ホーム > 日記 > 『SMASH14の歩き方…その①』

『SMASH14の歩き方…その①』


矢郷さんがJCB以来久々の登場。華名を「関西方面の中年女性ストーカー」と一刀両断

いよいよ今週の金曜日と迫ったSMASH14

なんだかんだで、気が付いたらいつもの大会以上に話題盛りだくさんな気がします

昨夜もサムライTVでSMASH14特集を放送していただいたのですが、あまりにも話題が多すぎて時間内ではフォローしきれなかったほどでありました

すでに公になっている話題だけをザッと列挙してみますと

情報はといえばコバックが描いたイラストのみ。現欧州ヘビー級王者サイボニック・マシーン。名前のインパクトが凄まじい。

●コバックが描いた「地獄の醜悪生物」の実際の姿形

●第二のAKIRAさんとなれるか?大森さんがスターバックに挑む

●女の嫉妬の極み、リンと朱里の初シングルマッチ

●FCFのエース候補、21歳196センチのクリスチャン・クルキィー初来日

●「華名大嫌い連合軍」TAJIRI、矢郷さん、大家さんがクソアバズレどもと対戦

●九州のローカルレスラー、アズールドラゴン参戦

「華名、憎し!!」涙ながらに参戦直訴した大家選手。

どの試合も意味合いが実に「濃い」という

さらにはこれから述べるような話題も隠されており、ショーの中のいずれかで次から次に発表されていくという

●3/18 後楽園大会に(トミー・ドリーマーとはまた別な)元ECW王者が参戦、とある「エクストリームな」方法で発表される

写真を見ただけでもその大物感がビンビン伝わってくる。FCFのクリスチャン・クルキィー

●3/18 後楽園 トミー・ドリーマーのカードも発表する

●3/18 後楽園の決定済みカードがラストに発表される

…これは、ショーとしてバランス良くまとめあげるのが困難なほどの話題量です

毎回毎回満を持しておこなわれる、ECWのECWアリーナ定期戦が、ちょうどこんな雰囲気でした

実際そこにいたボクの皮膚感覚で分かるのですが、SMASHは、大人気だった頃のECWに非常によく似てきていると思うのです

この雰囲気は狙って作りあげられるものではなく、何か「時代の波が来ている」ときに醸し出されるものとでもいうのか…自分で言ってしまいますが、SMASHにいい風が吹いてきていることは間違いないと思うのです

というワケで、次回は各試合の見どころをそれぞれ語っていきますので、どうぞお楽しみに!!

2・25『SMASH.14』チケット情報はこちら>>
■2・25『SMASH.14』(新宿FACE)開場18:00 開始19:00
【メインイベント】
TAJIRI&AKIRAvsマイケル・コバック&サイボニック・マシーン

この試合のあとに、何か進退にかかわるほどの大きな決意を抱いているようにすら感じさせる最近のリン。対する朱里は「私は、リンなんかとはモノが違います」と泰然自若。壮絶な喧嘩マッチになること必至であろう。

【セミファイナル】
大森隆男vsスターバック
【第4試合】
朱里vsリン・バイロン
【第3試合】
KUSHIDA&木藤裕次vs大原はじめ&クリスチャン・クルキィー
【第2試合】
TAJIRI&矢郷良明&大家健(ユニオンプロレス)vs華名&紫雷美央&紫雷イオ
【第1試合】
児玉ユースケvsアズールドラゴン(プロレスリングタフス)

ホーム > 日記 > 『SMASH14の歩き方…その①』

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る