ホーム > 日記 > 戦闘アスリート、雫あきの脅威

戦闘アスリート、雫あきの脅威


昨日、SMASH合同練習に雫あき選手が初参加した

普段はノホホンとした雰囲気なのだが…動きだすと豹変する。空気を一瞬で変えてしまうその瞬間を見せるだけでも観客からお金をとる資格があると思える。それほど豹変っぷりがハンパなく凄いのだ。

彼女がリングで動いている姿を生で目撃するのは初めてのこと

そう、オレは実際に動いている彼女の姿を見たことがないまま、現DIVA王者である華名とのシングル対決をマッチアップしたのである

実を言うとそういうことを、オレはこれまでも割と頻繁におこなってきている

今だから明かすが、華名の試合だって一度も生で見たことがないまま朱里とのメインを任せたのだ

しかし、それは賭けでもなんでもない

「感じる」のだ、オレは

自分で言ってしまうが、直感力が鋭いのだ

言葉もロクに通じない海外で、直感を頼りに10年以上も生きながらえてきたのだから長けているのは当然のことだ

で、雫あき

今回も直感が大当たりしたようである

凄いのだ

何が凄いのかというと、女子プロレスラーには有り得ない動きをするのだ

まず、脚が止まらない

ボクサー並みのフットワーク

あの機敏さで動かれたら、そんじょそこらの女子プロレスラーでは触れることすら出来ないであろう

そうして、どうしようもないくらいに力が強い

どんな体勢からでも相手を持ち上げ、瞬時に最高頂まで抱え上げ、急転直下に叩き落してしまう

昨日も児玉や朱里ちゃんを ズダーン!ズダーン!と、なにげなく、本当に無造作に、ファイヤーマンキャリーでポイポイと投げ捨ててしまった

そのあまりの素早さと力強さとタイミングの良さに、投げられた方は「あれ?」と、何が起きたのか分からない顔をしていた

関節技や蹴りに対しどのような対応が出来るのかはまだ不明だが、組み合いからの投げ合いをやらせたら、彼女に勝てる女子プロレスラーは少なくとも日本には一人もいないとオレは思う

それほどまでに凄いのだ、雫あきのアスリート的素養は

10/28 SMASH22での対華名戦に向け、彼女はおそらく徹底的な打撃&関節技対策を練ってくるはず

頭も非常にスマートなので、そういう人間は段階的にきちんと対策を練り、当日に挑む習慣を身に付けている

さあ、とんでもない脅威の戦闘アスリートが現れたぞ

10/28で戦う華名のみならず、今後は朱里ちゃんや真琴っちゃんにとっても驚異となってくるに違いない

来月の対華名戦、オレは本当に本当に楽しみだね

組んだオレ自身がお金を払ってでも見たくなるカードになってきちまってるよ、オレの中で

10・28『SMASH.22』チケット情報はこちら>>
■10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30

華名
vs
雫あき(お寺プロレス)

藤波辰爾(ドラディション)&ウルティモ・ドラゴン
vs
矢郷良明&真霜拳號(KAIENTAI-DOJO)
[初代SMASH王座決定戦]
TAJIRI
vs
スターバック(FCF)

[4WAYイリミネーションマッチ]
朱里
vs
真琴
vs
Ray(アイスリボン)
vs
中川ともか(エスオベーション)
木藤拓也&紫雷美央
vs
松田慶三&平野勝美
※ただし、美央が未承諾のため仮決定

ホーム > 日記 > 戦闘アスリート、雫あきの脅威

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る