ホーム > WNC > 【全三話更新・矢郷先生の天才コラム 】

【全三話更新・矢郷先生の天才コラム 】

  • 投稿者: TAJIRI
  • 2014年6月25日 11:53 PM
  • WNC

data-01362

【全三話更新・矢郷先生の天才コラム 1】

TAJIRI、AKIRAら6選手のW-1移籍に伴い、対戦カードが変更となった6・26WNC新宿大会。

そこで突如決定したシングルマッチ「木藤拓也vs矢郷良明」の一戦。
このカードについて、天才・矢郷良明先生がコラムを綴り、キトタクをぶった切った!!

「やぁ、皆の者は元気にしていたかい?
矢郷先生の天才コラムがいきなり新連載されることになってビックリしてる人も多いかもしれないけど、WNC-REINAからTAJIRI選手、AKIRA選手ら6人がW-1に移籍してしまうことの方がビックリしてしまうね!超ウケる(笑)

で、今回のお題は『木藤拓也の行く末』だ。
みんなは木藤がなぜ〝キトタク″って呼ばれてるか知ってるかな?
知ってる人はプロレスマニアとして国から還付金が貰える電話がかかってくるかもよ。
でもキトタク・名前とかで検索した奴はダメだな、超ウケる(笑)
キトタクは本名を木藤裕次とかって名前なんだけど、『キトウって名字が放送コードに引っかかるから改名した方がいい』とこの天才・矢郷先生からリング上で言われて改名することになったんだよ。超ウケる(笑)
で、今回のWNC-REINAからW-1移籍でキトタクの名前が移籍リストに入ってないからさ、その行く末を考えて矢郷先生が、6.26新宿フェイス大会に参戦することになったんだよ。
キトタクはこの際だからマット界から消去してしまえばいいんだよ。
その介錯人の役目こそ、この天才・矢郷先生にうってつけだろ?筋も通ってるし超ウケる(笑)
というわけで、6.26 WNC-REINA 新宿フェイス大会は天才・矢郷先生による〝キトタク消去マッチ″だ。超ウケる(笑)

それでは次回連載をお楽しみに!次回のお題は”タジリヨシヒロと深夜特急”だ、超ウケる(笑)」

【連載 矢郷先生の天才コラム 2】

6・26WNC新宿大会に参戦する天才・矢郷良明先生のコラム第二弾!
今回のテーマは「タジリヨシヒロと深夜特急」だ!

「へーロー!
みんな連載一発目はどうだったかな⁈
でも矢郷先生が〝渦中のWNC-REINAの興行に出ることが気に食わない″って連絡してくる馬鹿がいてホント、超ウケる。(笑)

おまえらどんだけ正義の味方なんだよ(笑)
そして業界のポリスマンかっつーの。
俺も謝罪会見しなきゃいけないかなって思ったぜ!超ウケる(笑)

で、今回のお題は”タジリヨシヒロと深夜特急”だ。

深夜特急ってのは沢木耕太郎氏が書いた、インドからロンドンまでのユーラシア大陸、一年以上の放浪の旅の話でさ、臨場感あって読んでる奴まで旅してるみたいな本なんだ。
俺も海外を旅したりしてたから、いろいろ共感するんだけどさ、この深夜特急を読んだ時に感じた余韻と、初めてタジリヨシヒロと出会った時の彼の醸し出す雰囲気はソックリでさ、その時、タジリヨシヒロは旅人なんだと思ったよ。
これはサブゥーに出会った時も、小泉今日子さんに出会った時も同じ雰囲気を感じたんだ。
彼等は産まれて寿命を迎えるまでの時間を旅してる人種なんだと思うぜ。”漂泊の民”ってやつさ。
だからさ、”無自覚の正義の味方さん達”が正義を振りかざして騒ぐのは超ウケるだよ(笑)
猫に説教するようなもんだぜ超ウケる。(笑)

まあ、そんな旅人の船出と別れの挨拶も兼ねて俺は6.26 WNC-REINA新宿フェイスにいくわけだ。
そしてなにより、そんな旅人を支えたWNC-REINAファンに俺からも
Thank you, good-byeを直接伝えに行こうかと思ってね。俺ってカッコいいね、超ウケる(笑)キトタクが勝てるわけねーじゃん。

次回の矢郷先生の天才コラム 3は”闘って死ね by スプリガン”だ」

【連載 矢郷先生の天才コラム 3】

6・26WNC新宿大会に参戦する天才・矢郷良明先生のコラム第二弾!
最終回となる今回のテーマは「闘って死ね by スプリガン」!

