ホーム > 日記 > SMASH12 朱里vsセリーナ…女子プロNewStyle誕生の瞬間?

SMASH12 朱里vsセリーナ…女子プロNewStyle誕生の瞬間?


1/29 SMASH12(12時スタート)

朱里vs元WWE Divaセリーナのシングルマッチが実現いたします

昨年の今頃は、まだ誰にも「プロレスラー」とすら思われていなかった朱里ちゃんが

1年後には元WWE Divaとフツーにマッチアップされている

しかもそこに「無理して組んでもらった」感は微塵もない

これって凄いことだと思うのです

この1年間

SMASHでもっとも急速度な成長を遂げたのは間違いなく朱里ちゃんでしょう

とかくプロレスというものは、実際の実力以上に「イメージ」をアップさせることのほうが難しいものなのですが

朱里ちゃんはそのどちらも着実にクリアし、ステップアップを重ねてきた

世界のプロレス界を見渡してみても、その成長速度は驚異的であると思います

で、そんな朱里ちゃんが戦う相手 セリーナ

もともとFUNAKIさんの猛プッシュによるブッキングなのですが

もっとも熱く語っていたのが

「女じゃなくて、男みたいな試合をする子だから!!」

という部分

ボクも動画を観てみたのですが、なるほど

確かに、男の試合をする選手なのです

ただし、パワーがあるとか大きいとか、そういったおハナシではなく

「安定感」「ブレのなさ」「理にかなった攻撃をする」

など・・・とにかく付け入る隙がなく、その完成度から

「男みたいな試合をする」

印象の選手に映るのです

実に完成度の高い伝統的アメリカン・トラディショナル・プロレスリングの継承者ではないか?とすら思えてしまうのです

女性でありながらここまで安定感のある試合のできる選手といえば、歴代Divaの中でもモーリー・ホーリー、ミッキー・ジェームス、メリーナ、そしてこのセリーナくらいのものでしょうか

そんなセリーナと朱里ちゃんが戦うのです

まったくといっていほど、いわゆる「日本女子プロレス」の素養がない朱里ちゃん

練習生の頃から仕込まれてきたことはといえば、アメリカンでサイコロジーなオールドスクールプロレスです

これは言ってみれば

「日本でWWEの遺伝子を受け育ってきた朱里と、本場アメリカの正統的プロレスに育まれたセリーナによる日米遺伝子戦争」

なのではないか?と

それはきっと、これまで誰も目にしたことがなかった試合になるのではないかと思うのです

SMASH12 朱里vsセリーナ

二人の闘いから、新しい何かが誕生する予感がします

ボクだけではなく、あのFUNAKIさんですらそうおっしゃっているくらいですから

チケット情報はこちら

http://www.smashxsmash.jp/ticket.html#smash12

■1・29『SMASH.12』(新宿FACE)開場11:00 開始12:00

朱里vsセリーナ

[メインイベント~FCFチャンピオンシップ]
TAJIRI(王者)vsスペル・クレイジー(挑戦者)

スターバックvsマイケル・コバック

KUSHIDAvsMentallo

リン・バイロン&児玉ユースケvs大原はじめ&ジェシカ・ラブ

小路晃vs大森隆男

[ワールドトライアウト]
AKIRAvsD-レイ3000

■1・29『SMASH.13』(新宿FACE)開場17:00 開始18:00
【決定対戦カード】

真琴vsセリーナ

[メインイベント]
TAJIRIvsマイケル・コバック
※『SMASH.12』でTAJIRI選手がFCF王座防衛に成功した場合はタイトルマッチとなる。

スターバックvsスペル・クレイジー
※『SMASH.12』でクレイジー選手がFCF王座を奪取した場合はタイトルマッチとなる。

AKIRAvs大森隆男

朱里&児玉ユースケvs小路晃&リン・バイロン

[ワールドトライアウト]
木藤裕次vsD-レイ3000

KUSHIDA&Mentallo
vs
大原はじめ&ジェシカ・ラブ

試合や練習だけではなく、オフィスワークも朝から晩まで。撮影の合間にすら慌ただしくパソコンに戻ります…いけえ!!

ホーム > 日記 > SMASH12 朱里vsセリーナ…女子プロNewStyle誕生の瞬間?

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る