ホーム > 日記 > メインは朱里vs華名

メインは朱里vs華名


6月2日(火)、都内・株式会社スマッシュ社内にて、朱里、華名の両選手が個別で時間差記者会見を行ない、6・25『SMASH.4』(新宿FACE)のメインイベントで一騎打ちで激突することが正式決定となった。

5・29『SMASH.3』(新宿FACE)の第3試合終了後に起こった突然の乱闘事件。事の発端を追っていけば、5月上旬、プロレス以外でも実業家として多岐にわたって活躍している華名にかねてから注目していた酒井正和SMASH代表と華名の間で行なわれた会談にまで話がさかのぼる。この会談で意気投合したことをきっかけに、酒井代表は華名に5・29『SMASH.3』(新宿FACE)への来場を打診。これに対し、以前から華名のプロレスに対する考え方などに疑問を抱き続けていた朱里が華名の来場に難色を示していたのだ。

そして迎えた5・29『SMASH.3』(新宿FACE)。当初の予定通りに華名は来場し、酒井代表の隣で試合を観戦。事件は朱里が出場した第3試合終了後に起きた。朱里は、客席にいた華名の姿を確認すると、「お前の上がれるリングじゃねえんだよ。バカ!」と激しく挑発。この朱里の暴言に対して、華名は引き揚げて行く朱里の後を追いかけるとバックステージで襲撃。すると、今度はバックステージから会場内に戻ってきた華名を朱里が追い、TAJIRIら他選手が割って止めに入るほどの大乱闘となったのだ。

この日は朱里、華名の両選手による時間差会見が行なわれる前に、プロレス部門のプロデューサーを務めるTAJIRIがまずは登場。TAJIRIは、「事態を重く見て、前日に朱里と華名選手を個別でお呼びし、それぞれから事情を聞きまして、いろいろ協議した結果、それぞれのモチベーション、主張が違うんですけど、二人ともに闘うことに合意いたしまして、次回の『SMASH.4』のメインイベントで朱里vs華名の一騎打ちを行ないます」と、なんといきなり二人をシングルマッチで闘わせることを発表した。

そして、この発表の後に行なわれた時間差会見では、華名、朱里の順番でそれぞれが改め主張を展開。まず先に会見を行なった華名は、「今回、朱里選手とSMASHのことについて、私が考えていることをお伝えします」と切り出すと、「まずはSMASHなんですけど、私はかなりシンパシーを感じています。と言うのも、いろいろなレスラーがチャレンジする場を設けてくれていること、そして、レスラーの個性を最大限に生かした舞台を提供してくれていることに私は凄くシンパシーを感じていました。例えば、女性という部分をレスラーの一個性として使っていく、女性レスラーなら女性と闘うのが当たり前なんですけど、女性レスラーがステレオタイプではなく男性レスラーと普通に闘うことができることに共感し、前から参戦したいと思っていました」とSMASH参戦への思いを説明。さらに、華名は「今まで強い信念で貫き通してきたんですけど、女子プロレスを知らない女子レスラー、ピュアである朱里を使って女子プロレスへのネクストステージになってもらおうと、朱里には犠牲になってもらおうと思います」と、ふてぶてしくも大胆な野望を披露した。

華名の主張はこれだけに収まらず、さらにエンジンがかかってくると「朱里に関してなんですけど、“ホンマにこいつ、アホやな”と思うことが一個あって、いや一個だけじゃなくたっぷりあるんですけど、それについて言わせてもらうと、この間、私に対して“お前に上がるリングはここにはない”みたいな発言をしたんですよね。それに対して、ちょっと待てと。SMASHのリングというのは、いろんな選手が平等にリングに上がってチャレンジできる団体なんじゃないかと? だから、トライアウトもあるんだし、そういうところを朱里がきちんとわかっていない。自分の団体なのに理解できていないことがアホやなと。ホンマにアホでアホで仕方がないというか。まあ、そういうところがファンから見れば“かわいい”と思われるのかもしれないですけど」と皮肉たっぷりに朱里をアホ呼ばわり。だが、その一方で「そんな“アホかわいい”朱里ちゃんなんですけど、最大の魅力は女子プロレスを知らない女子レスラーじゃないのかなと。だから、女子プロレスのネクストステージの扉を開くことができるのは、華名vs朱里なんじゃないかなと」と、華名自身にとってはこれまで貫き通してきた信念を果たすためにも朱里戦が重要な一戦になることを強調した。

