ホーム > 日記 > 羊の皮をかぶったヤギが自己主張を始めた

羊の皮をかぶったヤギが自己主張を始めた


「テクニシャンなポーズ」を決めたつもりが、どこからどうみても代々木にかよう一般的予備校生。そんな木藤くんがナイス!!

5月31日(水)、都内・株式会社スマッシュにて記者会見が開かれ、6・9『SMASH.18』(後楽園ホール)でザ・ビッグガンズ(ゼウス&The Bodyguard)と対戦する木藤裕次が、ビッグガンズからの瞬殺予告に対して真っ向から反論。さらに木藤は、往年の名レスラーであるレイ・スティーブンスの名を挙げて、スティーブンス譲りのテクニックでビッグガンズを封じ込めることをアピールした。
前日にビッグガンズから送られてきた動画での「木藤、誰?」「味方の矢郷にも“羊の皮をかぶったヤギ”とか言われてるようなヘタレらしいな」「ヤギ? ヤギやったら1分で仕留めて、紙でも食わせたろか」という瞬殺予告を受けて行なわれたこの日の会見には、ビッグガンズから言われたい放題の木藤が出席。普段は温厚な性格の木藤だが、座るやいなや「アイツら好き勝手言いやがって、冗談じゃない!」と怒りを露わにすると、「だいたいパートナーの矢郷さんも俺のことを“羊の皮をかぶったヤギ”? なんだそれ。みんな俺のことをバカにしてるよ!」と、パートナーの矢郷にまで激怒。予想外の展開に、会見に同席したTAJIRIも驚きの表情だ。
さらに木藤は、「言っておくけど、俺はAWAのレイ・スティーブンスの流れを汲む、日本屈指のレスリングマスターなんだよ!」とアピール。そしてビッグガンズに対して、木藤は「アイツらが現代のロード・ウォリアーズって言うんだったら、こっちは現代のレイ・スティーブンスとして最高のレスリングテクニックで3カウントを獲ってやるから。6月9日、覚悟しておけ!」と、返り討ちを予告した。
“金髪の悪魔”という異名を持ち、悪役レスラーながらも巧みなレスリングテクニックでAWA、WWF(現WWE)で一時代を築いたスティーブンス。そのスティーブンスとの接点について、「スティーブンスの試合をビデオで何万回、ビデオテープが擦り切れるまで観ている」と自信満々に語った木藤は、「レイ・スティーブンスという名前を聞いて顔がパッと思い浮かびます? 誰に聞いても思い浮かばないと思うんですよ。それぐらい影が薄いテクニシャン。そういう意味でも、自分は遺伝子を受け継いでる気がする」と、最後まで強気なコメントを連発した。
圧倒的パワーで相手を一瞬にしてねじ伏せるビッグガンズに対し、“和製レイ・スティーブンス”としてテクニックで封じ込めることを誓った木藤。はたして、勢いに乗ったら止まらないビッグガンズの猛攻を木藤は止めることができるのか!?
【関連ニュース】
ザ・ビッグガンズが“羊の皮をかぶったヤギ”木藤を瞬殺予告!
6・9『SMASH.18』チケット情報はこちら>>
■6・9『SMASH.18』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
【全対戦カード】
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
天龍源一郎(天龍プロジェクト)
vs
マイケル・コバック
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
AKIRA
vs
飯塚高史(新日本プロレス・CHAOS)
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
TAJIRI
vs
FUNAKI
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
ウルティモ・ドラゴン
vs
大原はじめ(FCF)
[初代SMASH王座決定トーナメント1回戦]
児玉ユースケ
vs
石川晋也(大日本プロレス)
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
朱里
vs
志田光(アイスリボン)
[初代SMASHディーバ王座決定トーナメント1回戦]
華名
vs
リン“ビッチ”バイロン
[タッグマッチ]
矢郷良明&木藤裕次
vs
ザ・ビッグガンズ(ゼウス&The Bodyguard)
※試合順は後日発表

ホーム > 日記 > 羊の皮をかぶったヤギが自己主張を始めた

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る