ホーム > 日記 > 「恐怖の大王」の正体…それは!!

「恐怖の大王」の正体…それは!!


絶叫するムラットの望遠撮影に辛うじて成功した。(撮影・新田さん)

ムラットの口から聞かされた「恐怖の大王」の正体…

それはコバックが言っていたとおり、オレのよく知る人物でした。

しかし、オレにはどうしても信じられない。

なぜなら、その人物は温厚で、誰からも愛される、じつに「やさしい顔」をもつ男だからなのです。

それでもコバックの言に従えば、そんな一面も「仮面の顔」であるということなのか!?

もっともオレの知るその人物は、業界内、特に海外では(もちろん日本でも)誰からも一目置かれている…というより、むしろ誰からも恐れられている…いや、もはや畏怖されているといっても過言ではないレスラーであることに間違いはありません。

業界内には、彼の恐ろしさを伝えるエピソードが数多く存在しています。

特に、日本でも超有名な某アメリカ人巨漢レスラーを控室で泣いて謝らせた逸話などは誰もが知る事実として広く知れ渡ってはおりますが、普段その人物と接していると、それが嘘と思えてきてしまうほどのギャップがオレの中ではどうしてもあるのです。

そうそう、ムラットはこのようにも叫んでいました

「今月、貴様とスターバックがSMASHとやらの初代王座を懸け戦うそうだが、どっちが勝つにしろ大王様の挑戦を受けるんだろうなあ!?もし逃げたら、貴様らは世界中の笑い者だぜえ!!」

と…

いまオレは新田さんと二人、イスタンブール市内のとあるホテルに身を隠しています。

日本へ帰る明日の便のチケットをなんとか入手できたので、ムラットたちの目をかいくぐり、日本まで帰り着きたいと願っているのですが。

日本へ着いたら真っ先にやること。

それは、頭の中を整理して、落ち着いてスターバックに電話をし、今回欧州で起きたすべてを事細かに伝えることです。

そうして、オレとスターバックのどちらが勝つにしろ、その人物の挑戦を受けるべきか、どうなのか?

もしもオレの知るその人物が本当に「恐怖の大王」だとするならば…

間違いなく、SMASHは暗黒と混乱の世界に陥ります

すでにオレの頭の中には混乱が生じてきてしまっているので、じっくりと落ち着いて、よく考えて、それから対応策を練りたいと思います。

無事に日本へ帰らなくては。

欧州で起きたすべての事件が集約されることとなりそうな10/28 SMASH22 後楽園ホール大会まで、あと11日…

ホーム > 日記 > 「恐怖の大王」の正体…それは!!

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る