ホーム > 日記 > 写真で体感する、SMASH18の歩き方

写真で体感する、SMASH18の歩き方


いよいよ開催を目前に控えた6・9『SMASH.18』(後楽園ホール)。今大会からついに初代SMASH王座&SMASHディーバ王座決定トーナメントが開幕となり、初代王座を巡る熾烈な争いが繰り広げられることとなる。そんななか、SMASHのプロデューサーを務めるTAJIRIに、『SMASH.18』の各試合の見どころを語ってもらった。

———

今大会からいよいよ初代チャンピオンを決めるトーナメントが始まるということで、マッチメイクだけを見ると、間違いなくこれまでで一番いいカードが並びましたね。まったく予想してなかった天龍さんがいきなり参戦してきたり、いいアクシデントが起きてさらにカードが充実しました。
ちなみに、トーナメントは男子が18選手、女子は8選手が出場。今大会で男子1回戦を5試合、女子1回戦を2試合を行ないます。そして、7月大会では男子1回戦の残り3試合、女子1回戦の残り2試合、8月大会では男子2回戦、女子準決勝を行なう予定です。
それでは、『SMASH.18』全試合の見どころをこれから語っていきたいと思います。
[第1試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
児玉ユースケvs石川晋也

■SMASHらしからぬ、壮絶なシバキ合いになる可能性も

【見どころ】
児玉からすれば、このシチュエーションは面白くないと思うんですよ。児玉は「同じ若手同士、負けたくない!」って言ってましたけど、ところが石川クンは“若手”とかそんなものにカテゴライズされてたまるかと、「心外だ」って言ってたんですよね。

やはり児玉は「ふざけるな」っていう気持ちを傷跡として石川クンに残さなければいけない。一方、石川クンも若手ではないと言ってしまった以上、それを実証しなければいけない。どちらにとってもガッチリ勝たなければいけない試合になりましたね。これは面白いと思いますよ。

まあ、実際に年齢で言えば二人ともまだ若手じゃないですか。だから、石川クンも会見のときなんかはポーカーフェースだけど、絶対に若者特有の激しさは持ってるはず。これは、SMASHらしからぬ、壮絶なシバキ合いになる可能性がありますね。

[第2試合 初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
華名vsリン“ビッチ”バイロン

■ビンタが100発以上飛び交うような試合になるかも

【見どころ】
この試合はSMASHのリングで行なわれてきた女子の試合でもちょっと毛色が異なる試合になりそうですね。って言うのも、どっちもキレたら怖そうな二人の女性が闘うって、あまりなかったと思うんですよ。

で、華名からすれば、仕返しをしたいセリーナのことばかり見てるから、リンのことなんか眼中にはなくて、逆にリンからすれば、「華名よりも自分のほうがセクシー」っていう気持ちが強くあって、それがジェラシーの塊となってるじゃないですか。そう考えると、まるでビンタが100発以上飛び交うような激しい試合になるのかなと。まあ、ならないかもしれないですけど(笑)。

傍から見れば、こういう女同士の闘いはとても面白いですよね。あとは、リンがコバックの手下になって、ああいうポジションというのは、SMASHのリングではリンが独占していると思うんですよ。だけど、華名の内に秘めているものというのは、リンが独占しているポジションもあっという間に押しのけて、そこにドカッと座ってしまうような気もするんですよね。華名はそういうことも平気でやれる潜在能力を持ってるんですよ。だからこそ、この試合は“潰し合い”という言葉がふさわしいと思います。

[第3試合 矢郷良明&木藤裕次vsゼウス&The Bodyguard]

■個性的キャラクターが集まるなか、無色透明の木藤クンがどこまで目立てるか

【見どころ】
この試合は、ザ・ビッグガンズ(ゼウス&The Bodyguard)の二人が主役になるのかと思いきや、なんと木藤クンが今まで誰もやってこなかった方法で注目を集めているんですよね。以前、ボクが木藤クンについて「凡人も極めれば非凡になる」って言いましたけど、ここにきて可能性がちょっと見え始めてきたのかなと。

