ホーム > 日記 > 藤波さん、SMASHをかく語りき

藤波さん、SMASHをかく語りき

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年8月17日 1:46 AM
  • 日記

会見前、奥さんと共にSMASHへの想いを本当に熱心に語ってくださいました。

8・11『SMASH.20』(後楽園ホール)でSMASH初参戦をはたした藤波辰爾が、8月16日(火)都内・株式会社スマッシュで行なわれた会見に出席し、継続参戦に意欲を燃やした。
藤波は先日の『SMASH.20』でワールドトライアウト合格第1号の覆面レスラーMentalloと対戦。観客から大きな声援を受けた藤波は、卓越したレスリングテクニックで相手を翻弄。最後はドラゴンスクリュー2連発からのドラゴンスリーパーという必殺フルコースで勝利を飾っている。
初参戦となったSMASHについて、「新鮮さをすごく感じましたし、われわれが忘れつつあるものも感じ取れた。そしてお客さんが本当に温かかった。プロレスというなかでSMASHさんがどういうものを伝えようとしているのか、それをお客さんが分かろうとしている。これが一番大事なんだよね」とコメント。さらに自身の試合については、「いろいろなリングに上がってみて、対戦相手にしろ、その場においてもゾクゾク感がだんだん薄れてくるものだけど、ひさびさに違った新鮮味、いい意味でのゾクゾク感を感じ取れた。これは自分のなかでも新しい発見」と、新たなる手応えを掴んだようだ。
この藤波の発言を受け、TAJIRIはSMASHへの継続参戦、ならびに若手レスラーの育成を打診。これに対し、藤波は「次にどういう展開になるのか。お客さんも想像しているけど、自分も同じ気持ちです。レジェンドとやるのもいいけど、自分としては初めての選手とも対戦したい。自分はアメリカ、メキシコ、ヨーロッパと回ってそれが知らないうちに身についているんだけど、自分と闘うことで違うものを感じ取ってもらえれば」と“飛龍伝承”に意欲を燃やした。
キャリア40年のリビングレジェンドでありながら、新たなる発見、新たなる闘いを求め続ける藤波。はたして、SMASHではどんな展開が今後待ち受けているのか!? SMASHのリングで飛躍する“炎の飛龍”に注目だ!

ホーム > 日記 > 藤波さん、SMASHをかく語りき

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る