ホーム > 日記 > 「ローランド・ボックの再来」と例えるとは…さすが矢郷さん

「ローランド・ボックの再来」と例えるとは…さすが矢郷さん


『週刊 矢郷論説委員長のSMASHコラム』第十四回

ニュースの焦点

☆2011年10月16日(日)

TAJIRI、ベルギーでコバックと遭遇!“恐怖の大王”に関する最後の謎を解くために今度はトルコへ!!

ヨーロッパっていうか、EUか。

広いですよね。

で、やっぱりプロレスは世界にあるんですが、WWEのテレビ放送と、ジャパニーズプロレスの海賊版映像とルチャリブレの影響を受けて産まれた、アメリカインディプロレスっぽい団体も世界には多いと思いますが、欧州圏のプロレスには歴史があり、それに培われた独特の強さを持っていますから、“恐怖の大王”ってのはその血統の選手なんでしょうね…

☆2011年10月18日(火)

TAJIRI、欧州最果ての地・トルコで最大の危機!? そして“恐怖の大王”の正体がついに判明!!

そして、TAJIRIさんはトルコで“恐怖の大王”の正体を知るのですが、それが途轍もないレスラーだと判明し、どう対応すべきか混乱しておられます。

実はこの“恐怖の大王”の正体のヒントを私はTAJIRIさんから聞いてまして、もしそのヒントからの推測した選手なら、とんでもない選手であり、ファンのみならず、全プロレスラーが注目せざるを得ない、特にプロレスリング自体に心から敬服している選手は狂喜し、また同時に恐怖する選手ではなかろうかと思います。

☆2011年10月19日(水)

藤波、レスラーの卵を指導する『藤波辰爾教室』で新たなる“飛龍継承”へ!!

藤波辰爾教室はファン必見だと思います!

藤波辰爾選手の指導を観ることで、プロレスの歴史の一端を垣間見ることができると思います。

☆2011年10月19日(水)

欧州遠征から帰国したTAJIRIが悲壮決意「命がけの潰しあいをする」

スターバックも“恐怖の大王”の強大な力を知っているので、覚悟を持ったのでしょう。

この“恐怖の大王”が私の予想通りなら、昭和の新日本プロレスに“シュッツガルトの墓掘り人”と呼ばれたローランド・ボックという、新日本プロレス史上、最強のインパクトを残した選手が来日したことがあったのですが、私はこの、ローランド・ボックの再来のようなことになるのではないか?と予感しております。

☆2011年10月20日(木)

参加者受付中! 10・28『SMASH.22』アフターパーティ開催!!

これはニュースではないんですが、アフターパーティは楽しいので取り上げました。

アフターパーティーには私も過去三回くらい参加させていただいたことがあるのですが、回を重ねるごとに参加者が増えておりまして、毎回大変な盛り上がりでございます。

今回、試合後、無事でしたら私も顔を出したいと思います。

☆2011年10月20日(木)

思わぬ形で一致団結! TAJIRI、華名、矢郷が合同公開練習を敢行!!

これは、私の人生の中では忘れられない一日となりました。

TAJIRIさんのアシストになればと、思っていたらなんと、華名選手も同じ想いで西調布に来られ、合同練習ということに相成ったわけですが、練習をご一緒させていただき、TAJIRIさんの強さに驚き、そしてトレーニングへの真摯さとプロレスラーであるというプライド、プロレスリングへの甚深なるリスペクトを持っておられることを体感し、本当にカラダ一つで世界を股にかけ、日本が誇るプロレスリングのメジャーリーガーになられた“金の中の金”、のプロレスラー、TAJIRIさんに「“本物”とはこうなんだ」ということを無言のうちに教えられました。

私は、本当にカルチャーショックでした。

TAJIRIさんは、プロレスの凄さ、偉大さを総て体の中に内包されておられます。

本当に凄いです。

また、映像的にもTAJIRIさんの立ち技スパーリングは貴重なものなのではないか?と思います。

そのお相手できて光栄でございます。

そして、華名選手!

華名選手も素晴らしかった。

基本を大事にされ、レスリングも素晴らしく、ファイティングスピリットも豊富で、これでグッドルッキングなんですから、ちょっと普通の女子レスラーは太刀打ちできないと思います。華名選手は本当にプロレスリングというものを愛しておられます。

素晴らしいです。

そんな素晴らしい方々と一緒に練習したりなんて、生涯で何度もあることではないですから、本当に記念になる一日でした。

TAJIRI選手とスターバック選手とのSMASH初代王座決定戦は素晴らしいものとなるでしょう。

そして、華名選手と雫選手との選手も楽しみです。

私も藤波辰爾さん、ウルティモ・ドラゴンさんとの対戦に一層の気持ちのチャージアップが出来ました。

プロレスは素晴らしいです。

2011年10月22日(土)

TAJIRIが語る10・28『SMASH.22』完全ガイド!

とにかく10.8、SMASH22 後楽園ホール大会におこしくださいませ!

TAJIRIさんの対戦カードガイドに“アイドルユニット『Apple tale』に加入しまして、CDデビューすることが決まりました。そのCDジャケットの撮影をリング上でやっちゃいます! 朱里ファン、Apple taleファンのみなさまは必見ですぞ!!”ってのが書いてあったのはビッグニュースなんではないだろか・と思います。

続報を待ちましょう!

ホーム > 日記 > 「ローランド・ボックの再来」と例えるとは…さすが矢郷さん

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る