ホーム > 日記 > SMASHが大航海時代に突入する…10月二大会全カード決定

SMASHが大航海時代に突入する…10月二大会全カード決定


「男がロマンと冒険を捨てたら、ただの屁ですよ」(天龍源一郎)

10月12日(水)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が開かれ、“恐怖の大王”の謎を追ってベルギーに旅立つことになったTAJIRIが、出発を前日に控えて心境を告白。さらに、マイケル・コバックに仕える“地獄の使徒”として10月シリーズに襲来するロブ・ローの経歴が公開された。
先日、SMASH宛てに「“恐怖の大王”ウンヌンが噂に上がっているようだが、その“恐怖の大王”について詳しく知りたいとは思わねえか!? もし知りたければ、15日にベルギーまで来ることだな……いや、オマエは来ずにはいられない。なぜなら……それがオマエの運命だからだ!!」という手紙を送りつけてきた“地獄のアル・カポネ”マイケル・コバック。これまで“恐怖の大王”に関しては、“メキシコの神”VENENOが「SMASHに恐怖の大王が姿を現わし、猛威を振るい始めることとなる」という不気味な予言を残しているが、この謎を突き止めたいTAJIRIはベルギー行きを決意。出発を前日に控え、この日行なわれた会見でTAJIRIが改めてその胸中を明かした。
ベルギーと言えば、これまでコバックの“地獄の使徒”としてサー・ロビン、サイボニック・マシーンの2選手がSMASHに襲来。つまり悪の巣窟とも言える土地にTAJIRIは足を踏み入れることとなる。どんな危険が待ち受けているかわからない状況ではあるが、「恐怖の大王が誰なのか。だからなんなのかという、根源的な謎があるんですよ。こういうのって怖いとかじゃなくて、楽しみなんですよね」と、現在のTAJIRIはその不安よりも“恐怖への大王”に対する好奇心が強い様子だ。
そんななか、“地獄の使徒”として親分であるコバックと共に今シリーズやって来るロブ・ローの経歴がこの日の会見で公開された。TAJIRIがフィンランドに滞在する日本人ジャーナリストから取り寄せた情報によると、ベルギー出身のロブは、ナショナル王座、ヨーロピアン王座をそれぞれ約1年間保持していた実力者であることが判明。さらに、コンピューター・プログラマーとしての顔も持つロブは、過去にベルギー国内であまりにも過激すぎて販売禁止となった戦闘ゲームを開発した経歴を持ち、ゲームだけでは飽き足らずプロレスラーとなって闘いにおいても緻密なプログラミングを発揮していることから“地獄のプログラマー”と呼ばれているようだ。
日本に襲来する前にベルギーでコバックらと遭遇する可能性は大。そんな危険を冒してでも謎を突き止めたいTAJIRIの前に、はたして“恐怖の大王”は姿を現わすのか!?
【関連ニュース】
天龍への復讐に燃えるコバックが来日予告! さらに“恐怖の大王”の噂を追ってTAJIRIはベルギーへ!!
大会チケット情報はこちら>>
■10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
【追加カード】
天龍源一郎(天龍プロジェクト)&児玉ユースケ
vs
マイケル・コバック&ロブ・ロー
大原はじめ(FCF)
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)
[ワールドトライアウト]
AKIRA
vs
シュガー・ダンカートン
【既報対戦カード】
[初代SMASH王座決定戦]
TAJIRI
vs
スターバック(FCF)
藤波辰爾(ドラディション)&ウルティモ・ドラゴン
vs
矢郷良明&真霜拳號(KAIENTAI-DOJO)
華名
vs
雫あき(お寺プロレス)
[SMASHディーバ王座次期挑戦者決定戦 4WAYイリミネーションマッチ]
朱里
vs
真琴
vs
Ray(アイスリボン)
vs
中川ともか(エスオベーション)
[妄想実況ハンディキャップマッチ]
木藤拓也
vs
松田慶三&平野勝美
※紫雷美央がこの試合の生実況を行なう
■10・26『SMASH Live in OSAKA』(ムーブ・オン・アリーナ)開場18:00 開始19:00
TAJIRI&AKIRA
vs
マイケル・コバック&ロブ・ロー
木藤拓也
vs
スターバック(FCF)
大原はじめ(FCF)
vs
松山勘十郎(大阪プロレス)
ゼウス
vs
シュガー・ダンカートン
YO-HEY(Fu-Dojo)&児玉ユースケ
vs
小峠篤司(大阪プロレス)&原田大輔(大阪プロレス)
朱里&真琴
vs
華名&紫雷美央
※試合順は後日発表

ホーム > 日記 > SMASHが大航海時代に突入する…10月二大会全カード決定

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る