ホーム > WNC > 【さようならWNC…それぞれの想いを 後編】

【さようならWNC…それぞれの想いを 後編】

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2014年6月25日 11:54 PM
  • WNC

明日6月26日新宿FACE大会で、その幕を閉じるWNC。
そして、新たなステージへと踏み出していく、それぞれの選手の想いとは。

◆木藤拓也「WNC最終興行が近づいてきていろんな事を思い出す smashの時矢郷さんから改名を勧められ『芸能界のイケメンはキムタク プロレス界のイケメンはキトタク』と言って木藤拓也と改名したのが昨日の事のようだ
WNCでのラストマッチが矢郷さんとの一戦になりこのリングで戦ってきたもの全てをぶつけられたらなと
正直WNCで共に戦ってきた仲間と集まるのがこれが最後だと思うと寂しいものだが時間はたえず流れているから別れは避けられないこと 人はそれぞれことなった所に命を得いつしか人生の海へ合流する
その海はいつの時代においても荒れ狂い凪ぐことをしらない」

◆矢郷良明「To all of you who supported WNC-REINA heartily thanks and thanks.
I was fun, too.
I toast the new sailing of players of WNC-REINA and the life of all of you whom I supported.
See you again.」

◆小林香萌「私のプロレス人生はまだまだこれからです。
こんな所で立ち止まっているわけには行きません。
今まで育てて下さったWNCの先輩方、ファンの皆様。この2年間を26日に全てぶつけます。
最高のパートナー、日向小陽と力を合わせて!
いままでありがとうございました!これからも宜しくお願い致します!!!!!
26日は一つの終わりであり始まりです!!!
私たちの新たな幕開けを、たくさんの方に見に来て欲しい。
そして必ず勝ち、幸先の良いスタートを切ります!!
応援宜しくお願い致します!!!」

◆日向小陽「『WNCファイナル 新しい始まりへと続いていく』

さらば、センチメンタルな日向小陽!
デビューさせて頂き約8ヶ月。
練習生の頃はレフェリーに挑戦したり、地方大会やイベントなどでリングアナウンサーをやらせて頂いてたり、振り返ると全ての事がキラキラしていてた。

始める前は本当に不安でいっぱいだったなぁ。
でも今までどんな事も立ち向かっていけたのはWNCという団体こそが何事にも挑戦し、何事にも立ち向かって行く団体であったから。

WNCファイナルは小林香萌選手と組ませて頂きます!!
ファイナルは一緒に立ち向かっていったかほちゃんと組みたいと密かに思っていたのでじぶんは本当に嬉しいです!!

対戦相手は、アレックス・リー選手。
そしてまさかのメキシコの人間山脈であるラ・コマンダンテ選手であります!!

この闘いは、まさにじぶん達の人生を表しているかのようだ。

大きな壁をぶち抜いてやりたい。
今はそんな気持ち。

精一杯闘い抜きたい。
かほちゃんと力を合わせて未来の続きを照らし出します!
そしてファイナルは笑顔で!!
笑顔で皆様と会いたいです!!

皆様、力の限り応援宜しくお願いしますね!!
WNCファイナルはもうすぐ!!

是非WNCに会いに来てくださいね!
ニョキニョキ~p(^_^)q」

◆藤原ライオン「次のWNCの新宿 FACE、そして最後のWNCの新宿 FACEの相手は… ホライゾン。デビュー戦、2試合目、今年の一番最初の相手はホライゾンだった。適切な相手気がする。最初と最後。このチャプターをクローズする」

◆ホライゾン「自分はSMASHの晩年に入門してWNCに変わってからデビューして約一年半…色んな意味でいろいろありました。

そしてラストは藤原ライオン…先月までどこかのチャンピオンだったみたいだけどジャーマンで沈めて赤っ恥かかせてやる!!

あとクズとかクズじゃないとかどうでもいいんですけどどんな高い壁だろうと、打ち貫く!!」

ホーム > WNC > 【さようならWNC…それぞれの想いを 後編】

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る