ホーム > 日記 > 華名、リンに“敗者おっぱい丸出しマッチ”を逆提案!

華名、リンに“敗者おっぱい丸出しマッチ”を逆提案!


6月8日(水)、都内・プロレスショップ『チャンピオン』にて記者会見が開かれ、6・9『SMASH.18』(後楽園ホール)より開幕する初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦でリン“ビッチ”バイロンと対戦する華名が、リンのセクシー対決要求に対して“敗者おっぱい丸出しマッチ”の逆提案をぶちかました。
マイケル・コバック&リン“ビッチ”バイロンによる会見終了直後、会見場所と同じ水道橋界隈に偶然いた華名の緊急会見が行なわれた。コバック&リンの会見内容を報道陣から伝え聞いた華名は、「ホンマに次元の低いことはやめてもらいますかね」と、リンのセクシー対決要求をアッサリ一蹴。さらに、「どんだけ大きいのが好きやねん」と呆れた表情を浮かべる華名だったが、ここで「みなさんもご存知の通り、大きいと言えば、私のこちらのほうじゃないでしょうか」とバストに手を当ててアピール。予期せぬアピールに集まった報道陣が固唾を呑んで見守るなか、華名は「どちらが大きいか勝負したってもいい」と、リンとの巨乳対決をアピールしたのだ。
これだけにとどまらず、華名は「試合で勝った人が、負けた人の胸をさらけ出す。こんなの、ええんとちゃいます? それこそ、淫靡(いんび)な生体実験やないですか。それでいきましょう」と、なんと“敗者おっぱい丸出しマッチ”を逆提案。提案した華名にとっても万が一負けるようなことになれば大きなリスクを伴う試合形式となるが、華名は「負けることはないと思いますけど、それこそお客さんも大喜びちゃいます?」と笑い飛ばして見せたのだった。
「まあ、見たらわかるっちゅうねん。私が10やったら、(リンは)0.1ぐらいじゃないですか」と、すでにリンとの巨乳対決には圧勝していると自信満々の華名。それを裏付けるかのように、報道陣からスリーサイズに関する質問が飛ぶと、華名は「なんで言わなあかんねん!」としながらも、95(Fカップ)・73・94とダイナマイトボディをアピール。さらに、「そっち(試合に負けること)がオイシイと思ったら、もしかしたらやるかもしれない。お客さんが楽しんでもらえれば」と、ジョークを飛ばす余裕も見せた。
どこまで本気かわからない華名からの仰天提案。もちろん、それだけ自らの勝利は揺るぎないと確信しての提案とも受け取れるが、先日の会見でアピールした“生体実験”に関しては、「明日見ればわかる」と内容に関しては明言せず。さらに、華名は「今日は大事なことを言うつもりだったけど、また日を改めてご連絡させていただきます」と、リン戦が終わった後になんらかのアピールをすることを示唆した。
思わぬ形で飛び出した“敗者おっぱい丸出しマッチ”。初代女王の座がかかったトーナメントに敗れれば何もかも失うなかで、さらなるリスクを負うという厳しい闘いとなるが、はたして、その結末はいかに……!?
【関連ニュース】
6・9『SMASH.18』を明日に控え、コバック&リンがヤル気満々!
■6・9『SMASH.18』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
ウルティモ・ドラゴン
vs
大原はじめ(FCF)
[セミファイナル 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)
vs
マイケル・コバック
[第6試合 初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
朱里
vs
志田光(アイスリボン)
[第5試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
TAJIRI
vs
FUNAKI
[第4試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
AKIRA
vs
飯塚高史(新日本プロレス・CHAOS)
[第3試合 タッグマッチ]
矢郷良明&木藤裕次
vs
ザ・ビッグガンズ(ゼウス&The Bodyguard)
[第2試合 初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
華名
vs
リン“ビッチ”バイロン
[第1試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
児玉ユースケ
vs
石川晋也(大日本プロレス)
■当日チケット発売は16時より発売スタート
[販売席種]
指定席A 5,500円
指定席B 4,500円
U-18席(18歳以下限定シート) 2,500円
※U-18席のみホール5階チケット引き換えブースにて発売。U-18席をご購入の方は、年齢確認をさせていただきますので身分証明書を忘れずにご持参ください。

ホーム > 日記 > 華名、リンに“敗者おっぱい丸出しマッチ”を逆提案!

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る