ホーム > 日記 > USA逆輸入マッチは世界最高レベルの女子プロレスか

USA逆輸入マッチは世界最高レベルの女子プロレスか

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2011年6月18日 1:47 AM
  • 日記

これまでSMASHに関わった女子選手の中で、中川さんの安定度は断トツぴか一であります・・・華名ちゃんと並んで

6月17日(金)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が開かれ、7・15『SMASH.19』(後楽園ホール)にて行なう初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦でセリーナと対戦する中川ともかが意気込みを語った。
「そろそろシングルでも結果を出したいと思っていたので、最高の機会だと思う」とトーナメント出場への意欲を語った中川は、現在、SHIMMERタッグ王座(パートナーはデイジー・ヘイズ)、OZアカデミー認定タッグ王座(パートナーは松本浩代)と日米タッグ二冠王者として君臨。タッグに続き、シングル王座奪取を目論む中川は、女子プロレス界屈指のテクニシャンとして最近は海外でも注目を集めている実力者だ。
対戦相手であるセリーナとは、昨年9月にSHIMMERで行なわれた8人タッグで対戦。このときは中川がセリーナの必殺技スピアーで敗れているため、今回は一騎打ちでのリベンジ戦となる。その二人が過去に1度対戦したリング、SHIMMER(正式名:SHIMMER Women Athletes)とは、2005年に旗揚げしたアメリカの女子プロレス団体だ。アメリカ第3のプロレス団体ROHの姉妹団体でもあるSHIMMERは半年に1回のペースで、2日間に渡って4興行を開催し、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど世界各国から女子レスラーが多数集結。日本からも中川のほかに、栗原あゆみ、松本浩代、大畠美咲らが昨年から参戦している。
セリーナとの一戦に向け、中川は「実際にSHIMMERのタッグベルトを持っているのは自分だし、セリーナよりも先に参戦している。日本からSHIMMERに行ってる選手の中でも自分が一番だという自信もあるので」とアピール。さらに、「リベンジもあるし、SHIMMERでの闘いを日本で観られる。SHIMMER逆輸入版みたいな感じで、世界中のファンも注目している一戦だと思うので楽しみ」と必勝を誓った。
今年1月からSMASHに参戦しているセリーナは、これまで朱里、華名、真琴らをシングルマッチで倒しており、今回のトーナメントでも優勝候補筆頭にあげられている。その強豪を相手に、「やっぱりスピアー、あれを食らったら終わりだと思うので注意しないといけない。レスリングの部分でも最後のスピアーに向けて着実にダメージを負わせてくるイメージがある」と警戒を強めた中川は、まだ未完成ながらもスピアー封じに着手。未だ誰も封じることができない一撃必殺技を攻略することができるのか!? すでに海外からも多くの注目を集めている一戦の行方は、はたして!?
7・15『SMASH.19』チケット情報はこちら>>
■7・15『SMASH.19』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
天龍源一郎(天龍プロジェクト)&TAJIRI&朱里
vs
藤原喜明&FUNAKI&華名
ウルティモ・ドラゴン&カズ・ハヤシ(全日本プロレス)&Ray(アイスリボン)
vs
大原はじめ(FCF)&Gamma&紫雷イオ
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
セリーナ
vs
中川ともか
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
矢郷良明
vs
ゼウス
【参戦決定選手】
真琴
VENENO

ホーム > 日記 > USA逆輸入マッチは世界最高レベルの女子プロレスか

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る