ホーム > 日記 > TAJIRI提唱「中川ともか最強説」

TAJIRI提唱「中川ともか最強説」

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年7月8日 2:41 AM
  • 日記

(※これから述べることは、あくまでTAJIRI個人の私感であることをご了承くださいませ)

中川ともかは、SMASH合同練習へ頻繁に参加してきます

これまでも一緒に、グラウンドや立ち技の練習を何度も何度も一緒にこなしてきました

その都度、必ず思うのです

「この選手は現在日本女子プロレス界において、最高の安定度を誇るのではないか?」

本日もAKIRAさんを相手に、それこそマスコミさんがビビるほどの壮絶かつ安定度抜群なスパーを披露いたしました

そのさいの動画はこちら→ http://www.youtube.com/user/SMASH#p/u/6/mCBbcp28Pro

中川ともかをほとんど知らなかったFUNAKIさん(SMASH練習初参加)は

「あの子、なんの子なの?」

と、衝撃を受けておりました

で、ボクは中川ともかとシングルマッチで戦った経験もございます

そのとき思いました

「この選手は、なんて巧みかつ安定した試合運びをするのだろう」

グラウンドの技術、当身技を決めるさいの体重移行の巧さ、防御術、インサイドワーク…どれをとっても、欠点がまったく見当たらないのです

ところで皆さん

パウンド・フォー・パウンド

という言葉をご存知でしょうか?

『パウンド・フォー・パウンドとは、体重差がない状態で全階級を通じて、どの格闘家が一番優れているのかを決めるときに用いられる言葉である』(wikipediaより)

そうです

中川ともかは現在の日本女子プロレス界において「パウンド・フォー・パウンド」な選手なのではないか?と思うのです

現在日本女子プロレス界において、最強選手は中川ともかではないのか?と

ボクは個人的に思っているのです

この考え、実は彼女にSMASH初参戦してもらった昨年中ごろよりずっと思い続けておりました

その後なかなか参戦してもらう好機がなかったのですが

Divaトーナメント開催を決めたさい、真っ先に参戦要請した選手

それが中川ともかでした

もしも、もしも、当トーナメント優勝候補最右翼のセリーナに、誰か勝つことができるとするならば

それは中川ともかではないだろうか

そうとしかボクには思えない

「中川ともか最強説」

ま、これはあくまでTAJIRI個人の私感でありますけれども

7・15『SMASH.19』チケット情報はこちら>>
■7・15『SMASH.19』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
天龍源一郎(天龍プロジェクト)&TAJIRI&朱里
vs
藤原喜明&FUNAKI&華名
ウルティモ・ドラゴン&カズ・ハヤシ(全日本プロレス)&Ray(アイスリボン)
vs
大原はじめ(FCF)&Gamma&紫雷イオ
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
セリーナ
vs
中川ともか
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
真琴(アイスリボン)
vs
都宮ちい(アイスリボン)
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
木藤勝利
vs
VENENO
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
矢郷良明
vs
ゼウス
[ワールドトライアウト]
AKIRA
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)
児玉ユースケ
vs
百田光雄(天龍プロジェクト)
※試合順は後日発表

ホーム > 日記 > TAJIRI提唱「中川ともか最強説」

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る