜二&佐々木義人&石川晋也
 

■12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30

[メインイベント]
TAJIRI&大原はじめ&藤原喜明
vs
デーブ・フィンレー&ムラット・ボスポラス&ビッグボーイ
[セミファイナル:ハードコア&ドレスアップマッチ]
中川ともか&華名
vs
真琴&リン・バイロン
[第4試合:勝ち抜きイリミネーションマッチ]
木藤拓也&大矢剛功&ルー・ルルル
vs
松田慶三&平野勝美&岡野隆史

※勝ち抜き戦出場順
【先鋒】木藤、【中堅】ルルル、【大将】大矢
【先鋒】岡野、【中堅】平野、【大将】松田
[第3試合]
AKIRA&児玉ユースケ&YO-HEY
vs
伊東竜二&佐々木義人&石川晋也
[第2試合]
朱里
vs
雫あき
[第1試合:黒潮二郎デビュー戦]
土肥孝司
vs
黒潮二郎

※日向小陽レフェリーデビュー

ホーム > SMASH > SMASH24、まずは前半戦をどーぞ☆

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る