ホーム > 日記 > 後楽園で「藤波辰爾教室」開校!!

後楽園で「藤波辰爾教室」開校!!


10月19日(水)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が行なわれ、“炎の飛龍”藤波辰爾がプロレスラーの卵たちを指導する『藤波辰爾教室』が10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)よりスタートすることが発表された。
今年8月の『SMASH.20』(2011.8.11/後楽園ホール)でSMASH初参戦をはたし、キャリア40年で磨き上げたレスリングテクニックでファンを魅了、大歓声を受けた藤波。続く、『SMASH.21』(2011.9.8/後楽園ホール)で藤波は選手としてではなく、ひとりのファンとして客席から観戦。そのとき、ある光景が藤波の目に留まった。
「試合前に若い選手が練習している姿を見たんですよ。このときに、昔の新日本プロレスにあったリング上の姿というか、それが蘇りましてね。試合前の練習は、新日本の立ち上げからずっと名物としてありまして、それを楽しみに来るファンもいたんですよね。そこでどの選手が成長してくるのか、というのがファンの楽しみとしてあったと思うんですけど、それがこのまえ見ていて強く印象に残りまして」
SMASHでは現在、開場後の客入れ時にリング上でSMASHトレーニングキャンプ生による公開練習が実施されている。その光景を目にした藤波が、若き日に新日本プロレスのリング上で同じようにファンの前で練習に励んでいたときの記憶と重なったのだ。これに大きな刺激を受けた藤波が、満を持して始めるのが『藤波辰爾教室』である。
「ぜひ若い選手をリング上で見てみたい。レスリングの極意じゃないけど、いままで自分がやってきたプロレス、藤波流のプロレスを少しでも若い選手たちに教えてあげられたらというのがありますね。自分もアントニオ猪木からプロレスの指導を受け、海外に行ってカール・ゴッチのプロレスなどを見たなかで、自分が持っているものを若い選手たちに吸収してもらえればいいかな。そして、お客さんにいいものが見せられればと思います」
会見に同席した酒井代表も、「藤波選手に練習を見ていただくということは、夢のような話で非常にありがたく受け止めています。逆に、今後ともよろしくお願いいたします」とコメント。これを受け、藤波は「自分たちも若いときはヒザやヒジを擦りむきながら成長していった。そして、選手も擦りむけば擦りむくほどレスラーとして味が出るということを教えられてきた。その成長段階からファンの方々が応援していくことは非常に大事。今の業界において忘れかけている部分というか、これは大事にするべきだと思ったのが自分が心を動かされた理由です」と意欲を燃やした。
また、『SMASH.22』では“究極龍”ウルティモ・ドラゴンとの“ダブル・ドラゴン”を結成し、矢郷良明&真霜拳號を迎え撃つ藤波だが、「いま試合回数も増えてきて、タッグに関しても自分のなかでは非常に興味がある。いい試合になるのでは」と、こちらも気合十分。SMASHのリングで“飛龍継承”の新たなるストーリーが今ここに始まろうとしている!
【関連ニュース】
藤波&ウルティモの相手に“人間兵器コンビ”矢郷&真霜が名乗りを上げる!
大会チケット情報はこちら>>
■10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[初代SMASH王座決定戦]
TAJIRI
vs
スターバック(FCF)
藤波辰爾(ドラディション)&ウルティモ・ドラゴン
vs
矢郷良明&真霜拳號(KAIENTAI-DOJO)
華名
vs
雫あき(お寺プロレス)
[SMASHディーバ王座次期挑戦者決定戦 4WAYイリミネーションマッチ]
朱里
vs
真琴
vs
Ray(アイスリボン)
vs
中川ともか(エスオベーション)
[妄想実況ハンディキャップマッチ]
木藤拓也
vs
松田慶三&平野勝美
※紫雷美央がこの試合の生実況を行なう
天龍源一郎(天龍プロジェクト)&児玉ユースケ
vs
マイケル・コバック&ロブ・ロー
大原はじめ(FCF)
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)
[ワールドトライアウト]
AKIRA
vs
シュガー・ダンカートン
■10・26『SMASH Live in OSAKA』(ムーブ・オン・アリーナ)開場18:00 開始19:00
TAJIRI&AKIRA
vs
マイケル・コバック&ロブ・ロー
木藤拓也
vs
スターバック(FCF)
大原はじめ(FCF)
vs
松山勘十郎(大阪プロレス)
ゼウス
vs
シュガー・ダンカートン
YO-HEY(Fu-Dojo)&児玉ユースケ
vs
小峠篤司(大阪プロレス)&原田大輔(大阪プロレス)
朱里&真琴
vs
華名&紫雷美央
※試合順は後日発表

ホーム > 日記 > 後楽園で「藤波辰爾教室」開校!!

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る