で、木藤クンは、“AWA最高のテクニシャン”と呼ばれたレイ・スティーブンスのテクニックが根底にあると自分で言ってたんですけど、それにまた矢郷さんが「ならば私は“矢郷・ニック・ボックウィンクル”になる」って言い出して、矢郷さんもこういうのが実は好きなんですよね(笑)。

そういうことで、ザ・ビッグガンズは現代版ロード・ウォリアーズ、矢郷&木藤はニック・ボックウィンクル&レイ・スティーブンスということで、いにしえのAWAがここに蘇ってわけですよ。だけど、ザ・ビッグガンズの二人にはそういう意識はまったくないだろうから、いざ試合になったらわからないですけどね(笑)。

まあ、木藤クン以外はすごく個性的かつ濃いキャラクターを持った3人ですよね。だからこそ逆に、無色透明で寒天みたいな木藤クンの存在はすごく目立つはずなんですよ。でも、そこは木藤クンの力量にもかかっているんですよね。もしかすれば、無色透明のまま誰の目に触れることもなく終わってしまう可能性もあるわけですから。木藤クンにとっては、レスラー人生で一番の山場を迎えていると言っても過言ではないと思います。

[第4試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
AKIRAvs飯塚高史

■これは言ってみれば、『デビルマン』の世界ですよ

【見どころ】
AKIRAさんは、会見のなかで『JJ黙示録』をひも解いていくうちにだんだんおかしくなって、「自分の中に飯塚高史と同じような悪魔がいる。狂気が宿っている」という悟りを開いてしまったんですよね。そして、AKIRAさんは「悪の化身になる」と宣言した。これは言ってみれば、『デビルマン』の世界ですよ。偶然にも『デビルマン』の主人公の名前は、不動明(ふどう・あきら)っていうんですけど(笑)。

ということで、この試合はまるで特撮やアニメに似たようなフィクションの世界が生み出されてしまうのかなっていう気がするんですよね。あるいは、ダンテの『神曲』のような世界とでも言うんでしょうか。そういうワクワク感がボクのなかにはあります。

その一方で、AKIRAさんから会見で「こんなカード組みやがって!」って怒鳴られたときには、正直ショックを受けたんですよ。なにかやってはいけないことをやってしまった、AKIRAさんのなかで押してはいけないスイッチをボクが押してしまったのかなと、そんな気がしたんですよ。狂気のスイッチですよね。

そして、飯塚さんなんですが、AKIRAさんにJJジャックス時代のコスチュームを送りつけてきたりとか、ただ暴れてるだけじゃなくて意外にも頭を使う人なんだなと。ということは、AKIRAさんの狂気をうまく利用して、自分の優位なほうに導く可能性もあるんですよね。そういうズル賢さをあの人は持ってそうな気がします。

あとは、飯塚さんは新日本プロレスでの入場の際、放送席にいる背広やワイシャツを来た人を襲う習性があるじゃないですか。これがSMASHだと、酒井代表が襲われる可能性もありますよね。だけど、酒井代表は「私がみんなを守るから大丈夫です!」と言ってるんですけど、どう大丈夫なのか……それもまた楽しみのひとつだったりもします(ニヤリ)。

[第5試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
TAJIRIvsFUNAKI

■ボクらが闘うことでロック、オースチンのシルエットが浮かび上がってくるはず

【見どころ】
ボクとFUNAKIさんは抗争や因縁とかそういうものは何もないので、トーナメント1回戦の他の試合と比べたら潰し合いとかそういう試合にはなりませんよね。じゃあ、そんななかでボクとFUNAKIさんは何を見せられるのかと言えば、ボクらはザ・ロック、スティーブ・オースチンがトップでバリバリやってた頃のWWEでちゃんと生き残った人間だから、その生き残った者にしか出せない世界観というのを意識することもなく自然に出ちゃうと思うんですよ。FUNAKIさんが会見で「ロックアップだけでも見せられる」って言ってましたけど、それこそがボクらのアイデンテティでもあるんですよね。