これを踏まえた上で華名は、「たぶん、朱里選手は私のことをめっちゃ好きなんだと思いますよ。と言うのは、前に一度、“今後試合したい選手”というのに私の名前を一度挙げているんですよ。だから物凄い気になっていたと思うんですよ。なので、私が今回、酒井社長とTAJIRIさんと仲良くさせてもらって、朱里選手が嫉妬というかジェラシーを感じてたみたいなんですけど、もしかしたらTAJIRIさんと酒井社長と仲良くしている私に対して嫉妬しているんじゃなく、私と仲良くしているTAJIRIさんと酒井社長に嫉妬してるんじゃないかな」と持論を展開。これには、隣で聞いていたTAJIRIも困惑の表情を浮かべるも、華名は「たぶん、(朱里は)私のことに物凄い興味があると思うし、闘ってみたいと思ってたはず」と、朱里が華名に対して放った暴言の原因は別のところにあるんじゃないかという結論に結びつけたのであった。

そして、続いて朱里が会見を行ない、朱里は「乱闘騒ぎを起こしてしまったことをファンのみなさんに謝罪します。本当にすみませんでした」と、自らの暴言が発端となって起こった乱闘事件に関して謝罪。しかし、その一方で華名に対する嫌悪感は未だ変わらず、朱里は「でも、私は旗揚げからいて、いろいろやってきました。でも、あの人はいきなり来て、女子プロから追放された感じで居場所がなく、SMASHに擦り寄って来ないで欲しいと思います。私はあの人の悪い噂しか聞いたことがありません。本当にSMASHをあの女のいいようにさせたくはありません。このカードが決まってしまって、SMASHのリングに上げてしまうことが悔しいし……嫌だと思っています。でも、決まった以上は絶対にリングで潰します」と、最後は涙を流しながら試合への意気込みを語った。

そして、華名による「朱里選手は私のことをめっちゃ好きなんだと思いますよ」という発言をマスコミから聞いた朱里は、「それはまったくないです。勘違いだと思います」とキッパリ否定。また、華名の「女子プロのネクストステージの扉を開く闘いとなる」という発言に対しては、「本当にSMASHのリングに上げたくないと思っていたので、そういうのは考えていませんでした」と、それ以前の問題であることを強調した。さらに、朱里は華名のコスチュームまでに言及し、「下品というか、SMASHってこういうのを見せたいのかと思われたくないんですよ」とバッサリ。一貫して華名に対する嫌悪感は変わらないようだ。

そんな中、双方の主張が完全に相容れない状態となっているにも関わらず、あえて二人の一騎打ちを6・25『SMASH.4』(新宿FACE)のメインイベントにマッチメイクしたTAJIRIに、その真意についての質問が飛ぶと、「この対戦カードを決めるまではいろいろ協議して結構考えましたよ。ただ、メインでやることに関しては即決でした。僕は女性だとか性別っていうのは、レスラーで身長が高い、低いのと同じでひとつの条件にすぎないと思っていますので、女同士のメインという特別感はないんですよ。それ以前に、僕はSMASHの旗揚げのときに、若い子が人間として成長していく姿を見せて感動してもらうのがSMASHというステージなんだっていうのは熱く語っていますので、そのために朱里が成長するのにこれ以上のシチュエーションは滅多にないと思うので、これをメインにしなかったら僕はウソになる。FCFが良かったからとそっちをメインにしたら、それはウソをついたことになる。これはおかがましいですけど、例え次の大会が東京ドームだったとしても、僕はこの試合を絶対にメインにします」と、今後のSMASHにとっても重要なカードであることを強調した。

どんな形であれ朱里をリング上へと引きずり出し、女子プロレスのネクストステージという扉を開くために信念を貫き通そうとする華名。一方、その華名の強引すぎるやり方に嫌悪感を抱き続けながら、あえてSMASHのリングで華名と闘うことを選択した朱里。6・25『SMASH.4』、主張が激しくぶつかり合う二人がリング上で対峙したとき、その先にあるものは、はたして……!?
■6・25『SMASH.4』(新宿FACE)決定対戦カード

朱里 vs 華名
[既報対戦カード]
TAJIRI&大原はじめ&リン・バイロン
vs
ヘイモ・ユーコンセルカ&スターク・アダー&ジェシカ・ラブ
6・25『SMASH.4』チケット情報はこちら>>

ホーム > 日記 > メインは朱里vs華名

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る