ホーム > 日記 > 女子プロレス版「山のフドウ」…雫あきが華名と戦う

女子プロレス版「山のフドウ」…雫あきが華名と戦う

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年9月10日 3:02 AM
  • 日記

とにかく、このデカさに注目していただきたいのだ

9月9日(金)、都内・株式会社スマッシュにて、前夜に開催された『SMASH.21』(後楽園ホール)の一夜明け会見が開かれた。会見には、セリーナを下して初代SMASHディーバ王座を獲得した華名が出席。初代王者としての心境、今後の抱負を語った。また、会見では10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)の追加対戦カードが発表され、華名はチャンピオンとして迎えるSMASH初戦で、TAJIRIから大抜擢を受けた“無名の逸材”雫あきと対戦することが決まった。
セリーナとの激闘を制し、初代SMASHディーバ王座に輝いた華名はベルトを肩にかけて登場。初代王者の華名は、「新しく作られたベルトということで、昨日まで誰もベルトを巻いてない、言わば純白なベルト。初代で巻けることをうれしく思っています。初代のチャンスというのは一度しかないので非常に貴重ですし、何よりも男子団体が管理するベルトということで、私にとっても重要なベルトとなりました」と喜びを語った。
そして、初代王者として迎える10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)で華名が対戦する相手について、会見に同席したTAJIRIは、「女子プロレス界では無名ですが、アマチュアレスリングでは全日本準優勝という実績を持った物凄いアスリートがいるんです」という紹介の後、華名の対戦相手となる雫あきが会見場に呼び込まれた。
アマチュアレスリングで輝かしい実績を残している雫は、170cm、67kgと恵まれた体格を持つ大型ファイター。また、慶応大学在籍時代には学生プロレスで活躍し、僅かなキャリアではあるがプロ戦歴もある。そして、実家がお寺である雫は、現在『お寺プロレス』を設立し、学生プロレスの現役レスラー、OBレスラーと共にプロレスを通しての社会貢献、地域活性化を目指した慈善事業に従事するなど異色の経歴を持っている。
雫のアスリートとしての能力、キャラクターに惚れ込んだTAJIRIは、雫にSMASH参戦をオファー。さらに、雫が華名との対戦を要望していたことを受けてTAJIRIは華名に雫との対戦をオファーし、華名も承諾。ここに誰もが予想できなかった一戦が実現することとなった。
念願の対戦、さらに大抜擢を受けて参戦する雫は、「このような機会を与えていただいて、みなさんの期待を裏切らないよう、お寺プロレスの名に恥じないようプロレスをしたい」とコメント。一方、以前に師事を受けているバトラーツの石川雄規から雫の実力について話を聞いていたという華名は、「“凄い選手がいる”と石川さんから聞いていましたので、石川さんが言うなら間違いないと思ってます。この試合を観た人はきっと衝撃を受けるんじゃないかと思います。藤原組長が練習のときによく言ってる言葉があるんですけど、“本物の技術というナイフをいつでも出せるように研いでおけ”と。きっと私と朱里のように、そういうことができる選手じゃないかと思ってます」とアピールした。
「自分は華名選手には絶対になれない。自分は自分なので華名選手に無いものと言ったら、私の場合はバックボーンであるレスリングと大きな身体だと思います。華名さんに無いところで攻略していきたい」と華名戦への意気込みを語った雫は、さらに今後について朱里との対戦も熱望。対する華名は、「アマレスをしているということで、どこから何を取られるのか気をつけなければいけない」と、雫のグラップリング能力に警戒を見せた。
また、雫は、11月5日に行なわれるバトラーツ最終興行・新宿大会でバトラーツルールでの一騎打ちも華名に要求。これを華名も受け入れ、二人は一週間で二連戦することとなった。名実共に“世界の華名”となった初代王者と、プロ戦績は僅かながら抜群のアスリート能力を持つ“無名の逸材”の遭遇。注目の一戦の行方は、はたして……!?
10・28『SMASH.22』チケット情報はこちら>>
■10・28『SMASH.22』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[初代SMASH王座決定戦]
TAJIRI
vs
スターバック(FCF)
華名
vs
雫あき(お寺プロレス)
[4WAYイリミネーションマッチ]
朱里
vs
真琴
vs
Ray(アイスリボン)
vs
中川ともか(エスオベーション)
【参戦決定選手】※SMASH所属選手以外
藤波辰爾(ドラディション)
天龍源一郎(天龍プロジェクト)

[ワールドトライアウト出場]
シュガー・ダンカートン

ホーム > 日記 > 女子プロレス版「山のフドウ」…雫あきが華名と戦う

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る