つまり、ボクらがリングで肌を触れ合わせただけで、あの頃のWWEで活躍していた選手たちのシルエットが浮かび上がってくるんじゃないかなって気がしますね。あの頃を知っているWWEファンには懐かしいものに触れる気持ちで観に来てもらいたいし、現在のWWEが好きなファンには、昔のWWEもすごかったんだねっていうのを見せたいな、うん。

あと、自分で言ってしまいますけど、ボクとFUNAKIさんが闘うっていうことは、WWEで闘ってきた日本人レスラーの最高峰対決なんですよ。とにかく、ボクとFUNAKIさんが闘ったら、「この二人は流石だな」と思わせるものを間違いなく見せられるはずなので。

それと、ボクはよく曲者って言われてますけど、ハッキリ言ってFUNAKIさんはボクの何倍も曲者ですよ(笑)。もしかすると、ボクが同じようなタイプのさらにレベルの高い選手に苦戦する、この試合でそういうシーンが初めて観れる可能性もありますね。なので、トーナメント初戦の相手としてはとても厄介なことは確かです。

[第6試合 初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
朱里vs志田光

■本当はこの試合をメインにしようと思ってもいた。好勝負必至。

【見どころ】
この二人もボクとFUNAKIさんと同じで因縁も何もないので、いい試合をしてどっちかが勝ってくれればそれでいいとボクは思います。で、本当はこの試合を今大会のメインにしようかと思ってもいたんですよ。だけど、その後で天龍さんやウルティモさんら歴史がある方々の参戦が決まって、あえて今回ボクは歴史のほうを重んじたわけなんですが、メインに据えてもいい価値が出てくる試合になるような気がします。

今年3月のアイスリボン後楽園大会での初対決では、朱里ちゃんが志田さんに負けてるんですよね。この試合もすごく良くて、ボクも会場で観てたんですけど、試合が終わるまで朱里ちゃんが勝つと思ってたんですよ。今はタッグを組んで二人仲良くやってますけど、朱里ちゃんも絶対に悔しさは残っているはずなんですよ。

だけど、対戦相手の志田さんはかなり手強いですよ。この前の試合でも、朱里ちゃんはいいところまで行きながら、志田さんのヒザ蹴りで最後は持っていかれているので。

ちょっと肩入れしちゃうことになるけど、ボクは、朱里ちゃんが勝って2回戦に進んでほしいですね。ボクは朱里ちゃんにディーバ王座のベルトを最初に巻いてもらいたいんですよ。

[セミファイナル 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
天龍源一郎vsマイケル・コバック

■レスラー生活35周年の天龍さんがSMASH無敗のコバックをどう崩すか

【見どころ】
本当にこの業界は何が起こるかわからないというか、天龍さんがSMASHに参戦してくれるとは、やっぱり感慨深いものがありますよね。そんななかで初戦の相手がSMASHで無敗を誇るコバックですよ。ボクもコバックとは闘ってますけど、本当にこの男は強いですよ。見るからに強いオーラがプンプン漂ってますしね。だけど、天龍さんもまったく負けてない、いや、それ以上のオーラを放ってるじゃないですか。まるで何百年もの年輪が刻まれた大木のような感じですよね。神々しさもあるというか。イキの良さで言えばコバックのほうが年齢も若いですから上でしょうけど、天龍さんはこれをどう崩していくのか、これは注目ですね。

あと、天龍さんのセコンドには、本来トーナメント1回戦でコバックと闘うはずだったんですが、「怖い。死ぬかもしれない」と対戦を拒否したキム・ナンプンが付くとのことなんですよ。で、コバックのセコンドにはリンが付きますよね。天龍さんはあくまでも天龍プロジェクト代表という姿勢は曲げないと思うんですけど、濃厚なSMASHの世界に入った天龍さんというのも観る側としては楽しみですよね。キムさんとどう絡むのかも含めて(笑)。

