ホーム > 日記 > 矢郷先生から見た今週のSMASH…後楽園に誘導される論説

矢郷先生から見た今週のSMASH…後楽園に誘導される論説

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年8月6日 11:51 AM
  • 日記

『週刊 矢郷論説委員長のSMASHコラム』第三回
ニュースの焦点

8.11『SMASH.20』後楽園ホール大会まであとわずかです!
今週はニュースが沢山ありました。
解説泣かせです。
★2011.7.30(土)
“アイドルレスラー”栗原あゆみがSMASH参戦意思を表明! 8・11『SMASH.20』で“あること”を発表へ!!

実は私は、週刊プロレスモバイルの『矢郷良明のSMASH大研究』の一回目のインタビューの時、注目する革命的女子レスラーとして、朱里、華名、そして栗原あゆみ選手の名前を出して、栗原あゆみ選手の魅力について語っていたのです。

その内容は、栗原あゆみ選手がまだSMASHには登場していなかったので掲載されませんでしたが、ここに来て本当に朱里・華名・栗原あゆみがSMASHに揃うとは、私も驚きました。
これでSMASHガールズワールドは大きな展開を魅せると思われます。

TAJIRIさんも言っておられますが、栗原あゆみ選手は明るい女子プロレスラー的な感じで、生まれつきのスターって雰囲気ですが、試合の所々に“健気さ”が滲み出ており、それがファンを熱くさせるのではないか?と思っております。

しかし、栗原あゆみ選手、プロレスラーとしては、キャリア・ポジション的に、ここは勝負どころだと思います。
SMASHではとにかくカッコつけるのが見透かされるので、どこまで自身をさらけ出せるかがポイントになると思います、
等身大の生々しい姿で勝負する、栗原あゆみ選手が観たいですね。
★2011.8.2(火)
「リングの上で結果を出すだけ。華名を蹴り倒します!」朱里、華名を蹴殺宣言!!

朱里ちゃん、いいカンジでミット蹴ってました。
彼女は背筋のバネが凄く、ミドルキックもかなりフォロースルーしてます。

プロレスだとハイキックか、胸にミドルキックが定番ですが、あのミドルキックを本当にミドルに蹴り込めばよいのではないでしょか?
立ち技のセオリー通り、前蹴り、スイッチミドル、パンチからのローキック、インファイトは首相撲で膝、という組み立てをプロレスに持ち込むのもアリだと思います。

華名選手とか、栗原あゆみ選手が鼻血を出したり、口を切って流血したりすると男性的には「おお!」となると思うのですが、朱里ちゃんには、流血してる相手を観てニヤニヤしてる姿が似合うと思いますし、男性ファンもその姿に「おお!」となると思います。
朱里ちゃんは基本、Sだということです。
Sキャラでいってください。
★2011.8.2(火)
キトタクがまたまた“48の合体技”を披露! さらに美央との相思相愛ぶりを大胆アピール!!

もう、キトタクの映像は酷すぎる(笑)。
なんだよ合体技って。

また、キトタクは素顔のまんまでおかしなこと言っているし。

キトタクは控室でもあんな感じですからね。
キトタクの妄想癖は完全に「患者さん」です。
キトタクは今年の「患者オブ・ザ・イヤー」間違いなし。
★2011.8.2(火)
スターバックが“天龍超え”に向けて怪気炎!「お前の35年の歴史に俺が終止符を打つ!」

スターバックが「ソウデスネ」って言ってるのは、ジャイアント馬場さんのモノマネだったとは驚きました(笑)。

旧全日本ヲタクだったというカミングアウトもビックリ。
私も旧全日本ヲタクですから、やっぱりスターバックとはなにか合うのかもしれません。
スターバックはギターも弾くし、絵も上手いし。

スターバックに今度、馬場さんのモノマネで「アカベコ」って言うのを教えようと思います。
★2011.8.3(水)
ソフト今井レフェリーが大予言!「8月11日、大原はじめの頭上に恐怖の神が降ってくる!!」

本当に、キトタクとかソフト今井レフェリーとか、病人テイストばっかりフューチャリングして、SMASHにそちら方面からクレームがつかないのでしょうか?(笑)。

神にとり憑かれた、ソフト今井レフェリーの顔は公共の電波ではまず、アウトでしょう。
SMASH病棟。

大原はじめ選手にとっては、VENENOとの試合は大事な試合だと思うので、クレイジーペイシェントの渦を吹き飛ばすような、恐ろしいところ観せていただきたいです。
★2011.8.3(水)
美央が怒りの完全否定も、キトタクは熱愛を猛アピール!

紫雷美央選手のキレっぷりは、地方のキャバクラとか、スナックにいるお姉さんみたいです。
美央姐さんには今後、妄想癖のキトタクから、「いったい、幾らまで引っ張れるか?」という腕も魅せていただきたいです。

とにかくこの映像でもナチュラルボーン無機質、キトタクの表情と会話のギャップには大注目です。

ちなみに、私的には、映像後半の病人キトタクとTAJIRIさんとのやり取りが、“OL面接モノAV”のぎこちない面接部分のクオリティに匹敵するのでは?とニラんでます。
★2011.8.4(木)
“暴走筋肉戦士”ゼウス、AKIRA戦に向けて必勝アピール!

ゼウス君とかこの手の顔の人って、なんでサングラスをして喋るのでしょうか?
EXILEの影響でしょうか?

ゼウス選手、次はAKIRAさんということで、とにかく頑張ってください。
★2011.8.4(木)
石川、TAJIRIとの大勝負に「大日本のファンのみんなにも目に焼き付けて欲しい」

石川晋也選手は凄くいい選手です。
一橋大学を卒業してインテリだし、プロレスの志向もアメリカやヨーロッパだし、性格もグッドハートです。

TAJIRIさんとのトーナメント二回戦のシングルマッチということで、かなり興味深い試合になると思います。

あえて言わせていただくなら、石川晋也選手は打撃系の技がフォーアーム・エルボー中心で、それが試合中に多過ぎるので、フォーアームに変わる打撃と、スタンドでのクラッチ技・ギブアップ技を使ったりすると、勝機があるような気がします。
★2011.8.4(木)
「酒落臭い!」天龍、スターバックの終止符予告を一蹴!!

天龍さんとスターバックの一戦は、スターバックのプロレスアタマがどれくらい、オリジナルプロレスラー・天龍源一郎に通用するかが見所であり、これ如何で、勝敗の行方が変わるのではと思います。

天龍さんはマイケル・コバック戦でフィニッシュに見せた、スモールパッケージホールドのように、サイコロジーレスリングにも長けた、単なるレジェンドではない、素晴らしい選手であります。
それに対するスターバックがどんなサイコロジーを駆使するのか、興味津々であります。

また、レフェリーも和田京平さんですし、この試合は、いにしえの旧全日本プロレスの試合が再現されるのではないか?と期待しています。
というわけで、8.11『SMASH.20』、今回も見所満載であります。
是非会場ライブでご覧いただきたいと思います!
第三回 完

ホーム > 日記 > 矢郷先生から見た今週のSMASH…後楽園に誘導される論説

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る