ホーム > SMASH > 女の子の新人レフェリー登場!!

女の子の新人レフェリー登場!!


 

12月9日(金)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が行なわれ、12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)で、アイドルユニット『HARU☆HINA』で活躍中の現役アイドル、日向小陽(ひなた・こはる)がレフェリーデビューすることが決まった。
中学2年のときに芸能キャリアをスタートさせた日向は、モデル、TVタレント、舞台などでマルチに活動。現在は、いせひなたと共にアイドルユニット『HARU☆HINA』で、月10本以上のライブをこなしながら活躍中だ。
プロレスについて「怖いイメージしかなかった」という日向だが、知人からの誘いでSMASHの大会を観戦して一転、「私は、これまでいろんな活動をしてきてエンターテイナーとしての気持ちが強いのですが、朱里さんの試合を観て、心を打たれました。私もSMASHと一緒に大きなことをやりたい、いろんなパワーを伝えていきたいと思うようになった」と決意。そして、今年8月からはSMASHの練習に参加し、プロレスデビューを目指していたのだ。
身長145センチと女子プロレス界でも小柄な部類に入る日向について、会見に同席したTAJIRIは、「身体が華奢なんですけど、ロープワークは上手いですし、筋はあります。で、背がちっちゃいから、彼女はロープワークのときにトップロープではなくて二段目に寄っかかるんですよ。レイ・ミステリオもそうですね。セカンドロープでロープワークする選手は、日本ではあまりいないので、それだけでもデビューしたら売りになるのでは」と高評価。
一方、レスラーデビューという目標に向かって、まずはレフェリーの視点からプロレスを覚えるために今回のレフェリーデビューが決まった日向は、「私はちっちゃいので、プロレスは辞めたほうがいいと言う方が多いんですけど、SMASHに入ったからには(プロレスを)やりたいという気持ちがあります。そのまえにリングに上がって、みなさんとの距離を体感したかった。もちろんレフェリーとしても一人前になって、しっかり自分を持ってリングに上がりたい」と意気込みを語った。
本格デビューを前に、11・25『SMASH Live in OSAKA』(ムーブオンアリーナ)にて第1試合を裁き、プロデビューを果たしている日向は、「やる前は緊張してなかったんですけど、リングに上がったら緊張しちゃって、全体を見渡す余裕がまだなかったです。そのなかで、一緒に盛り上げていくという気持ちがすごく大切になると思いました」と初々しくコメント。また、会見では報道陣を前に、『HARU☆HINA』の2ndシングル『笑顔の太陽』を振りつきのアカペラで披露するなど、度胸の良さもうかがわせた。
なお、デビューとなる『SMASH.24』では、第1試合の土肥孝司vs黒潮二郎の一戦を裁くことが決定。SMASHのリングを彩るアイドルレフェリー、日向小陽のレフェリングに注目だ!

■12・30『SMASH.24』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30

[メインイベント]
TAJIRI&大原はじめ&藤原喜明
vs
デーブ・フィンレー&ムラット・ボスポラス&ビッグボーイ
[ハードコアマッチ]
中川ともか&華名
vs
真琴&リン・バイロン
朱里
vs
雫あき
[勝ち抜きイリミネーションマッチ]
木藤拓也&大矢剛功&ルー・ルルル
vs
松田慶三&平野勝美&岡野隆史
※大将、中堅、先鋒の順は後日発表
AKIRA&児玉ユースケ&YO-HEY
vs
伊東竜二&佐々木義人&石川晋也
[第1試合:黒潮二郎デビュー戦]
土肥孝司
vs
黒潮二郎

※日向小陽レフェリーデビュー
※メイン、第1試合以外の試合順は後日発表

ホーム > SMASH > 女の子の新人レフェリー登場!!

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る