そういう意味では、天龍さんはコバックを相手にするというよりも、天龍プロジェクトを背負った天龍さんがSMASHで何をするのか、そういうことを考えているプロレスファンも相手にしているのかなと。リング上はもちろん、それ以外とも闘っていく、これこそが天龍さんのプロレスだと思うんですよ。天龍さんの35年の歴史がSMASHをあっという間に飲み込んでしまうのか。もし、天龍さんがSMASHで無敗を誇るコバックに勝ってしまったら、それをひとつ許してしまうことになるんですが、それでもかっこいい天龍さんがコバックにスカッと勝つ姿をボクは観てみたいですね。

[メインイベント 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
ウルティモ・ドラゴンvs大原はじめ

■ウルティモ・ドラゴンというレスラーがますます高級化している

【見どころ】
すごいカードが並ぶなかでメインを務めるというのは、大原にとってはすごいプレッシャーになるんじゃないかな。だけど、ここで大原がウルティモさんに負けたら、KUSHIDAには勝ったけどまた元にいた位置に戻ってしまうような気がするな。ボクに負け、ウルティモさんに負けたら、所詮ヤングリーグで勝ったにすぎない程度になっちゃうんですよ。

だけど、ウルティモさんとは先月に名古屋、メキシコでタッグを組んだんですけど、そこで気づいたのは、ウルティモ・ドラゴンというレスラーがますます高級化しているなと。オーラは増しているし、それでいて動きも相変わらずシャープだし、スポーツカーから高級車になったような感じと言うんですかね。

この試合は師弟対決ということで、弟子はいつか師匠を乗り越えていかなければいけないはずなんですが、客観的に見てもウルティモさんのほうがまだまだ上だと思いますね。このまえ大阪でボクは大原とシングルで闘ってなんとか勝ちましたけど、ボクのなかではウルティモさんのほうがボクよりも全然強い感じがしているんですよ。

それにしても、ボクのなかで天龍さんに対して負けて欲しくないという気持ちがあるのと一緒で、ウルティモさんにも同じ気持ちを抱いているんですよ。うん、まだまだ強いウルティモさんでいて欲しいですね。
■神の映像は要注目! そして7・15『SMASH.19』にはアッと驚く選手が参戦!?

あと今大会では、このまえのメキシコ遠征でボクと朱里ちゃんが出遭った“神”の映像を流したいと思います。ボクはすでに完成した映像を観ているんですけど、観るたびに涙が出てきてしまうんですよ。その神の映像を観るだけでも、会場に来る価値は充分ありますね。

もちろん、7・15『SMASH.19』(後楽園ホール)の予告も大会のなかでバンバン出していきます。今回の天龍さんの参戦も誰もが驚いたと思うんですけど、7月も「えっ、あの選手がSMASHに参戦するの!?」って誰もが驚く選手を何人か押さえているので、こちらもぜひ楽しみにしててください(ニヤリ)。

6・9『SMASH.18』チケット情報はこちら>>
■6・9『SMASH.18』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
[メインイベント 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
ウルティモ・ドラゴン
vs
大原はじめ(FCF)
[セミファイナル 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)
vs
マイケル・コバック
[第6試合 初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
朱里
vs
志田光(アイスリボン)
[第5試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
TAJIRI
vs
FUNAKI
[第4試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
AKIRA
vs
飯塚高史(新日本プロレス・CHAOS)
[第3試合 タッグマッチ]
矢郷良明&木藤裕次
vs
ザ・ビッグガンズ(ゼウス&The Bodyguard)
[第2試合 初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
華名
vs
リン“ビッチ”バイロン
[第1試合 初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
児玉ユースケ
vs
石川晋也(大日本プロレス)

ホーム > 日記 > 写真で体感する、SMASH18の歩き方

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る