ホーム > 日記 > 大阪のアドレナリン…IMPホール

大阪のアドレナリン…IMPホール


4/30 SMASH16 大阪IMPホール大会が一週間後に迫ってまいりました

こんな大きなスクリーンをぜひ我が家にも欲しいところや

で、昨日一人でIMPホールへ演出打ち合わせにいってきたんです

照明や音響、設営配置などをプランニングするため

IMPホールでは、3年ほど前に一度だけ試合したことがあります

大阪プロレスさんのタッグトーナメントにKUSHIDAと二人でエントリーし、ゼウス・原田くん組と戦ったのです

そのときは二人で原田くんを徹底的に攻め込んだのですが、タッチを受けたゼウスが猛反撃に転じたときの会場の沸きっぷりときたら、それはそれは凄まじかったことをよく覚えておりまする

というワケで、久々にIMPホールへ足を運んでみたのですが…

「こんなに広い会場だったっけ???」

写真を見ても分かる通り、席数がハンパない

ま、当日はフロア部分にリングを設置することになるとしても、かなりな数の座席数であります

そうして、スクリーンの大きいこと!!

この巨大スクリーンで、SMASH最大の特徴でもある

『ドキュメンタリー映画のような』

映像が展開されるときたら…

特にオープニング映像+リングアナSUNAHOさんによる生声の幕開けは、この会場でならとんでもなくカッコイイものになると、オレは断言いたします

しかもこの会場、どこから見てもヒジョーに見やすいのです

場内の隅から隅まで、くまなく歩いて回りました

どこからでも、とにかく見やすい

会場中の人が「ストレスなく」試合を目にできる

一体感を生むうえで、それはとっても重要なことです

そうして、IMPホールに一歩入った瞬間から感じていたことなのですが…

どこかの会場にソックリなのです

この構造、雰囲気・・・どこだったかなあ?

しばらく考えて分かりました

ECWのテレビ収録やPPVで使われていた、ニューヨーク州ポキプシーの中規模会場にそっくりなのです

JCBホール大会開催前と同質のワクワク感がこみ上げてきたでえ!!

その会場、どういうワケだかアドレナリンが出まくるのです

一度その会場で、当時ECWヘビー級チャンピオンだったジャスティン・クレリブルの同タイトルに挑戦したのですが

異様にテンション上がってしまい、彼の右耳が少々千切れてしまうまで側頭部へ竹刀を打ちこみまくったという

「コイツがどうなろうと構やしねーや!!」

ニタニタ笑いながら狂ったように竹刀を打ちこむ自分を、どうにも制御できなかった会場

そんな会場と、IMPホールはそっくりなのです

そんな会場で、TAJIRIと大原はじめがシングル初対決を迎えます

元WWE Divaのセリーナが「アマチュアレベル」とこき下ろした、大阪出身の華名との初コンタクトも実現いたします

大阪には十数年ぶりの登場となる「殺人チェーンソー」レザーフェイスは、フィンランドの「北欧の神」スターバックと激突いたします

さらに、大阪プロレスからゼウスとTheBodyguardが特別参戦し、巨漢の大森さん&大阪プロレス留学決定の児玉と対戦いたします

しかも今回は前回の大阪初上陸時と違い、東京以外で初となるテレビ収録のナンバーシリーズ

なんだか…場内アドレナリン大爆発なショーになる予感がしています

この大会を盛り上げるべく関わってくださった、たくさんの大阪在住の皆さんのパワーと情熱を思うと、そうならないはずがないと思えるのです

来週の今頃は、昂ぶったまま収まりのつかない大量のアドレナリンを全身にブルブルガクガクと充満させきっていることと思います

オレたち選手も

そして、大阪の皆さんも!!

SMASH GW3連戦のチケット情報はこちら>>

あるいは『TAJIRIくん☆チケットサービス』で、ボクちゃんから直接購入もできます

tajiri@japanesebuzzsaw.com

まで、お名前、希望席種、枚数を明記の上お気軽にご連絡くださいな

「同じ大阪モンとして、オレらを応援しにこなシバくで!!」と申しておりましたで、皆さん

よろしくどーぞ☆
■4・30『SMASH.16』(大阪・IMPホール)開場16:00 開始17:00
[メインイベント]
TAJIRI
vs
大原はじめ
スターバック
vs
レザーフェイス
ウルティモ・ドラゴン
vs
ジェシカ・ラブ
AKIRA
vs
マイケル・コバック with リン“ビッチ”バイロン
大森隆男&児玉ユースケ
vs
ゼウス&The Bodyguard
セリーナ&朱里&真琴
vs
華名&紫雷美央&紫雷イオ
[ワールドトライアウト]
木藤裕次
vs
ブラディ・ロバーツ

ホーム > 日記 > 大阪のアドレナリン…IMPホール

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る