ホーム > 日記 > 大原はじめvsカズ・ハヤシって、なにげに…注目

大原はじめvsカズ・ハヤシって、なにげに…注目

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年6月29日 1:24 AM
  • 日記

Ray選手は終始ツンツーン!とすっとぼけていました。

6月28日(火)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が開かれ、7・15『SMASH.19』(後楽園ホール)で行なわれるウルティモ・ドラゴン&カズ・ハヤシ&Ray vs 大原はじめ&Gamma&紫雷イオの一戦に出場する大原、Rayが試合に向けての意気込みを語った。
SMASH初参戦となるRayは、2003年に我闘姑娘に入団(当時のリングネームは零)し、同年9月のさくらえみ戦でデビュー。今年3月には、我闘姑娘時代の師匠であるさくらえみ率いるアイスリボンに入団し、インターナショナル・リボンタッグ王座を獲得している。抜群の運動神経から繰り出す高難度の飛び技に定評があるRayだが、「私は女子レスラーの中で、世界で一番の空中ファイターだと思っています」とコメント。相手チームには、同じ飛び技の使い手として評価が高い紫雷イオがいるが、「自分のほうが上」とアピールした。
さらにRayは、「私はあまり男子レスラーとの試合経験が少ないんですけど、今回はルチャを経験している大原選手が(相手チームに)いるので私の技をしっかりと受けてもらいたい」と語ると、ここで大原が登場。Rayのアピールに対して、大原は「自分の場合は女子とやろうが、男子とやろうが関係ない。去年12月にリン・バイロンとシングルでやりましたけど、ボッコボコにしたら泣いてましたよね? ミックスドマッチにはおちゃらけた試合もあるし、そういう印象があるかもしれないですけど、自分は容赦なくボッコボコにします。女性だろうと一切手を抜きません」と、手加減なしで臨むことを誓った。この大原のコメントを受け、Rayは「ちょっと怖いですねえ」と苦笑い。Rayの世界一の飛び技が聖地・後楽園で爆発するか、注目だ。
一方、前回『SMASH.18』(2011.6.9/後楽園ホール)では、師匠ウルティモを倒して初代SMASH王座決定トーナメント1回戦を突破した大原。今回も相手チームにはウルティモが控えているが、「自分としては初顔合わせの選手がいっぱいいて、新鮮さがあって楽しみ。そのなかでもカズ・ハヤシ選手。日本のプロレス界でトップにいる選手と当たられるので、この機会にカズ選手から(フォールを)取って実績のひとつにしたい。校長(ウルティモ・ドラゴン)からは前回勝っているのでもういいかなと。なのでカズ・ハヤシ一本で行こうと思ってます」と、カズに照準を絞ることを明言。全日本プロレスで世界ジュニア王座の連続防衛記録を持っている実力者のカズを倒し、トーナメントに弾みをつけることができるのか!? 実力者揃いのスペシャル6人タッグマッチから目が離せない!
7・15『SMASH.19』チケット情報はこちら>>
■7・15『SMASH.19』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
天龍源一郎(天龍プロジェクト)&TAJIRI&朱里
vs
藤原喜明&FUNAKI&華名
ウルティモ・ドラゴン&カズ・ハヤシ(全日本プロレス)&Ray(アイスリボン)
vs
大原はじめ(FCF)&Gamma&紫雷イオ
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
セリーナ
vs
中川ともか
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
木藤勝利
vs
VENENO
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
矢郷良明
vs
ゼウス
[ワールドトライアウト]
AKIRA
vs
YO-HEY(Fu-Dojo)
【参戦決定選手】
真琴

ホーム > 日記 > 大原はじめvsカズ・ハヤシって、なにげに…注目

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る