「へーロー!
これが最後のコラムで、最後の世に怪文書と呼ばれた矢郷先生の最後のプロパガンダだ。

世の中はいま保守的でさ、人々は、よらば大樹、長いものに巻かれろ、安定、無難、安全、保証、永久雇用、安穏なる寿命全うなど、保守的な方向に歩もうとしてるわけだよ。

それはさ、失われた三年間と呼ばれる、2009年から2012年までの民主党の政権交代の失敗と、2011年3.11の東日本大震災によって”人の無力”を言葉より本能で痛感したからだろうね。

インターネットの発達により、誰もがダイレクトな意見を発信できるようになり、北アフリカ、中東諸国では“アラブの春”のような革命も起きたが、ネット上には匿名希望の正義の味方が跋扈していただけで、責任の所在のない無知共の革命は、無益な争いに進み、革命前よりも悪化した軍事政権になっていたりするんだぜ超ウケる(笑)って書いたら人権派のプロ市民みたいのからクレームがきそうだな(笑)

そう、俺たちは馬鹿たがら、何にも出来ない、出来ることといえば、出来る奴の脚を引っ張ることくらいの、屑なのだと各々の本能は察知したから、保守的になっていってる。

俺たち馬鹿は、自分の能力に夢をみたらいけないね。長いものに巻かれて、クスリを処方されながら長生きするだけの虫ケラ人生をまっとうしなけりゃならないのさ、超ウケる(笑)

で、今回のお題は“戦って死ね”だ。
スプリガンってコミックが1998年に映画化された時についてたタイトルなんだけどさ、そのキャッチコピーを見て、人生は戦って死ぬ奴か、逃げて無意味な存在として死んでいくやつかの二種類かもなって思ったよ。
戦って死ぬ奴は勝っても負けても勝者で、逃げて長いものに巻かれて死んでいくやつは負け犬だともね。

プロレスってのは大意の戦いでさ、人生の縮図みたいなもんだよ。
リングの上も外も。
小さい世界の王様になって、若い者から搾取して、ぬくぬくしてるのは全然戦ってねーじゃん。
WNC-REINAは旅人の集まりだったわけで、そんな風になっちまうのが嫌で、死に場所を探しにまた出かけるんじゃね?
戦って死にたいんだと思うよ。
バガボンドだね。
キトタクと俺は戦うわけだけど、これはいろんな意味で、ケジメの戦いでさ、まあだから、俺を殺す気で来てくれたらいいよ。
俺もぶっ殺すから。なんて超ウケる(笑)
6.26新宿フェイス大会は第一試合からメインまで全部ケジメの戦いだよ。
明日のことは今日が因で、いまやるべきことをやりきれば、またなにか観えるんじゃね?
というわけでこれでサヨナラだ。
皆の者とは6.26に新宿フェイスで逢おうぜ、超ウケる(笑)」

2014年06月26日(木)
WNC-REINA新宿FACE大会
開場18:00
開始19:00
2014年06月26日(木)
WNC-REINA新宿FACE大会
開場18:00
開始19:00

会場
新宿FACE
東京都新宿区歌舞伎町1-20-1
ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町7F

チケット 
最前列@7,000円
カウンタ-席@7,000円
特別リングサイド席@5,000円
指定席A@4,000円
指定席B@3,000円
※当日は500円UP
※別途ドリンク代500円発生

全対戦カード
◆メインイベント タッグマッチ 時間無制限一本勝負
TAJIRI&AKIRA&児玉裕輔 vs 土肥孝司&黒潮“イケメン”二郎&高橋匡哉

◆セミファイナル REINA世界女子王座戦 60分一本勝負
朱里 vs 雫有希

◆第4試合 シングルマッチ 30分一本勝負
木藤拓也 vs 矢郷良明

◆第3試合 タッグマッチ 30分一本勝負 
E・H・D・パンテーラ&真琴 vs YO-HEY&リン・バイロン

◆第2試合 タッグマッチ 30分一本勝負
小林香萌&日向小陽 vs ラ・コマンダンテ&アレックス・リー

◆第1試合 シングルマッチ 20分一本勝負
藤原ライオン vs ホライゾン

ホーム > WNC > 【全三話更新・矢郷先生の天才コラム 】

アーカイブ
リンク
携帯・モバイル

ページの上部に戻る