ホーム > 日記 > 「M~THE☆POWER WOMAN」その②

「M~THE☆POWER WOMAN」その②


挿絵・第20話『衝撃』より。先輩からの苛めで狂った練習生と、それを諌めんとするマリアの行方は!?"

◆第2話『ホームレス聖少女』P38より◆

“マリア、お前が子どもの頃から…好きで好きでたまらんかったんじゃあー!!”

神父のイヤらしい顔が脳裏を過ぎり、涙が一滴頬を伝うと、マリアは突然キレたように野獣の表情に変わった。

ホームレスの無防備な顔面めがけて、マリアの右ストレートが炸裂する。

「ぶぎぃいいい…」

マリアは吹っ飛んだホームレスの首根っこを捕まえて立ち上がらせると、もう一度倒れる余裕がないほどの勢いで、パンチを繰り返す。

グシャ!ベチャ!バキッ!ベチッ!ブシュー!

◆第6話『地獄のヘビーメタル貞操帯』P108より◆

「そ、それはいったい…」

動揺するマリアを見て、秀美はニヤリと笑った。

「これは…」

「そ、それは…」

「地獄のヘビーメタル貞操帯!!」

◆第9話『究極のライブステージ』P158より◆

「ゴホン!あー、モミクチャにされるのも嬉しい悲鳴。というわけで、堅苦しい挨拶は抜き。明日の大会に向けて宴会だ~!」

「ウワアァァ!!」

レスラーたちから歓声が上がる。

「遅くまで街宣ご苦労さま!今夜は飲んで食べて、英気を養ってちょうだい!!三禁なんて今どき流行らないわよ!!」(※1)

(※1)三禁…禁酒・禁煙・禁男。かつては女子プロレス界で不動の掟とされていた。

◆第14話『ギザのピラミッド崩し』P204より◆

「ヒンズースクワット3000回…マリアの脚力なら難なくこなせるわ。テッちゃん、よかったね!」

「クウーン」

テツの鼻を触っていると、扉のすぐ向こう側から、上田たちの会話が聞こえてきた。

「上田さん、例の作戦“ギザのピラミッド崩し”でいくんですよね?」

宮嶋の問いかけに上田は即答する。

「当然だろ!あの脚なら3000回なんて、きっと屁でもねーからよ」

「伝説の“ギザのピラミッド崩し”を生で目にできるだニャんて、ワクワクしてきたニャアー!!」

秀美の心に一気に暗雲が垂れ込めた。

“ギザのピラミッド崩し”…どこかで聞いたことあるような…。

次の瞬間、秀美はハッとして、テツを腕から落としてしまう。

「キャン!」

「まさか、あんな古の風習を!!いけない!!!」

◆第19話『籠城』P228より◆

あかねの声に一斉に頭を抱えると、また上から何かが降ってきた。

ドサッ。

全員が落ちた物の方を見る。

ウイイイイイイイイン…。

落ちた拍子にスイッチが入ったようで、音を出して動き始めた。

「あれ何だろう…あかね?」

「生き物?」

マリアとあかねが不思議そうに顔を見合わせていると、三木が興味深そうに謎の物体に近づいていく。

「きゃー!今話題の最新“レズ用バイブレーターV9”!!誰ニャ、こんなの使っ…」

「ニャンコちゃん!!それ、うちらのおおおお!!」

「ニャ…ニャンと!?」

「あんたら、見んさんなやあああ!!」

というワケで・・・当HPで紹介させていただいたら、連日アクセスうなぎ昇りな、TAJIRI原作・泉忠司著述の女子プロレス携帯小説

『M~THE☆POWER WOMAN』

パソコンや携帯から、無料でアクセスできますよ。

携帯からは

bookslegimoのトップ

から、検索で「泉忠司」「TAJIRI」などで検索すると簡単に見つかります。

おかげさまで、Books Legimo携帯小説人気ランキングでも上位を走り続けております。

興味のある方は、是非とも愛読してみてくださいね。

よろしくさんです!!

コメント(閉):6

匿名 2009年12月2日

通勤電車で少しずつ読んでます。タジリワールド全開ですね。

FF 2009年12月2日

同じく通勤中に読ませて頂いております。
ところどころに絵があるので物語の情景がわかりやすいですね。

早く最後のページまで追いつきたいです。

TAJIRI 2009年12月2日

ボクも通勤電車で読んでみたいなあ!!

ところどころにKGの写真もありますよお!さらに、実はKGが描いた絵もあるんですねえ!!

匿名 2009年12月3日

Legimo ランキング1位おめでとうございますポリン♪

bara 2009年12月3日

ランキング第1位 おめでとうございます!!☆

TAJIRI 2009年12月3日

Baraさん、匿名さん、心の底からありがとうと言いたい!!
ありがとう!!

ホーム > 日記 > 「M~THE☆POWER WOMAN」その②

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る