ホーム > SMASH > 魏志倭人伝・矢郷先生…今週の論説

魏志倭人伝・矢郷先生…今週の論説


今週も矢郷先生がコラムを書いてくださりました。

毎週毎週、矢郷先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

感謝の気持ちが充満すると、世の中全体が良くなっていきます。

だから矢郷先生は、世の中をよくする作業をしてくださっているのです。

私が矢郷先生を愛する理由のひとつです。

『週刊 矢郷論説委員長のSMASHコラム』第十六回
ニュースの焦点
☆2011年11月01日(火)
SMASHトレーニングキャンプ出身第1号・土肥孝司、11・24『SMASH.23』デビュー!!

遂にSMASHトレーニングキャンプから新人がデビューすることになりました。

土肥孝司君とは会場で挨拶を受けたりしていたので面識がありますが、なかなかマスクもいいし、体も大きくなってましたし、今後の活躍が楽しみです。

プロレス界は新人不況で厳しい状況ですが、SMASHトレーニングキャンプには、まだまだ逸材が揃ってますから、これから順次デビューしていくと思いますので、来年はSMASHの風景がまた変わると思います。

それがプロレス業界自体へのカンフル剤にもなると思います。
やっぱり人は宝です。
人材は人財です。
☆2011年11月01日(火)
「お前を許さない!」帰ってきたリンがふたたび朱里に敵意むき出し!!

リン・バイロンさんが前回『SMASH.22』で復活しましたが、またもや朱里ちゃんにターゲットを絞り出しました。

“汚れ”になったリン・バイロンさんは、昼メロみたいなドロドロしたキャラになっていくのでしょうか? 注目です。

そして朱里ちゃんは、ここから新たなステップアップのチャンスだと思います。
アグレッシブな朱里ちゃんが観たいです。
☆2011年11月01日(火)
注目カード目白押し! 11月シリーズ全対戦カード決定!!

次回『SMASH.23』は11・24の後楽園ホール大会ですが、翌日11・25
にも大阪大会を開催され、二連続興行となります。

その中で注目はやはり、SMASH初代王者、スターバックと“恐怖の大王”デーブ・フィンレーの一騎討ちですね。
そして、大阪でのボディガーとの一戦。

スターバックとの試合は、スターバックも強いですから、どうなるかわかりませんが、かなりハイレベルな試合になることは間違いないです。

そして、大阪でのボディガーとの試合では、デーブ・フィンレーの力量と恐ろしさが垣間見れるのではないか?と思います。

デーブ・フィンレーは初来日が1983年、新日本プロレスさんで、地味ですが、プロレス通、そして選手には一目置かれていました。

それが後に旧UWFにも来日することに繋がったようで、初代タイガーマスクさんとも闘っています。

その後、再度新日本プロレスさんに来日され、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアのリーグでも活躍しております。

この時の特集ビデオを私は持っていますが、テクニックとラフを織り交ぜた闘いをしており、大概の試合の支配権もフィンレーが持っていた様です。

ここら辺が“恐怖の大王”と言われる一端を感じさせます。
参加していたライガーさんやベノワさん(ペガサス・キッド)エディ・ゲレロ(ブラックタイガー)さんなどもデーブ・フィンレーを絶賛しておりました。影響も与えたようです。

デーブ・フィンレーのレスリングスタイルに影響されているレスラーは、世界にかなり居るのですが、その事実からも、どれくらい凄いかが判るでしょう。

デーブ・フィンレーはヨーロピアン・シューターですから、皆さんはカール・ゴッチさんのイメージを持たれると思いますが、私の印象では、シューターでありながらレスリングが器用であり、会場の空気も支配してしまうサイコロジーもパーフェクトなので、イメージはルー・テーズさんの方が近いのではないか?と思います。

次回は、デーブ・フィンレーがWWEで突然復帰した時のお話を紹介したいと思います。
☆2011年11月4日(金)
「心がイケメンなんですよ!」キトタクが探してきたパートナーはヨガ使いの怪奇派レスラー!!

キトタク、完全にキャラ立ちしましたね。
本人はなにがなんだか判らない状況でしょうが。

松田慶三さんも天然にキャラが立ってます。

デーブ・フィンレーやスターバック、マイケル・コバックなどのワールドワイド性と、藤波辰爾さんなどのレジェンド性、華名、朱里、真琴の新しい女子のルネサンス潮流に、局地的マイノリティ・旧IWAジャパンの復興というマニアックなモノまで、SMASHの幅の広さと落差には驚きます。

読むところが沢山ある月刊誌みたいです。
素晴らしいです。

で、キトタクは小仲=ペールワン、松田慶三さんは市来貴代子さんまで連れてくるんですから、これはもう、意味がわかりません(笑)。

小仲=ペールワンとは昔、私も試合したような気がしますが、なんだったのか、どんな選手だったのか、記憶にありません。

たぶんキトタクも北都プロレスで知り合ったと言ってますが、どうせお互いに“あさって”の方向を観てるような会話か、若しくは挨拶しかしてないのに、タッグを組もうとしてるのだと思います。

☆2011年11月4日(金)
2012年度FC会員、11・24『SMASH.23』より入会受付開始!

はい、SMASHファンクラブ新年度会員募集でございます!

新入会していただいた方々には、私にサインなどの声をおかけくだされば、もれなくサインと一緒に誰かの似顔絵・イラストを三波伸介・水森亜土ちゃんばりに描いてさしあげます。

ぜひぜひ、SMASH FCにご入会くださいませ!
第十六回 完
矢郷先生コラムのバックナンバーはこちら>>
大会チケット情報はこちら>>
■11・24『SMASH.23』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[SMASHチャンピオンシップ]
スターバック(王者)
vs
デーブ・フィンレー(挑戦者)
※初防衛戦
[SMASHディーバ・チャンピオンシップ]
華名(王者)
vs
中川ともか(挑戦者)
※初防衛戦
TAJIRI&ウルティモ・ドラゴン
vs
大原はじめ(FCF)&ジェシカ・ラブ(FCF)
児玉ユースケ
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)
木藤拓也&紫雷美央&小仲=ペールワン(暗黒プロレス組織666、プロレス実験団GUYZ)
vs
松田慶三&平野勝美&市来貴代子
朱里
vs
リン・バイロン
真琴
vs
雫あき(お寺プロレス)
[土肥孝司デビュー戦]
AKIRA
vs
土肥孝司

※試合順は後日発表
■11・25『SMASH Live in OSAKA』(ムーブ・オン・アリーナ)開場18:00 開始19:00
[メインイベント]
The Bodyguard
vs
デーブ・フィンレー
TAJIRI&ビリーケン・キッド(大阪プロレス)
vs
AKIRA&YO-HEY(Fu-Dojo)
朱里&真琴
vs
華名&雫あき(お寺プロレス)
中川ともか
vs
リン・バイロン
木藤拓也&紫雷美央
vs
大原はじめ(FCF)&ジェシカ・ラブ(FCF)
児玉ユースケ
vs
土肥孝司
※試合順は後日発表

ホーム > SMASH > 魏志倭人伝・矢郷先生…今週の論説

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る